時、うつろいやすく

日常のたわいもない話…

マイケル・コルレオーネ

2011-09-30 23:31:15 | 映画・海外ドラマ
映画の登場人物で一番印象に残った人。
それは迷わず「マイケル・コルレオーネ」である。
アル・パチーノ=マイケル・コルレオーネといってもいい。
ゴッドファーザー=マイケル・コルレオーネといってもいい。
あれは衝撃だった。
それまで私はアル・パチーノをまったく知らなかった。
アメリカにはこんなに素晴らしい役者がいるのかと感動したものである。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

冷温停止宣言

2011-09-29 10:43:26 | 日常
福島原発事故。
原子炉温度が全号機で100度を下回ったらしい。
ゆえに「冷温停止」を宣言というわけであるが、これどう考えても
おかしいでしょう。
肝心要の核燃料がどこまで落ちているのかわからん状態なのに、
抜け殻の原子炉内の温度を計って「冷温停止」はないでしょう。
政府、東電、国民を欺くのもほどほどにしろよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

諸田の印

2011-09-28 19:36:56 | 日常
今日、ダソーに諸田さんの印鑑を買いにいった。
背丈くらいある4面ケースの床近くでようやく「諸田」を見つけた。
と、思ったら、そこだけ印鑑が差さっていなかった。
「諸田」なんて滅多に売れんでしょうに。
何百とある中でなんで「諸田」だけないのよ。
売ったらちゃんと補充しといてよ。
と、心でボヤいていたら、なんのことはない。
先週、この「諸田」は私が買ったのだった。
忘れてまた買うとこだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

便器の創造主

2011-09-28 18:16:11 | 仕事
以前、公衆便所の設計を何件かやった。
大便器を図面に描き込みながら、
いずれこの先、この便器は現実の物となり、何百人、
いや何千人の人たちがまたいで用を足すことになる。
と、空想していた私は変態なのだろうか・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

放射能とCO2

2011-09-27 00:29:07 | 想い
火力発電をフル稼働するとCO2排出で地球環境によくない。
といって、しぶとく原発にしがみつこうとする人たちがいる。
地球環境を持ち出すのなら、CO2なんて原発の危険性から
いったら屁みたいなもんじゃないのかい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浦島効果

2011-09-26 22:23:39 | 想い
最近、めっきり外に出る機会が減った。
たまに外にて出て、知り合いとかに会うと、
ちょっとの間にみんな老けこんでしまって、
もうびっくりするくらいに、
いったいどうしたの、
なにがあったの、
浦島太郎じゃあるまいし。
と、心の内で哀れんでしまう。
完全に自分は棚の上に乗っかっての思いである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

UFC135

2011-09-26 20:56:53 | 格闘技
UFC2連敗中のネイト・ディアスに五味完敗。
打ってダメ、組んでダメのまったくいいとこなしの五味だった。
現在のUFCのレベルの高さをまざまざと見せつけられた。
PRIDE終焉から下降線にある日本の格闘技界とは逆に、飛躍的に
進化を続けるUFCとの実力差が露骨に現れてしまった。
そういう中、価値ある勝利を上げたのが水垣偉弥である。
彼は常にスピーディーにアグレッシブに攻め続けた。
これぞ近代MMA軽量級のあるべきスタイルだと思う。
日本にも軽量級の選手は多々いるが、昨日の水垣の貪欲な攻めの
姿勢を見習ってもらいたいものだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

前田敦子

2011-09-25 12:06:27 | どうでもいいこと


某カメラマンから聞いた話。
前田敦子を撮影することになったが、それまで前田敦子がなぜ
あれほど人気があるのかまったく理解できなかったそうな。
どこがいいのかさっぱりわからなかったというわけだ。
しかし、いざ撮影をしてみると、その存在感に驚いたそうな。
AKBの中核を担う理由がわかったそうな。
すごいオーラーを放っていたそうな。
実は私も前田敦子の人気がさっぱりわからなった。
あの顔のどこがいいのか理解に苦しんでいた。
しかし、某カメラマンの話を聞いてから見る目が変わった。
なるほど、なるほど、そういわれればたしかにこの子はいい。
類まれななにかを持っている。
そう思えてきた。
こういうのを軽い洗脳っていうんだろうな~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『キック・アス』

2011-09-25 01:44:00 | 映画・海外ドラマ


この映画、ただのお馬鹿ヒーロー物だと思ったら痛い目にあう。
お子様には見せられないド派手な残虐シーンが満載である。
そこをどう受け取るかでこの映画の評価が大きく違ってくる。
私的には残虐シーンをあえてド派手にした事によってかえって
コメディー色が強まったのではないかと思っている。
さて、この映画、後半の盛り上げ方が素晴らしい。
復讐劇の幕開けに「夕日のガンマン」のメロディーが流れ出す。
音楽を背景に可憐な少女が一転して阿修羅に変貌してしまう。
ここはちょっとした鳥肌物である。
現代に蘇ったマカロニウエスタンのような大活劇が始まる。
ハチメチャ風を匂わせてるが実は計算しつくされた映画と見た。

★★★☆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DREAM.17

2011-09-24 21:54:00 | 格闘技
今の低迷したDREAMに試聴料 3.150円は高い。
青木と北岡が出ていたから見たが、世界レベルには程遠い試合が多かった。
今日の試合でUFCに上がれそうな選手は青木とビビアーノとリオンくらいである。
川尻に関しては試合は完勝であったがフェザー級に適しているとは思えなかった。
持ち味のパワフルな打撃が影をひそめ、軽さとぎこちなさだけが目に付いた。
私的には川尻はやはり元のライト級が適正体重ではないかと思う。
北岡に関しては以前のような瞬発的な破壊力が無くなってしまったのが残念である。
スタミナ温存か秒殺か、見る側は当然後者の北岡を好む。
(ただ本音をいうと、北岡ファンの私はガス欠北岡よりスタミナ温存北岡を望む)
今成の出来は素晴らしかったが、彼がUFCスタイルにどう絡むのかはまったくの
未知数である。

ミノワマン VS バル・ハーン
今成 正和 VS エイブル・カラム
ビビアーノ・フェルナンデス VS 大塚 隆史
アントニオ・バヌエロス VS 所 英男
ジェラルド・ハリス VS 中村 和裕
北岡 悟 VS ヴィラミー・シケリム
ヤン・カブラル VS 桜庭 和志
リオン 武 VS 宇野 薫
川尻 達也 VS ヨアキム・ハンセン
青木 真也 VS ロブ・マックロー
(左側が勝者)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加