心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ラスベガスをぶっつぶせ」

2008-10-28 | 映画「ら・わ」行
理系大学の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)。
医者を目指している彼にとって悩みは巨額な学費。そんなある日、ベンの頭脳に目を付けたミッキー・
ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)が彼を自分の研究チームに勧誘。その研究テーマは“カード・
カウンティング”という手法を用いてブラックジャックで必勝するためのテクニックとチームプレイを
習得するというものだった。一度はためらうベンだったが、チーム内に憧れの美女ジル(ケイト・
ボスワース)がいたこともあって、学費のためと割り切り参加する。トレーニングを積んだチームは、
ラスベガスへと乗り込むと、みごと作戦通り大金を手にすることに成功するのだが・・。



決して違法って訳じゃないけど、このカウンティングというのは
やっちゃいけないんですね~。監視員が監視して、カウンティングやってる
とわかったら、即刻飛んで行って捕まえてボコボコに・・・だったりするわけですから。
でも、カウンティングって実力(?)なんだから良いんじゃないの~?と
思うのは、自分がカジノを経営してるわけじゃないからでしょうかね(^^ゞ
やはり、あのような集団がしょっちゅう大もうけしてたら、カジノの存在の
危機かもしれないし。

いまいち彼らのカウンティングがどうして必勝に繋がるのか
良く分からなかったので(^^;;) 私にでもわかった、最初のころの
3択問題の確率の話しの方が面白かったなぁ。
ふむふむ、そうだよねって。

実話が基だったようなので、こういう頭脳集団が
本当にいたんだなぁ、と感慨深かったし、主人公のベンが
医学の道に進むために必要な30万ドルが貯まったら即止める、
そのためだけにするんだ、って言うんですが、やはりお金は魔物。
儲かれば止められなくなるだろうなぁ、と思ってたらその通りで・・・。
引き際が肝心なんだろうけど、それがお金に目がくらむと
出来なくなっちゃうんですね~。

ベンがこの集団に入る前から、もともと一緒に頑張って
オタクっぽい2人の親友とともにやってたロボット制作も
楽しそうだったなぁ。学生ならではだなってほほえましくも、
やっぱりこいつらすごい、と思いましたし。
結局彼ら親友たちとも、お金儲けとカジノに夢中になった
ベンは決別しちゃうんだけど・・でも・・・・
というところが、すごく良かった。
やっぱり持つべき物はほんとの友達なんですよね~。

ギャンブル(ブラックジャック)の賭けの部分が、わりとさらっと
描かれてたので、そのあたりの勝負どころをもっとじっくり
見たかったな~、と思ったのと、友情・恋・親子・挫折・復讐・・と
さまざまな要素がバランスよく入ってはいましたが、ちょっとづつ全部
中途半端だったかも。あ、でも友情の部分は良かった♪

そうそう、ついこの前見た「ディスタービア」で見た、
アーロン・ヨー君がまた見れて嬉しかったなぁ。教授役の
ケヴィン・スペイシーも、彼らしい役で似合ってるわ~、って思いました。
でもあの教授は自分でもカウンティングができるってことで、
ギャンブルに夢中になっちゃって、結局抜け出せなかったんでしょうかね~・・
”教授”という立派な職業を持ってるのに。
やっぱりギャンブルは魔物なのかな。

個人的お気に入り度3/5

ラスベガスをぶっつぶせ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

コメント (11)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
« 「奇跡のシンフォニー」 | トップ | 「アメリカン・プレジデント」 »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったです~♪ (はるはる)
2008-10-28 12:56:52
私も先日観たばかり!メルさんがご覧になった頃に私も観てたのかなぁ、と思うと嬉しいです~。
「オーシャンズ11」みたいに、サクッと大金をいただいちゃうストーリーかと思ってましたが、さすがは学生さん、そんなにサクッといかないところがなかなかよかったです。メルさんがお書きになっているように、友情・恋・親子・挫折・復讐と中身がてんこ盛りでしたよね。
ジム・スタージェスは今回初めて観ましたが、なかなか可愛いおにーちゃんだったし、ちゃんと理系に見えるところが納得のキャスティング。しかもイギリス人!イギリスはまだまだイケメンの宝庫ですわ~。
ケヴィン・スペイシーの出番は少ないのかなぁと思ったら、とんでも!で、ほんと彼らしい役でした。
この話は実話ということでしたが、あの後ちゃんと奨学金を貰って進学できたのかしら?私は結末の真実を知らないのですが、たぶん大丈夫だったのかも‥と思いたいなぁ。
見落としてました‥ (はるはる)
2008-10-28 13:30:06
DVDがまだ手元にあったので、ラストを見直してみました。ハーバードに向う彼がちゃんと映っていたから、きっと‥なんでしょうね。大事なところを見落してました。そのシーンの後に、奨学金の面接シーンがあったので、ちょっと混同してました。

