Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

アントマン&ワスプ

2018-09-03 | 映画

シビルウォーでキャプテン・アメリカ側につき、逮捕されていた
アントマンことスコット・ラング。
司法取引の結果の自宅軟禁2年も残り3日となったとき、
眠っていた彼はかつて訪れた量子の世界と、一人の女性の夢を見ます。

一方、政府のお尋ね者となっていたハンクとホープのピム親子は
かつて消えた母・ジャネットを探すための実験の準備中に
謎の怪人・ゴーストに襲われます。

ゴースト、暗黒街、FBIに追われるピム親子と、
それに巻き込まれてしまったスコット。
ピム親子ははたして母に再会することができるのか?
研究所を狙うゴーストの目的とは?
そしてスコットは、無事に刑期を終えることができるのか!?

「シビル・ウォー」と「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の間に位置する
拡大縮小思いのまま、とは今回なかなかうまくいかないアントマンの物語であり
前作エンドロール後にスーツが登場したホープ・ヴァン・ダイン=ワスプのデビュー作であり
ハンク・ピムという男が過去に向き合うことになる物語、でもある今作。
スコットの泥棒仲間たちも警備会社を設立し、ルイス筆頭に今作も活躍。
(ルイスのノンストップ喋りも、前作やシビルウォー見てない人へのサポートとして機能しています)

MCUの「明るさ」担当だったGotGの雲行きが怪しくなりつつある現状、
今作も(すっきりしない部分はないとはいいませんが)前作に引き続き
「明るく楽しいヒーロー物」という方向性を維持しており、
スコットを取り巻く人々の優しさでほっこりもできる一作となっています。

・・・MCUのお約束として今作もエンドロール後の映像がある、わけなのですが。

MCU10周年イヤーを締めくくるのが今作であり、
(次作「キャプテン・マーベル」はアメリカ公開来年3月予定)
今年のアメコミ映画は11月2日公開の「ヴェノム」
(「スパイダーマン:ホームカミング」と同一世界だけどMCU作品ではない、という位置づけ)
あとアメリカでは年末公開予定のアニメ版「スパイダーマン:スパイダーバース」と
DCFU新作「アクアマン」は日本はどちらも来年公開(今作もかなり時差公開でした・・・)
そしてアニメの「ティーン・タイタンズGO」劇場版はたぶん日本ではビデオスルーの予感・・・と
少し寂しい気もいたしますが、今作の楽しさと、「IW」「デップー2」のソフト発売で
この秋を乗り切っていければ、と思っております。
(うちの地方では上映がなかった「ニンジャバットマン」ソフト発売もあるよね)

コメント

劇場版 仮面ライダービルド Be The One

2018-08-06 | 映画

映画主題歌のプロデュースが冨田恵一、ということと
昨年末の映画も見に行ったしテレビもクライマックスだし
ルパパトも毎週楽しく見てるから見に行くかー、というわけで
平日朝一で見てきました、ルパパト&ビルド夏映画。

まず「ルパンレンジャーvsパトレンジャー en film」。
名探偵エルロック・ショルメ、という原作版ルパンを意識してのゲストキャラは
(「アバンチュリエ」では英語読みのハーロック・ショームズ表記でしたね)
放送告知時に「追加戦士というか第三勢力は探偵じゃね?」と思っていたので
映画ゲストで使うかぁ・・・もったいないなぁと思い、
それは映画を見た現状でも変わらないわけではございますが
(だって戦隊映画のゲストといえば・・・ねえ?)
それでもテレビシリーズのスペシャル的に楽しめた一作でした。

・・・たぶん話的には25.5話になるんだろうけど
撮影時期の関係からかノエルさんがものすごく割を食ってるし
25話と今回の映画がどっちも共同戦線(しかも25話は全合体回)なのは
もうちょい色々調整したほうがよかったのかな、とは思わなくもないけれど。

あと今回の映画限定形態(テレビでも年末あたりに出そう?)、気持ち悪いw
(今回の映画、どっちも「合体」がテーマでしたよね)

そして「仮面ライダービルド Be The One」。
本編の45.5話にあたる物語であり、エボルトとの最終決戦突入直前の強敵出現、
この国すべてを敵に廻した戦兎、思わぬ助け、そして奇跡の新変身・・・

