ミカウバー日記!音楽とグルメと旅行が好き!

今まで行ったライブや食べ歩いた店や訪れた場所についての雑感を書いていきます!

こんなライブ2度と観れないよ! ジュリー祭り 第2部 ①

2018-06-30 09:37:14 | ジュリー ライブ


20分程の休憩が終わりライブは第2部の開始となった。2部は赤い衣装に赤いインディアンの羽の髪飾り姿で登場。

曲はこれまた僕が聴きたかった曲の中の一つ「不良時代」だ。ジュリーの作詞作曲によるナンバーだ。この曲も長い事ジュリーのライブに参戦していてもついぞ聴けなかったものだ。フォークロック調のバラード、この曲も還暦を迎えたこの時のジュリーだからそれまで以上に説得力を持って聴き手の心に響いてくる。「ある青春」・「いくつかの場面」・「不良時代」と正に青春3部作と呼んでも良いナンバーだ。

何をするでもなく
ただ、毎日を
夢も希望もなく
グレていた若い日

今よみがえる懐かしい出来事〜♬

まさか2部のオープ二ングをこの曲でスタートさせるとは思ってもみなかった。もう少しテンポのある曲で20分のインタバルの後再度エンジン全開で行くのかと思ったからだ。もしミディアムテンポの曲でキャッチーなものなら 「サムライ」アップテンポなものなら「あなたに今夜はワインをふりかけ」などで始めても面白かったかもしれない。

そして次にお初の曲は 「涙」だった。これこそ正にノーマークの曲だった。「不良時代」と同じアルバムに収録の本当に短い曲なのだがなぜこの曲がセットリスト入りしたのか未だに不明だ。逆にこんな超レアな曲をライブで体験できたのはラッキーというべきかもしれない。





鉄人バンドもまだまだ元気に演奏を続けてくれいる。
ジュリーはカンペは使わないから所々歌詞間違えたり飛んだりする事があるけど鉄人バンドの面々はそんなジュリーを見事にサポートしてくれている。本当にすごいバンドだったと思う。
ギターのカズさんは井上バンド解散後のオールウェイズからCo Colo 時代の4年を除き常にジュリーのの右腕となってサポートしてくれている。ジュリーにとっても僕たちファンにとってもなくてはならない存在なのだ。



2部のセトリを見ていると当時の最新アルバムROCK'N ROLL MARCH からの曲が多く入っているので、こちらがこの年の夏のツァーのセットリストの発展バージョンなんだなぁと思い、今更ながら当時のセトリを検索して見たらやはりそうだった。この時のツァーのセットリストを見てもなんとアンコール9曲を含めて33曲も歌ってくれているのだ。この時のツァーも観てみたかった。

短い「涙」が終わった後 ギター🎸のあのイントロが始まった。タイガースがロックバンドなんだという所を見せてくれている、なかにし礼さんの作詞、村井邦彦さんの作曲のナンバー「美しき愛の掟」が始まった。


ギターのイントロの後ジュリーが

ぼくは君のために 重い罪をおかし
鎖につながれても かまいはしない

青い空に舞う 白い君の手と
バラの髪かざり ぼくを悩ませる

と広いドームの客席に向かって歌い掛ける。
タイガースの同窓会ライブや再結成ライブの時にも演奏されたけどやっぱりカッコいい。僕個人の中ではタイガースのナンバーの中でも上位にランクされる曲だ。

