ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幸せのレシピ

2007-10-15 | 映画 さ行
ドイツ映画「マーサの幸せのレシピ」のリメイク。仕事オンリーで人間関係がうまく行かない女性が正反対の男性に出会って人間的に目覚めるというお決まりのパターンだが、可愛い姪との物語でもあり、普段入れない一流レストランの厨房の様子や良い音楽も楽しめる秀作。キャサリン・ゼタ=ジョーンズのスタイルのよさは、何を着ても隠せない。

2007年 アメリカ ラブロマンス、コメディ
2007年10月14日 ワーナーマイカル・シネマ・新百合ヶ丘
監督 スコット・ヒックス(ヒマラヤ杉に降る雪)
出演 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ターミナル、デボースショウ、シカゴほか)、アーロン・エッカート(ブラック・ダリア、抱擁ほか)、アビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)、
(出演作品などは私が観たものに限る)

ニューヨークはマンハッタンの一流レストランの料理長・ケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は腕は一流だが完ぺき主義過ぎて人間関係がうまくいかない。セラピーを受けている意味すら分からない始末だ。たった一人の姉が交通事故で急死。その娘である9歳のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることになって戸惑う。今まで自分中心に仕切ってきた世界が思うように行かないのだ。休んでいる間に入ってきた新人副料理長ニック(アーロン・エッカート)は彼女とは正反対のタイプ。早速厨房で衝突するが・・・。

マンハッタンの一流レストランという設定の「22ブリーカー」は、40人ほどでいっぱいになるサイズである。しかし、朝早く自ら市場に行って材料を仕込みに行き、新メニューの打ち合わせをしたりなど、レストラン営業時間以外にも仕事はたくさん!マスコミの評判も気になる。また、開店前にいわゆる「まかない」を食べながらくつろぐ様子も珍しく面白かった。もちろん、全員が忙しく立ち働く厨房でのスピーディーな動きは、ダンスか殺陣のようでもう一度見たいくらいだ。そして、当然のことながらどんな料理が作られているのか気になるところ。映画だから食べる事はできないが、数々の肉や魚、野菜、デザートも色彩豊かに美しい。
こんな素敵な小道具に囲まれ、キャサリンは見事な料理長に見える。そもそも、立ち姿が美しい。HPによると料理など出来なかったらしいが、撮影の為に特訓を受け包丁や鍋を持つ姿に違和感は無かった。料理にのめりこんで食べてもらうためのサービスとしては、かなり問題のあるシェフが人間的に豊かになっていく表情の豊かな演技が好印象だ。
アーロン・エッカートも最初は髭が濃くてごつい感じがしたが、陽気でおおらかな素敵な男性を演じた。アビゲイル・ブレスリンの素直で子どもらしい演技が見事である。母親をなくした幼い娘であり、スパゲッティをぱくつく元気な子どもであり、枕投げに熱中するお茶目な少女でもあるのだ。「リトル・ミス~」の時よりずいぶんスマートになって、美人女優への道まっしぐらか?
オペラだけでなく場面に合ったいくつかの音楽も楽しく、ひとつぶで何度もおいしいという一作。リメイク物流行だが、オリジナルの原作不足が嘆かわしいが、よく作られたリメイク物は楽しさを更にアップされている場合がある。これは原作は未見だが、お勧めできる作品だ。それにしても、サフランソースを一度でよいから味わってみたいものである。

コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« リストランテ・ルビー | トップ | 怖すぎる標識 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うれしい~ (Happy end好き)
2007-10-15 17:44:53
はじめまして。この映画、見たいな~、と思っていました。(DVDで「マーサの幸せレシピ」は見たことがあってストーリは知っているのですが、舞台をNYに移して、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの主演で、というのがとっても魅力的で..。)
音楽も魅力的な作品に仕上がっているんですね‥。ますます観に行きたくなりました♪
ところで、私も「日曜日には教会に‥」行っているお仲間(=クリスチャン)です~。なかなか映画のレビューをしているブログで、クリスチャンに出会うことが無かったので、とってもうれしくなりました♪
Unknown (Happy end好き)
2007-10-15 17:47:30
ええと・・ごめんなさい。↑上のコメントに、雷の絵文字を間違えて入力してしまいました。(意味不明で、すみません~;。)
コメントおそくなってごめんなさい (ももママ)
2007-10-21 09:44:08
>Happy end好きさん
原作を御覧になっているんですね。良いなあ~。比べて見ると、さらに面白さが増すことでしょう。

また遊びに来てくださいね。今日はこれから教会に行きます。隠れキリスタン(笑)にならないように、普段から「クリスチャンです」と言い、自分の生き方を恥ずかしくないように生きていきたいです。(理想ですが)
大女優~ (cyaz)
2007-11-25 08:14:06
ももママさん、こんにちは^^
『リトル・ミス・サンシャイン』もご覧になっているようで、それから思うとアビゲイル・ブレスリンちゃんは更に上手くなったなぁと感じました。シャサリン相手に対等だったりして(笑) 時々観せた大人の女性のような表情は、彼女の彼女の小さな大女優への片鱗を観た思いでした!
成長がすごい (ももママ)
2007-11-26 00:06:33
>cyazさん
まったく、成長がすごいと思いました。単なるかわいい子役ではなくなってますね。確かに大女優の片鱗が見えると思いました。お顔もかわいいし、期待できます。

コメントを投稿

映画 さ行」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『幸せのレシピ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せのレシピ」□監督 スコット・ヒックス□脚本 キャロル・フュクス□キャスト キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アビゲイル・ブレスリン、アーロン・エッカート ■鑑賞日 10月 8日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆...
「幸せのレシピ」 自分のルールを破ってみること (はらやんの映画徒然草)
最近忙しくて劇場に足が運べてません・・・。 やっと時間をみつけて「幸せのレシピ」