ミカウバー日記!音楽とグルメと旅行が好き!

今まで参戦したライブや訪れた内外の場所や食べ歩いたお店などを中心にその時感じだ雑感について書いていきます!

旅に出たいなぁ! 初海外旅行の思い出 イタリア編 ⑨

2018-08-31 10:55:39 | 日記
僕たち一行のイタリア国内最後の訪問地は水の都 ヴェネチアだ!昔はベニスと言っていたのに一体いつからヴェネチアと呼ぶ様になったのだろう?

ヴェネチアといえば真っ先に思い浮かぶのはゴンドラだ!
そして水に浮かぶ都、迷路の様に張り巡らされた水路! 長靴の様に細長いイタリアも色んな顔を持つ魅力的な国だ。

ヴェネチアの中心まではバスで行けないので一旦降りてそこから乗り合いの水上バスに乗ってサンマルコ広場の辺りまで移動しなくてはならなかった。この乗合バスは各停と急行の2タイプあったと思う。バスを降りたところからサンマルコ広場まで約2〜30分かかった。



⬆️ イメージ写真です。ヴァポレットと呼ばれる水上バスはなかなか面白い!

水上バスを降りてサンマルコ広場に着いたら驚いた‼️ ちょうど僕たちがヴェネチアを訪れた時丁度カーニバルの時だったのだ。海外のカーニバルと言うとリオのカーニバルが有名だけどヴェネチアのカーニバルもなかなかのものだ!

サンマルコ広場に大音響でノリノリの良い音楽が流れているではないか⁉️

サンマルコ広場が青空ディスコになっている!

これが僕の第一印象だった。





🔼 2枚ともイメージ写真です。

実際僕たちが行った時は仮面を被った人たちより思い思いの仮装した人たち(今で言うところのコスプレ ?)の方が多かった。ミイラ男やボーイジョージ風の格好していた人もいて見ているだけでウキウキ楽しい気分になってしまった。こんな所で踊りまくったらさぞや楽しいだろうと思った。いつも思うけど祭りって見るものではなく参加してなんぼだよね。

サンマルコ広場から町の中を歩いて行くと仮面舞踏会のコスチューム専門店が何軒かあった。


🔼イメージ写真です。

なんとも言えない怪しい雰囲気満載でした。もし、暗闇でこのような仮面とコスチュームの人が目の前に突然現れたたら確実にビビってしまうね。

リオのカーニバルのようなラテン系の底抜けの楽しい雰囲気のカーニバルと違ってチョッと哀愁を帯びた怪しい雰囲気が全体に漂っている哀愁のヨーロッパみたいな所もあってこれはこれで素敵だった。

このヴェネチアのカーニバルを観れた事はこの旅の前半におけるハイライトと言っても過言ではない。


水のヴェネチアは海に浮いた町なので車での移動はできず細い路地と橋それに階段を歩いて移動しなくてはいけない。それまでテレビや本の写真でしか見たことのなかったヴェネチアにいるんだと言う実感がじわじわと湧いて来た。



さぁ ! 次なるミッションはゴンドラだ!

僕たちはゴンドラ乗り場に向かったのである!



人気ブログランキング
コメント

旅に出たいなぁ! 初海外旅行の思い出 イタリア編 ⑧

2018-08-30 12:36:23 | 旅行
ウフィッツィ美術館でビーナスの生誕を鑑賞した後再び町を散策した。

本当はダビデ像像があるアカデミア美術館にも行きたかったのだが閉館時間となり見ることができなかった。 だから美術館の入り口だけ見て我慢したのだ😭😭😭



🔼 イメージ写真です



🔼 本当は中に入れたらこの像をこんな感じで間近に見ることが出来たのだ!


