時、うつろいやすく

日常のたわいもない話…

着信

2011-11-30 19:30:37 | 

半日携帯を放置していた。
着信を見たら13件も入っていた。
1件ずつリダイアルしていった。
3件目の着信をみたら「水嶋ヒロ」と出ていた。
聞き覚えのある名前だった。
リダイアルしたら女性の人が出た。
「着信が入っていたので電話しました」
というと、
「あーあれですね」
と、意味を理解しているように答えてきた。
「主人がいま、そちらの近くでイカ釣りをやってまして、
いいポイントを教えてもらおうと電話していたみたいです」
といってきた。
私は、納得げに、
「ああそうでしたかと」
と答えた。
すると、女性が、
「主人は腎臓が弱いので心配なんです」
といってきたから、
「腎臓病は怖いですからね」
と答えた。
旦那が「水嶋ヒロ」ってことは、この人は「絢香」になる。
そう、薄々分かったうえで話を進めてした。
お互い知り合いのように違和感なく会話が弾んだ。
私は外から電話をしていた。
雨がひどくなり、路面は洪水のような水浸しになっていた。
いや、洪水のようなではなく、洪水そのものの中に立っていた。
1メートルくらいの深さの水が津波のように押し寄せていた。
高い所に移動しながら会話を続けたが、いよいよ逃げ場を失い
「これが人生最後の電話になるかもしれません」
といって電話を切った。
駆け足で丘を登りきると、ようやく洪水から遠のくことができた。

電話のベルで目が覚めた。
もちろん絢香からではなかった。
「検査合格証ができました」というおばちゃんの声だった。
なんだかな~

コメント (2)

内柴正人

2011-11-30 10:58:22 | 日常

内柴正人セクハラで懲戒解雇。

五輪柔道金の英雄がなぜ。

と、新聞のテレビ欄に出てたけど、

「英雄色を好む」っていうよね。

コメント (2)

癒し

2011-11-30 00:41:37 | 日常

下の顔写真が強烈なんで解毒剤代わりです。
ほんわか和みましょう。

コメント (2)

ナベツナ

2011-11-29 11:18:59 | どうでもいいこと

読売グループ会長、渡辺恒雄。
傲慢の象徴、渡辺恒雄。
憎しみを感じるほどに嫌いな渡辺恒雄。
しかし、今回の「清武の乱」。
私はナベツナさんを支持する。
独裁うんぬんいうなら清武氏も同じ。
負けず劣らずの独裁者だったらしい。
まあ、それはどうでもいい。
独裁者だろうと結果が伴えばいい。
結果も出さずに吼えている清武氏。
あんたの涙は同情を誘う涙でしかない。
男なら結果を出してから吼えろ!

コメント

インドネシアつり橋崩壊

2011-11-29 00:03:40 | 不思議

インドネシア国最長のつり橋(全長約700メートル)が26日、突然崩落した。
地元報道によると、28日までに12人が死亡、46人が負傷したほか、31人
が行方不明となっている。
事故原因について、同国公共事業省は「川を往来する船がつり橋の支柱に
たびたび衝突しており、もろくなっていた」との見方を示し、調査に乗り出した。
28日には、捜査機関「汚職撲滅委員会」の幹部が地元メディアに対して
「建設時に汚職があり必要な量の資材が用いられなかった可能性がある」と話した。

以下、「予言書いて行くよ」の一文より。

ある大国の橋が落ちる。
橋で無ければ、大きく、横に広がる構造化の建造物だ。
それには前触れがある。
前触れ盛んに報道されるのにも関わらず、人々はそれを防げない。

http://www.logsoku.com/thread/hibari.2ch.net/news4vip/1312993659/

個人的意見としては、予言がこの事故をいい当てていたとは思わない。
公言していない固有名詞と日時の整合なくして当ったというわけにはいかない。

 

コメント (4)

『ヴァンパイア・ダイアリー』

2011-11-28 00:21:06 | 映画・海外ドラマ

スカパーにて第1話と第2話の先行放送を見た。
序章ゆえかそれほどのインパクトはなかった。
原作を知らないので、勝手に今後の展開を占うと、
悪辣そうな兄バンパイアの使い方が重要になるだろう。
彼をダークヒーロー的に使えれば結構面白くなりそうだ。
主要登場人物についてひとこと。
ヒロイン役のニーナ・ドブレフ。
アリッサ・ミラノ似の親しみの持てる女性である。
弟バンパイア役のポール・ウェズレイ(写真右)。
どこともいえず野暮ったさを感じるのはなぜ?
兄バンパイア役のイアン・サマーハルダー(写真左)。
線の細さがやや気にかかる。
それにしてもどこかで見た顔。
後で経歴を調べたら、あらまあ。
『LOST』にでてた、ブーンではないの。
おーそれを考えると随分逞しくなったね。
あのひ弱だったブーン君だからね~

★★☆

コメント (2)

11月に食べる七夕コシヒカリ。

2011-11-27 02:05:50 | 日常

先日買った高価な七夕コシヒカリ。
味わってみて、目が点になってしまった。
今年の7月に食べた七夕コシヒカリとはまるで別物。
JA産のまったく同じ新米なのにぜんぜん味が違っていた。
7月の七夕コシヒカリを★★★★☆とすると、
今回の七夕コシヒカリは★★☆である。
★★のレベルダウンである。
いかさまではないだろうから、この4ヶ月間で味落ちしたのだろう。
これなら新米「夢つくし」の方がうんとおいしい。
やはり七夕コシヒカリは7月に食べるものなんだな。

コメント (2)

『マチェーテ』

2011-11-26 02:13:15 | 映画・海外ドラマ

始まりから終わりまで、
いっさい、手加減なし。
斬るは、斬るは、
刺すは、刺すは、
撃つは、撃つは。
その割には見ていてなぜか酸欠を起こしてしまった。
こういうドタバタ物にも多少のメリとハリは必要でしょ。
評価とは関係ないけど、
この映画にはジェシカ・アルバより
ミーガン・フォックスがお似合いだったと思うけどな~

★★

コメント (2)

再び、冬を前にして

2011-11-25 01:35:40 | 日常

本格的な冬を前にして思う。

凍えそうな寒さと、

うだるような暑さ、

やっば、うだるような暑さを選びたいな。

コメント (2)

『AKIRA』実写版、金田&鉄男偏

2011-11-25 00:20:29 | キャスティング選定委員会

今回の選定は結論だけにする。
以外と候補が多くなったので書くのが面倒になってしまった。
第一印象を頼りにスバリ、ひとりに絞り込んだ。
なお、日本人俳優は候補から外した。
下手くそな上、米国でも候補に入っていないようだ。

金田役。
クリス・パインを選定する。
『スター・トレック』でのカーク船長役が光っていた。
あの悪ガキぶりと暴れっぷりはまさに金田のキャラ。
恐れ知らずの無鉄砲さも金田そのもの。
主役を張れるだけの人気も備わっている。
文句なしの人選である。

鉄男役。
ベン・フォスターを選定する。
知名度にやや難があるのは認める。
しかし、イメージを重視するなら彼のほどの適役はいない。
あの陰湿な目を見よ。
なにをやらかすかわからないような凶悪な眼光。
全身に暗く漂う負のオーラ。
コンプレックスマシーン鉄男を演じきれるのは彼しかいない。
一部で噂されたロバート・パティンソンでは背が高すぎる。
あれに赤マントではさぞかし滑稽であろう。

コメント (2)