曲のエンディングの部分で更にジュリーは

永遠に君だけを〜
永遠に君だけを〜
永遠に君だけを〜♬

と歌いあげるのだ。

まだまだゴールは遠い、心してついて行くぞー!
そう思いながらジュリー祭りを楽しんでいるのであった。



ジュリー祭り 第2部

セットリスト

43.不良時代
44.Long Good-by
45.涙
46.美しき愛の掟
47.護られている I love you
48.あなただけでいい
49.サムライ
50.風に押されぼくは
51.我が窮状
52.Beloved
53.やわらかな後悔
54.海にむけて
55.憎みきれないろくでなし
56.ウィンクでさよなら
57.ダーリング
58.TOKIO
59.Don't be afraid to Love
60.約束の地
61.ユア・レディ
62.ロマンスブルー
63.TOMO=DACHI
64.神々たちよ護れ
65.ス・ト・リ・ッ・パ・ー
66.危険なふたり
67.おまえにチェックイン
68.君をいま抱かせてくれ
69.ROCK'N ROLL MARCH
70.カサブランカ・ダンディ
71.勝手にしやがれ
72.恋は邪魔もの
73.あなたに今夜はワインをふりかけ
74.時の過ぎゆくままに
75.ヤマトより愛をこめて
76.気になるお前
77.朝に別れのほほえみを
78.遠い夜明け
79.いい風よふけ
80.愛まで待てない

コメント

今度は紫陽花づくしだ!

2018-06-29 08:35:35 | 日記
音楽ネタが続いたのでハーフタイムとして今回はお花鑑賞のネタをいきたいと思います。

今月2度目のお花鑑賞会は宇治にある三室戸寺の紫陽花園に行ってきた。





西国三十三ヶ所の内の十番に数えられるお寺だ。



このお寺には20数年前に札所巡りの朱印を頂くためにお参りに来たことがあるがそれ以来だ。
しかも紫陽花の時期にこうして訪れるのは初めてだった。

このお寺の大庭園は五千坪もあり季節によって
アジサイやツツジに紅葉など四季を通じて色んな花や紅葉を楽しむことが出来る。



駐車場から道を渡りお寺の入り口から参道を進む。

参道の向かって右側に大庭園がありそこに色とりどりのアジサイが咲いているのだ。







少し歩くとそこに山門が!



山門の向かって右の川沿いに大きな庭園がありそこに色とりどりの紫陽花が咲き誇っていた。






道を横切るトカゲ?ヤモリ?を発見‼️







この日はかなり蒸し暑く庭園内を散策している間に汗ビッショリ!そこで茶店?で一服。







かき氷と白玉ぜんざいをオーダー、心地の良い風に吹かれて食べる冷たいものは涼を求める身体には本当に染み入ります。
















こうして色とりどりの紫陽花を観て本当に癒されました。そして紫陽花もこんなに沢山の種類と色があるのを改めて知った。

次はひまわり畑を観に行こうと思う。
コメント

こんなライブ2度観れないよ! ジュリー祭り編 ⑤

2018-06-28 10:10:23 | ジュリー ライブ
今までライブで聴いたことなかったシリーズ第2弾が登場した。それは「ある青春」だ。誰にでも経験のある若い頃を思い出す内容の歌詞だ。

流石に還暦を迎えるジュリーにこの曲の高音部分を歌う所が昔のように伸びずチョッとしんどそうに歌っていた。 でも20代のジュリーが若かった日を懐かしんで歌うより60歳になり、それこそ様々な経験を積んだジュリーが自分の青春時代を振り返って歌う「ある青春」は荒波に揉まれ生き残った者だけが持つ凄みを感じさせられた。感動的な一曲になっていた。

そしてもう一曲 河島英五の作った名曲 「いくつかの場面」は涙無くしては聴けない一曲だ。



この曲も年齢を重ねれば重ねるほど曲の世界がジュリーの人生とオーバーラップしてより感動的になる。この曲を歌っている時ジュリーは泣いていたような気がした。いつ聴いても感動的な曲だ。

この曲を第1部のこの位置に入れてくるとは正直思わなかった。むしろ第2部のアンコールか本編の終わり前後歌うのかと思っていたのでサプライズだった。

そしてここから第1部ののラストのラヴ・ラヴ・ラヴまでは個人的に?がつく選曲多かった。
ヒット曲のオンパレードにする必要も無いけどもっと歌って欲しい曲あるのになぁ・・・今のジュリーが歌いたいのなら仕方ないのかな・・・

僕が聴きたかったけど映えあるメンバーに選ばれなかった楽曲は

お前は魔法使い ・夜の河を渡る前に ・美しき予感 ・ 彼は眠れない ・探偵 (哀しきチェイサー)
捨て台詞・ジャスト フィット ・ ヴァニティ ファクトリー・ 悪い予感・ 自由に歩いて愛して・麗人・世紀末ブルース・月曜日までお元気で ・光線・プリテンダー ・遠い旅 など

