青春メモリー ・好き勝手な人生で良かったのか? 自分探しの旅に出よう !

旅行・音楽・人生会計対策・スポーツ幅広く公開

相撲談義 十日目

2020年09月22日 | コメント的スポーツブログ

相撲談義  十日目


今日は10両も少し見てみよう


錦木  :  千代ノ皇


錦木がここにいる・・・強かったんだけどなぁ


結果千代ノ皇の早い相撲、土俵際こらえきれず錦木敗退


・・・・これより幕内・・・・


高安    阿武咲


高安の出て来たところを利用するはたき込み・・阿武咲うまい相撲で勝つ



照ノ富士    隆の勝


隆の勝の前傾姿勢と腕の「はず」のうまさに照ノ富士、まわしも取れず土俵際へズルズル


負ける・・う~ん優勝戦線離脱だな


あと全勝すればチャンスはあるが、それは無理だろう


・・


こうしてみると土俵際には悪魔が住んでいる


そこは逆転が十分ありえる所なのだ


だから外人力士のように諦めてはいけない



遠藤    玉鷲


珍しく遠藤がつっぱり。その左腕が下から玉鷲に上げられ外れてバランスを崩し落ちる。



今場所は5敗や4敗の星で優勝することになるのだろう。


現時点で、負けない断然に強い力士はいなく、両横綱はもうこれから2年と綱を張れないだろ


つまり相撲シーンは過渡期に差し掛かっているのだ


・・


さぁ  正代    照強


正代優勝するにはもう負けられないな


塩舞いたぞ


正代・照強の左手下を掴み万歳させ寄って足出るが、照の方が先に足が出て勝つ。


考えたな・・



結びの一番


大栄翔    貴景勝


貴景勝・・引くなよ


結果:  押しは互角で左からのいなしで、少しバランス崩したところを押して


貴景勝勝つ


























1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い (katura)
2020-09-23 00:55:09
今日の取り組みの結果を知らなかったので、読ませていただきました。
筆者の視点が含まれていて面白く見させていただきました。

コメントを投稿