Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

アイズナー賞2018

2018-07-22 | 漫画

今年も開催されたアメリカ最大のコミックコンベンション、
サンディエゴコミックコンベンション(SDCC)。
そしてそこで発表されるのが、アメリカのコミック業界で優れた作品やクリエイターに与えられる
アイズナー賞(Eisner Award)でございます。

今年はノミネート作発表時の更新をしてなかったので、ノミネート作と受賞作をセットで。
(ノミネートはコミコンサイトからのコピペ(ごめんよ)、受賞作は太字に)

Best Short Story 短編ストーリー。

“Ethel Byrne,” by Cecil Castelluci and Scott Chantler, in Mine: A Celebration of Liberty and Freedom for All Benefiting Planned Parenthood (ComicMix)
“Forgotten Princess,” by Phillip Kennedy Johnson and Antonio Sandoval, in Adventure Time Comics #13 (kaboom!)
”A Life in Comics: The Graphic Adventures of Karen Green,” by Nick Sousanis, in Columbia Magazine (Summer 2017),
“Small Mistakes Make Big Problems,” by Sophia Foster-Dimino, in Comics for Choice (Hazel Newlevant)
“Trans Plant,” by Megan Rose Gedris, in Enough Space for Everyone Else (Bedside Press)

コミック図書館を作った司書のドキュメンタリーコミックが受賞。リンクから読めます。

Best Single Issue (or One-Shot)
1冊完結のエピソード。

Barbara, by Nicole Miles (ShortBox)
Hellboy: Krampusnacht, by Mike Mignola and Adam Hughes (Dark Horse)
Pope Hats #5, by Ethan Rilly (AdHouse Books)
The Spotted Stone, by Rick Veitch (Sun Comics)
What Is Left, by Rosemary Valero-O’Connell (ShortBox)

アダム・ヒューズの描いたヘルボーイ短編が受賞。

Best Continuing Series
続き物シリーズ単位でのノミネート。

Black Hammer, by Jeff Lemire, Dean Ormston, and David Rubín (Dark Horse)
Giant Days, by John Allison, Max Sarin, and Liz Fleming (BOOM! Box)
Hawkeye, by Kelly Thompson, Leonardo Romero, and Mike Walsh (Marvel)
Monstress, by Marjorie Liu and Sana Takeda (Image)
The Wicked + The Divine, by Kieron Gillen & Jamie McKelvie (Image)

邦訳も発売中、「モンストレス」が受賞。

Best Limited Series
数話完結のミニシリーズ作品。

Black Panther: World of Wakanda, by Roxane Gay, Ta-Nehisi Coates, and Alitha E. Martinez (Marvel)
Extremity, by Daniel Warren Johnson (Image/Skybound)
The Flintstones, by Mark Russell, Steve Pugh, Rick Leonardi, and Scott Hanna (DC)
Mister Miracle, by Tom King and Mitch Gerads (DC)
X-Men: Grand Design, by Ed Piskor (Marvel)

「Mr.ミラクル」「X-MEN:グランドデザイン」を抑えて「ブラックパンサー」のミニシリーズが受賞。

Best New Series
この1年で新しく始まったシリーズ。

Black Bolt, by Saladin Ahmed and Christian Ward (Marvel)
Grass Kings, by Matt Kindt and Tyler Jenkins (BOOM! Studios)
Maestros, by Steve Skroce (Image)
Redlands, by Jordie Belaire and Vanesa Del Rey (Image)
Royal City, by Jeff Lemire (Image)

インヒューマンズの王、ブラックボルトのタイトルが受賞。

Best Publication for Early Readers (up to age 8)
8歳までの幼児向け。日本で言えば幼児誌範囲かな。

Adele in Sand Land, by Claude Ponti, translated by Skeeter Grant and Françoise Mouly (Toon Books)
Arthur and the Golden Rope, by Joe Todd-Stanton (Flying Eye/Nobrow)
Egg, by Kevin Henkes (Greenwillow Books)
Good Night, Planet, by Liniers (Toon Books)
Little Tails in the Savannah, by Frederic Brrémaud and Federico Bertolucci, translated by Mike Kennedy (Lion Forge/Magnetic)

ぬいぐるみの冒険の物語が受賞。

Best Publication for Kids (ages 9-12)
少年向け。日本で言えばコロコロの範囲かな?

