青春メモリー ・好き勝手な人生で良かったのか? 自分探しの旅に出よう !

旅行・音楽・人生会計対策・スポーツ幅広く公開

風林会館は怖いところ・・うん?

2021年05月11日 | 青春回想録

風林会館は怖いところ・うん?


あそこ怖かったんだ、このビルの5階かなワンフロアー広いところで弾語りで歌っていたんだよ


怖いと言うのは「ヤっちゃん」でしょ


そこではそう云う雰囲気なかったけどねぇ


「親亀の背中にどうのこうの・・」と言うお笑いの人がたまにきていたっけ


通常は全然真面目だけどね・・


大物の弾語りとママのダブルオーナーの様な感じで音楽労働組合の斡旋でされ2クールくらい


の期間で行っていた。


前半は私、後半は音楽友のギターが抜群に上手い同い歳の友で、自分が終わっても


一緒に帰ろうと、待っていて毎回ほとんどそいつと飲みに行き、グテングテンになったこと


が多かった。


結局、そいつは同じ弾語りでもピアノの先生と結婚して女の子が出来ていた。


風林会館のあと、6年くらいして工学院卒 なので、コンピュータ関連の会社に勤めて


ファミリーを築いて上手に人生を送っていたっけ



風林会館ね、思い出す。新宿だ。


かなりの繁華街だった。そこでは良く「夢一夜」をレパートリーにしていた。


思い出す


懐かしい


結構広く地下二階風の造りでセンスのあるクラブだった。



音楽好き

2021年04月12日 | 青春回想録

音楽好き


高校の時が一番、好きだったかなぁ音楽


バンドを組み、手を挙げステージに立ち、5グループくらい真似をされたんだか、競って出た


有志出演。そいつらとも卒業で離れそれぞれ札幌に残るやつ、東京へ出る者、名古屋、東北、弘前の


大学へ行きめだつもの、中には音楽追求するのなら海外だとハワイへ行き、どうしてたか


活動をしていた奴もいると聞いた。


自分は東京へ行ったのは良いが、何をどうして良いか分からず、学園祭に出ようと学祭の


実行委員会を探しステージに立ちたいと申し出る。


フォークコンテストに出て自分をアッピールしょうとするが予選落ち


そのうち、四年が過ぎ卒業の時が否応なくやって来た


ほとんど90%の学友は田舎へ帰り自分は音楽を追求しょうと東京へ残留する。


同期は離れて3人くらいしかいなく寂しい思いをしたな、


ある日、アンを見ていると


「六本木・城・弾語り募集、時給 1000円」と言うのがあった。


オーデションがあり、井上陽水の「心模様」他3曲を歌う、4人くらい応募に来ていたか


自分が採用となる。



そこからだ、今にして思えばチャンスは20回はあっただろう。


「城」は成城大学の「ジョウ」を取り学園の柔道の主将であった、ある書籍会社の社長が


第二飲食部として昔は牧場だった六本木のサイロ を大規模リフームして開業した会員制の


クラブでツタの絡まるお城の様な風貌の秘密の基地だった。


そこへすぎやまこういち、佐々木勉、そのCBSソニーの兄、文化放送の部長、日テレの重役や


女子アナウンサー、電通、ヤナセ、有名総合商社、モデル、シャンソン歌手など


そうそうたるメンバーが来て夜な夜な歌い踊り飲み、大騒ぎだったのだ。


当時流行りだして来たオールディーズをいち早くコピーし60曲位歌い疲れたあたりから


リズムボックスを使いライブ感を出しバンド風に源調でヘビーに歌った。


乗るわ乗るわ異様なムードだった、入りきれず近くの店に待機してもらう始末


2時閉店まで繁盛していた。


そこで2年だったか社長が来て、君もデビューしたいからこうして音楽をしてるんだろうと


「ツトムに合わしてやる・と呼ぶから自分の思う曲を演奏してみろ」と言われたんだ・・


自作を3曲歌った、途中で もういいと言われ3番目の「愛の季節」を歌ったところ、


黙って考え込む様に聞き入っている。


「ふ~む、これはクラシックの様な感じで中々いいぞ、でもサビの所はいらないな」


と言ってくれたのだ。


帰ってもう感激だった。ホリプロの審査員をしていた先生は色々あり壮年時代に他界された。


思えば自分は手に余るほどのチャンスがあったにもかかわらず、どこか自分から追いかけて


行かなかった。


何といえばいいのだろう、芸能人になりたいんじゃなくてシンガーソングライターになりたい