本当はもっとあるんだけどシングルでも 「恋のバッドチューニング 」や 「LOVE 抱きしめたい 」・「來たるべき素敵」それに「ロンリーウルフ 」なども入っても良かったかな。

しかし通常のライブより遥かに長い時間歌い続けるジュリーを観ているとあの曲歌うくらいだったらこの曲やその曲を歌ってくれた方がいいのに・・・などと勝手に思っている自分がアホらしくなって来た。今目の前で必死にマラソンライブにトライしているジュリーを更に応援せずにはいられなくなった。僕が聴きたい歌を聴くよりジュリーが今歌いたい曲を一ファンとして聴かしてもらうおう!そう思うようになれたのだ!



そして3時間近く歌って来たジュリーか締めに選んだのはもちろん タイガースの名曲 ラヴ・ラヴ・ラヴ だ!

ドラムのロールの後ギターのイントロそしてピアノの伴奏に乗せてジュリーが歌い出す。

時はあまりにも はやく過ぎゆく
喜びも悲しみも すべてつかのま

時はあまりにも はやく過ぎゆく
ただひとつ変わらない 愛の世界

※ラブ・ラブ・ラブ
愛ある限り
ラブ・ラブ・ラブ
愛こそすべて


歌詞も曲もとてもシンプルなんだけど指でLの字を作りジュリーに合わせながら左右に揺らす、会場とジュリーが一体になるこの瞬間がたまらない
勿論僕も指でLの字を作り一緒に左右に揺らしながら

※ラブ・ラブ・ラブ
愛ある限り
ラブ・ラブ・ラブ
愛こそすべて

と合唱した。この曲が始まるといつもウルウルしてしまう。今回も目頭が・・・

感動的な ラヴ・ラヴ・ラヴを歌い終え3時間にも及ぶ第1部の幕は降りた。しかしここまで42曲歌いきったジュリーとそれを支えてくれた鉄人バンドのメンバーには本当に頭が下がる。

そして第2部の開始まで20分という比較的短い休憩時間に入ったのだった。




ジュリー祭り 第1部


OVERTURE
1.そのキスが欲しい
2.60th Anniversary Club
3.確信
4.A・C・B
5.銀の骨
6.すべてはこの夜に
7.銀河のロマンス
8.モナリザの微笑
9.青い鳥
10.シーサイド・バウンド
11.君だけに愛を
12.花・太陽・雨
13.君をのせて
14.許されない愛
15.あなたへの愛
16.追憶
17.コバルトの季節の中で
18.巴里にひとり
19.おまえがパラダイス
20.6番目のユ・ウ・ウ・ツ
21.晴れのちBLUE BOY
22.Snow Blind
23.明星-VENUS-
24.風は知らない
25.ある青春
26.いくかの場面
27.単純な永遠
28.届かない花々
29.つづくシアワセ
30.生きてたらシアワセ
31.greenboy
32.俺たち最高
33.睡蓮
34.ポラロイドGIRL
35. a・b・c.....i love you
36.サーモスタットな夏
37.彼女はデリケート
38.君のキレイのために
39.マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
40.さよならを待たせて
41.世紀の片恋
42.ラヴ・ラヴ・ラヴ
コメント

こんなライブ2度観れないよ! ジュリー祭り編 ④

2018-06-27 09:56:53 | ジュリー ライブ
異国情緒も漂う「巴里にひとり」が終わると
ロックカーであるジュリーの魅力満載のナンバーが続く。G.S. I Love You と言うアルバムにも収録されている「おまえがパラダイス」は短い曲ながら ビートルズの Oh! Darling を彷彿とさせるイントロが印象的なロッカバラードだ。幸せの黄色いリボンがモチーフのような歌詞。この曲が出た時は大きなヘッドのマイクを片手にジュリーが歌い、曲のエンディングの前にギターのカズさんの頭をクシャクシャにするパフォーマンスが話題になった曲だ。
続く「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」はなんと言っても出だしがドラマチックでカッコいい。