ギャンブルって…コワイですね (ちゃぴちゃぴ)
2008-10-28 21:20:47
理数系の天才の人は、雲の上のお方です。
まったくダメでねぇ。
どんぶり勘定ならできるんだけどね。
羨望まじりで観ましたねぇ。
カウンティングが、まったくわからんのよ(笑)
それでも、この映画は十分に楽しめましたし、色んな展開があり面白かった。
友情の部分が、よかったですよね。

ジムくんは、なかなかのイケメンくんで、期待大です。彼も英国産なんで、英国はイケメンが多いわぁ。(ヨーロッパ系は多いですね)
アーロン・ヨーくんは、観た時「どっかで観たぁ」だったんで、速攻調べました。彼らしい役柄でした。
ケヴィン・スペイシーは、最初はそうでもなかったんだけど、セコイ教授ですよねぇ。お似合いでした。この映画の彼は、小日向文世さんを思い出して、しょうがなかったのよ。
(-^〇^-) ハハハハ
はるはるさんへ♪ (メル)
2008-10-29 07:35:45
お、同じ頃に見てたかも♪^^
同じ日、同じ時間だったりして(^▽^)V
私もなんか嬉しいです~♪

そうそう、オーシャンズみたいにはいきませんでしたね~。学生さんたちだったし、実話を基にだったし
やはりそこはいろいろマジな悩みがつきまとったりして、人間ドラマとしても楽しめたので、なかなか良かったですよね。てんこ盛りでした^^

私もジム・スタージェスは初めて。
はるはるさんが書いてらっしゃるように理系の頭のいい男の子に見えました。
そうそう、イギリス人なんですよね~(^ー^* )フフ♪
マカヴォイくんもちょっと前まではしらなかったけど、今はこんなだし^^ まだまだ知らない素敵な英国人俳優っていそうですよね~。
楽しみだわ~(笑)

ケヴィン・スペイシーはたっぷり出てくださいましたね~^^
はるはるさんのスペイシー追っかけ時代(?)を
彼を見ながらチラチラ思い出したりしてました♪
ほんと、彼らしい役でしたよね。

彼の”その後”ですが、はるはるさん、その部分を再見なさったんですね^^
はっきり言葉があったり、テロップが流れたわけじゃないけど、ハーバードの前(?)の階段を上り入っていく・・という様子が映っていたので、あ~、きっとちゃんと入る事ができたんだろうなぁ、とは思いました。
あの面接だって、面接官の教授(?)が彼の話を聞いて、驚いてる様子は写ったけど、じゃOKというはっきりしたものはなかったですよね。
でも、最後に儲けたお金もあったでしょうし、万が一奨学金がもらえなくても、行けたのかな~?とも思ったり。
実話が基・・なので、どっかを調べれば彼らのその後とか、載ってるかも・・と思いつつ時間が無くて調べてません(^^ゞ

ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-10-29 07:54:13
ほんとほんと~!私にとっても理数系頭をお持ちの方たちは雲の上の存在でございます(^^ゞ
同じく、どんぶり勘定ならなんとか・・です(笑)
それに私にも”カウンティング”たるものが、一体どのように成り立ってるのか、さっぱりわかりませんでした(^^;;)
でも、映画は楽しめましたよね~(^▽^)V
ちゃぴちゃぴさんが書いてくださってるように、いろんな要素がいっぱいあって、楽しめました。
そう、特に友情♪
あのオタクな親友さんは貴重な存在なので、これからもず~~~っと仲良く友達を続けて欲しいなぁ、って思いました。

