よっしぃの楽書き帳

 気まぐれよっしぃの落書き帳です!
日記代わり?に書いていますが、
コメントしていただけると嬉しいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1/1 元旦

2018-01-01 | 横須賀
明けまして、おめでとうございます。
今年は、良い年になりますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/22 イルミネーションとバカラのシャンデリア

2017-12-22 | 横須賀
2時から待ち合わせて都立美術館のゴッホ展を見るため、12時頃御徒町に行き、500円のサーモンハラミとマグロ丼を食べてみた。マグロは今一つだったが、サーモンハラミはおいしかった。サーモンハラミ丼のほうが良かったかな。750円のとんかつ定食も魅力だったが、たくさん並んでいたので止めた。御徒町は、探せば安くて美味しいところが沢山ありそうだ。

ゴッホ展は、平日の暮れだからか、割と空いていた。作品も割とあり、ゴッホの影響を受けた浮世絵も展示してありゆっくり見て回った。

その後、六本木ミッドナイトタウンで5時からのイルミネーションを見た。シャンペンツリー(シャンペングラスのイメージ)があったりした。今年のテーマは宇宙。今年は、ミッドナイトタウン前のツリーも中のディスプレイのツリーも地味な気がした。小さなサンタをツリー状に並べたもので、「幾つかのサンタは、ミッドナイトタウンの中に出かけているので見つけて下さい」と、スタンプラリーのような展示もしていた。

一周してから、鈴波で夕食。六本木ヒルズまで歩き、けやき坂のイルミネーションと東京タワーのビュースポットに連れて行ってもらった。30分から10分間、電球の色が白から赤に変わった。東京タワーもハートのランプがついたが、写真にとるとハートは点になってしまった。
毛利庭園に寄って、エビスへ。

エビスでは、乗り換えだけの予定だったが、せっかくだからとガーデンプレイスまでバカラのシャンデリアを見に行った。
動く歩道に5本乗っていった。これができて初めてだったので、楽しかった。
ガーデンプレイスでは、クリスマスツリーらしいクリスマスツリーがあり、何かホッとした。
シャンデリアは、探すまでもなく目の前にあった。シャンデリアだから、建物の中かと思っていたが、ガーデンプレイスに展示してあった。8500個くらいのパーツで輸入したそうで、壊れないように組み立てるだけでも大変だと思った。
ライトの光がガラスで屈折して、微妙に光に色が付いていてきれいだった。
寒かったので、珈琲を飲もうとしたが閉まっていて、ホットワインを飲んでみたがかなり甘かった。

山手線で品川まで帰り、京急の品川発に乗れたので、座って帰れた。結構歩いた。友だちの万歩計は、20000歩以上という事だった。案内、ありがとう。とっても楽しめました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/9 K&K忘年会ダンスパーティー

2017-12-09 | 横須賀
今年のK&K忘年会ダンスパーティーは、地球堂ダンスホールですが、昼から行いました。
ミニデモで、始めたばかりの男足でワルツを踊りました。衣装は、ズボン以外Yシャツ・チョッキや蝶ネクタイ、靴も夫の物を借りました。太ったけれど、着られて良かったです。やはり、もう少し痩せなければ・・・。ダンスの方は、相手が先生だったので、何とか終わりました。今年もあとわずかですね~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/4 ランチパーティーとコンサート

2017-12-04 | 横須賀
鴨居の友だちが、自宅でのランチパーティーに誘ってくれました。

浦賀から、途中用事を済ませ、ママの広場から歩きました。途中、会津藩士の墓を見つけたので、お参りしました。
友だちの家は自分で設計したとかで、10年経っているとのことですが綺麗にしていると思いました。お料理も、「シソと豚肉のみそ炒め」シソを一杯入れるので、豚肉にシソの香が移ってとても美味しかったです。あと、豚汁!いろんな具が入っていて美味しいこと。別の友だち持参のマ-ライカ、甘さもちょうどよくお腹いっぱい頂きました。

食後散策して、博物館横「レストランマテリア」のコンサートに行くつもりでしたが、散策の時間が無くなったので直行しました。
見た目も味も美味しいマテリア特製デザートを頂きながら、宮本君の歌声を堪能しました。
帰りは観音崎からバス1本、結構近いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/24 映画「グロリア」

