まにあっく懐パチ・懐スロ

古いパチンコ・パチスロ、思い出のパチンコ店を懐古する
(90年代のパチンコ・パチスロ情報がメイン)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピンクレディー(マルホン、デジパチ)

2017-09-20 16:13:37 | 現金機デジパチ


1992年(平成4年)にマルホンから登場した

現金機デジパチ「ピンクレディー」について。 

 

 

(基本スペック、実戦店)

★賞球:7&15

★大当り確率:1/235

★大当り図柄:0~9、A、H、Pの各三つ揃い(13通り)

★デジタル停止順:左⇒右⇒中

★最高16ラウンド継続

★出玉:約2300個

★連チャン性:アリ(保4連、連チャン率:約15%)

★当時の実戦店:新宿西口「ジャンボ」、渋谷「日拓」など

 

 

 1991年(平成3年)の新要件初期におけるマルホンデジパチというと、

小デジ確変機能付「ウルトラセブン」に代表されるようなドラム機と、

「スーパーダイヤ」「ウィンク」などに見られる巨大な7セグ(LED)

デジタルという「二大柱」が主流であった。特に後者は、デジタル部が

リーチ中に後方傾斜したり(ウィンクなど)、デジタルの円形ヤクモノ

全体がリーチ時にグルリと大回転したりと(リバース2、リバースセブン

など)、何かと趣向を凝らしたタイプが多かった。また、どのタイプも

けたたましいサウンドや派手なランプの点滅など、視覚・聴覚に激しく

うったえるものが大半を占めた。この「マルホンデジパチ二大路線」は

91年新要件に始まった事ではなく、ドラムは旧要件機「クールセブン」

「スーパーターボ」など、7セグは同じく旧要件機の「パールセブン」

「オリンパス2」「キャスター」「ロータリーセブン」などの流れを

受けたものである。派手な効果音やランプ点滅も、旧要件マルホンの

「伝統」を引き継いでいた。

 

 

その後、平和「麻雀物語」の大ヒットに呼応するかのように、1992年には

カラー液晶モニタを採用した「スーパービジョン」や「ゴールドビジョン」

「カラービジョン」といった液晶デジパチを相次ぎリリース(発色や彩色は

かなり派手だったが、図柄の形状はカラー液晶を使った割にはシンプルとも

思える、7セグ調のデザインだった)。

マルホン「スーパービジョン」のデジタル画面

 

一方、権利モノにおいては、92年に「フォーミュラー」「ミラクルショット」

「ウィンダムX(Z)」「マジカル」「キングM」などのドットデジタル機が

続々と発売された。「権利モノ=ドット」の流れは、その後も「ダブルゲーム」

「びっくりマン」「チャイナタウン」「ソルジャー」など同社の爆連権利モノに

継承された。なお、デジパチにおいても「ミステリーハウス」や「サイドセブン」

「ロックンビート」「マンボウくん」など、この時代にはドットデジタルモノが

多数存在。やはり旧要件「レーサー2」「パーラー2」といったドットデジパチの

「系譜」といえるが、ドットのデザインは大きく進化。また、7セグやドラムと

比べて、ドットはマルホン新要件初期の主流とはいえなかったから、1992年を

契機として、「マルホンドット路線」が一気に開花したことになる。

 

 

一方で、従来のデカデジ路線には多少の変更も加えられ、デジタルのサイズを

やや小さくする代わりに、分離・独立した各デジタルが、従来よりも立体的で

派手なアクションを行う機種が数多く出始めた。やはり1992年に発売された

「アクションズーム」「ハッピーズーム」「スーパーズーム」そして今回紹介

する「ピンクレディー」などの7セグ(LED)各機種は、その代表格といえる

「セーフティーセブン」「サイドワインダー」なども同タイプの7セグ採用)。

それまでの新要件マルホン7セグ台は、デジタルのヤクモノの動きに特徴が

あるタイプが多かったとはいっても、大きな7セグ自体は似たり寄ったりの

感もあり、新台リリースされる度に「ワンパターン」とか「二番煎じ」など

批判されたりもした。そんなマンネリを払拭すべく、デジタルサイズよりも

ヤクモノとしてのデジタルアクションに重きを置いたのが、’92年における

同社の路線変更の特色とはいえまいか。

 

 

当時のマルホンデジパチは、世の「連チャンブーム」の勢いを多分に受けて、

仕組まれた連チャン、とりわけ保4の意図的な連が仕込まれた機種が少なく

なかった。上述した「スーパービジョン」「ハッピーズーム」「アクション

ズーム」は、何れも保4連率25%以上を誇る、強力な保留連チャン機だった

(それゆえ「販売自粛」という憂き目にもあった訳だが…)。本機も、その

流れを汲む保4連を特徴とするが、連チャン率は先行機よりもトーンダウン、

約15%に抑えられていた。それでも、初当り約7回に1度の割合でダブルが

期待できた訳で、時にはトリプル、フォース…と伸びるケースもあったから、

当人のヒキ次第で短時間の箱積みも可能なスペックといえた。

 

