ふれるほどやさしくなる立谷沢川流域

山形県庄内町の観光スポットやイベント情報を紹介するサイトです。
四季折々の写真や流域の今をアップします♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月山の絶景スポット!!

2015年07月23日 | 月山

前回投稿したお花の写真を撮った際に、実は月山の絶景スポットにも立ち寄ってきました。

その場所は「のぞき」と呼ばれている場所で、弥陀ヶ原湿原周辺では屈指の絶景が楽しめるところなんですが、意外と知られていないのか、めったにお客さんと会うことのない不思議なスポットです

今回はそんな「のぞき」をご紹介いたします 

 

月山八合目駐車場からの行き方ですが、まず中ノ宮を目指して歩き、「なで兎」を左に曲がり、弥陀ヶ原湿原の周遊コースに入ります

 

そのまま少し歩くと橋(?)の手前に分岐点があります。ロープが張ってあるため、つい見落としがちですが、ロープをまたいで左に曲がってください

そしてまたすぐに分岐があるので、ロープをくぐって今度は右に曲がってください。

↑写真の赤矢印の通りに進んでください

 

この分岐さえ間違わなければ、あとは一本道ですので、迷うこともないと思います

 

しばらく歩くと藪が出現します。上はボーボーでも、下はまあまあ整備されているので、気にせず突き進んでください

 

ここから先はしばらく灌木のトンネル(藪)を進むことになります

↑こんな感じの道が続きますので、暑くても長袖推奨です。

 

頭を下げ腰を曲げて、枝をかき分けながら虫に負けずに歩き続けると、突如眼前が明るくなります

ドーーーーン

「のぞき」です

左手奥に「鳥海山」、真正面に「藁田禿山」の鋭いピーク、そして右手には「御浜池」と、最高の景色が広がります

 

↑藁田禿山と御浜池

 

↑不思議な色の水を湛える御浜池にズーム

撮影の時にちょうど雲が日差しを遮ってしまいましが、本物はずっと綺麗です

 

中ノ宮から「のぞき」までは、道中お花の写真を撮りながらでも10分程度です

ここまでであれば、アップダウンもほとんどなく、体力に自信のない方でも余裕でたどり着けると思います

弥陀ヶ原湿原までお越しの際は、ぜひ「のぞき」まで寄り道をして、ご自身の目でこの景色をご覧になってください

その光景は一見の価値ありです

 

 

実は、この「のぞき」という場所は、修験の聖地「東普陀落」へ向かうルートの途中の地点となっており、まだまだこの先も道は続いています

ただし、お花見装備で気軽に来れるのは「のぞき」までで、ここから先は一気に難易度が跳ね上がりますので、きちんとした装備と覚悟がない方はここで引き返してください。そのまま進んでも、きっと後悔します(笑)

 

↑「のぞき」から少し先に進んで、弥陀ヶ原方面を振り返るとこんな感じです。

東普陀落までの道は、剣ヶ峰の急な坂を一気に降りることになります

普通の登山道と違い、基本的に登山客ではなく「修験者」が歩くための道なので、そこまで整備されていません。きっと、あえて整備していないんだと思います。

そのため、同じ月山の急坂下りでも、個人的には月光坂の方が気が楽です

 

↑一応、鉄梯子やロープもあるんですが、通常の登山道に比べると設置個所が少ないと思いますし、今の時期は草が繁茂しているため、あまり足元が見えません

それに普段の登山の場合は、行きに上って帰りに下るわけですが、このルートは逆です。行きよりも帰りの方が時間もかかります。

それでも、どうしても東普陀落まで行きたいという方は、秋の峰入りが終わって歩きやすくなってからか、草紅葉の頃をおすすめします。

 

↑最後に東普陀落のご神体にズーム

 

以上、「のぞき」のご紹介でした

興味のある方はぜひ、実際に足を運んでみてください

 

お問合せ先

≪庄内町商工観光課立川地域観光振興係≫TEL(0234)56-2213

 

 

コメント

お花が見ごろです

2015年07月17日 | 月山

霊峰月山は出羽三山の主峰として修験の山としてのイメージが強いですが、同時に「花の百名山」「新・花の百名山」として「お花の山」としても有名です

そのため、月山八合目の駐車場には登頂を目的とした登山客だけでなく、全国各地から可憐な高山植物を見るために大勢の方が訪れます

 

今回は、そんな月山の「弥陀ヶ原湿原」周辺の高山植物の写真を撮ってきたので、少しだけご紹介します

 

↑山頂に咲く「クロユリ」とともに月山を代表する花「オゼコウホネ」がちょうど見ごろです

本州では尾瀬と、ここ月山くらいしか自生地はありません。

しかも広大な月山でもオゼコウホネが自生する池塘はたった一カ所だけです

 

↑地味な花が多い高山植物の中でひときわ目立つ「ニッコウキスゲ」も群生しています

 

↑ミヤマリンドウ

 

↑タチギボウシ

 

↑ハクサンフウロ

 

↑トキソウ

最近お気に入りの花です

 

↑トウゲブキ

 

↑マルバシモツケ

 

↑ミズバショウ

 

↑ハクサンシャクナゲ

 

↑ハクサンシャジン

 

↑ウラジロヨウラク

 