って思っていたんだ・・。今にしてお見えば「ハングリー精神」あっての世界だ


どこか若くして音楽で食えてしまって「弾語り」で満足してしまった自分がいる。


そこだろう。



先生の言葉も強烈に心に残っている。


「おい、ホッカイドウ、お前はなぜ芸能界に入りたいんだ、うん  いいか


お前はホッカイドウでいろ、それでいいじゃないか・・・」



このアドバイスを忘れていない








漢字・・書けますか?

2021年02月25日 | 青春回想録

漢字・・書けますか?


スマホ、パソコン、タブレットばかり打っていますと


如何ですか漢字かけますか


「ぎきょく」


「げきじょう」


さぁ  どうでしょう。二つとも書けますか・・漢字で



恐らく30代、40代の方はどちらか又は両方知らないでしょう。忘れたでしょう。


おかしいですね日本人なのに、パソコンは外国から始まり小さい頃から使っています。


その頃は漢字も学校で教えられているので、高学年はかけるかもしれません。


それに高校生、大学の文学部でしたらかけると思う。


でも、だんだん人は・・・。忘れるのです。


英語より漢字の方が先でしょう。日本人なんですからテニス・ナオミみたいに


英語の方が、普通で日本語が片言ですとおかしいですねよ。


まぁハーフは仕方ないですよ。


でも、日本人なら漢字書ける様にしておきましょうよ。


名曲を探そう・・・「ガラスのYESTERDAY」

2021年02月04日 | 青春回想録

名曲を探そう・・・「ガラスのYESTERDAY


絶対結婚しないでいてね !


そう言った過去もあったなぁ・・


遠い記憶



電車で向かうと二人でいた


笑顔で挨拶すると


もう一人に相槌して一人でいいわ


そうだよね 電話だけで、急に会うなんて気にするよね


あの頃は免許なかったな


君の車でデートだ


「子供相手だから汗臭いと思うわ・・」


・・


あの頃はガラスの心だったなぁ


すぐ壊れてしまう


君には合同コンパで知り合った彼氏がいた


・・・でも、うまくいっていないと言う


「料理を美味しそうに食べるの」とも言う



でも・・全然 連絡こないんだって



電話ではギターを引いて自由に話せるのに


会うと無口になってしまうイエスタデイ


・・・


そんなはずないよな


もう子供もいるのだろう


ガラスのイェスタディ


すぐに壊れてしまったんだ


みんな・みんな自分の優柔不断さなのだろう


言い訳 してもらうなら


会ってすぐ口ずけじゃなくて


大事に育てたかったのかもしれないな


ガラスのイェスタディのこと・・

















こだわりの一曲「赤いスィートピー」

2021年02月02日 | 青春回想録

こだわりの 一曲  「赤いスィートピー」


この曲はよくカラオケで歌う


たまにこう云うのも純粋な気持ちで歌いたくなるのだ、歌に差別はしない


ハードロックでも、R&Bでも、フォーク、GS、ムード歌謡、民謡、演歌なんでも


いいもの、心に響くものは場所を選ばず歌う。



確かこの曲は同期会なんかの二次会で歌うと・・・「・・ちゃん可愛い」って言われた歌だ



これは松本 隆と呉田軽穂の曲、松田聖子もこの歌から幅が広がりを見せ、単なる声を高く


張り上げる曲が、多かったがストーリー性を考えらせられ聞かせる歌に説得力が出てきた。


キーもいつもより低めの設定だ


アイドルからの脱却のきっかけナンバーでしょう。



3月に入り4月の春を思う季節


赤いスィートピーは似合う


松本 隆も唸る詩を作るものです。


女性、女の子になりきって演じてこの歌の世界を表現していますね


・・・


デートで、何回目だろうか・・もじもじしてチャンスを伺うボーイフレンド


きっと女の子はきちんと心の準備して待ってるはず、でも・・・こない


もう


気が小さく れいぷの様な形には したくない彼氏


このシュチュエーションでは無理だな、ナンテ


時計を見て、もう返さないと家がうるさいか・・


そんなの関係ないのに・・どこか気の小さい彼


・・・


やっちゃえばいいのに


(だから意気地なしって言われるんだよ)