なぜ戦兎と万丈龍我は出会ったのか。
なぜビルドシステムには2本のフルボトルが必要なのか。

宇宙飛行士たちに取り付いてやってきて、
エボルトの計画を影ながら支えてきたブラッド族。
エボルトの計画の一環として3都の知事をそれぞれ任された彼らが、
その本来の目的に基づいて「仮面ライダー殲滅計画」をスタート。
万丈は敵の手に落ち、一海・玄徳の二人も囚われ・・・と
ストーリーが展開していくわけですが、
テレビでやったことの繰り返し感もあり、ゲスト俳優もうまく機能してるかというと
そうとも思えないという(藤井隆もったいない使い方だったなぁ)
もったいない作品、という印象もあったりしております。

しかし、それでも「無音」をうまく使った演出や、
各キャラの台詞まわし、そしてエンドロール後のサプライズ、と
「ビルド」として、映画として楽しめる部分も確かにある、という作品でした。

そしてなんといっても冒頭に書きましたが
流れてきて最初の一小節で誰がアレンジしたかがわかるエンディング曲
Beverly「Everlasting Sky」(冨田恵一プロデュース・藤林聖子作詞)。
タイトルになっている「Be The One」は本編中にインストで少し流れたくらいで
できれば映画もPANDORA(小室哲也+浅倉大介)に担当してほしかった気持ちもあるけど
冨田恵一ファンとしては実にうれしいです。
(スクリーンから冨田サウンドといえば「昴」を思い出してしまうのだけど)
主題歌は劇場販売のミュージックカード限定みたいなので買いにいこうかな・・・

公式サイト

コメント

インクレディブル・ファミリー

2018-08-02 | 映画

前作「Mr.インクレディブル」のラストシーンの直後。
地底から攻めてきた怪人・アンダーマイナーと戦うも
逃げられ、銀行の金も奪われてしまったインクレディブル一家。

非合法なヒーロー活動を行ったため警察に捕まり、
家を失い、保護プログラムも打ち切られ、
モーテルでの2週間の生活だけが保障された状態に。

今後の生活に悩む中、通信会社の社長から持ち込まれた仕事は
「超小型カメラをつけてのヒーロー活動」。
「君たちが何と戦っているかを知れば世間はヒーロー支持に動くはずだ」
その言葉に動かされ、その仕事を請けることにしたものの
最初に指名されたのはイラスティガールこと母・ヘレン。

赤子(で未知数のパワーを持つ)ジャック・ジャックの育児や
息子の算数、娘の初デート・・・
父・ボブの双肩にかかる、スーパーパワーでは解決できない様々な問題。

一方、任務を請けたヘレンにも、
謎のヴィラン・スクリーンスレイヴァーの魔の手が迫り・・・

前作から14年(!)の歳月を経て作られた、
ピクサー/ディズニーのスーパーヒーローストーリー。
もちろんこの14年の間にはたくさんのアメコミ原作ヒーロー映画が作られ
前作を少年の頃に見た人は、もうその子どもを劇場に連れてくるほどの年月が
流れているわけでございます。

ファミリームービーとしては「父親が働き、母親が育児をする」という
ステレオタイプの逆転で育児に不慣れな父親のドタバタ、
そこからの家族の絆・・・的な部分は現代にそぐわないのでは、と思いつつも
そういう「古い価値観の変化」を見せたいのだろう、という印象。

そしてスーパーヒーロームービーとしては
みんな大好き洗脳系ヴィランですよ、今回。
スクリーンに映し出された図形や文字で相手を操るというその能力は
コミックならさぞかしえげつない使われ方をするであろう・・・と思えるもので
ピクサー作品でよかったな、と少し思ったりもいたしましたw
(ピクサー作品で明確に死者が出てる最初の作品が前作ですけれど)

今回のヴィランが主張する「ヒーローへの崇拝とは盲信に他ならないのでは」という視点。
ブラッド・バード監督の前作「トゥモローランド」の感想として出ていた
「一部の『天才』に導かれる世界を良しとするのは選民思想なのでは?」という問いへの
監督からの回答にも思えてなりませんでした。