仕方ないので泣く泣く市内の散策に戻った。



🔼フィレンツェの町中はこんな感じでゆっくり歩いて回るのが一番だと思った。ここは滞在時間が短すぎて正に来ました写真しか撮れなかった気がする。

僕たちがフィレンツェについた時は公園のような所に移動遊園地が来ていた。



🔼 イメージ写真です。本当は広場ではなくて公園だったと思います。

僕が移動遊園地に出会ったのはこの時が初めてだった。ヨーロッパでは移動遊園地は結構お馴染みで季節の風物詩みたいになっているみたいだ。その後イギリスに住むことになった時に僕が住んでいたストラトフォードにもやって来たし、パリやネス湖でも移動遊園地に遭遇した。
移動遊園地は各々のアトラクションを持っている人たちが三々五々集まって別れるのかサーカスみたいに一座があってそれが旅しながら巡業するシステムなのかは知らない。
どのアトラクションも昔からあるオーソドックスなものばかりだけれど、却ってそれが郷愁を呼んで良い。滞在期間が終わったら跡形もなくなくなる儚さもあってなんとなく好きだ。

この時は残念な事にアトラクションで遊ぶことは出来ずただ見てるだけに終わってしまった。ストラトフォードに来た時はいくつかアトラクションを楽しんだ。

イタリアに来てから4日目ともなるとイタリアの雰囲気にも慣れて来ていて挨拶の チャオ!を抵抗なく町の人たちに言えるようになっていた。チャオ!と声をかけると大抵の人は人懐こくチャオ!と返してくれる。なんか楽しくなってくる。

そして事件はその夜に起こった のだ!

この日は僕は1人部屋だったので荷物を部屋に置いてすっかり恒例になった酒盛り大会が始まった。まだこの頃は僕と時々相部屋になる2人を含めた3人でのささやかな飲み会だった。この酒盛り大会はツァー最後の頃は女子も含め10人以上の大所帯になってしまったのだ。

前回書いたけどキャンティの大瓶を買ってホテルに戻っていたので3人でそれを飲みながら色んな話をして盛り上がった。シャワーを浴びるため飲み会はお開きにして部屋に戻った。海外のホテル🏨はトイレとバスは大概一緒のところが多い。実際にこのツァーでもそうだった。でもこの日は今までとは明らかに違っていたのだ。

トイレの個室の中にシャワーが付いている!

この時の僕の部屋は何とトイレの中にシャワーがついていたのだ⁉️トイレの個室ってそんなスペースないでしょ❓ その個室の壁の上に何のためらいもなくシャワーが付いていたのだ。

これってどうやって浴びろと言うのだ⁉️ 仮に浴びられたとしてもそのあとトイレの中がビショビショになって使えないじゃん‼️

仕方がないからさっきまで一緒に飲んでいた仲間の部屋をノック!事情を説明してシャワーを貸して欲しいと頼んだのだ。確か彼らにも僕の部屋のシャワーの状態を見てもらった。僕もこの後中国を含め結構色んな国を旅したけどこのようなタイプの部屋はこの一回きりだ!

外国に行くとお湯が出ないと言うことはたまにあるけどこんな経験は後にも先にもこれっきりだった。

湯船に浸かれなくてもシャワーはゆっくり浴びたい〜‼︎

こうして僕の初めてのフィレンツェ滞在は色んな面で不完全燃焼に終わってしまった。結局この時の宿題はそのままでフィレンツェに再訪していない。是非ともゆっくり訪れたい。

次の朝、僕たちを乗せたバス🚌はベネチアに向かって出発したのだ!




人気ブログランキング
コメント

旅に出たいなぁ! 初海外旅行の思い出 イタリア編 ⑦

2018-08-29 12:31:51 | 旅行
無事ローマでの滞在を終えた僕たち一行は次の目的地フィレンツェに向かい出発した。

ここから暫くはバス🚌での移動になる。大きな観光バスで座席も一人でゆったりと座れたので思いのほか快適なバス旅行となった🤗

長旅のお供で欠かすことが出来ない物と言えば音楽と本だ。特に移動している最中の時には好きな音楽を聴いていたいたい。当時は個人的に音楽を楽しむ方法と言えば、今みたいにiPod やiPhone などのない時代だから カセットテープのウォークマンが唯一にして最強のアイテムだった。
でも、今回の様な長期の旅行の時はカセットテープを何本も持って行かねばならず嵩張るのがネックだった。それでも旅に出る前に新しいカセットテープを何本か録音して準備は万全だった。基本は勿論ロック。その中でもストーンズだけは特別で、その時の気分で聞き分けるために、バラードとアップテンポの2種類を作った。後は好きなアーティストの曲を今回の旅用にランダムに繋いだ物を数本仕込んでおいた。そしてこのテープ達は本当に旅の最後まで重宝しましたね。

旅のお供は音楽に限る!