Bolivar, by Sean Rubin (Archaia)
Home Time (Book One): Under the River, by Campbell Whyte (Top Shelf)
Nightlights, by Lorena Alvarez (Nobrow)
The Tea Dragon Society, by Katie O’Neill (Oni)
Wallace the Brave, by Will Henry (Andrews McMeel)

ファンタジー世界での鍛冶屋の少年の物語が受賞。
Webコミック部門にWeb版リンクがございます。

Best Publication for Teens (ages 13-17)
10代向け作品。日本だと少年誌範囲になるのかな。

The Dam Keeper, by Robert Kondo and Dice Tsutsumi (First Second/Tonko House)
Jane, by Aline Brosh McKenna and Ramón K. Pérez (Archaia)
Louis Undercover, by Fanny Britt and Isabelle Arsenault, translated by Christelle Morelli and Susan Ouriou (Groundwood Books/House of Anansi)
Monstress, by Marjorie Liu and Sana Takeda (Image)
Spinning, by Tillie Walden (First Second)

「モンストレス」2部門目。ノミネート作には「ダムキーパー」も。

Best Humor Publication ギャグ要素が強い作品の賞。
Baking with Kafka, by Tom Gauld (Drawn & Quarterly)
Batman/Elmer Fudd Special #1, by Tom King, Lee Weeks, and Byron Vaughn (DC)
The Flintstones, by Mark Russell, Steve Pugh, Rick Leonardi, and Scott Hanna (DC)
Rock Candy Mountain, by Kyle Starks (Image)
Wallace the Brave, by Will Henry (Andrews McMeel)

DCのハンナバーバラ関連作を抑えて、ガーディアン誌掲載の新聞漫画集が受賞。

Best Anthology
アンソロジー形式のコミック。

A Bunch of Jews (and Other Stuff): A Minyen Yidn, by Max B. Perlson, Trina Robbins et al. (Bedside Press)
A Castle in England, by Jamie Rhodes et al. (Nobrow)
Elements: Fire, A Comic Anthology by Creators of Color, edited by Taneka Stotts (Beyond Press)
Now #1, edited by Eric Reynolds (Fantagraphics)
The Spirit Anthology, edited by Sean Phillips (Lakes International Comic Art Festival)

炎の赤、を効果的に用いたコミックアンソロジーが受賞。

Best Reality-Based Work
実話をベースにしたコミック。

Audubon: On the Wings of the World, by Fabien Grolleau and Jerémie Royer, translated by Etienne Gilfillan (Nobrow)
The Best We Could Do, by Thi Bui (Abrams ComicArts)
Calamity Jane: The Calamitous Life of Martha Jane Cannary, 1852–1903, by Christian Perrissin and Matthieu Blanchin, translated by Diana Schutz and Brandon Kander (IDW)
Lennon: The New York Years, by David Foenkinos, Corbeyran, and Horne, translated by Ivanka Hahnenberger (IDW)
Spinning, by Tillie Walden (First Second)

スケート少女であった作者の自叙伝が受賞。

Best Graphic Album―New
グラフィックノベル新刊部門。

Crawl Space, by Jesse Jacobs (Koyama Press)
Eartha, by Cathy Malkasian (Fantagraphics)
My Favorite Thing Is Monsters, by Emil Ferris (Fantagraphics)
Stages of Rot, by Linnea Sterte (Peow)
The Story of Jezebel, by Elijah Brubaker (Uncivilized Books)

B級ホラー好きの少女がホロコーストの生存者を襲った殺人事件を解決しようとする物語、が受賞。

Best Graphic Album―Reprint
ハードカバー本の賞(復刊)

Boundless, by Jillian Tamaki (Drawn & Quarterly)
Fantagraphics Studio Edition: Black Hole by Charles Burns, edited by Eric Reynolds (Fantagraphics)
Small Favors: The Definitive Girly Porno Collection, by Colleen Coover (Oni/Limerence)
Sticks Angelica, Folk Hero, by Michael DeForge (Drawn & Quarterly)
Unreal City, by D. J. Bryant (Fantagraphics)

現実と仮想現実を描いた物語「Boundless」が受賞。

Best Adaptation from Another Medium
今年新設、コミカライズ作品の賞。

Beowulf, adapted by Santiago García and David Rubín (Image)
H. P. Lovecraft’s The Hound and Other Stories, adapted by Gou Tanabe, translated by Zack Davisson (Dark Horse)(田辺剛「ラブクラフト傑作選」)
Herman Melville’s Moby Dick, adapted by Christophe Chabouté, translated by Laure Dupont (Dark Horse)
Kindred, by Octavia Butler, adapted by Damian Duffy and John Jennings (Abrams ComicArts)

黒人女性SF作家、オクティヴィア・E・バトラーの「キンドレッド」のコミカライズが受賞。
(1970年代の黒人女性が奴隷制真っ只中のアメリカ南部にタイムスリップする物語)