I don't need your love at all love at all love at all 〜♬

I don't need your love at all love at all love at all 〜♬

の後に入るギター🎸のイントロ 掴みはバッチリ。この曲が出た頃までのジュリーって新曲が出るたびに今度はどんな風な曲なんだろう?というドキドキ感があって凄く楽しみだった。

「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」以降僕の聴きたいと思うジュリーの新曲と実際ジュリーが出す曲との開きが出始めた。井上陽水とのコラボで出したアルバム Miscast からシングルカットされた 「背中まで45分」は正直シングル向けの楽曲とは言えなかったと今でも僕は思っている。せっかく「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」でいい流れを保ち陽水とのコラボと言う話題作のアルバムを出した所までは良かったのにとても残念だ。




そしてそんな中リリース当時はやはり???となった曲が「晴れのちBLUE BOY」だ!ジャングルビートに 「言いたい事はヤシの実の中〜」などと言う意味不明の歌詞!ジュリーよ貴方は何処に行こうとしているの・・・
リリース直後この曲は本当に情けなくなるくらい嫌いだった。ところが時が流れライブで何回か聴くようになってから俄然この曲が好きになった。
実際テレビで観たりレコードで聴くよりライブで体感した方が遥かに良いと言うことが分かったからだ。

このジャングルビートがとても心地いいし意味があって無いような歌詞も実はなかなかアジがあっておもしろいと思える様になったのだ。
だからこの時のライブででも思いっきり弾けてこの曲を楽しむことができた。

僕は花火より 1人ぼーーっち! 🎇

最後の 言いたい事はヤシの実の中〜♬も大声で歌えた。実に気持ちよかったのだ!

こうしてジュリーと鉄人バンドそしてドームの、観客は更に一つになってこの貴重な空間を共有する事を楽しんでいたのだ!




ジュリー祭り 第1部


OVERTURE
1.そのキスが欲しい
2.60th Anniversary Club
3.確信
4.A・C・B
5.銀の骨
6.すべてはこの夜に
7.銀河のロマンス
8.モナリザの微笑
9.青い鳥
10.シーサイド・バウンド
11.君だけに愛を
12.花・太陽・雨
13.君をのせて
14.許されない愛
15.あなたへの愛
16.追憶
17.コバルトの季節の中で
18.巴里にひとり
19.おまえがパラダイス
20.6番目のユ・ウ・ウ・ツ
21.晴れのちBLUE BOY
22.Snow Blind
23.明星-VENUS-
24.風は知らない
25.ある青春
26.いくかの場面
27.単純な永遠
28.届かない花々
29.つづくシアワセ
30.生きてたらシアワセ
31.greenboy
32.俺たち最高
33.睡蓮
34.ポラロイドGIRL
35. a・b・c.....i love you
36.サーモスタットな夏
37.彼女はデリケート
38.君のキレイのために
39.マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
40.さよならを待たせて
41.世紀の片恋
42.ラヴ・ラヴ・ラヴ
コメント

こんなライブ2度観れないよ! ジュリー祭り編 ③

2018-06-26 10:02:55 | ジュリー ライブ
今回 PYG 時代の楽曲で唯一セルクトされた曲が
「花・太陽・雨」だった。
PYG は本当にすごいバンドだった。何せメンバーがタイガースとテンプターズそれにスパイダースと言うGS の3大グループからの選りすぐりで作ったバンドだもんな。
しかもジュリーとショーケンと言う2大カリスマがツインヴォーカルなんて今考えても奇跡としか思えない組み合わせだ。

でも時代が悪かった?結局彼らがしようとしたロックがファンに認められず短命に終わってしまった。 ジュリーはPYG のファーストシングルを出すに当たって 「花・太陽・雨」は難しすぎると1人難色を示し 「自由に歩いて愛して」を推していたそうだ。 確かに「自由に歩いて愛して」の方がギターのイントロも軽快でカッコよくて曲自体もキャッチーだしこちらの方が売れたかもしれない。
この曲は出だしの尭之さんのギターもカッコいいけど途中の大野さんのキーボードの間奏がこれまた良い。

