チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財ビジネスやイノベーションなどの関係者/関心者の方々との情報シェアの場

・OKINAWA型産業振興プロジェクト推進ネットワーク主催「第14回環境ビジネスフォーラム」

2006-07-31 | 筆者の講義構成及び特徴
日 時: 2006年7月31日(月)14:00~16:30 会 場: 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ ニライの間 主 催: OKINAWA型産業振興プロジェクト推進ネットワーク 内 容: 以下の通り。      「環境コミュニティビジネスの自立経営」       竹内利明氏(電気通信大学産官学等連携推進本部 特任教授)      「NPOと環境コミュニティビジネス」       萩原な . . . 本文を読む
コメント

・参考情報リンク: 全国商工会連合会等主催「創業塾」

2006-07-28 | 実務と研究の壁を越える
創業に向けて具体的なアクションを起こそうとする方を対象に、少人数(40名)のゼミナール形式で、事業アイデア創出のポイント、事業を開始するための心構え、ビジネスプランの作成方法、資金調達ノウハウ、成功事例に学ぶ創業のポイントなど、実際の創業に役立つ知識・情報を約30時間で修得する講座です。 詳細は こちら にてご覧下さい。 . . . 本文を読む
コメント

・第11回イーハトーヴの科学と技術展

2006-07-27 | 横断的なアクションの音
日  時: 2006年8月19日(土)~20日(日)10:00~19:00(20日は~17:00) 会  場: イオン盛岡ショッピングセンター 2階 イオンホール 1階セントラルコート 参加費:無料 内  容: 現代の初中等教育は、知識・理論に偏重しがちとなり、指導する教師達もまた、そのような教育を受けた世代となっていて、科学や技術がどんどん児童・生徒から遠く離れたものになってきています。 . . . 本文を読む
コメント

・山野井昭雄氏(味の素株式会社顧問)「要素還元思考から要素複合思考へ」 in MOT協議会シンポ

2006-07-26 | 筆者の講義構成及び特徴
MOT協議会 が開催された第1回シンポジウムでの基調講演の一つをご案内します。 求められるMOT人材とはいったいどのようなものでしょうか?私は、MOT人材は教育と産業の世界をつなぐ、大きな架け橋のような存在であってほしいと思います。MOTといったテーマを考えると、MOT人材には、教育という側面と研究開発という二つの側面が存在します。さきほども古川先生のお話にもありましたが、MOTは広い産業社会 . . . 本文を読む
コメント

・第2回 MOT手法研修会-ヒット商品を生み出す商品発想法-

2006-07-25 | 報告書や募集等のご案内
日  時: 2006年8月2日(水)10:00~17:00 会  場: 岡山大学産学官融合センター2階 会議・研修室 参加費: 無料 内  容: 10:00~10:30 開講あいさつ 講師・受講者自己紹介 10:30~11:50 講義「商品発想から商品企画へ」 11:50~12:50 食事休憩 12:50~14:20 講義「商品発想法」 14:30~15:10 事例研究「ヒット商品と発想法」 . . . 本文を読む
コメント

・STF主催セミナー「分析ってなんだろう?半導体プロセスの分析技術を例として」

2006-07-24 | 筆者の講義構成及び特徴
平成18年8月度(第52回)科学技術者フォーラム(STF)セミナーのご案内 1.講演: 「分析ってなんだろう?半導体プロセスの分析技術を例として」 2.講師: NTTアドバンステクノロジ㈱ 材料分析センタ 担当部長 籔本周邦氏  3.日時: 平成18年8月26日(土) 14:00~16:50        (懇親会は近くの会場17:00時より開催) 4.会場: 港区立生涯学習センター 3 . . . 本文を読む
コメント

・財団法人 北九州産業学術推進機構主催「北九州ビジネスプランコンテスト2006」

2006-07-21 | 横断的なアクションの音
期間: 2006年7月21日(金)~11月30日(木) 主催: 財団法人 北九州産業学術推進機構 共催: 北九州市 内容: <募集テーマ> ・ビジネスプラン部門  独創的な技術やアイデアをもとにしたビジネスプランで、新商品の開発や新  たな分野を切り開くことが期待される急成長可能なビジネスプラン及び地元  の特性を生かすなど創意工夫を凝らしたビジネスプラン。 ・e-PORT部門  新たなI . . . 本文を読む
コメント

・紹介リンク: 関淑子氏「女性起業家とベンチャー・キャピタル」

2006-07-20 | 報告書や募集等のご案内
知人の 関淑子氏 が書かれたブログの一節を紹介します。 私が数年前から支援しているNPO法人Keyplanetが7月23日に女性起業家シンポジウムを主催する。なんと250人も集まるのだ。5,6年前は会員数も数十人で殆んどの会員の年商は数百万。しかし、今や250人総計年商100億円に達する。 友人・知人のエンジェル投資家や政府系金融機関、自治体の新産業育成担当者に声をかけたら、たちまち30名以 . . . 本文を読む
コメント

・JST、産学官出会いのポータルサイト「e-seeds.jp」を運用開始

2006-07-19 | 横断的なアクションの音
文部科学省傘下の独立行政法人科学技術振興機構(JST)は産学官出会いのポータルサイトとして、技術シーズ統合検索システム「e-seeds.jp」(イーシーズ)を2006年7月1日から運用を始めた。大学、公的研究機関、その関連のTLO(技術移転機関)が保有する研究成果・技術シーズを網羅的に検索できるポータルサイト。企業が望む技術移転案件を探す際に、大学や公的研究機関のWebサイトを一つひとつ検索する . . . 本文を読む
コメント

・遠藤悟レポート 「米国の科学政策」~「イノベート アメリカ」

2006-07-18 | 報告書や募集等のご案内
競争力委員会(Council on Competitiveness)は学界、産業界などを代表する著名人により構成された民間団体であるが、同委員会に設置された全米イノベーションイニシアチブ(National Innovation Initiative-NII)は、2004年初頭より7つのワーキンググループにおいて米国におけるイノベーション環境育成のための検討を行い、その成果を2004年12月に開催 . . . 本文を読む
コメント