時、うつろいやすく

日常のたわいもない話…
だったのが、最近は写真一色になりつつある。

前兆

2012-11-30 00:06:29 | 日常

大地震の前に異常な音を聞いた、という伝承は多い。

それは概して地鳴りのような音だったと記されている。

昨日の深夜1時過ぎのこと。

仕事場でサワッ、サワッと擦れるような、軋むような音を聞いた。

猫がいるのではないかと思ったが猫は二階の部屋に閉じこもっていた。

数分後にもサワッ、サワッと音がした。

音源は近い。

私を中心に半径1~2メートルの範囲だ。

あたりに動くものはない。

近くなのに音源を特定できない。

この部屋で初めて聞く音のようだ。

なにかが隠れているのだろうか。

それとも、なにかの異変なのだろうか。

謎だ。

不安になってくる。

それからしばらく音は止んだ。

仕事に夢中になり、音のことを忘れかけたときだった。

突如として、私の左すぐ横からザザザッザッーと大きな音がした。

ギョッとして横を見ると、机の上に1メートルほど山積みしていた書類が一斉に

崩壊しはじめた。

雪崩ように連なって床に落ちてゆく。

ザザザッザッー。

ザザザッザッー。

ザザザッザッー。

理解した。

こんな小さな災害にも前兆があることを。

コメント (2)

竜王戦 第5局

2012-11-29 20:56:09 | 将棋

渡辺竜王終盤の激戦を制し9度目の防衛に成功。

終盤の激戦というのはあくまでも森下九段の弁による。

もしかするとハッキリした終盤だったのかもしれない。

今日の聞き手は山田久美女流三段。

ひさしぶりに見たらだいぶお年を召されていた。

美形なんだろうけど、私はどうもこの方の聞き手は好きになれない。

な~んか、しゃしゃり出るんだよな。

しったかぶりというか。

負けん気が強いというか。

そういえば女流棋士にもうひとりいたな。

もっと尊大な人。

千葉涼子四段。

この人、解説者と対等のような気でいるんだよな。

いつも分かったような顔してああだこうだいうのよ。

そこまで分かるんだったら奨励会行けよといいたくなる。

その点、矢内理絵子四段は謙虚だよね。

実力は山田、千葉女流より上なのに、ぜんぜん出しゃばらない。

常に解説の棋士に花を持たせる。

それでいて凛としていて気品がある。

やっぱ矢内さんはいいよねぇ~♪

 

コメント (2)

『ハンガー・ゲーム3』 上・下

2012-11-29 00:33:21 | 読書

推測するに、この作者はよほどのへそ曲がりなのだろう。

凡庸を極力嫌う人なのだろう。

ここまで耐えに耐えてこの終わり方はないぜ。

あんましだぜ。

やるせないぜ。

こりゃー読者の反感モロに買うな。

どうにでも面白い終わらせ方を書ける有能作家なのに、

あえていばらの道を選択しやがって。

作家のプライドってやつかな。

断じて俗な終わり方にはしたくない。

これは単なるエンタテインメントではないんだ。

と、でも言いたいんだろう。

ふん。

所詮、ハンガー・ゲームのくせに。

 

上巻 ★☆

下巻 ★★★☆

コメント (2)

『キラー・エリート』

2012-11-28 00:54:14 | 映画・海外ドラマ

ジェイソン・ステイサムにクライヴ・オーウェンに

ロバート・デニーロときて、この程度の出来栄え。

はっきりいって下手くそ。

作り手は緊張の演出を分かっていない。

静と動の間合いを理解していない。

緩慢にして一本調子。

後半30分の盛り上がりでなんとか目が覚めた。

★★☆~★★★

 

コメント (2)

丘の上の住宅

2012-11-27 00:50:06 | 

私が設計した住宅に不具合が出たということで見に行った。

2階の柱が少し傾いていた。

天井裏から奥を覗き込むと外壁がベロンと大きく剥がれ落ちようとしていた。

住宅は高い丘の上に建っていたので平地の何倍もの風が吹き荒れていた。

こりゃ~やばいはずだ。

ここまで風があるとは予想していなかった。

台風並みではないか。

ビュービューと体を持って行かれそうになった。

恐る恐る2階の屋根を見上げると、3階がほぼ崩壊状態だった。

3階がへし折れるようにして2階の屋根に倒れ込んでいた。

ちょとした不具合のようにいわれたけど、なんなのよこれ。

もう、終わっているじゃん。

建てた建設会社は倒産しているし、これからどうするよー。

と、途方に暮れていたら夢だった。

ほっとした。

丘の上の住宅の設計、これだけは避けて通るべし。

コメント (6)

プリウスのハンドル

2012-11-26 00:49:45 | 日常

プリウスのハンドルにはラジオのボリュームが付いている。

ラジオまで手を延ばすことなくハンドルでボリューム操作ができる。

これは意外と便利である。

                   ◆

今日、プリウスに乗ってオカンと娘と娘の彼氏とコストコに行った。

後部座席の娘の彼氏が私に話しかけてた。

高速を飛ばしていたので声が聞きとれにくかった。

おもわずハンドルのボリュームを上げた。

さすがに彼氏の音量は上がらなかった。

 

コメント (2)

『リアル・スティール』

2012-11-26 00:05:50 | 映画・海外ドラマ

ロボット版『ロッキー』に『チャンプ』を少しブレンドしたような映画。

配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン。

いつもの明るくソフトなディズニーカラー。

その毒のなさは鼻に付くが、出来栄えのよさは認める。

好みではないが評価は高い。

★★★☆

 

 

コメント (5)

『スプライト』 1~9

2012-11-25 00:39:08 | 漫画

独 創 性     ★★★

ストーリー     ★★★

画   力    ★★★☆

文 章 力      ★★★

人物描写      ★★☆

[総評]

際立つものはないが、私好みのシュチュエーション。

画力と文章力はどうにか及第点である。

難をいえばストーリーにテンポが欲しい。

過去のしがらみがテンポを悪くしている。

9巻で少し持ち直した感がある。

コメント

アイアンシェフ

2012-11-24 01:08:03 | 日常

新、鉄人を見た。

鉄人のクオリティーは先代と遜色がなかった。

これぞ鉄人。

見事な人選だ。

しかし、主宰がつまらんかった。

玉木君、演技下手くそ。

モックンより下手くそ。

鹿賀丈史がいかに優秀だったかがわかった。
 
ついでに実況の佐野アナもだめ。
 
福井アナの下手なモノマネになっている。
 
そして解説は変わらず服部さん。
 
この人、あの頃とあんまり変わっとらんな~
コメント (2)

『ゾンビ処刑人』

2012-11-24 00:44:07 | 映画・海外ドラマ

異色のゾンビ風映画。

コメディー&マニアックホラー。

で、ありながらちょっぴりシリアス。

なかなかやるなと思えるところもあるけれど、

これで2時間は長すぎるよ。

★★★

コメント (4)