No nusic, No Travel !

ローマからフィレンツェまでいったい何時間かかったかは覚えていない。それでも昼食はフィレンツェだったから少なくとも3時間ほどはバスに揺られていたと思う。




🔼 イメージ写真です。ついた時から天気が悪くなり始めたのでこんなに綺麗には見えなかった。

フィレンツェについた時は少し雨が降っていたと思う。そうそうランチタイム。場所はいわゆるビストロみたいな所で軽く食事をしてから市内観光する自由行動の時間になった。

フィレンツェの滞在時間は本当に少なくて観光のできたのは昼からの自由時間の3時間?程だった。

フィレンツェが一泊しかないなんて短すぎる!

と叫んだ所で時すでに遅しだ。

ローマの2日目あたりから同部屋の仲間と部屋飲みをする様になり自由行動の時に近所の酒屋にワインなどの買い出しに行く事が日課となってきた。

この時も観光の後に近所の酒屋に行ってワインを買ったと思う。イタリアにいる間は勿論キャンティを飲んでましたね。キャンティって本当に飲みやすくて好きなワインだ。



🔼 イメージ写真ですよ。

この時か次のベネチアの時か日本では見たことのないキャンティの大瓶を買って数人でアテもなしでグビグビと飲み干し次の日二日酔いした記憶がある。

さてフィレンツェってローマと違っった歴史の香りのする町だとおもう。観光客は勿論多いけどローマのような大都会という感じもないし、かといって片田舎と言った鄙びた感じもない。フィレンツェの町並みは好きだな。ハンニバルの舞台にフィレンツェ出てこなかったかな? 暗くなってから一人で歩くとちょっと怖い感じがするのは僕だけだろうか?

この日のハイライトはなんといっても、ウフィッツィ美術館に行ってビーナスの生誕を見ることだった。



なんと荘厳な建物なんだろう? ヨーロッパの美術館は本当に建物自体も素晴らしいので展示されている作品を鑑賞する前に外の建物を鑑賞するという楽しみもあるから素敵だ。



とにかくヨーロッパの美術館は広いし展示物が多いので僕みたいに絵画観るのは嫌いではないけどそれ程
詳しくないレベルの者にとっては有名な作品を目当てにその展示場所に行くしかないのだ!

それに外国の美術館に展示されている作品は宗教画がかなり多い。こんな事を言うと美術ファンの方達には大顰蹙を買ってしまうがキリスト教徒ではない僕には正直なところ知らない作者の作品はどれも同じ作品に見えてしまうのだ。

でもこの旅の間僕は3枚の凄い作品を目の当たりにすることが出来たのだが、その映えある第1号がまさにビーナスの生誕だったのだ。



🔼 イメージ写真です。

その超有名な作品は驚くほどさり気なく展示されていた 。これにはビックリした!これが日本だと作品の数メートル手前にロープが張ってあり警備の人が立っているという物々しいパターンが多い。純粋に作品を鑑賞すると言う雰囲気にはなれない。ウフィッツィ美術館に限らずヨーロッパの美術館の多くは有名な作品が手に触れられるくらいに身近にあるのがいいね。残念な事に某フランスの美術館にある、例の謎の微笑みをたたえた絵画だけはガラスケースの中に収まり完全防備されてしまっている。僕が訪れた時は本当にさり気なく壁にかかっていたのに😭😭😭本当に残念だ。

遂にビーナスの生誕を観たぞ〜‼︎

フィレンツェの素晴らしさにやられました!


酒と泪とロッケンロールな旅はまだまだ続くのだ!





人気ブログランキング
コメント

ありがとう! ちびまる子ちゃん!