でも、そこが難しいのね


松田聖子も見てると度胸あると思う、歌い方でわかる


アイドルNo.ワンを張っている。


よくあんな思い切った「振り」出てくるなぁ



芸能人・・

2021年01月07日 | 青春回想録

芸能人・・


そうねぇ 小さい頃からビートルズになりたいと思ったことはあるが 芸能人には嫌で


なりたくはなかった・・。


よく六本木の「城」で背広の客に言われたものだ、「う~ 年齢がね ローティーンじゃない


と・・貴方では無理」


・・あのねぇアイドルになんかなりたいと思っていないし芸能人にも別になりたくはない


「シンガーソングライター」になりたいのよ・・と心の中で呟いていた。



そりゃ芸能の世界は厳しいですよ「派遣」に似ているんじゃないかな


使い捨て道具の様にワンポイント仕事では必要だが、それが終わればお払い箱


雇う方は別に義理もないし元々契約が一週間、長くて10日、ロングタイプでも2ヶ月までだ


働くことができれば良い方で仕事のコツを覚えたと思ったら全然違う職種でまた一から覚え


直さねばならない


芸能人もそうでしょ、仕事がある時は最高に気分が良く自分の好きな事で楽しみながら


熱狂するファンの前で全てを出せる。ギャラも何百万円以上でしょう


しかしコンサートが はねたら次の予定がない場合 ある意味「河原乞食」同然だ、


メシを食うのに皿洗いでも、土木作業でも何か報酬を得られることをする以外に


ないだろう・・あとは「たかり」。資金のある先輩について行き夕飯を奢ってもらう毎日、


それができない時はアパートで・えびせんでもかじって水を飲んでいるのだろう



フォークというのも当時日本名の集まるアーチストのライブは入場券500円が相場だった。


フォーク演奏が終わればその小さい収入を山分けしその日の打ち上げ代で消えたのではないか


吉田拓郎でさえみかん箱のステージで歌っていた事もあるという


アルフィーは研ナオコお姉ぇがいたから空腹を満たすことができていた。


彼らはそれが何十年もあり今があるんだ、彼らの力はグループ力・何があっても結婚しない、


するイコール解散だ・・ある意味決して解約しない資産運用 見たいな所がある



でもプロ(唄・演奏でギヤランティーが受けられるもの)にはなれた。ただフォークの


連中の10年以上続くハングリーを経験しなかったことが自分をビックに出来なかった原因


だろうと今になって思う。野に散る・・ハングリー精神だよ、成功者は皆。


何も引かれないで15から20。当時で毎月得ていたものねぇそれに加え


昼も働こうとそちらからも収入と時にはボーナスもあった。


ある意味売れない芸能人よりも良い生活していたと思う。


でも芸能人を徹底してやり抜くのなら武道から自分に有利なスポーツや「文学座」など


演じる力も鍛え 経営手腕も覚えて行かなければ10年のスパーンで人気は消える。


世代が変わってくるので、ファンも所帯を持ち家庭で忙しくいつまでも見にきては


くれないのだろう


ですからこの世界で20年・30年以上ほぼ第一線で続けられる人は物凄い努力家だと思う


美男・美人・可愛いは当たり前これに鍛錬や芸に対する直向きさ 努力があって長く


続けていられるのでしょう。私も芸能人のことは深くはわからない・・・・3割が


台湾韓国人等らしい



お前は「ホッカイドウで良いじゃないか、 ホッカイドウでいろ !


その言葉が今でいて良かった・・・・言葉の恩である。






こだわりの 一曲 「悲しき街角」

2020年12月30日 | 青春回想録

こだわりの 一曲  「悲しき街角」


買い出しでF Mを聞いていると懐かしのオールディーズが数曲かかっていた


この曲は当事者ではないが、すごく好きな曲でオールディーズを研究し


弾語りギターでリズムボックスのドラムをきかせ歌う重要なレパートリーだった。


サビが本当はエレクトーンで行うがギターでコピーして演奏した。


受けが良く顧客が歌い疲れ酔いに乗って来たあたりで


「ダンシングタイム」!


