惑星ダルの日常(goo版)

(森下一仁の近況です。タイトルをはじめ、ほとんどの写真は交差法で立体視できます)

金木犀

2022-09-28 21:01:43 | 樹木

 キンモクセイが匂いはじめました。

 昨日の夕方、匂っているなという感じはありましたが、今朝になっていっそうはっきりとしてきました。2階のベランダに出た瞬間に、匂ったのです。これは我が家のキンモクセイの香り。

 ちなみに昨年は9月11日に気づいています。ずいぶん早かった。遅い年は10月に入ることもありますからねえ。今年は平年並みか。

 夕方、自転車で多摩川近くのホームセンター「くろがねや」へ。
 畑やプランターで元肥として使う鶏糞が切れたので買い求めました。

 ここの「発酵鶏糞」はお買い得。15キロで198円(税抜き価格)。
 とても重宝しています。

 くろがねやへ向かう道にもキンモクセイの木が並んでいて、強い香りがあたり一面に漂っていました(写真はこの時、撮影しました)。


農業公園

2022-09-27 20:11:02 | まち歩き

 比較的近いところにユニークな公園ができました。
 名前が「深大寺・佐須地域農業公園」。市民や深大寺周辺の散策に訪れた人たちに、畑のよさを知ってもらおうという、新しい市の施設。農業の盛んな都市周辺地域ならではの発想ですね。

 案内板の写真。

 「北側公園」と「南側公園」とがあり、北側はカニ山の上、中央自動車道をまたぐ池ノ上橋のすぐ南側で、以前、ゲートボール場があったあたりでしょうか。
 「南側」は柏野小学校の東側。こちらがメインのようで、イベント広場なども設けられています。

 今はソバ、インゲン、小松菜、サツマイモなどが育っているそうです。

 開いている時間が、火・水・木の午前10時から午後3時までと限られているのがネックですが、散歩コースに、ひとつ、楽しみが増えました。


初秋の畑

2022-09-26 20:31:32 | 市民農園

 昨日の後半につづき、今日も朝から素晴らしい青空にめぐまれました。
 陽射しが強く、最高気温 29.4℃(隣町アメダス)。もうちょっとで真夏日という暑さ。

 朝は青空のもと、畑を耕しました。
 先週木曜日のつづきで、タマネギ用の畝立て。元肥をすき込んで(といっても不耕起の部分はそのままですが)、ほぼ完成。このままタマネギの苗が育つのを待ちます。

 今の畑――

 ごちゃごちゃしていてわかりにくいのですが、左方の防虫ネット2基の中では、キャベツ、ブロッコリー、大根などが育っています。
 右方の防虫ネットは白菜。

 中央付近では落花生が繁殖しています。地中でどれだけ実か育っているか、楽しみ。
 あとはネギやシシトウ、パプリカなど。ナス、トマト、ミニトマトはそろそろ片付けなくてはなりません。


赤・黄・緑

2022-09-25 20:56:21 | 園芸

 朝のうちこそ雲がありましたが、午前の半ばにはきれいな秋晴れになりました。
 台風一過。

 秋分の日も過ぎて、陽射しが部屋の中まで入るようになりました。まだまだ元気な緑のカーテンが役立ちます。
 ゴーヤのカーテンには今も実がなり、気がつくと黄色く熟しています。
 今日も2個、黄色くなってから収穫しました。

 そのうちのひとつ。

 ゴーヤって色鮮やかですよね~。
 いつも凄いと思います。赤いワタも美味しいし。


オンラインの日

2022-09-24 20:41:22 | SF

 午後、ZOOMを使った会合が2件。

 午後2時からはSFファン交流会「古本と横田順彌を語ろう!」。
 タイトルどおりの内容ですが、横田順彌さんが語ったり、原稿にしたりした古本についてのあれこれを中心に、北原尚彦さんと日下三蔵さんが対談。司会はSFファン交流会のみいめさん。

 何かに出会うことで一生が決定されるのは、誰にとってもいえるのでしょうが、横田さんにとっては押川春浪との出会いがそれ。そこからの広がりと作物の豊かさにあらためて驚きます。ハチャハチャという抜群のユーモア感覚を盛り込みながら、すごいことを成し遂げた人でした。
 そんな人と友人付き合いをしてもらえたことに感謝。

 ファン交は4時までが本編でその後1時間ほど「二次会」。
 さらに続けて、古典SF研究会の月例会がオンラインでありましたが、疲労困憊していたこともあり、こちらは挨拶だけで失礼してしまいました。

 会合の途中、午後4時過ぎから我が家の周辺は激しい雷雨。すさまじい雷の音が響き渡り、ずっとマイクを消音状態にせざるを得ませんでした。
 これが台風15号くずれの最後の置き土産だったようです。明日は良い天気でありますように。