ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【手袋とマウス】難波先生より

2018-02-10 10:23:11 | 難波紘二先生
【手袋とマウス】2/9に、あかぎれの原因はどうも室内の寒さと空気の乾燥にあると気づいたので、手袋をすることにした。片側(写真左)が滑り止め加工してあり防水で、反対側(写真右)は普通の布である。

 両面が滑り止めになるようにはめると、加湿器のタンクの着脱やキチネットに運び給水するのに手が滑らなくてよい。雑誌や新聞のページをめくるのにも便利だ。家内がコンビニで見つけて買ってきてくれたものだ。100円だったそうだ。

 だが全てに便利ではない。Macのマウスは人指し指を前後に滑らせると、画面を上下にスクロールでき、左右に滑らせると左右にスクロールできるのだが、手袋をしていては、これができないことが分かった。(どういう原理なのかは知らない。ご教示をお願いする。)
 朝の室温が5度くらいなので、室内のパソコン、キーボード、マウスなどは冷え切っている。これが霜焼けの原因であろう。(いま13:00で室温が12.1℃、湿度が44%である。)

 机上にはパソコンが3台(iMAC、Air Mac、MacBook-pro)があり、常時使うのはスライド式ラックの下段にあるキーボードと白いマウスだ。モニター画面と眼の位置は80cm離れている。上段にはiMAC用のキーボードとその後に気温・湿度計、アナログ時計などの計器が並べてある。

 下のノートパソコンには見かけの映画「モンタナの風に抱かれて」のDVDが入ったまま、スリープ状態にある。スリープを解除すると、LEDスタンドが写っている70センチモニターに映像と音声が再生される。MacBook-proだと、ブルーレイDVDも再生可能だ。
 ソニーのスピーカーの左にある胸像は、アテネで買ったアリストテレスだ。私は彼の言葉
「本を読むと昔の人に会えるのが楽しい」が大好きである。

 目茶苦茶に寒い。2/8(木)の今朝は、5時半に一旦目覚めたが、室温が5度で床を離れる気になれない。トイレに行って排尿する際に見たら、窓枠の内側に霜が付着し、ガードレールが凍結していた。
 それで「後2サイクル眠ろう」とエアコンをオンにし、8時半まで眠った。室温が上昇していてすぐに起きられた。洗面して入れ歯を入れ、玄関の郵便受けから新聞を取り、食堂に運んだ。
〔2/9付記〕昨夜はリーマス1錠(200mg)を夕食後に飲んだ。23時、入浴前にもう1錠を飲んだ。朝5時にトイレに起き、窓枠を観察したらやはり霜ができていた。
 再入眠し8時過ぎに夢を見て起床しようとしたら、左脚の腓腹筋に「こむら返り」が起こった。明日(土)はリーマス2錠を飲んで病院を受診し、リチウムの血中濃度を測定してもらう予定だ。1/27の血中リチウム濃度は0.31mEq/Lと薬効濃度(0.60〜1.20)以下にあったが、血中カリウムが5.3mEq/Lと基準値(3.3〜5.0)より上昇していた。
 もしかしたら、身体が「リチウム電池」になりかかっているのかも知れない。
 「メルク・マニュアル」で炭酸リチウムの副作用について、調べる予定だ。

 今朝9時の仕事場の微気象は下記の通りだった。
 室温:5℃、 湿度:50%
戸外温:—7℃、湿度:70%
もしかすると、空調に「自動除湿」機能が組み込まれていて、それが加湿器を全開にしても湿度が上がらない原因かもしれないので、空調を止めて電気カーペットとオイルヒーターだけにしてみる。(付記終り)

 昨夜(2/7)、仕事場から雪を踏んで戻った靴底が、勝手口内側のコンクリート床に凍って貼りついている。仕事場に入った午前9時の外気温はマイナス8℃、室内温は8℃だった。室内暖房は昨夜9時半に切っている。湿度が40%を切っており、すぐに加湿器をオンにした。
 中国山脈の南側で、広島県央にある標高400mの当地でさえこうだから。太白山脈の西、標高700mの位置にある韓国平昌の寒さが思いやられる。いよいよ明日は開会式だ。

 2/7「ニフティ・ニュース」は <【平昌五輪】開会式で死者の可能性も 体感温度はマイナス20度にも下がると予想> と報じている。
https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12136-440380/
 トイレが暖房便座付きのウォッシュレットになっているかどうかが、脳卒中発作による死者を予防するポイントだろう。それと観客席の通路、階段に「凍結防止剤」が撒いてあるかどうかだ。
屋根のない競技場(記事中に写真あり)だから、風が吹く(英語ではこれをチリング・ファクター=Chilling facotrという)と、体感温度は極めて低下する。「体感温度マイナス20℃」なら、人体は予期せぬ反応を示すものだ。

 2/9左派の「ハンギョレ新聞」は<英国の通信社ロイターが、2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪開幕式の聖火点火リハーサル場面を無断で報道し、国際オリンピック委員会(IOC)から開幕式取材不許可処分を受けた。>と報じている。Reuterの元ネタは時間がなくて確認していないが、「報道の自由」を無視したIOCの措置だ。何とアホな。


「記事転載は事前に著者の許可が必要です。必ずご連絡いただきますようお願いいたします」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月9日(金)のつぶやき | トップ | 【何とアホな援助】難波先生より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

難波紘二先生」カテゴリの最新記事