「花・太陽・雨」はサリーの作詞で作曲は尭之さん。出だしのギターが重々しいし歌詞もなかなか哲学的でG Sの別形態としてPYG を捉えようとした人達には受け入れられなかったのだと思う。

尭之さんのインタビューで以前読んだけどPYG はオリジナルという事にこだわったそうだ。だから 作詞をプロの作詞家であるZU ZUさんに頼んだ 「自由に歩いて愛して」は目指すところが違うと言うようなことを言ってられた。確かPYG はメンバー自身による楽曲は多い。セールス的なものと理想とのギャップにも悩んだバンドだったのかもしれない。



広い東京ドームに鳴り響くギター🎸それに続くドラムそしてジュリーの歌 。間奏のギター🎸ソロもオリジナルに忠実にカズさんは弾いていた。
そしてエンディングの

あなたの 花
あたなの 太陽
あなたの 雨
あなたの 愛

花・ 太陽・雨
花・ 太陽・雨
花・ 太陽・雨
花・ 太陽・雨

の部分ほどこまでも荘厳に鳴り響くゴスペルのようだ。そして最後の花・ 太陽・雨を歌ってそこでスパッと全ての物を断ち切るかのように曲は終わる。
初めて聴く「花・太陽・雨」は本当に感動的だった。今度の古希のツアーの時も是非この曲をセットリストに入れて欲しい。

感動的な「花・ 太陽・雨」の後はファンみんなが待ち望んでいたジュリー黄金期のヒット曲のオンパレードが始まった。

ジュリーのソロ第1弾シングルとしてリリースされた 「君をのせて」 はその次のシングルで大ヒットした 「許されない愛」に比べたら緩やかでマイルド、心地の良いナンバーだ。若い頃のジュリーよりも年齢を重ねた今のジュリーの方が声質もこの曲にマッチしていると思う。熟成されたワインの様な味わいがある。しかし、何とロマンチックな曲なんだろう。ジュリーのあの声で歌われてコロっといかない女性はいないんじゃないかと思う。

ジュリーがヨーロッパのマーケットに進出を果たし実際パリでチャートの4位まで上がった「巴里にひとり」昔は前半は日本語後半はフランス語と歌い分けていた事もあったが今回は全編フランス語で歌った。恋人よ僕は地球の果てから来た男と言うのが言語の意味だけど何故か日本語の歌詞は恋人を残して一人でパリに来たと言う物語に変えている。この辺りが日本人の感覚とフランス人の感覚の違いなのかもしれない。

全体の約4分の1 の曲を歌ったジュリーだが、同じような曲はなく実にバラエティ豊かであること、それを見事に歌いあげている事、ジュリーのヴォーカリストとしての力量が半端ない事が分かる。

しかもフェイクなど入れずにオリジナルのキーのまま、曲自体の尺もそのまま、正に鉄人である。

そしてライブはさらに加速していくのだ!


ジュリー祭り 第1部


OVERTURE
1.そのキスが欲しい
2.60th Anniversary Club
3.確信
4.A・C・B
5.銀の骨
6.すべてはこの夜に
7.銀河のロマンス
8.モナリザの微笑
9.青い鳥
10.シーサイド・バウンド
11.君だけに愛を
12.花・太陽・雨
13.君をのせて
14.許されない愛
15.あなたへの愛
16.追憶
17.コバルトの季節の中で
18.巴里にひとり
19.おまえがパラダイス
20.6番目のユ・ウ・ウ・ツ
21.晴れのちBLUE BOY
22.Snow Blind
23.明星-VENUS-
24.風は知らない
25.ある青春
26.いくかの場面
27.単純な永遠
28.届かない花々
29.つづくシアワセ
30.生きてたらシアワセ
31.greenboy
32.俺たち最高
33.睡蓮
34.ポラロイドGIRL
35. a・b・c.....i love you
36.サーモスタットな夏
37.彼女はデリケート
38.君のキレイのために
39.マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
40.さよならを待たせて
41.世紀の片恋
42.ラヴ・ラヴ・ラヴ


#ジュリー
# 沢田研二
#ジュリー祭り
コメント