Best U.S. Edition of International Material
海外コミック(非アジア圏)のアメリカ版からの賞。

Audubon: On the Wings of the World, by Fabien Grolleau and Jerémie Royer, translated by Etienne Gilfillan (Nobrow)
Flight of the Raven, by Jean-Pierre Gibrat, translated by Diana Schutz and Brandon Kander (EuroComics/IDW)
FUN, by Paolo Bacilieri, translated by Jamie Richards (SelfMadeHero)
Ghost of Gaudi, by El Torres and Jesús Alonso Iglesias, translated by Esther Villardón Grande (Lion Forge/Magnetic)
The Ladies-in-Waiting, by Santiago García and Javier Olivares, translated by Erica Mena (Fantagraphics)
Run for It: Stories of Slaves Who Fought for the Freedom, by Marcelo D’Salete, translated by Andrea Rosenberg (Fantagraphics)

ブラジルのコミック作家による、ブラジルの奴隷制を描いたコミックが受賞。

Best U.S. Edition of International Material―Asia
アジア圏のコミックのアメリカ版からの賞。

Furari, by Jiro Taniguchi, translated by Kumar Sivasubramanian (Fanfare/Ponent Mon)(谷口ジロー「ふらり」)
Golden Kamuy, by Satoru Noda, translated by Eiji Yasuda (VIZ Media)(野田サトル「ゴールデンカムイ」)
My Brother’s Husband, vol. 1, by Gengoroh Tagame, translated by Anne Ishii (Pantheon)(田亀源五郎「弟の夫」)
Otherworld Barbara, vol. 2, by Moto Hagio, translated by Rachel Matt Thorn (Fantagraphics)(萩尾望都「バルバラ異界」)
Shiver: Junji Ito Selected Stories, by Junji Ito translated by Jocelyne Allen (VIZ Media)(伊藤潤二「自選傑作選」)

今回は5作品すべて日本漫画。アニメも人気だった「ゴールデンカムイ」を抑え、ドラマ化もされた「弟の夫」が受賞。

Best Archival Collection/Project―Strips(at least 20 years old)
新聞漫画復刻版。

Celebrating Snoopy, by Charles M. Schulz, edited by Alexis E. Fajardo and Dorothy O’Brien (Andrews McMeel)
Crazy Quilt: Scraps and Panels on the Way to Gasoline Alley, by Frank King, edited by Peter Maresca (Sunday Press)
Foolish Questions and Other Odd Observations, by Rube Goldberg, edited by Peter Maresca and Paul C. Tumey (Sunday Press Books)
Sky Masters of the Space Force: The Complete Dailies, by Jack Kirby, Wally Wood et al., edited by Daniel Herman (Hermes Press)
Star Wars: The Classic Newspaper Strips, vol. 1, by Russ Manning et al., edited by Dean Mullaney (LOAC/IDW)

スヌーピー名作選が受賞。

Best Archival Collection/Project―Comic Books(at least 20 years old)
こちらはコミックブックの復刻版。

Akira 35th Anniversary Edition, by Katsuhiro Otomo, edited by Haruko Hashimoto, Ajani Oloye, and Lauren Scanlan (Kodansha)
Behaving MADly, written and compiled by Ger Alpeldoorn and Craig Yoe (Yoe Books/IDW)
The Collected Neil the Horse, by Arn Saba/Katherine Collins, edited by Andy Brown (Conundrum)
Fantagraphics Studio Edition: Jaime Hernandez, edited by Gary Groth (Fantagraphics)
Will Eisner: The Centennial Celebration, 1917-2017, by Paul Gravett, Denis Kitchen, and John Lind (Kitchen Sink/Dark Horse)

世界の漫画史上に残る名作「AKIRA」の35周年記念版が受賞。

ここからはコミックタイトルでなくアーティストやスタッフの賞。

Best Writer
原作者。

Tom King, Batman, Batman Annual #2, Batman/Elmer Fudd Special #1, Mister Miracle (DC)
Matt Kindt, Grass Kings (BOOM! Studios); Ether (Dark Horse); Eternity, X-O Manowar (Valiant)
Jeff Lemire, Black Hammer (Dark Horse); Descender (Image)
Marjorie Liu, Monstress (Image)
Mark Russell, The Flintstones (DC)

ベストライターはW受賞。バットマンの驚愕の展開からのヒーローズインクライシスが話題のトム・キングに
今年のアイズナー賞を席巻している「モンストレス」のマージョリー・ルーが受賞しています。

Best Writer/Artist
原作者兼アーティスト。日本での一般的な「漫画家」のイメージがここかな。
どちらかといえばインディー寄り?