2018-08-28 14:02:23 | 日記
ちびまる子ちゃんの 作者である さくら ももこさんの突然の訃報には驚いた。




特にちびまる子 ちゃん世代ではないからテレビも見たこと無いし特に思い出があると言うわけではないが・・・ 53歳とはあまりなも若すぎる。

B Bクィーンズが歌って大ヒットした おどる ポンポコリン ですら流行っていた時にロンドン いたのでリアルタイムでは知らない。



🔼 BBクィーンズがどんなバンドなのか全く知りませんでした😱😱😱



噂でこの歌が大ヒットしている事は知っていたけどどんな曲かも全く知らなかった。僕がこの曲を知ったのはロンドンのカラオケだった。日本人のお客さんがピーヒャラ ピーヒャラとサビを歌っているのを聞いて、 あ〜!これがおどるポンポコリンなのか? と思ったくらいなのだ。確かに面白い歌詞とノリの良い曲で初めて聴いてもとても耳に残る歌だったのを今でも覚えている。

また作者の さくらももこ さんが静岡県出身である事も、元静岡県民だった僕にとっては親しみの持てる点だった。漫画の内容は知らないけど ちびまる子ちゃんの登場人物の絵はどれも暖かくてホッコリする。本当に癒されるね。平成版サザエさんなのかな?

先日 亡くなった西城秀樹さんも ちびまる子ちゃんの歌を歌っていた。秀樹さんが亡くなっと時確か ももこさんが追悼のメッセージを出していたのが今となっては涙を誘ってしまう。この時さくらさん自身も体調が相当悪かったのではないだろうか? もしかしたらご自身の命の期限をご存知だったのかも? などと考えると本当に胸が詰まる。


🔼 秀樹がこの曲を歌っているのは全く知りませんでした😅😅😅


🔼 漫画に秀樹も出てたんですね!
僕の友人も昨年僕が大病をしていると知ってわざわざ静岡からお見舞いに来てくれた。実は彼のお母さんも医師から生命の期限を切られる程の病気を患っていだのだけれど、そんな事はおくびにも出さず本当に僕のことを心配してお見舞いに来てくれた。残念なことに今年の春彼の大切なお母さんは天国へと旅立ってしまった。そしてその時初めて昨年来てくれた時彼自身も大変だったという事を知って、友達ってありがたいと改めて思った。

さくら ももこさんにはもっと 長生きしていい作品を子供達の為にも沢山描き続けて欲しかったです。

またさくら さんはエッセイストとして本も何冊か出されているけど、僕は一冊も読んだことがないのでこれを機会に読んでみたいと思う。



さくらももこさんのご冥福を心からお祈りしたいと思います

コメント

涼を求めて比叡山に来たぞ‼️

2018-08-27 17:20:35 | 日記
本当は淡路島のイングランドの丘にこの夏最後のひまわり🌻を観に行くつもりだったけど先日の台風の被害を受けたみたいなので場所を変更。

比叡山にあるガーデンミュージアムに花を見に行くことにした。

比叡山ならきっと涼しいだろう‼︎

この前までの酷暑は和らいだもののやはり下界は暑い😵。だから涼を求めて比叡山に行くことしたのだ、

家から京都市まで高速と地道を走り久々の途中越から比叡ドライブウェイに入り目的地の比叡山ガーデンミュージアムに向かった。

平日ということもあり道はかなり空いていたのでスムーズにはすることができた。



⬆️ 途中の展望台からの景色!眼下に広がる琵琶湖大津方面?やっぱり綺麗です。



⬆️ 展望台の駐車場にあった京都と滋賀の県境のライン😀



⬆️ 県境のラインの先にあった記念碑。


⬆️ 記念碑の横から見た風景




⬆️ 目的地の比叡山ガーデンミュージアムに到着‼️

こちらも団体客もいなかったので駐車場もゆったり停めることができた。



⬆️ 入場券はまるで栞のように細長い



⬆️ 入り口を入るとすぐに様々な花がお出迎えしてくれた。



⬆️ 今年最後のひまわり🌻かな?



⬆️ ガーデンミュージアムのマップです




⬆️ 今日のランチはビーフシチューセット!
パンとサラダはセルフでした。肉はトロトロだったけど量は少なかった。




⬆️ レストランの外はカフェテラスになっていて目の前の景色を楽しむことが出来る。



⬆️ こんな感じパノラマを楽しむことが出来る。



⬆️ この奥にショップがある。








⬆️ 蝶々がいたのでパチリ!



⬆️ モネの睡蓮の池風の池。

時々爽やかな風が吹いてくるもののそれでも歩いていると汗が吹き出してきて、涼を求めるどころではなかった。

比叡山の上で綺麗な花と澄んだ空気を吸って癒されました‼︎

8月最後のお花見ドライブはこうして無事に終了したのです。

これからも綺麗な花を求めてドライブするぞー‼️
コメント