英国産のジム・スタージェス、なかなか素敵でしたよね。ほんと、あちらは素敵さんの宝庫ですね~(^ー^* )フフ♪

アーロン・ヨーくんは、ちゃぴちゃぴさんだったかな?(多分そうだったような気がする。すいません、不確かで(^^;;) )に、「ディスタービア」のコメントで、これに出てるよ~、って教えてもらってたので、出た瞬間に、あ、彼だわ~♪とわかることができました。感謝♪
ほんと、彼らしい役でしたよね。これからもどんどん脇でもいいので、出てもらいたいなぁ、って思いました。
な~んか彼好きなんですよ~(笑)

ケヴィン・スペイシーも彼らしい役でお似合いでしたよね。
ケヴィン・スペイシー=小日向さんか~!
そういわれればそんな感じもあったかも~(笑)
一旦誰かに見えちゃうと、ずっとその感じを見てる間中引きずりますもんね^^

こんばんは! (kira)
2008-10-29 17:47:17
これが実話だなんて、凄いですよね~♪
まさに下手な映画より面白いお話ですもん!
どこらへんをどのくらい脚色されているのか解りませんが、
ラストも痛快でしたし、これは好きな作品でした
頭も良くて、親孝行で、あんな息子が欲しいです~(笑)

それにしてもジムくん、20代後半で、これ、十代からの役ですよね~。
純朴な青年からの変身振りもなかなかよかった!
これからも楽しみな俳優ですよね
Unknown (モマ)
2008-10-30 03:11:36
これは飛行機の中で見ましたね。
これは理系の長女好み。

私はMITではいくつか授業も受けたことがあるので(←何気に自慢)、懐かしかったです。
いやぁ、アメリカの大学院に奨学金をもらって入るには学力だけでなく、「すごい経験」が必要というのは納得です。こんな経歴がどうしてメディカルスクールのアドミッションに関係あるかと疑問をお持ちになるかたもいるでしょうが、本当に「あり得る」話ですね。だから広き門とも狭き門ともいえます・・・

ところで20年前からもうMITはMADE IN TAIWANなんていうジョークがあったのですが、今も白人は少ないと思いますね・・・
kiraさんへ♪ (メル)
2008-10-30 09:40:44
ほんと、驚きですよね~!
こんなことやってたんだ、こんなことできるんだ!と
すべてに感動すらしてしまいました(^^ゞ
いろいろな要素が入っていたし、面白い映画になってましたよね。

>頭も良くて、親孝行で、あんな息子が欲しいです~(笑)

ですよね~♪
途中、ちょっと間違ったこと(でもないか、いい社会勉強だったのかな?!^^)もしちゃいましたが
親孝行だし、頭もいい士、お金の問題もこれで
なくなりそうだし、いい息子ですよね~。

>それにしてもジムくん、20代後半で、これ、十代からの役ですよね~。

あ、そういわれればそうですよね~。
まだあの時点では10代のはず。
なのにジム君は20代後半。
でも、充分に演じられてましたよね~。
すごいわ。いまさら気づいた(^^;;)
イギリス人のイケメンさんを、またまた発掘!と
喜んでらっしゃるブロガーさんもたくさんいらっしゃるようですし^^私も彼のこれからが楽しみです♪
最近のマカヴォイ熱が冷めやらぬうちにこれですから~(笑)
モマさんへ♪ (メル)
2008-10-30 09:48:04
すご~~~~~い、さすがモマさんだわ(^▽^)V
MITで授業を受けたことがあるなんて、すご過ぎ!
でも、通った事がある人には懐かしいでしょうね~♪
って、私全然建物とかの写真もまともにみたことないし、全然知らなかったので、モマさんが懐かしいと思われるということは、しっかりあれはMITのキャンパスでロケされてたって事なんですね?!

そうそう、”すごい経験”が重視されるのもわかるなぁ、とあの面接官の言葉を聴いてわかるなぁ、と思いました。
彼もめちゃくちゃすごい学生さんでしたが、その
めちゃくちゃすごい学生さんばかりが、あの
たった一人しか受けれられない奨学金を狙ってるわけですから、なにか特別に突出したことがなければ
無理なんですね~。 冗談で面接官がいってましたが
”なんなら君も足を切ってくる?”みたいなこと(^^;;)
彼のような、あまりにもすごい経験をした人とか、ね(^^;;)