2017-11-24 | 横須賀
シニアネット横須賀の映画グループで18日に行った観賞会に参加できなかったので、友だちと映画「グロリア」見てきた。
上大岡の映画館には初めて行ったが、チケットは券売機で買うようになっていた。ネットでも買えるとのこと。シニア料金で見れたが、皆ついて行けてる?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/20 タージマハル

2017-11-20 | 
朝食も、バイキングなのにハエが飛んでいて、嫌だった。ホテルの従業員は、一生懸命サービスしてくれているようだが煩わしいし、トーストを頼むと真っ黒こげ!ま、そんなもんかな。

タージマハルは、お妃さまの遺言で立てたイスラムの墓で、王様も川向うに黒大理石で同じような墓を作るつもりだったらしいが、息子に財政難で反対され、敷地だけ残っていた。川側なので地盤が緩い事もあり、四方の塔は地震の時に外側に倒れるように少し傾いて建ててあった。

タジマハールを見てから、王族が住でいたアグラ城を見に行った。中庭はブドウ畑だったそうで、緑がありホッとした。ジァイプールから嫁いだお姫様が持参した大理石をくりぬいたお風呂(中に宝石を詰めて持ってきたそうだ。)も、展示してあった。階段も掘りだしてあった。お湯を張るのが大変だろうな~と思った。

昼食も、色々なカレーだった。ポテトチップの様なナンが美味しかった。

お土産屋さんを出ると物乞いの親子がしつこく寄って来て、子どもは車の前に立つなど、ひどかった。生きるのに必死なんだろうけれど・・・。

その後、ショッピングモールに行った。入るのに、セキュリティーを通るが、入ると高級ショッピングモールで、ないものがないと思うほど・・・しかし、ハーフサイズのラム酒(オールドモンク)を探してみたが、酒屋はないとか。バラ撒き土産として、20円菓子を買い込んだ。

空港で時間があったし、搭乗が遅れるとのアナウンスでゆっくりおしゃべりしていたら乗りそびれそうになったが、何とか無事帰ってきた。今回も、珍道中!面白かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/19 ジャイプル

2017-11-19 | 
18日、朝食後、アーメール城へ。象乗り場の階段に並んで順番に象に乗り坂道を上る。朝食の時に一緒になった日本人男性2人が居たので話したら、昨日来る予定がフランス交換来訪のため入れなくで、今日になったそうだ。
アーメール城は山のお城で、お妃さま方12人が住んでいたそうだ。鏡の部屋があり、小さな鏡が部屋中にはめ込んである。昔は色とりどりの絨毯が敷いてあり、それが映って綺麗だったろう。夜はろうそくの火が反射して、星空のようだったという事だ。

次に、風の宮殿に行った。ジャイプルの街は、妃さまの好きだったピンクに塗られている。落ち着いたピンクなので素敵だ。風の宮殿の塔は、お妃さまが祭など街の様子を見下ろしたという。色ガラスがはめ込んであるところは、とても綺麗だった。
山の城もだが、階段ではなく坂道にしてある。宝石の街であり、装飾品など衣装の重量が10キロ以上あったので、歩かないで人力車で移動したそうだ。よって、塔に登るのも坂道で、滑り止めの筋が刻んであった。

シティーパレスは現在も王様が使っているそうで、一部博物館として公開されていた。衛兵も、入り口に立っていた。先代の王が3年ほど前に亡くなり、12歳の娘の子が王になったそうなので、まだ15歳?

先代の王が作ったという天文台に行った。ここも、世界遺産。日時計が中心だが、星座観測台もあった。ヒンズー教は、生まれた日時でいろいろ占うそうだ。だから、計算が発達しているのかな?陰で太陽の位置が分かるようにした天球技?を二つに分けて作ってあったのは、珍しかった。
昼食は、ラジャスタンカレー。どのカレーなのか良く分からなかったが、辛くなくまろやかなカレーだったのだと思う。私は好きだ。ヒンズー教徒は、動物を殺して食べない。卵も魚も食べない。だから日本料理のカツオ出汁も駄目だ。しかし、牛乳やバター・チーズ・ハチミツは食べる。アルコールも駄目だが、ビールくらいは大目に見るようだ。
ガイドのオムさんヒンズー教の寺の息子で、カーストは僧侶。「王様の下?」と聞いたら、上だそうだ。王というのは豪族で、カーストはヒンズー教から来ているので、僧侶がトップなのだろう。食事は、365日カレー、しかし、色々なカレーだそうだ。旅行中は、豆のカレーを食べていた。ドライバーのラムさんも熱心なヒンズー教徒で、車の中にガネーシャ(象の神)をまつり、お香を焚いてくれたりした。

