Who's松原正樹?

名ギタリスト「松原正樹」の応援ブログ(惜しまれつこの世を去りましたが 時を超えて思い出をつづりたいです)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遠い記憶

2010-06-19 13:59:45 | ふるさと
同窓会も終わって1ヶ月近く経った昨日
昌江さんから 当日撮られた写真のUP先がメール送信されてきた。
それを また知ってる人に転送。
今日はきっとあちこちへ飛び回っているんだろう。

時間が経ってもまた楽しい。

松原君は早くにお母さんを亡くされている。
それも火事が原因で…
火事とともにふるさとを偲ぶ写真など何もかも焼失。
でも、先日の同窓会がきっかけで
幼稚園時代の写真が届いたようだ。
我が事のように喜んでいるのが昌江さん。
松原君の生きてきたふるさとが、歩んできた道のりが
とてもいとおしいようだ。

こんな事がきっかけで
亡くしてしまったパーツがまた手元に戻ってくるのって
いいよね!

ちなみに…
「かしこい」理数科に在籍して 
現在 ある大学の教授であるK君が自分のブログに
こんな文を書いていた。
↓いろんな事に影響されて成長していたんだね!

寺の用事で行けなかったが、第一部では松原君、ユーミンのバックでずいぶん長くギターを弾いていた松原正樹君のスペシャルバンドが「卒業写真」も演奏したようだ。
やっぱり、思い出は卒業写真の中だけなのかもしれない。

(余談であるが、今私がこうしているのも松原君のおかげである。
高校時代、S君とI君と私の3人でブラザース・フォアのコピーバンドを作り、I君の家で練習して、「女子にもてる」という状況を夢見ていたのである。
しかし、文化祭で松原君が、ギターをギンギンに演奏して、女子が憧れの目をして聴き入っているのを見て、ミュージシャンで「もてる」という道はすっぱりとあきらめたのでした。
というわけで、今の私になったのです。
ホント、松原、カッコよかったよなぁー、悔しいけど)


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「低いハードル」(悪魔の囁き) | トップ | 齋藤ノブさんの”還暦ロック” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと」カテゴリの最新記事

トラックバック

this is it (this is it)
this is it