時、うつろいやすく

日常のたわいもない話…
だったのが、最近は写真一色になりつつある。

役者魂

2011-08-27 08:22:24 | 映画・海外ドラマ
かつてデ・ニーロは役作りのために28キロ太ったことがある。
最近ではクリスチャン・ベールの役作りが異常なまでにすごい。
筋肉ムキムキと骨と皮のガリガリの役を交互に繰り返している。
しかしなんといってもこの人の変貌ぶりが一番強烈であった。
シャーリーズ・セロン。
べっぴんでスタイル満点のセロンがまるでチャクウィルソンの
ようにゴツイ顔に変貌してしまった。
体もブル中野みたいにデップリになってしまった。
驚くのは次の映画ではちゃんと元のセロンに戻っているんだな。
むこうの人はギャラもすごいがやることも半端ない。
コメント (6)

岡見勇信

2011-08-26 17:47:56 | 格闘技
UFC134。
ついに岡見がアンデウソンに挑む。
岡見といえば 「打・投・極」にバランスのとれた選手である。
よく言えばぶれが少ない。
悪く言えば突出したところがない。
この安定型の岡見が突出型のアンデウソンにどう挑むのか。
塩漬けもひとつの戦略だが危険を顧みず捨て身に出るのも有りかと思う。
まともに戦って倒せるような相手ではない。
一か八かのサプライズを起こしてもらいたいものだ。
な~んて、他人事だからいえるんだよね。
コメント

火星を満喫する

2011-08-25 01:04:11 | 不思議
最新の火星写真。
クレーターがCGのように鮮明に撮られている。
色は擬似的なものらしいが実に美しい。
目の前に立っているようだ。
クレーターの底部で波打っているものは何だろう。
水みたいに見えるが、砂か氷なのだろうか?
岩のひとつひとつもリアルである。
大きい岩をめくると虫が出てきそうな気がする。
はたして火星はほんとうに死の星なのだろうか?

高画質映像 ↓
http://marsrovers.jpl.nasa.gov/gallery/press/opportunity/20110120a/SolsB2453-54_Pancam_L257_F.jpg
コメント (2)

島田紳助

2011-08-24 02:36:16 | 日常
島田紳助が引退するそうだ。
暴力団関係者との交際というのが直接の理由らしい。
もっともらしい理由ではあるが、このことに関係なく、
島田紳助には限界が来ていたように思う。
それは本人が一番自覚していたのではないだろうか。
才能の限界ではないが、手法の限界、頻度の限界、
モチベーションの限界を感じていた。
悪くいえば独裁者の終焉みたいなものを感じていた。
今の紳助の状態をあと10年続けることは、視聴者に
とっても、本人にとってもさぞかし苦痛であっただろう。
もちろん島田紳助を全否定するつもりはない。
彼の才能が傑出したものであることは認める。
願わくば「なんでも鑑定団」だけは続けていってもらい
たかったと思っている。
あの番組の紳助なら20年見続けていても面白いと思う。
コメント

セパレートアンプ

2011-08-23 10:38:10 | オーディオ

アンプを買い換えることにした。
今使っているアンプはプリメインアンプだが、
今度買ったスピーカーはセパレートアンプでないと
能力を発揮できないらしい。
推奨されるセパレートアンプは150万くらいする。
とてもじゃないが手が出ない。
あれこれ考えた結果、中古を買うことにした。
メーカーも2ランク落とすことにした。
それでもけっこうな値段になる。
息子の大学院の事もあるしさすがに罪悪感にかられる。
この前スピーカーを買い換えたばかりなので、
自分を納得される正当な理由は見つからない。
今年残りの4ヶ月、また仕事に精を出すしかないのか・・

コメント (2)

内視鏡検査。

2011-08-22 21:28:44 | 想い
胃の内視鏡検査。
以前、口から入れて大層苦しい思いをした。
オエッオエッとなんどえずいたかしれない。
最近は鼻から入れる内視鏡があってすこぶる楽らしい。
耳鼻科で使う内視鏡みたいなものだからえずくことはない。
そこでひらめた。
あの肛門から入れる苦しい、苦しい大腸内視鏡検査。
これもいっそのこと鼻から内視鏡を入れればいいではないか。
鼻から細い内視鏡を食道→胃→十二指腸→小腸→大腸と落としていくのだ。
これなら楽ちんだ。
とっ思ったが、
内視鏡引き抜くときにウン○が付いてくることを忘れていた。
オエッ。