Lorena Alvarez, Night Lights (Nobrow)
Chabouté, Moby Dick (Dark Horse); Alone, Park Bench (Gallery 13/Simon & Schuster)
Emil Ferris, My Favorite Thing Is Monsters (Fantagraphics)
Cathy Malkasian, Eartha (Fantagraphics)
Jiro Taniguchi, Furari, Louis Vuitton Travel Guide: Venice (Fanfare/Ponent Mon)

グラフィックノベル部門受賞のエミール・フェリスが谷口ジローを抑えて受賞。

Best Penciller/Inker or Penciller/Inker Team
絵を描く人。下書き/インク入れが分業の場合も多いです。

Isabelle Arsenault, Louis Undercover (Groundwood Books/House of Anansi)
Mitch Gerads, Mister Miracle (DC)
Gary Gianni, Hellboy: Into the Silent Sea (Dark Horse)
Ramón K. Perez, Jane (Archaia)
David Rubín, Black Hammer #9 & #12, Ether, Sherlock Frankenstein #1–3 (Dark Horse); Beowulf (Image)

毎月不穏を振りまく「Mr.ミラクル」を支えるミッチ・ジェラードが受賞。

Best Painter/Multimedia Artist
アート担当。デジタル効果なども含むのかな。

Federico Bertolucci, Love: The Dinosaur, Little Tails (Lion Forge/Magnetic)
EFA, Monet: Itinerant of Light (NBM)
Jean-Pierre Gibrat, Flight of the Raven (EuroComics/IDW)
Cyril Pedrosa, Portugal (NBM)
Sana Takeda, Monstress (Image)

「モンストレス」の美麗なアートを描くタケダサナが受賞。「モンストレス」4部門目!

Best Cover Artist
アメコミおなじみ表紙詐欺、ということで表紙アーティストの賞。

Jorge Corona, No. 1 with a Bullet (Image)
Nick Derington, Mister Miracle (DC); Doom Patrol (DC Young Animal)
Brian Stelfreeze, Black Panther (Marvel)
Sana Takeda, Monstress (Image)
Julian Totino Tedesco, Hawkeye (Marvel)

カバーアーティストもタケダサナ。「モンストレス」5部門受賞!

Best Coloring
彩色担当。彩色技術の違いはコミックの印象を大きく変えます。

Emil Ferris, My Favorite Thing Is Monsters (Fantagraphics)
Mitch Gerads, Mister Miracle (DC)
Ed Piskor, X-Men: Grand Design (Marvel)
David Rubín, Ether, Black Hammer, Sherlock Frankenstein (Dark Horse); Beowulf (Image)
Dave Stewart, Black Hammer, BPRD: Devil You Know, Hellboy: Into the Silent Sea, Sherlock Frankenstein, Shaolin Cowboy (Dark Horse); Maestros (Image)
Rosemary Valero-O’Connell, What Is Left (ShortBox)

こちらは「My Favorite Thing Is Monsters」3部門目の受賞。

Best Lettering
コミックの書き文字担当。

Isabelle Arsenault, Louis Undercover (Groundwood Books/House of Anansi)
Clayton Cowles, Bitch Planet: Triple Feature, Redlands, The Wicked + The Divine (Image); Black Bolt, Spider-Gwen, Astonishing X-Men, Star Wars (Marvel); Batman, Mister Miracle (DC Comics)
Emil Ferris, My Favorite Thing Is Monsters (Fantagraphics)
Stan Sakai, Usagi Yojimbo, Groo: Slay of the Gods (Dark Horse)
John Workman, Mother Panic (DC Young Animal); Ragnarök (IDW)

「ウサギ・ヨージンボー」のスタン・サカイが受賞。

Best Comics-Related Periodical/Journalism
雑誌、サイトなどコミックにまつわるジャーナリズムに贈られる賞。

Alter Ego, edited by Roy Thomas (TwoMorrows)
The Comics Journal, edited by Dan Nadel, Timothy Hodler, and Tucker Stone, tcj.com (Fantagraphics)
Hogan’s Alley, edited by Tom Heintjes Jack Kirby Collector, edited by John Morrow (TwoMorrows)
PanelXPanel magazine, edited by Hassan Otsmane-Elhaou, panelxpanel.com

オルタナティブコミックに強いThe Comics Journalが受賞。

Best Comics-Related Book
コミック評論などの関連本に贈られる賞。
Deconstructing the Incal by Alejandro Jodorowsky and Moebius, by Jean Annestay and Christophe Quillien (Humanoids)
How Comics Work, by Dave Gibbons and Tim Pilcher (Wellfleet Press/Quarto Group)
How to Read Nancy: The Elements of Comics in Three Easy Panels, by Paul Karasik and Mark Newgarden (Fantagraphics)
Line of Beauty: The Art of Wendy Pini, by Richard Pini (Flesk)
Monograph, by Chris Ware (Rizzoli)
To Laugh That We May Not Weep: The Life and Times of Art Young, by Glenn Bray and Frank M. Young (Fantagraphics)

