みちのく童話賞スタッフブログ

 《みちのく童話賞》を立ち上げました。2021年募集に向けての、スタッフブログです。

みちのく童話賞

 東日本大震災から10年のくぎりの2021年、東北地方の皆様から童話を募集いたします。原稿用紙7枚まで。募集期間2021年3月~5月。ぜひ、新しい物語を紡いでください。

前回記事の訂正 一番上の紙にはタイトルのみを書いてください。

2021-04-28 | 童話賞

 大変申し訳ございません。

 前回の記事に、7枚の他一番上にタイトルと氏名など と書いていました。これは間違いです。

 一番上の紙には、タイトルのみ。氏名など他の情報は書かないでください。

 イラストや写真なども入れないように、お願いいたします。

 

 氏名を伏せて、平等な選考をするためです。

 どうぞよろしくお願いいたします。 


応募規定補足

2021-04-22 | 日記

 400字詰め原稿用紙7枚以内。そこに、タイトルのみの1枚をプラス。合計8枚を4部作ってください。

 そのほか、タイトルのみを書いた紙を1枚つけて、お送りください。

 お待ちしております。

 

 

 


『はくさいぼうやとねずみくん』堀米薫(新日本出版社)

2021-04-19 | スタッフ新刊・活動紹介

      

 絵本の新刊です。

 畑の野菜と日々向き合っている堀米さんならではの絵本。ぜひお読みくでさい。

 ある日、ひとりぼっちのねずみくんが、はくさいぼうやにであった。「わーい、ぼく、いま、うまれたよ! ぼくのともだちになってくれる?」――はくさいぼうやがはなしてくれたおひさまのひかり、かぜのにおい……。はなしをきくたび、ねずみくんは、むねがほっこりした。もう、ちっともさびしくなかった――。

 4月30日発売です。


『夜明けをつれてくる犬』吉田桃子(講談社)

2021-04-18 | スタッフ新刊・活動紹介

        

『このブログでは久しぶりだね! またみなさんに会えてうれしいです。

 

(by・ミントくん)

新しい本は「夜明けをつれてくる犬」ということで、ぼくは犬のお友だちと

いっしょに夜が明けたばかりの公園でおさんぽしているよ。

 

 

これは朝の5時20分くらいの空! ぼく早起きでしょ!

オレンジ色の朝日、とてもきれいだな。

 

「夜明けをつれてくる犬」はどんなお話かというとね、

主人公の美咲ちゃん(小学5年生)は小さな頃から人前でお話するのがとっても

苦手で学校でもなかなかお友だちができなかったんだ。でも、家には

犬の「レオン」がいるから平気だったんだよ。犬だって人間のお友だちになれるもんね!

だけど、レオンは虹の橋へいってしまったんだ。

ペットを飼っているひとは経験したことがあるかもしれないね。ペットは飼い主よりもずっと早く

この世とサヨナラしなきゃいけないってこと。

レオンとサヨナラしてから美咲ちゃんの心は真っ暗なトンネルのなかにいるみたいに

なってしまったんだ。

だけど、ある日、通学路の途中にあるお花屋さんでレオンにそっくりな犬と出会ったんだよ。

生き返ったみたいにそっくりっていうワンちゃんとね。

それから美咲ちゃんの毎日は少しずつ変わっていくんだ。どんな風に変わっていくのか、

レオンそっくりのワンちゃんとはどうなるのか、ぜひ本を読んでたしかめてみてくれたら

うれしいな。

 

タイトルにある「夜明けをつれてくる犬」って美咲ちゃんが大好きだったレオンのことなのかな?

お花屋さんで出会ったレオンそっくりのワンちゃんかな?

それとも…?

 

そうそう! もうひとつ大事なことを忘れていた!

「みちのく童話賞」のしめきりにはまだ間に合うよ。今年になってもまだ

コロナが続いているなんてちょっと残念だけど、物語を書くことは家のなかにいても

できるし楽しいよ。

5月の連休に書いて出してもちゃんと間に合うから、どうぞよろしくお願いしま~す!

 

では、またねー!』

 


「N脳カツラ」井嶋敦子作~河北新報木曜夕刊連載スタートです。

2021-04-17 | スタッフ新刊・活動紹介

       

 今週木曜日の夕刊から、井嶋敦子さんの「N脳カツラ」がスタートしました。

 この連載は、夕刊の一面を大きく使った読み応えあるものになっています。N脳カツラって何? と思われる方、ぜひお読みください。

 川天使空間 地域的にお読みになれない方は、井嶋さんのブログをどうぞ。

 近未来SF。介護問題そして、家族の関わり、自分らしさってどういうこと? と考えさせられ、かつ楽しく心温まる物語です。10回連載。イラストは宮城県在住イラストレーター、おしのともこさんです。


『青空モーオー!』堀米薫(学研プラス)

2021-04-15 | スタッフ新刊・活動紹介

4月22日発売予定です。

 

 夏休み、都会に住む小4の陸は、いとこが働く牧場に行くことになる。家族とはなれて、1週間、自然の中での、牛や牧場の人たちとくらす……さあ、どんな体験が待っている!? 陸には...

 ぜひ、お読みください。


tbcラジオ新番組 「GoGoはみみこい ラジオな気分」 ~みちのく児童文学リレー

2021-04-11 | 日記

          

 tbcラジオ放送4月から新番組 「GoGoはみみこい ラジオな気分」が始まっています。毎月第2第4火曜日、13:45~の「みちのく児童文学リレー」のコーナーは引きつがれております。

 13日は、おおぎやなぎちかが、新番組でのトップバッターをつとめます。

 自著と、もう一冊お勧めの児童文学を紹介させていただきます。

 佐々木ひとみ、堀米薫、野泉マヤと続きます。

 ぜひ、お聴きください。

:::::::::::::::::::::::::

 みちのく童話賞、募集期間が3分の1を過ぎました。これまでお送りくださっている方、皆様きちんと募集要項を守ってくださっていて、素晴らしいです。(応募原稿は同じものを4部とか)

 これからのご応募を予定している方、パソコンで書かれる場合、原稿用紙のマス目は印字しないようにしてください。これは、他の賞でも同様です。手書きの場合と違って、実は読みにくいのです。

 よろしくお願いいたします(お)。


引き続きお気をつけください。

2021-03-23 | 日記

 宮城県、山形県の新型コロナウイルス感染者数が増加しています。

 宮城県は独自の緊急事態宣言を出しましたね。

 春休み、お花見の時期ですが、気をゆるめずすごしましょう。

 家で童話を書く、これ、おすすめです(お)。


同じ原稿を4部お送りください。

2021-03-20 | 童話賞

 みちのく童話賞にご応募される皆様へ

 応募要項をよくご覧の上、ご応募をお願いいたします。

 同じ作品を4部お送りください。

 よろしくお願いいたします。

  

 

 


400字詰め原稿用紙7枚について

2021-03-18 | 童話賞

 みちのく童話賞、応募原稿が少しずつ届き始めています。

 さて、応募規定の中に「400字詰め原稿用紙7枚以内」というのがありますが、これについて補足です。

 400字で7枚・・・2800字ですよね。

 でも2800字以内ならいい、というのとは違います。20×20の原稿用紙に、

 ある夏の日のことです。

 ここで、改行すると、文字数では、11文字。9行の余白が生じます。童話ではこの余白も大切。こうして書くと、400字詰め原稿用紙7枚は、2800文字よりずっと少なくなります。

 7枚以内で、お願いします。

 何かわからない点は、このブログのメッセージへどうぞ。(お)