MADE IN TAIWANの話は初めて聞きました!
そうだったんですか~!!!
いろいろ教えてくださってありがとうございますm(_ _)m
今はインドの学生さんたちもすごいし、案外
MADE IN INDIAだったりして??!(笑)
地味・・・ (せつら)
2008-12-23 17:35:18
今晩は、この作品は実話を元にしてるけど映画自体は
面白くなかったんですよね、地味なんですよキャスティングが
主人公が特に演技も下手だし・・・ケヴィンさんと
フィッシュバーンさんががんばってもメインクラスの
俳優さん達の演技が下手で楽しめなかったよ

コメントを投稿

映画「ら・わ」行」カテゴリの最新記事

52 トラックバック

ラスベガスをぶっつぶせ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。』  コチラの「ラスベガスをぶっつぶせ」は、数学の天才がブラックジャックを攻略する5/31公開の青春サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「21」2008 USA MITの頭脳明晰学生たちがラスベガスのカジノで荒稼ぎする痛快青春ドラマ。 主演ベン役はUK、ロンドン出身のジム・スタージェス。 ベンをラスベガスに連れ出す教授ミッキーに「シッピング・ニュース/2001」「スーパーマン・リターンズ/2006」のケヴ...
ラスベガスをぶっつぶせ (晴れたらいいね~)
いやぁ~日曜日と1日が重なると、混みますねぇ。会社行くより早く家を出て、時間は充分と思った。並ぶ時間があったとは…ケータイで予約しておけばよかったよ。予告を何度か観て、観たいなぁ~と思った映画を観てきました。ベガスの気分は味わえますで!実話ベース...
[Review] ラスベガスをぶっつぶせ (Diary of Cyber)
ハーバード医科大学へ進学するためには、生活費込みで30万ドルが必要。でもそんな大金があるわけがない。かくなる上は奨学金を得ること。でも、そのための条件が、優秀な成績を収めただけでなく、驚嘆させるような人生経験が必要であることに。 驚異的な数学能力を買わ...
ラスベガスをぶっつぶせ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
重なる時には重なるもので、ちょっと多忙な今日この頃。バタバタアタフタ・・・映画を観賞したり感想を書いたりが今後スローペースになりつつありますが、マイペースでボチボチとやっていきますのでヨロシクお願いしま~す【story】マサチューセッツ工科大学の学生ベン(...
ラスベガスをぶっつぶせ (シネマ日記)
この事件、話題になったのを覚えている方も多いかと思います。この映画が来るまで忘れてましたが。当時、「すげぇなぁ」と思ったのを思い出しました。映画的には予告を見て、ちょっと期待しすぎたかな~という感じがしました。なんか、頭脳明晰の大学生たちが計算でギャン...
ラスベガスをぶっつぶせ/ジム・スタージェス (カノンな日々)
予告編での映画のイメージは超優秀な大学生たちが頭脳を駆使して合法的にラスベガスでのカードゲームでビッグマネーを手にする。そんな感じで知的なゲーム感覚の作品 が楽しめるんじゃないかと期待して観に行きました。 出演はその他に、ケイト・ボスワース、ローレン...
ラスベガスをぶっつぶせ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題「21」。ロバート・ルケティック監督、ケヴィン・スペイシー、ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン。実話を元にしているらしいけれど、実話は映画のようにばんばん儲けられるということじゃなく、Card countingでちょ...
映画 「ラスベガスをぶっつぶせ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
DQのゲーム内のカジノではよくポーカーをします。 テレビゲームなので負けるとリセット出来るので儲け放題です(o^-')b ラスベガスはまだ行っ...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 原題は「21」ブラックジャックの21と 主人公ベンの年齢21をかけたタイトル。 疾走する青春映画でしたが、これは新しいタイプかな? ベンは不良でもないし、スポーツマンでもない。 物心着いて以来、勉強一筋の数学オタクで紳士服の店で...
ラスベガスをぶっつぶせ (映画鑑賞★日記・・・)
【21】2008/05/31公開(05/31鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロバート・ルケティック出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツ、ジョシュ・ギャッド “そ...
映画「ラスベガスをぶっつぶせ」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「ラスベガスをぶっつぶせ」@ソニーピクチャーズ試写室DVDラスベガスをぶっつぶせ 映画の話 マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出し....
ラスベガスをぶっつぶせ 39点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