と叫び


6曲くらい生演奏する中には必ず入れたデルシャノンの曲だ  次々と


「のっぽのサリー」「オー! キャロル」「恋の片道切符」「ダイアナ」


「悲しき街角」「ルイジアナママ」すべて原調キーで歌う


酔いに乗ったお客さんの踊り喝采が思い起こされる。フアンも数人できたっけ



そうそうだったんだ


この曲を六本木で何度も歌っていたんだなぁ・・


遠い日の青春の想い出だ・・・



開発局・・・

2020年12月24日 | 青春回想録

開発局 ・・・


小さい頃 お袋は教育ママだった


どうやら おいちゃんを室蘭工大に入れたかったらしい


それで「勉強するのよ」「勉強するのよ」と覆いかぶさっては言っていた・・。


所が出来が悪く 公立・国立に入る頭はおいちゃんにはなかった・・


お袋が考えるには将来的に開発局の職員にしたかったらしい



小学校の時の成績はオール4には届かず、保育園ではガキ大将


小学校では少し大人しい普通の少年だった。そして6年間経って


卒業が近づき 担任の先生がこう言った。



「いいか、これで君たちとはお別れだ、君たちは中学校へ新たに入る


今出来が悪くても中学校は1から始まるんだ  英語・理科・数学  君たちは全く新しい


科目を始めることになるが、小学校の時に算数ができたからと言って中学校で英語が


優秀になるとは限らないんだ、今一番の生徒もスタートラインは普通の成績の子と同じだ、


だから ここからは一所懸命勉強した者としない者が別れる時でもある。


いいか気持ちを中学校からは切り替えてやって見なさい」


と・・・・


この先生の言葉にどれほど勇気付けられたことか


それから一生懸命勉強してオール4を取った。


高校は54人中15番以内に入っていなければ担任の先生が大学進学校を勧めてくれなかった、


おいちゃんは英語と歴史・国語が得意で英語はクラスで3番だった、クラスでは9番だった


ので進学校へも合格した。


父親が言った


「なっ  やる奴にかなわないんだよ、お前はやれば出来るんだ」


そう言われ自信を持ったものだ、手を挙げ「会計委員」にもなり、ある程度尊敬されても


きた。


でも「開発局」に入るほどではなかった。


当時ビートルズが台頭し高校のクラブもバスケットクラブに入り出来る奴ばかりの


大学進学校の道立高校なのにまた遅れて行った。けれど・・


思い出す・やれば出来るんだ・と


この歳になってまた勉強を真剣に取り組み3級・2級と金融技能士の国家資格を取って


「ガッコ」というオンライン大学教育の学科も4教科で合格し「修了証書」をいただいた、


こうして今運転試験場へ向けて二種学科を勉強しているが 若き時代を思い出し



もう歳だが「必死の心」で勉強して行こう・・


必死の姿勢  練習は「嘘つかない」はずだ・・



こだわりの 一曲 「昔の名前で出ています」

2020年12月16日 | 青春回想録

こだわりの 一曲 「昔の名前で出ています」


これは弾語りで初見ができる様になって、客が「これ歌いたい」とリクエスト用紙が来て


バックで盛り上げた曲


キーが高いが、これを4度下げるとこの曲の持ち味が出ないので、原調で頑張って


歌って頂いた。


そうすると結構 小林旭の様に張りのある声で出すんだな


話に夢中でソッポ向いていた他のお客も、これは良いわ、アンタ上手い・となり


歌った方も喝采で満足していた。


ただ高音出ない方は無理なので、低く2度下げてチューニングしておいて


それでも高いのなら「赤本」に乗ってるコードで適当に伴奏した。


どこの箱に行っても良く歌われていて息の長い曲だった。


・・


今は


忘年会シーズンだから、何処かでこの曲を歌ってるんだろうな・・あぁ、コロナか



内容は:良く馴染みの店に行くともうあの子はやめていて、電話を教えておくと


その子から連絡が来て、色々あり他へ移ったけど・・・


「昔の名前で出ていますから呼んでくれたら・分かるんで、今度のお店に是非来てください」


と・営業をかけて来る子がいて


リピーター馴染みの客を何人持っているかが、巷のステータスシンボル


そんな子の歌ですよね・・今聞いても本当にいい歌だ



だいたい離婚かなんかしていて、子供も大きいのいると思うよ


