愛犬ハルと家族のほのぼの日記(夕焼けこみち)

いつも優しい空気の中にいれたらいいな。

自然災害の怖さ

2018-09-09 12:36:37 | 日記
大きな台風が過ぎ去った後には大きな地震、
特に地震は、いつどこで起きるかわからないから本当に怖いです。
被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

9/2(日)に地域の防災訓練がありました。
近くの小学校の体育館で行われたのですが、今回が初めての開催との事。
災害が起きた時、地域の人との協力はとても大事だと思うので夫婦で参加しました。

早いもので、引っ越ししてから8ヵ月が過ぎましたが、
ごく身近な回覧板を回す範囲の人くらいしか、
実際にはお付き合いがないのが現状。
住んでいる地域の人の事を知るいいチャンスだなと思っていました。

でも、実際に参加してみると、
体育館の中で地域ごと5つのグループに分かれて集合したのですが、
私の住む地域だけ極端に人数が少なくて驚きました。
来た方と話をして、高齢者が多い地域だということがわかりました。
いざとなったら助けにいかなければいけない可能性大、
災害時の色んな状況に対応できるよう、
知識を身に着けておきたいなと思いました。

防災訓練では、段ボールで作る簡易トイレの作り方や、
風呂敷で簡単に作れるリュックの作り方を教えて頂いてとても勉強になりました。

そして、地域の災害時の備蓄品の数も教えてもらったのですが、
数の少なさにビックリして、各自での備えの大切さを改めて実感して帰ってきました。

参考にと頂いた防災用品。


人間2人と犬1匹、猫12匹、
自分達はどうにでもなるけど、犬猫の事が本当に心配です。

逃げないように気を付けていても、
地震では窓ガラスが割れるだろうし、
もし火災になったら、すぐに皆をキャリー等に入れて
安全な場所へ運べるだろうか?
日々お世話をしながら良い方法を考え模索しています。

餌、猫砂、水、おしっこシート、
ビニールシートやガムテープ、段ボール箱等準備していますが、
つい、餌等を買いに行くと、
もしもの時の事を考え多めに買ってしまってよく旦那くんに注意されます。
心配性な私に対して、旦那くんはなんとかなるさというタイプ。

でもね、人間の分はなんとななるかもしれないけれど、
いざとなったら生き物の命は優先されないから
私が皆を守ってあげなきゃいけないんだよ。
ついつい同じことを繰り返し言ってしまいます。

好きで家族に迎えた13匹の大切な命だけれど、
守っていくのは簡単な事ではありません。
安心できる量を準備するのはとっても大変だけど、
せめて1週間分くらいの備蓄はしておきたいなと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鼻黒ちゃんの様子 | トップ | 洗濯 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事