この世に果たしてロマンはあるか、人生を彩る愛はあるか 公式サイト ブラックジャック必勝法を実戦したMIT学生達の実話を取材した、ベン・メズリックによるノンフィクション本『ラス・ヴェガスををブッつぶせ!』を原作に映画化。 映画版の原題は『21』だが、原作...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (てんびんthe LIFE)
「ラスベガスをぶっつぶせ」試写会 よみうりホールで鑑賞 原題「21」 頭のいい人たちにかかればギャンブルだってこんなもの。 ブラックジャックってやったことないんだけど、計算より心理戦だと思ってました。 ギャンブラーではない私のいうことじゃないけど、ギ...
★ラスベガスをぶっつぶせ(2008)★ (CinemaCollection)
21その戦略は、天才だけに許される。圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/05/31ジャンルサスペンス/ドラマ/青春【解説】ベン・メズリ....
ラスベガスをぶっつぶせ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
その戦略は、天才だけに許される。「運」は存在しない。信じるのは「数式」だけ__。 物語:MIT(ボストンのマサチューセッツ工科大学)で優秀な成績を収め、前途洋々の生活を送る学泉ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)。 彼と親友たちは、ロボットコンテ...
ラスベガスをぶっつぶせ (花ごよみ)
ハーバード大学医学部進学資格を得た、 マサチューセッツ工科大学在学中の 学生ベン(ジム・スタージェス)。 ハーバード大学医学部進学のための学費、 30万ドル捻出に苦悩。 30万ドル(3000万円) 高いっ!! マサチューセッツ工科大学からなぜ、 ハーバードの医学部に...
ラスベガスをぶっつぶせ (to Heart)
その戦略は、天才だけに許される。 原題 21 上映時間 122分 製作国 アメリカ 原作 ベン・メズリック 『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』(アスペクト刊) 脚本 ピーター・スタインフェルド 、アラン・ローブ 監督 ロバート・ルケティック 出演 ジム・スタージェス/ケイト...
「ラスベガスをぶっつぶせ」久しぶりに痛快! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
観たな~っ!と思える映画になかなか出会えなかったこの頃。 久々に痛快、かつ違和感なし!の、楽しめる映画に出会った。 舞台は早口言葉で有名な‘マサチューセッツ工科大学‘。 実話に基づいた話というから、ますます興味倍増~~真面目な天才少年が、いったいどんな...
ラスベガスをぶっつぶせ (ダイターンクラッシュ!!)
7月6日(日) 18:50~ シネセゾン渋谷 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:600円 ※テアトルの劇場の表記がプログラムでなく、パンフレットなので、ここはそのように表記。 『ラスベガスをぶっつぶせ』公式サイト カウンティングという理論で、...
シューテム・アップ (ダイターンクラッシュ!!)
6月24日(火) 21:50~ 109シネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『シューテム・アップ』公式サイト 「弾丸(たま)んねー」のコピーが薄ら寒いノンストップの弾丸撃ち続けのアクション・ムービー。 はちゃめちゃな内容なんだが、...
ラスベガスをぶっつぶせ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 「おまえ、あいつに似てるよな!ほら『レインマン』の・・・誰だっけ」
★ 『ラスベガスをぶっつぶせ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"21". ロバート・ルケティック監督。  MIT(マサチューセッツ工科大学)の数学の天才たちが、独自の確率理論のようなものを使って、数百万ドルをラスベガスで...
ラスベガスをぶっつぶせ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
マサチューセッツ工科大学(MIT)に通うベンは、成績が優秀で、卒業を前にして、ハーバード大学医学部進学資格を得ましたが、30万ドルの学費の捻出に悩んでいました。そんな時、ミッキー・ローザ教授から秘密のチームに誘われます。彼は、優秀な学生を集め、ブラック・ジャ...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (古今東西座)
『ラスベガスをぶっつぶせ』とは何とも勇ましいタイトルであるが、これは邦題で、原題は『21』と極めてシンプルなもの。21でピンときたら、なかなかなギャンブル通だと思うのだが、これはブラックジャックというカードゲームの最高の上がり目に由来している。簡単に言えば...
[遅ればせながら、映画『ラスベガスをぶっつぶせ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆あまり映画鑑賞気分じゃなかったのだが、面白かったので良かった~^^ 抜群に頭のいい学生が、学費に困り、その記憶力を活かし、ラスベガスのカジノの<ブラックジャック>ゲームでボロ儲け、でも紆余曲折がありまして、という話だ。 ぶっちゃけて言えば、『ジャンパ...