↑ゴゼンタチバナ

 

実際にはもっともっとたくさんの種類の花々が咲いていたのですが、私には名前がわかりません(笑)

今回掲載した写真も、比較的名前に自信がある植物なのですが、間違っている可能性も十分あります

その際は、教えていただけると助かります

 

今まではほとんど植物に興味もなく素通りしてきたのですが、関心を持って観察するようになったら、また月山が楽しくなってきました

「これは〇〇という花ですよ。」って、さりげなく教えてあげられる人になるために、これから猛勉強します

 

お問い合わせ

庄内町商工観光課立川地域観光振興係

TEL 0234-56-2213

コメント

ブルーベリー摘み取り体験

2015年07月16日 | 日記

今回は本ブログのメインエリアである「立谷沢川流域」からちょっと離れてしまいますが、先日生まれて初めてブルーベリーの摘み取り体験をしてきたので、その模様をご報告いたします。

 

火曜日の朝に行われた打合せの際に、風車村の村長さんから「今年はブルーベリーが大豊作で、なんとか今週中に収穫したいので協力してほしい。」とのお話があり、急きょその日の夕方に収穫のお手伝いに行くことになりました。

私が現場に着いたのは4時ころでしたが、まだまだ日は高く暑い暑い

 

そんな中、すでに先着の人たちは完全な日焼け対策を施しながら、黙々とブルーベリーを収穫しています。

 

ブルーベリーに対してなんの予備知識もないままに、「熟した実を採って袋に入れて」というフワッとした指示をいただき、摘み取りスタート

・・・「熟した実」ってどれでしょう(笑)

 

実物を見るまでは、「白 → 緑 → 赤紫 → 黒」って感じで、実が熟していくイメーだったんですが、実際に畑で見てみると、なんか水色っぽい実がいっぱいあるんです。

でも、イメージの中では「水色」になるタイミングなんてないんですよね

 

↑わかりづらいかもしれませんが、黒い実が水色っぽい粉で包まれているような感じです。

 

まあ、考えてみてもわからないので、とりあえず食べてみました(笑)

 

酸味が強く、完熟まではまだもう少しな感じです

 

 

と、言うことで、「白 → 緑 → 赤紫 → 水色 → 黒」という順に熟していくものとして判断し、摘み取り対象を「黒」の実に絞ります

 

およそ1時間の摘み取りで、結構な量が採れました

で、その後パック詰めとラベル張りまでしてようやく完成

 

余目駅前のクラッセ内の「あっでば」で200グラムで350円で販売中です。

 

お問い合わせ

庄内町新産業創造館クラッセ TEL 0234-42-2909

庄内町風車村 TEL 0234-56-3361

 

 

 

 

コメント

北月山荘をお得に利用しよう!!

2015年07月08日 | 月の沢温泉

庄内町直営の宿「月の沢温泉北月山荘」を、通常よりお得に利用できる方法をまとめてみました

↓それぞれ、タイトルをクリックしていただくと当該ページにジャンプします

 

①ポスト山形DC特別割引プラン

楽天トラベルによる予約で「平日」に「食事付き」でご利用なされる場合は、大人通常7,350円のところ6,000円でご利用になられるプランを販売中です。※利用期限平成27年9月11日

 

②「山形日和。旅行券」

山形県版のふるさと旅行券です。

明日7月9日から全国の大手コンビニで販売される「山形日和。旅行券」は1枚1万円の旅行券が半額の5,000円でご購入いただけます。ただし、ご利用条件として、精算額が1万円以上の場合に限定されますのでお気を付けください。

 

③「山形日和。クーポン」

楽天トラベルのサイトで上記クーポンを獲得後、楽天トラベルで宿泊予約をしていだく際に獲得したクーポン選択することによりご利用いただけます。

※ご好評につき第1弾の配布はすでに終了しておりますが、また9月に配布をする予定とのことです。

 

④庄内町ふるさと旅行券

庄内町版のふるさと旅行券です。

山形県版と同様に額面の半額で旅行券をご購入いただけます。旅行券の額面が1枚千円となっているため、1万円単位の支払いしかできない山形県版旅行券と違い、千円単位でご利用いただけます。

 

これだけ色々とお得にご利用いただけるのはきっと今年しかありません

ぜひこの機会に月の沢温泉北月山荘にお越しください

 

 

お問合せ先

≪月の沢温泉 北月山荘≫TEL&FAX(0234)59-2137

≪庄内町商工観光課立川地域観光振興係≫TEL(0234)56-2213

コメント

【イベント告知】平成の名水百選 立谷沢川で砂金掘り!!一攫千金塾

2015年07月06日 | イベント情報

昨年開催して、大変ご好評をいただきました標記事業を今年も下記日程で開催します

 

日時:平成27年8月9日(日) 午前10時から

場所:月の沢温泉北月山荘、立谷沢川、玉川(集合場所:北月山荘

会費:おひとり様2,500円(練習用砂金代、昼食代等を含みます)

定員:25名(最少催行人数:15名) 

人気のある事業ですので、興味のある方はお早めにお申し込みください

庄内町HPでの募集記事は→こちら

 

主催・お問い合わせ

庄内町観光協会(庄内町商工観光課内)

TEL0234-56-2213/FAX0234-56-2628

コメント