無理だってばぁ


・・



弦大作か、いい曲書くなぁ


作詩が星野哲郎・・・詩がいいんだな


この発想だよ


遊んでないと書けない歌だ



中学校の友よ・・

2020年12月04日 | 青春回想録

中学校の友よ・・


今どうしているのだろう・・


彼がスポーツ万能で、水泳・球技と何でも出来て体操が苦手なら当日体操クラブだった


おいちゃんに「鉄棒教えてくれと」夕方・暗くなるまでグランドでついて来た


逆上がり・前転・後転・降り方着地・なんでも体操の実技試験があるそうだ



とにかく彼は一番じゃなくては嫌で 柔道も2段・エレキも「運命」をボロい拾ってきた


ガットギターで自分の前で弾いてくれたっけ・こんなの大した事ないんだって


どうしているのだろう、勉強もできて防衛大学だったか受験してどうなったかぁ・・


英語は苦手だったが、あれから航空管制等で英語混じりの誘導を行っていたらしい


所まではわかっている。


親父と衝突して家を追い出されおいちゃんの家に「勉強教えてやるから」と


涙拭って来たっけ・・・黙って彼に従った


母は自分の子が怒られながらで出来ないと母が頭が悪いからなんだね・と後で言っていた


彼も喧嘩のストレスがあり、自分にどこか怒りながらの教え方だったと思う


どうしているかぁ・・


彼は糖尿病だったか睡眠時間を削って高校の時、どうしてもここでは一番になれないので


毎日。23時間の睡眠で頑張って遂に身体を壊した。


おそらくジェットを操縦できなかったのは健康診断で不可だった可能性が高い


管制塔ならばOkが出たのだろう


最近は同期会にも出て来ない


・・・


もう死んでるかなぁ


会いたいものだ、彼と生ビールなど飲んで話をしたいものだ



・・・




雪かぁ・・・

2020年12月01日 | 青春回想録

雪かぁ・・・


朝起きて用をすまそうと・・


その時・・嫌に明るいなぁ・・ひょっとして


  窓を開けると・一面 白い雪



雪かぁ・・



今日はバス技能  11時から二単位だな、まぁいいや、でも先生は怖いんだろうな


おいちゃんのことよく分からないし、助手席で自分がこの凍結路を運転するんじゃないし


路上教習ならばぶつけられない責任もあるし、もっと先生は内心はビビるのだろう



思い馳せる・・



雪道走行ね


あれは30代の頃か、フルコミ営業で、一番先輩だった事と自分の車・当時ブルーバード


を出している事もあって運転は自分が行ったんだ。


3月下旬だったと思う、すっかり路面が出て「これは夏タイヤで十分だ・冬タイヤ履き替えも


費用と時間がかかるし・・と


思い新人達4人を乗っけて深川市から留萌市への出張の時・・・


降って来たんだ、大雪だった


仕方なく一本チェーンベルトを買うも、ガタガタうるさく効果なし、それを外しなんとか


深川市へついて、それからどうしても留萌市へ行かなくてはならないし、約束で


顧客も待っているしそのまま夏タイヤで走ったのだ。前もベタ雪でよく見えない


雪は峠にさしかかり遂に大雪に、登り坂を上らない所 何とかゆっくり登り留萌市に着いた。


それで帰り峠下り坂、怖い怖いおいちゃんの頭髪は白髪がその時だいぶ増えたと思う


ブレーキ踏んでも「スルー・・」と90%制動は効かない


助手席の子は「◯ ◯さんを信じる」と云う・・女性ってクソ度胸あるなぁ


他の男性ヤングは心臓バクバク


そうしてブレーキ踏むも全く止まらないので道路から離れて雪の多いところを利用し制動を


図るなどもう必死で当別町まで何とか着いた・そこで男3人は


「どもって・お・お・降ろしてください」と・電車で帰ると言われ降ろす。


・・


そこは出張時刻頃と同じに夏タイヤで十分な路面に変わっていた


二人で何とか会社に戻った。


営業成績は待ち合わせた人を何人もこちらからすっぽかしたので最悪の結果


恐怖だけを味わう遠出だった


・・


雪といえば・そんな事があった。


北海道の季節は雪がないからと言っても決して油断できないところなのです。


ふぅ


だから今日のバス教習での雪道なんてどうって事ない


てな 感じ


昭和歌謡・珠玉の一曲 「虹とスニーカーの頃」

2020年11月19日 | 青春回想録