新聞の3コマ漫画「ナンシー」についての研究書が受賞。

Best Scholarly/Academic Work
コミックについて研究した論文に贈られる賞。

The Comics of Charles Schulz: The Good Grief of Modern Life, edited by Jared Gardner and Ian Gordon (University Press of Mississippi)
Ethics in the Gutter: Empathy and Historical Fiction in Comics, by Kate Polak (Ohio State University Press)
Latinx Superheroes in Mainstream Comics, by Frederick Luis Aldama (University of Arizona Press)
Neon Visions: The Comics of Howard Chaykin, by Brannon Costello (LSU Press)
Picturing Childhood: Youth in Transnational Comics, edited by Mark Heimermann and Brittany Tullis (University of Texas Press)

ラテン系スーパーヒーローに関する論文が受賞。

Best Publication Design
もっとも良いコミックブックの装丁に贈られる賞。

Akira 35th Anniversary Edition, designed by Phil Balsman, Akira Saito (Veia), NORMA Editorial, and MASH•ROOM (Kodansha)
Celebrating Snoopy, designed by Spencer Williams and Julie Phillips (Andrews McMeel)
Monograph, designed by Chris Ware (Rizzoli)
My Favorite Thing Is Monsters, designed by Jacob Covey (Fantagraphics)
Will Eisner: The Centennial Celebration, 1917-2017, designed by John Lind (Kitchen Sink/Dark Horse)

「AKIRA」35周年版が2部門目を受賞。

Best Digital Comic デジタル配信限定コミック。
Bandette, by Paul Tobin and Colleen Coover (Monkeybrain/comiXology)
Barrier, by Brian K. Vaughan and Marcos Martin (Panel Syndicate)
The Carpet Merchant of Konstaniniyya, by Reimena Yee
Contact High, by James F. Wright and Josh Eckert
Harvey Kurtzman’s Marley’s Ghost, by Harvey Kurtzman, Josh O’Neill, Shannon Wheeler, and Gideon Kendall (comiXology Originals/Kitchen, Lind & Associates)
Quince, by Sebastian Kadlecik, Kit Steinkellner, and Emma Steinkellner, translated by Valeria Tranier (Fanbase Press/comiXology)

「MAD」誌の生みの親による「クリスマス・キャロル」新バージョンが受賞。

Best Web Comic
Web公開のコミック。

Awaiting a Wave, by Dale Carpenter and Nate Powell, (The Weather Channel Digital)
Brothers Bond, by Kevin Grevioux and Ryan Benjamin, (LINE Webtoon) 
Dispatch from a Sanctuary City, by Mike Dawson, (The Nib)
The Tea Dragon Society, by Katie O’Neill,m (Oni Press)
Welcome to the New World, by Jake Halpern and Michael Sloan, (New York Times Sunday Review)

「The Tea Dragon Society」が2部門目の受賞。ぜひアートだけでも見てみてください。
(リンクURLで投稿できなくなっていた模様なので、受賞作以外は上のコミコンサイトリンクからどうぞ)

The Bill Finger Award
優れたコミックブック・ライターに与えられる賞。(存命者1、故人1が受賞)
Joye Murchison Kelly(存命)と Dorothy Roubicek Woolfolk(故人)に。
今年はどちらもワンダーウーマン関係者の受賞となりました。

The Bob Clampett Humanitarian Award
人道的な活動に与えられる賞。

Frederick Joseph(ハーレムの子ども達を「ブラックパンサー」に招待)と
Comics4Kids(子ども達のためのコミック図書館)に。

The Will Eisner Hall of Fame コミックの殿堂。
Carol Kalish (1955–1991)、Jackie Ormes (1911–1985)、Charles Addams (1912–1988)
Karen Berger、Dave Gibbons、高橋留美子の6人が殿堂入り。

今年は「サーガ」の代わりなのか、「モンストレス」が堂々の5部門受賞。
グラフィックノベル「My Favorite Thing Is Monsters」の3部門がそれに続いています。
そして今年は「モンストレス」のタケダサナ、アジア翻訳部門の「弟の夫」 (アジア翻訳部門はすべて日本漫画ではありますが)
「AKIRA」35周年記念版の2部門受賞、受賞は逃したものの谷口ジロー2部門ノミネートに
田辺剛「ラブクラフト傑作集」のコミカライズ部門でのノミネート、
高橋留美子がコミック殿堂入りと、日本人作家が目立つ結果となりました。

・・・日本でもアイズナー賞の知名度がもっと上がるといいのになぁ。
(受賞作の翻訳も進んで欲しい・・・昨年のノンフィクション部門受賞作「マーチ」は邦訳出ましたね)

コメント

アメコミ入門シリーズインデックス

2018-07-22 | 漫画

「アメコミ入門」シリーズ、古いものは探しにくいと思ったので
インデックスページを作ってみました。
更新次第追加していきます。

<基礎からのアメコミ映画講座>
予備知識0からアメコミ映画を見ようという人向けアメコミ講座。
2011~12年時点の情報です。

クロスオーバーとスターシステム(このシリーズのエピソード0)

