長野の旅館の女将奮闘記★旅館さらしなや★

長野県・木曽福島にあります宿屋を運営しております。日々、長野県の大自然や良さを知って頂こうと思い綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月も終わりに

2016-11-28 21:58:08 | 旅館さらしなや女将日記 長野県木曽

 11月初めまちの案内人の会で木曽の情報発信基地として誕生した「木曽人ーKisojin」の見学、研修に出かける。木曽の自然、歴史、文化、暮らし等々、木曽の魅力を内外に発信していく場所として寝覚に開設。月刊情報誌「Kisojin」発行、インターネット発信、イベントプロデュースetc、そしてレストラン「ねざめ亭」もオープン。眼下に「寝覚の床」を一望。驚きの女性トイレも乞うご期待。

 中旬には隣りの岐阜県研修として関ヶ原古戦場に出向く。小雨の山道を登り西軍大谷吉継の陣より、眼下に天下分け目の攻防図をリアルに思い描く。その後、石田三成が西軍の本拠地とする予定であった大垣城を見学。戦火で焼失する前は国宝であったのが惜しまれる。翌日は秋晴れとなり金華山のふもとは折しも菊花展、広い公園は美しい紅葉の樹木と数限りなく見事な菊の共演に心癒される。その後、金華山ロープウェイで山頂にそびえ立つ岐阜城(信長攻略の城)に登る。天守閣のてっぺんより見下ろす岐阜の街。ゆったり蛇行する長良川、遠くに御嶽山の姿が臨めるのも嬉しく。そして、帰りに立ち寄った美濃市。豪華な卯建の上がったどこ迄も続く古い街並み。その一角にある「美濃和紙あかりアート館」では和紙の芸術企画展を心ゆく迄堪能。余韻を残しつつ帰路に。

 振り返れば地震や季節はずれの雪に惑わされた11月も余すところ2日。師走となれば、木曽地域のスキー場も次々オープンとなります!!恒例の漬物も、きそなとキムチを残すのみとなり、心配だったすんきも沢山出来上がってきました。今年も皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月を送って | トップ | 正月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅館さらしなや女将日記 長野県木曽」カテゴリの最新記事