昭和歌謡・珠玉の一曲 「虹とスニーカーの頃」


若い時は好奇心も手伝い男と女は一緒に暮らすこともあろう


しかし、所詮ままごと遊び


いくつも壁があり現実の厳しさに二人は別れて行く・・・



男はお気に入りのスニーカーをいつも履いていて大事にしていた


でも、別れた女の子は情を引きずることはない


・・・


実は壮年になった彼にとって「スニーカーは君との青春の唯一の証し」だったのだ


思うたびにあのスニーカーを今も、とって置いてくれているのだろうか・・


男は思う



女性は打算的で、とっくに捨てたわよ・汚らしい


・・・と


男はロマンチスト: いつまでも思い出し想像にふける


あの頃の彼女は今 どうしているのだろうかと



想い出は時を経ないで今も続く・・・







おいちゃん と レッドツエッペリン

2020年11月13日 | 青春回想録

おいちゃんとレッドツエッペリン


そうだなぁ


あれは朝テレビを見ていて、フラワートラベリングバンドが煙幕を炊いて出ていて


「胸いっぱいの愛を」をジョー山中が、原調で歌ったんだ・・


同じ日本人で出せるんだこのハイトーン


そう思った



友はツエッペリンのLPを次々と買って、クリームの次はこれだとばかりにエレキの天才は


ジミー・ペイジの「コミュニケーションブレイクダウン」を弾いていたっけ


最近、アイツ亡くなったんだ・・


おいちゃんは東京の大学に進み、屋上の広い洗濯室コーナーで


エコー効くので、ロバートプラントとイアンギランのキーに合わせてくれてもくれても


歌っていた。



あそこには気狂いが居る・とささやかれても、馬鹿にされても練習していた。


そして移民の歌も、リビングラビングメイドも、ハイウェイスターも出せる様になった。


日本人には無理・・・ではなくアメリカ人、イギリス人並みの情熱が


無いだけなのさ


こだわりの 一曲 「センチメンタル カーニバル」

2020年10月02日 | 青春回想録

こだわりの 一曲  「センチメンタル カーニバル」


これは「あおい輝彦」*


今に冠たるアイドル王国を造った初期の頃のジャニーズ事務所のポイントゲッターだった


歌は上手い・踊り上手・演技抜群・甘いルックスと何を取っても現在のアイドルには


備わっていない全てを満たした人だった。



六本木時代これを歌いたい・とよく伴奏リクエストされた曲


この辺なら初見が、まだできてなんとか即効で伴奏する事が出来た曲


ノリが良く当時の商社マン・電通社員・ヤナセセールスマンを相手に


自分もノリノリでコーラスを付けたりしていた


阿部敏郎の作詞作曲で、ロカバラードをテンポアップにした軽快な踊曲だった


誰でも身体を揺らしながら歌えるステージに映える曲


センチメンタル カーニバル・・


思い出すなぁ~




あおい輝彦:


日大芸術学部卒。

若い人でわからない人は、あしたのジョーの矢吹丈の声・犬神家の一族の白い服面を被っていた映画のキーパーソンだった役(Hな場面もあった)、水戸黄門の助さん役と言えばわかるでしょう・・

それでもわからないか



こだわりの一曲 「22歳の別れ」

2020年10月01日 | 青春回想録

こだわりの一曲  22歳の別れ」


女性は16歳でも、19歳でも相手が生活能力があり本当に大切にしてくれる人なら


早すぎても一緒になりたいものだ



付き合っている彼はすねっかじりのまるで子供・・


しかし、女の旬を考えると限度があり


待てるのは22歳まで・・



物凄く好きとは言えないけれど


私を生活能力があって欲しいと云う10歳年上の彼が現れ


結婚を迫られた時


女性は幸せを優先するんだろう


いつの日か流れて来る


22歳の別れ」・・・


イントロの素直なメロディー  


・・・


本心はまだ若すぎる同い年の可愛い彼が、大好きなのだけれど


女は目の前の確実性を選び、そして想い出を残す。


いつか 付き合っていた彼とは疎遠になり


人混みの中に消えて行くように


時が彼とのメモリーを奪って行く


でも、心の底では同い年の彼も大きくなり


いつか私を拐ってくれないかと


淡い期待も持ち


すれ違う若い笑顔のカップルを


見ているのかもしれない