コメント

人生の浮き沈み

2011-08-22 00:05:41 | 日常
一時間ほど前にトイレにいった。
しゃがんで小をした。
腰を上げた際にふと便器の中を覗いた。
サーと流れる渦の中に鮮明な血の塊を見た。
一瞬で流れてしまったがトマトの皮のようでもあった。
昨日からトマトをよく食べたから、と思いたかったが
小しかしていないのにトマトの皮はないだろう。
では血ってこと?
血尿!
膀胱炎とか腎炎の兆候はないぞ。
ってことは・・・
心が一瞬にしてどす黒い闇の底に落ちてしまった。
丁度、ヤフーオークションで目当てのアンプを落札しようかと
浮かれていた矢先に。
もうアンプどころではない。
オーディオなんてどうでもいい話である。
場合によっては死ぬかもしれないんだぞ。
まてまて、ここは水を大量に飲んで次の小便に希望をつなげようではないか。
そして、一時間後の今さっき、運命のトイレに立った。
大量の小便が出た。
血は出なかった。
少しホッとしたが、疑念はまったく消えていない。
一時間前に見た十円玉くらいに広がった血の塊は紛れもない現実である。
断じて錯覚ではない。
・・・
・・・
まて、まだ残された可能性があった。
私はおもむろにトイレットペーパーを巻き上げた。
それを三つ折にしておしりにあてた。
別に大をしたわけではなかったが、おしりにあてたトイレットペーパーを開き見た。
鮮血だった。
十円玉くらいの大きさの鮮血がまっかかににじんでいた。
ただの切れ痔だった。
しゃがんで小をした際に傷口が開いて出血したのだった。
これで一件落着!
トイレで血を見て地獄に知り、再びトイレで血を見て天国を知る。
たった二度のトイレで人生の光と闇を体験してしまった。
コメント (2)

将棋いろいろ

2011-08-21 12:55:52 | 将棋
NHK杯。
広瀬王位がなぜに記録係をしてるんだろう、
と思ったことがある。


順位戦。
渡辺竜王VS久保二冠。
こういう場合、上座に座るのはどっちなの?


竜王戦。
渡辺竜王の強さは鬼神のごとし。


王座戦。
羽生王座の強さは怪物のごとし。


丸山九段。
マルちゃんはいつもニコニコしている。
勝ったときもニコニコしている。
負けたときもニコニコしている。


森内名人。
森内名人がイタズラする姿が想像できない。


森内名人。
森内名人が冗談をいう姿が想像できない。


先崎八段。
先崎八段から冗談をとると何も残らない。


コメント (2)

建築規制

2011-08-20 21:49:27 | 想い
姉歯偽装事件以来、建築の設計審査がべらぼうに厳しくなった。
行政や審査機関の連中ときたらどうでもいいような小さなことを
あれこれチクチクとつつき回して…
思うんだけど、遠ーい、遠ーい、よその星にも知的生命体がいて、
高度な建造物が建っていて、と考えていくと、やはりそこにも
建物への秩序(法的規制)ってものができてくるわけなんだよな。
高度な建造物が、勝って気ままに造られていくわけないしね。
ならば、どこぞの宇宙人たちも、設計審査で、構造規制がなんたら、
避難規制がなんたら、高さ規制がなんたら、消防規制がなんたらと
ゴチャゴチャと小うるさい言をいってるってわけなのよね。
なんだか、この宇宙もチンケなものよね~
やっとられんわ~
コメント

くっさ~

2011-08-17 21:51:56 | 不思議
うちの猫は、なにか異臭を嗅ぎつけると、
クンクンしたあとに「くっさ~」という顔をする。
まさに、往年の岡八郎のくっさ~顔である。
私は過去に2~3匹猫を飼ったことがあるが、
こんな顔をする猫は見たことがなかった。
うちの猫はかなりの変り物ではないかと思って
ネットで調べてみたら、いるではないか、
「くっさ~」ネコが!
うちの猫ほどリアルなくっさ~顔ではないが、
たくさんいるいる。
なんでも、これは学術的に「フレーメン反応」
というらしい。
ちゃんとした生理現象のひとつだったのだ。
な~んだ、本能かぁ~
ギャグじゃなかったのね。

これがくっさ~顔↓

http://jp.youtube.com/watch?v=ZJjKLskkP3E
コメント (2)