はじめに1
はじめに2
はじめに3
はじめに4

スパイダーマン編
X-MEN編
バットマン編1
バットマン編2
バットマン編3
バットマン編4
アベンジャーズ編その1(キャプテンアメリカ編)
アベンジャーズ編その2(マイティ・ソー編)
アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン編
バットマンvsスーパーマン編
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ編
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー編

<帰ってきたアメコミ入門>
アメコミに興味はあるけどどこから入ればいいのか・・・な人へのアメコミ講座。

その1(よくある疑問編)
その2(マーベル映画編)
その3(DC映画編)
その4(その他の映画編)
その5(テレビで見られるアメコミ編)
その6(邦訳アメコミを読むには編)
その7-1(最初の1冊におすすめ:マーベル編)
その7-2(最初の1冊におすすめ:DC&その他編)


<このアメコミ復刊して!>
邦訳アメコミ復刊希望紹介記事。2015年現在ひとつ除いて全部復刊出たよ

その1:キングダム・カム
その2:バットマン:アーカム・アサイラム
特別篇:復刊告知
その3:サンドマン←これだけ現状動きなし
その4:マーヴルズ
その5:アストロシティ
その6:ヘルボーイ


<邦訳アメコミ感想>
読んできた邦訳アメコミ感想です。

バットマン:ザ・ラスト・エピソード
シビル・ウォー
ジャスティス・リーグ:誕生
ベスト・オブ・スパイダーマン
バットマン:梟の法廷
ダークナイト:姿なき恐怖
スーパーマン・フォー・オールシーズン
JLA:バベルの塔
バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー
ジャスティス・リーグ:魔性の旅路
バットマン:梟の街
スーパーマン:ラスト・サン
スーパーマン:アクションコミックスVol.1
大都会の闇と影(「バットマン:梟の夜」&「ヒットマン 1」)
ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ
何かが地球におきるとき(「パシフィック・リム:イヤーゼロ」)
ヘルボーイ:疾風怒濤
バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル
ヒットマン 2
キャプテン・アメリカ:ロード・トゥ・リボーン
バットマン:ブラックミラー
スパイダーマン:ブルー
ホークアイ:マイライフ・アズ・ア・ウェポン
バットマン:ノーマンズ・ランド 1
おしゃべりな傭兵、世にはばかる(デッドプール紹介)
バットマン:アンダー・ザ・レッドフード
脅威の螺子頭と興味深き物事の数々
シャザム!魔法の守護者
DC:ニューフロンティア 上
バットマン:リルゴッサム 1
DC:ニューフロンティア 下
バットマン:リルゴッサム 2
ホークアイ:リトル・ヒッツ
アントマン:セカンド・チャンスマン
ヘルボーイ:捻じくれた男
ヤング・マーベル:リトルアベンジャーズvsリトルX-MEN
「これこそが我々の革命なのだ」(原書「UNCANNY X-MEN #600」感想)
プロメテア 1
LOBO:ポートレート・オブ・バスティッチ
バットマン:ハッシュ 完全版
スーサイド・スクワッド:悪虐の狂宴
ホークアイ:L.A.ウーマン
ハーレイ・クイン:ホット・イン・ザ・シティ
オールスター:スーパーマン
DCコミックス アンソロジー
スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー
ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃
ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー
フォーエバー・イービル
フラッシュ:新たなる挑戦
フラッシュ:ローグズの逆襲
ホークアイ:リオ・ブラボー
ゴッサム・アカデミー
ホークアイVS.デッドプール
グレイソン
スパイダーバース
ハーレイ・クイン:パワー・アウテイジ
デアデビル:イエロー
エッジ・オブ・スパイダーバース
ワールド・オブ・スパイダーバース
キャプテン・アメリカ:ホワイト
フラッシュ:グロッドの脅威
ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ
ジャスティス
ヘルボーイ:地獄の花嫁
ゴッサム・アカデミー:カラミティ
DCユニバース:リバース
スーパーマン:サン・オブ・スーパーマン
Ms.マーベル:もうフツーじゃないの
ハルク:グレイ
グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す
ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途
ゴッサム・アカデミー:イヤーブック
フラッシュ:邪悪なる閃光
スーパーマン:トライアルズ・オブ・スーパーサン
スーパーマン:アメリカン・エイリアン


<アメコミ関連書籍感想>
アメコミ関連の本の感想です。
スーパーゴッズ アメリカン・コミックスの超神たち
THE HERO―アメリカン・コミック史
スパイダーマンの日常
アメリカン・コミックス大全