8/4にフジテレビ系で前作地上波放送もございますが、
今作は前作を見て、頭に内容を入れた上でご覧いただくと
過去に起こった事件のシーンで出てきた名前などに気づきもあるかと思います。
前作ラストシーンから続く物語でございますし、是非まとめてお楽しみください。

インクレディブル・ファミリー

コメント

デッドプール2

2018-06-04 | 映画
前作で幸せを手に入れた無責任ヒーロー・デッドプール。
しかし、その幸せが壊れたとき、彼は死に場所を求め、
その中で出会ったのが発火能力を持つ少年ミュータントでした。

その少年を殺そうとする機械の腕の男、ケーブル。
彼が少年を狙うその理由とは?
そして、少年を守り、ケーブルと戦うためにチーム・Xフォースを結成したデッドプール。
果たして、ケーブルを止め、少年を守ることはできるのか?


というわけで、予算不足と戦いながらも大ヒットした
マーベルのR15ヒーロー映画、続編でございます。
前作よりも予算がちょっぴり増え、ギャグの過激さもアクションシーンもパワーアップ。
自社作である「ローガン」は当然のこと、買収で合流も噂されるMCU作品や
あのヒット映画の数々までもパロディにし、とんでもない大物のカメオ出演までw
(それでも予算の都合で大幅に出番を削られたキャラがいるそうで・・・)

続々登場の新キャラたちの中でも、「幸運」を能力にしているドミノは
原作とビジュアルもキャラクターも違うものの、
その能力をどういうビジュアルで見せるか、がとにかく楽しかったし
ケーブルも原作との身長の違いや最近代表的な役でイジられながらも
いかにも90年代アメコミっぽい銃やポーチで活躍してくれましたし。
そして今作もドーピンダーは大活躍してましたねw

デップー本人が言うように今作は「ファミリー映画」(R-15だけど)であり、
笑いもグロいシーンもあるけれど、「死を求めた男が家族を見出し再生する物語」として
芯の部分はしっかりした話ではあるな・・・と思うのですが
見てる間は「いくつパロディに気がつけるか」という試験を受けてるような感じにもw

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ができなかった日本でのランキング1位
(コナンの勢いが違った、という部分はありますが・・・)も達成した今作、
前作を見られた方は、是非。

コメント

2回目のガチ全滅

2018-05-21 | 映画
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、吹き替えで2回目見てきました。
ムビチケカード買ってたんだけど1回目会員特典で安く見ちゃったから使ってなかったので
一回目字幕だったので今度は吹き替えで見ようかと。

もう公開して一月弱過ぎたので内容にも触れていいのかな。

一月弱の間隔を空けて、いろんな感想とかも見て、
いろいろ自分の中で消化してから再度見ると
初回ちょっと納得いかなかった部分も「そういうことだよな」と見れたし
なにより長い時間だけど舞台がテンポ良く切り替わっていくのが
飽きずに見せる工夫なのかなぁ、と思ったり。

字幕と吹き替えだと少し台本解釈が違うのかな?と思う部分もあったけど
(不参加の2名についての話のところ)
たしかにそのほうがわかりやすいよなぁ、と思ったりも。

初見時のラストの衝撃はさすがに再見時には感じなかったけれど
1/14000600の勝ち筋、を続編でどう見せてくれるのか、はより楽しみになったかなぁ。

吹き替えキャストは芸能人も違和感感じなくなってきたなぁ、と。
ブラックウィドウとファルコンは慣れてしまったし、
ウサギと小枝はもとからそこまで違和感なかったし
不安材料だったももクロもそこまでではなかったし。
(ブラックパンサーの予告で聞いたときはヤバみを感じていたんだけど)
ただ、竹中直人は何回聞いても竹中直人なんだよなぁ・・・

あと、エンドロールのコミックライター/アーティストは名前確認したいけど
全部読む前に流れていってしまいますね・・・
カービィ、スタン爺、あとジム・スターリンは別格でクレジットされてますけど。



・・・大都市圏で応援上映イベントやるらしいけど、
これ応援上映って、ハードル高くない・・・?
コメント