 

ところで、今さらながら本機の「盤面」に注目すると、最上部に横書きされた

「ようこそ いらっしゃいませ♥」のメッセージや、その左横に描かれている

メイドチックな若い女性二人組のイラスト、さらにデジタル下の両サイドに

佇むビキニのギャル(コチラもペア)が、存在感を強烈にアピールしていた。

機種名の「ピンクレディー」は、今さら説明するまでも無い事だが、70年代

大活躍した人気アイドルデュオの名前と同一だったから(⇒正確に言うなら、

アイドルの方は「ピンク・レディー」とセンターに「中黒」が存在したが…)、

ビキニのイラストなどはその象徴といえる(タイアップ機ではなかったハズ

だが)。また、メイド姿のイラストも、件のアイドルデュオが70年代に出演

したグリコ「ラブリーチョコ」のCMで着用した衣装が、ちょうど似たような

イメージの「萌え系」(←今風の表現を使うなら)コスチュームだったので、

そのCMを意識したイラストだった可能性はあろう。さらに、1990年代前半、

可愛らしいメイドの衣装に身を包んだ女性店員が特徴の、「アンナミラーズ」

という飲食チェーン店が男性客にウケて大流行していた。そんな時代背景が、

件のイラストに影響を与えたかもしれない。

 

 

但し、本機には、上掲の盤面と大きく異なる「セル違い」も存在した。コチラは

アイドルとか萌え系と縁遠い感じの、どちらかといえば地味でオーソドックスな

デザインだった。ホール側の嗜好に応え易いよう、メーカーがあらかじめ複数の

セルを用意していたという事か。実際、このセル違いは販売好調で「新セル」と

して出た訳ではなく、発売開始の段階から両方のセルが発表されていた。まぁ、

関東⇔関西など、エリア別に異なるセルを導入する予定だったかもしれないが…。

 

マルホン「ピンクレディー」(セル違い)

 

 

続いて本機のデジタルの動きについて説明すると、左、中、右とそれぞれ

分離独立して透明のプラケースに収まった立体的な7セグデジタルは、左⇒

右⇒中の順で停止。左右がテンパイすると、左右デジタルは後方に下がり、

横向きでギュイギュイと半回転を開始する。「振動アクション」とも表現

できる個性的な往復運動で打ち手を煽った。同時に、中デジは横回転では

なく「前後動」を繰り返して図柄がスクロール。この「縦横」の立体的で

奥行ある動きが特徴だった。また、同社お得意の「キンキンサウンド」も

健在で、リーチ時はシマ中に甲高い効果音が響き渡った。SPリーチは存在

しないが、リーチそのものがド派手でスペシャルな扱いだったといえよう。

大当り中も、左右デジタルと中デジタルが交互に前後動を行ったりして、

打ち手を魅了。その大当り後には保4連の期待…となれば、テンションが

上がらないハズがなかった。スーパービジョンほど露骨な保連はなかった

ものの、「1/235」という初当り確率にしては、そこそこの連をカマして

くれた記憶も残る。

 

 

保4連チャンの詳細なシステムは、残念ながら当方把握していない。ただ、

当時のマルホン連チャンデジパチが軒並み保4連を特徴とした事から見て、

各機種とも共通のプログラムを使っていた可能性がある。一例を挙げれば、

大当り消化中、ある契機で保4乱数が大当り値に強制的に書き換えられる、

典型的な「上書き連チャン」方式だったかもしれない。なお、大当り確率が

同じ1/235の「スーパービジョン」は一発判定方式を採用しており、本機も

これと同じ抽選プログラムだった可能性は否定できない。この点、引き続き

調査検証を継ける。

 

 

なお、本機は連続回転中に限って、通常時の左デジタルに移行法則が存在。

前回停止の左出目に対して、次回左出目が同一か+1コマor+2コマで停止

する特性があった。連続回転させてこの法則が崩れた場合、大当りが確定。

地味だが、確実な大当り判別法といえた。

 

 

平和「ブラボーキングダム」「ブラボーミリオンSP」、SANKYO「フィーバー

レジェンドI」「フィーバーパワフルIII」、西陣「花鳥風月」「パーラーキング」、

太陽電子「ファンタジーセブン」、豊丸「王将百番」「ピカイチ天国」など、

各メーカーとも「華」のある連チャンデジパチを多数送り出していた時期。

それだけに、同時期リリースされた本機の存在感が希釈化されてしまった感は

否めない。ただ、あらためて振り返ると、本機をはじめ、この時代のマルホン

デジパチには独特な魅力を感じる隠れた名機が意外に多く、「もっと打ち込んで

おけば…」と、個人的に悔やむ機会も多い。発売から25年経ってのレビューだが、

記事を通して、味わい満点だった90年代前半のマルホンに想いを馳せて頂けたら

有難い限りだ。

  

 

 (マルホン「ピンクレディー」の項、了)