昼食後は、またアグラへ移動。途中の世界遺産ファテープルシークリーの入場時間に間に合うよう、ものすごく飛ばしてくれた。インドは時速制限とかないのかな?おかげで、観光できた。王さまの寝室は、下に水を張り、梯子をかけて棚の様な所で寝ていたて、寝ている時ははしごを外していたそうだ。外からの侵入に備えてという事らしい。

アグラのホテルに着いたら、結婚式だったらしい。私たちは、アーユルベーダ(インドの薬草のオイルマッサージを体験してみた。
ホテルに帰って食事だったが、ハエは飛んでいるし野菜のメニューが分からないし、カレーは飽きた市しで、このホテルははずれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/18 デリー

2017-11-18 | 
18日は、ホテルでバイキング朝食。でも、言われた7時に行くと真っ暗で、ボーイさんが一緒に階段を下りて電気をつけて、奥から食料を出して並べてくれた。カット野菜やサンドイッチは、やめといた。バナナくらいしか食べる物ない・・・と思ったら、カレーやボイルしたハムやウインナー・ゆで卵が出てきた。後から現地の客も来て、食べ物が出そろったころ引き揚げた。

移動はずっとマイクロバス。ホテルからバスに乗る時も物乞いが来て、貧富の差を感じた。
まず、ワンランクアップのホテルコースのだ生2人と合流。北海道から参加の若者だ。合流して、観光開始。世界遺産クトゥブミナール(勝利の塔)・フマユーン廟をみて、オールドデリーにてサイクルリキシャに乗る。結構年配の細い男性が、車の間を縫って飛ばす事!捕まるところが外枠しかないのに、車と接触するのではないかと思うほどぎりぎりを走る。ボールペンをあげたら、ますます張り切ってスリル満点だった。お城の赤い壁を見ながら走ったが、歩道は出店が並び、バザールなんだろう大勢の人がいた。
昼食は、こぎれいな店でダンドリ―チキンとカレー。ラッシーを進められたが、下痢が心配だったのでビールを1本頼み、4人で飲んだ。
午後は、ニューデリー(インド門・大統領府など)の街を車窓から見てひたすらジャイプルへ。
スモッグの中、高速道路?をひた走る。富士通の工場かみえたり、日本の工業団地があったり、企業進出しているんだな…。
ホテルに着くと、真っ暗。荷物を置いてすぐ食事。フランと横のバーも兼ねた食堂でバイキングだったが、ビールを1本頼んだらとても愛想が良かった。基本セルフ制のようで、ホテルの方が昼よりビールが安かった。町により、アルコールの値段がかなり違うようだ。食事も相変わらずカレー主体だが、焼き立てのナンがとても美味しかった。
ホテルは最低ランクのツアーだが、The Wall Streetはこじんまりしていて良かった。だんだん良くなるかと、明日に期待したて、おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/7~21 インド旅行

2017-11-17 | 
11/7 17:15発の飛行機(ANA)だったので、お昼前に家を出て、京急を品川で乗り換えて成田へ。座って行けました。
HISの安いツアーなので、自分たちでチェックイン。日本の飛行機だと、何となく安心です。

時差約3時間半、夜中にデリーに到着。現地添乗員さんが待っていてまず両替。一部でも敗れていたり、いたずら書きのある高額紙幣は使えないとのこと。1リラ2円位。空港の建物から出ると燻製になりそうなくらいのスモッグ。埃っぽさに加え、臭いまである。旅行者からわざわざ「マスクの用意」の電話があったっだけある。まずはホテルへ。
ビジネスホテルのようだが、バスタブの中に大きなバケツがあり、湯桶がついている。沐浴用らしい。暑いところだからか、掛布団は棚にしまってあった。朝方冷えたので、布団を出して正解だが、布団もシーツも洗濯はしてあるらしいが湿気っぽかった。それでも、明日に備えてお休みなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/10 逸見グルメお食事会

2017-11-10 | 横須賀
お料理教室「逸見グルメ」の会で、木古庭の「セカンドハウス」に行きました。
照会してくれた友だちは、隠れ家的なお店なので、あんまり紹介したくなかったそうです。
バス停から、少し入った古民家をオシャレにリフォームしたお店でした。
お料理もおいしく、コースしかなかったのですが、1月からはランチやお茶だけもOKにするそうです。
来年、ランチに行こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加