<アメコミ映画感想>
アメコミ映画感想です。
アイアンマン2
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
ダークナイト・ライジング
アベンジャーズ
アイアンマン3
マン・オブ・スティール
ウルヴァリン:SAMURAI
マイティ・ソー:ダーク・ワールド
キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー
アメイジング・スパイダーマン2
X-MEN:フューチャー&パスト
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ベイマックス
アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン
キングスマン
アントマン
ファンタスティック・フォー
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
内戦も二度目なら(「シビル・ウォー」2回目)
デッドプール
X-MEN アポカリプス
スーサイド・スクワッド
ドクター・ストレンジ
レゴバットマン・ザ・ムービー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
ローガン
スパイダーマン:ホームカミング
ワンダーウーマン
マイティ・ソー:バトルロイヤル
ジャスティス・リーグ
ブラックパンサー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
2回目のガチ全滅(インフィニティウォー2回目)
デッドプール2
アントマン&ワスプ

<アメコミ関連記事>
アメコミに関するニュース記事など。
まさかの邦訳決定
(「クライシス・オン・インフィニット・アース」邦訳決定(実際に出たのはこの記事から4年4か月後))
NHKがウェイン財閥に買収されました(NHKでバットマン映画連続放送)
BSアメコミ番組感想(NHKアメコミ番組感想)
アメコミ特集2誌(アメコミ特集映画雑誌2誌紹介)
またすごいものが邦訳決定してるっぽい(「グリーンランタン/グリーンアロー」邦訳決定)
ガイマン賞2014結果発表(日本の翻訳海外コミック賞)
一筋に無敵の男(東映スパイダーマン、「スパイダーバース」に登場)
親愛なる隣人、世界最強のチームへ(スパイダーマン、MCUへ)
2015年アイズナー賞ノミネート(アメリカのコミック賞)
アイズナー賞結果発表ー
夏の俺ちゃん祭り(デッドプール予告公開・邦訳祭り)
ガイマン賞2015 ノミネート作発表
ガイマン賞 残り5日時点の現状(ガイマン賞2015投票締め切り近く集計)
ガイマン賞、結果発表(ガイマン賞2015結果紹介&感想)
Justice Leagueタロット解説(DCキャラ絵柄のタロットカードの解説です)
※2016年12月27日 追記して全カード埋まりました
名作と言われて考える(gooブログお題記事)
積んで積んで詰んでる毎日(マーベルツムツムやってます)
小プロ2016年度邦訳スケジュール発表
2016年アイズナー賞ノミネート
大阪紀行・怒涛編(大阪のアメコミバー・CROSSOVERに行ってきました)
ガイマン賞投票開始しましたよ(ガイマン賞2016投票開始)
まだ投票してない子はいねぇか(ガイマン賞2016、あと1週間で〆切)
本日〆切(ガイマン賞2016投票とマーベルツムツムイベント、最終日)
MARVEL vs. CAPCOM:INFINITE発表(新作ゲーム発表で、予想しました)
ガイマン賞ベスト10発表されました(ガイマン賞2016、上位結果発表)
「スパイダーマン:ホームカミング」予告公開
2016年アメコミまとめ
アイズナー賞2017
マーベル展とその他のことども(福岡でのマーベル展に行ってきました)
ガイマン賞2017、開始
アイズナー賞2018

コメント

ゴッサム・アカデミー:イヤーブック

2018-06-28 | 漫画
「イヤーブックに掲載を断られたの。あたし、新しい部活を始めすぎだって」

「自分のイヤーブックを作れば、委員会の許可はいらないでしょ?」

友情で結ばれたゴッサムアカデミー探偵クラブ。
ゴッサム全体を巻き込んだロビンウォーに巻き込まれたりしながらも、
激動の1年間を終わろうとしていました。

日本で言えば卒業アルバム(ただし全学年それぞれ作る)にあたるイヤーブック。
編集委員会に掲載を断られたマップスの1年間のエピソードを、
オリーブが用意したイヤーブックにまとめていくメンバーたち。
しかし、その大事なイヤーブックがロビン(ダミアン・ウェイン)に盗まれて・・・?

校内を逃げ回るロビンを追いながら、1年のエピソードを思い出していくメンバーたち。
彼らに起こった驚くべき事件の数々とは。
そして、何故ロビンはイヤーブックを盗んだのか?


