チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財ビジネスやイノベーションなどの関係者/関心者の方々との情報シェアの場

参加者募集|BMA主催Evening Session「 電子国家エストニアはなぜ誕生したのか」

2019-04-11 | ビジネスモデルのメモ帳
BMA(日本ビジネスモデル学会)主催第18回Evening Session「電子国家エストニアはなぜ誕生したのか ”国家のビジネスモデルとデジタルテクノロジーの最前線” 」のご案内 昨今、ブロックチェーンを中心とした先端テクノロジーやベンチャービジネスという文脈においてエストニアの注目度は益々増しています。人口がわずか 134 万人のエストニアにおいて、デジタル化された国家運営モデルや E-re . . . 本文を読む
コメント

メモ|業界トップリーダーが感じた 「国産農林水産物」の魅力と可能性

2019-04-11 | 横断的なアクションの音
転載 From 日経ビジネス|今年度で10周年を迎えた「フード・アクション・ニッポン アワード」。国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の優れた取組や産品を表彰する本コンテストで、2018年度の「受賞」が決定した。魅力ある「日本の食」のミライはどこにあるのか。大手百貨店、流通、外食事業者等の業界のトップリーダーたちがニッポンの逸品から食の可能性とミライを大いに語る。詳細は公式サイトにて。 . . . 本文を読む
コメント

リリースLink|RESTEC、宇宙ビッグデータのビジネス利用をサポート

2019-04-05 | 宇宙ビジネスの新時代へ
興味深いプレスリリースの一つである。 「一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC、理事長:池田 要)は、「宇宙ビッグデータ」を用いた新しい研修を開始しました。「宇宙ビッグデータ」とは、リモートセンシング衛星によって得られた地球観測データであり、ビジネスの世界では幅広い活用が始まっています。 RESTECは、これまで40年以上にわたりリモートセンシングの研修を実施し、78か国6 . . . 本文を読む
コメント

私見|知財経営論に著作権の話がないのはよいのか

2019-04-01 | 知財経営&知財ビジネス
日本において、「知財経営」と言いながらも、そこでいう「知財」とは多くの場合、特許権関連の話がメインで、稀に商標権関連や営業秘密などにも触れても、著作権関連に及ぶケースは一層希有になる。とりあえず、知財経営と言っても知財「経営」といえるかどうかは別として、特許権関連がメインというか中心であるなら、「特許経営」というタイトルでいえばいいのになぜかそのように言わない、という点に対し不思議に思うのは以前の . . . 本文を読む
コメント

関連メモ|日経BP社主催「技術の祭典『テクノロジーNEXT 2019』」

2019-04-01 | 時代的キーワードのメモ
・・・2017年にスタートした最先端技術カンファレンス「テクノロジーNEXT」。2017年の「クロスインダストリー」、2018年の「産業の再定義」を経て、2019年は「新産業の勃興」を主題に選んだ。セッションを1.5倍に増やして、技術による新産業の勃興をお伝えします(By 日経BP総研 所長 望月 洋介)。イベントの公式サイトはこちら。 . . . 本文を読む
コメント

ビジネスモデル「探検談」更新 「空飛ぶクルマ」をめぐるある記事を読んで

2019-03-30 | ビジネスモデルのメモ帳
実に興味深い記事だ。タイトルは「すでに見えつつある“空飛ぶクルマ”のビジネスモデル。グローバルの最新事情とは」であり、記事の全文はこちら(By NEC wisdom)で読める。「『飛ぶクルマ』は移動の新産業を創りだす」と日経BP社の望月洋介氏(技術メディア担当)が述べられているように、昨今、飛ぶクルマに対する世の中の関心の高さはいうまでもない。では、ビジネスモデルの観点から読んだときにどのようなこ . . . 本文を読む
コメント

私見|これは知財「経営」に直結するような「商標戦略」といえるのか?

2019-03-17 | 知財経営&知財ビジネス
先日、「いまも知財経営論を深めて行かなければならない」と提唱し、「部品的な発想に止まる『知財』経営ではなく、経営ストーリに沿った知財『経営』でなければならない」と指摘させて頂いた(2019年3月8日「私見|なぜいまも「知財経営論」を深めていかなければならないのか」)。共感して頂いたある方から、もう少し具体的に説明して頂けないか、とのご要請があり、今日はここで、商標戦略と経営の関係についての考え方か . . . 本文を読む
コメント

内閣府宇宙開発戦略推進事務局等発表|「S-Booster 2019」宇宙ビジネスアイディア募集

2019-03-13 | 宇宙ビジネスの新時代へ
宇宙を活用した新たなビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2019」では、本日(3月1日)から4月21日までの間、以下の専用ウェブサイト上で、宇宙ビジネスアイデアを募集します。最優秀賞受賞者には、副賞として、1,000万円を授与します。 ※「S-Booster 2019」専用ウェブサイト: https://s-booster.jp/ 「S-Booster 2019」を通じて、宇宙とい . . . 本文を読む
コメント

記事メモ|超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の運用終了について

2019-03-13 | 宇宙ビジネスの新時代へ
宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の通信異常発生後、約2週間に亘って地上局から「きずな」との通信を試みてきました。しかし、「きずな」との通信が復旧しないことから、地上からの運用不可能と判断し、「きずな」搭載の送信機とバッテリーを停止するコマンドの送信を平成31年2月27日15時54分(日本標準時)に地上より実施し、これをもって同衛星の運用を終 . . . 本文を読む
コメント

私見|なぜいまも「知財経営論」を深めていかなければならないのか

2019-03-08 | 知財経営&知財ビジネス
先日、ある講演の時、「日本で社会人向けに実務と研究を考える第一人者」と、都内にある企業グループの会合で紹介されたときはビックリ!異なる人が行う実務と「理論」の関係についてではなく、同じ人が従事する実務と「研究」の関係について考えて書籍化する人が少ないのは確かであるかもしれず、拙著『実務と研究の「壁」をどうやって破るのか』とは数少ない関係書籍であると言えても、やはり余りにも言われ過ぎて、思わず緊張感 . . . 本文を読む
コメント