ゴッサム・アカデミー」「カラミティ」に続くシリーズ3冊目。
原書のほうでは先ごろ完結しましたが邦訳のほうはこの3巻で止まっております。
(ちょうど一区切りついてはいるのですが・・・)
なお、昨年11月刊行のタイトルを今紹介してるのは最近アメコミ積んでたからです。ごめんよ。
(これからちょくちょく積みを崩そうと思っております・・・)

今作では前2巻とはメインアーティストが交代しているわけですが、
(メインライターは変わらずブレンデン・フレッチャー)
オムニバス性が高い内容、ということでエピソードごとにゲストを迎えて
探偵クラブの面々が遭遇する様々な事件・・・
洗脳ソングにバットヤギ、TRPGの世界に入り込んだり教師たちの過去に触れたり、が
描かれていきます。ゲストアーティストの中にはケン・ニイムラ(「I Kill Giant」)も。

ゴッサムアカデミー教師陣以外のヴィランキャラも登場する今作、
バットマンシリーズ好きでまだ読まれていなければ、ぜひ。


ゴッサム・アカデミー:イヤーブック


コメント

ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途

2018-02-06 | 漫画
長編前巻「疾風怒濤」のラストで、
龍の力を手に入れた「血の女王」との文字通りの死闘を演じたヘルボーイ。
命を失い、”生まれ故郷”である地獄へと戻った彼を待つ運命とは・・・?

ヘルボーイ最終章の前半、である今巻は、地獄に起こった大きな変化や
彼の出生の秘密といったエピソードを盛り込みながらも、
あくまで今までのような、どこか淡々としたペースで進んでいきます。

今作からついにマイク・ミニョーラがアーティストとしても復帰、
その陰影の効いたアートで描かれる地獄の風景や悪魔たちのビジュアルイメージを
眺めているだけでも楽しい作品でもあり、
邦訳でも初訳の「スーパーコミックメーカー」4号からは24年、
小学館プロダクション(当時)の「チェインド・コフィン」からも19年弱(99年5月)
(ストーリー上は最初になる「破滅の種子」は99年10月邦訳発売)
原作自体のスピードもあるけど、ここまで来たんだなぁ、という感慨もございます。

いよいよ次巻「ヘルボーイ:誰がために鐘は鳴る」でメインストーリーは完結、でございますが
短編(最新のものはアダム・ヒューズが描いたクリスマスストーリー!)も、
スピンオフ「B.P.R.D.」「KOSHCHEI THE DEATHLESS」等もまだまだ沢山あるのがヘルボーイ。
特に「B.P.R.D.」は未訳ながらもヘルボーイ本筋の裏で
けっこう重要なイベントをやっていたりするのでこちらも読めるようになるといいなぁ・・・。



ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途
コメント

ハルク:グレイ

2017-11-15 | 漫画
「何から聞きたい?」

「君が話したいことからでいい。両親とか 父親とか」

「そのことなら前にウンザリするほど話しただろう?」

「"A"はApple・・・みたいにABC順に話してくなら、最初はもちろん・・・」


ガンマ線爆弾の実験場に入り込んだ少年、リック・ジョーンズを救うために
爆心地に飛び込み、ガンマ線を大量に浴びた科学者、ブルース・バナー。
その副作用は、感情の昂ぶり、そして夜の訪れとともに
怪力無敵の巨人、ハルクに変身してしまうことでした。

ブルースを愛するベティ・ロス、
その父であり、ガンマ線爆弾実験の責任者、
そしてハルクを執念深く追う将軍、サンダーボルト・ロス。
命を助けられた恩義から、ブルース/ハルクと行動をともにしようとするリック。

そして、ブルースとしてもハルクとしてもベティを愛しているブルース。

ここで描かれるのは、まだハルクが「緑」になる前の、
まだ善悪もあやふやの「灰色」の時代。
改めて語られる彼の「始源(オリジン)」と、語られていなかった戦い、
そして、これまでの『カラーシリーズ』がそうであったように、
ブルース/ハルクとベティの「愛」の物語。


本国刊行順としては3作目であり
(「デアデビル:イエロー」、「スパイダーマン:ブルー」、
今作、「キャプテン・アメリカ:ホワイト」の順)
邦訳としては4作目の刊行となったジェフ・ローブ&ティム・セイルの『カラーシリーズ』の今作。
結婚式を目前にしてベティを喪ったブルースが友人である精神科医のドク・サムソンを訪ね、
初めてハルクになった時期を回想する・・・という物語となっており、
冒頭に引用した会話のように、各章題は「A is Apple」「B is Boy」・・・と
アルファベットとそれを頭文字にする単語となっています。

1962年の「インクレディブル・ハルク」#1では灰色だったハルクは、翌月の#2では緑色になっており
今作はその間の物語、と位置づけられているわけですが、
逃亡者ハルクと追跡者ロス、そしてその間に挟まれたヒロインベティの物語だけでなく
公式にはこの後で出会うことになっているあのヒーローとハルクの戦闘もあり。

そして、最後にブルースがたどり着いた結論の苦さと、
白と黒の世界に表れた「色」の演出が見事、な作品であり、
これまでのカラーシリーズ邦訳3作を読まれた方はもちろん、
マイティ・ソー:バトルロイヤル」で改めてハルク/ブルースというキャラの魅力に気づいた方に
手に取っていただきたい一冊、です。


ハルク:グレイ

コメント