ラスベガスをぶっつぶせ!頭脳明晰の男が挑んだのは?? (銅版画制作の日々)
 「運」は存在しない。信じるのは「数式」だけ。   5月末にロードショーが始まった「ラスベガスをぶっつぶせ」を遅まきながら、7月8日、東宝シネマズ二条にて鑑賞してきました。11日で終了ということだったので、火曜日を逃すと、会員料金で観れないので、慌...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ラスベガスをぶっつぶせ」公式サイトMITの学生が、カジノで荒稼ぎしたという実話を映画化。カードカウンティングを使って大もうけ。カードカウンティングとは、記憶力と計算力で確率を割り出し、確実に稼いでいく方法。でもブラックジャック...
ラスベガスをぶっつぶせ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ラスベガスをぶっつぶせ最近もっぱら流行の理科系男子を主人公にした痛快な青春映画は、貧乏な天才学生がラスベガスのカジノで荒稼ぎした実話が基。主役のスタージェスをはじめ、チームを組むMITの学生を演じる俳優たちが秀才に見えないのは難点だが、キャラクターの個...
『ラスベガスをぶっつぶせ』('08初鑑賞82・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 6月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター1にて 15:30の回を鑑賞。{%赤ワイン(ユラユラ)hdeco%}
【映画】ラスベガスをぶっつぶせ (新!やさぐれ日記)
■動機 原題「21」に興味 ■感想 序盤のダラダラと時間の長さが惜しい ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラッ...
☆「ラスベガスをぶっつぶせ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目は、九段会館にて試写会。 いやー、今月は3週連続試写会だよーーーー。 超嬉しいっ。
ラスベガスをぶっつぶせ (そーれりぽーと)
ブラックジャックって、頭がいいと必ず勝てるの?! 『ラスベガスをぶっつぶせ』を観てきました。 ★★★ ケビン・スペイシーは別として、『スーパーマンリターンズ』のケイト・ボスワースと、『ディスタービア』で注目していたアーロン・ヨーがなかなかな存在感。 わけ...
ラスベガスをぶっつぶせ (Memoirs_of_dai)
頭がいい奴はラスベガスへGo!! 【Story】 マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(...
154「ラスベガスをぶっつぶせ」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
頭で大金を掴め  MIT(マサチューセッツ工科大学)に通うベン・キャンベルは、ハーバード大学医学部進学の資格を得ながら、30万ドルという巨額の学費に頭を悩ませていた。  そんなある日、ベンの天才的数学能力に目を付けたミッキー・ローザ教授が、ベンを自分の...
ラスベガスをぶっつぶせ (5125年映画の旅)
ハーバード入学を目指す数学の天才ベン。しかし高額の授業料のためにその夢は潰えかけていた。そんな時、ベンは教授の勧めでブラックジャックのクラブに入会する。そこで彼は配られる手札を予測する手段を教わり、その技術を駆使してラスベガスで大儲けを敢行する。学...
ラスベガスをぶっつぶせ(映画館) (ひるめし。)
その戦略は、天才だけに許される。
ラスベガスをぶっつぶせ(2008年) (勝手に映画評)
卓越した数学力を持つMITの学生ベン(ジム・スタージェス)。彼は、一つ問題を抱えていた。進学先の学費を捻出しなければならないのだ。そこへ、ベンの卓越した数学力に目を付けたミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)が現れ、ベンをブラックジャック攻略チーム...
『ラスベガスをぶっつぶせ 』 2008-No36 (映画館で観ましょ♪)
原題は『21』 ・・・この方がいいような気がするんですが。 数学の才能はカジノで活かされる。 こんな風にチームを組んでしまえば目...
ラスベガスをぶっつぶせ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  刹那のひととき、夢のあと・酸いも甘いもラスベガス  
『ラスベガスをぶっつぶせ』 8P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:8Pこれも実話が元っていうので上映前から気になってた映画。予告も面白そうって思ってましたー。【STORY】マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラック....
ラスベガスをぶっつぶせ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
実は私、学生時代に最も得意とした科目が『数学』でした。 今でも結構好きで密かにセンター試験の数学も解いてたりします。(流石に現役の頃に比べれば点数は下がるけど) 私が高校生だったころは数学も『数A・数B』とか言う区分は無くって『数?・代幾・基礎解析・...
ラスベガスをぶっつぶせ (future world)
原題は「21」(ブラックジャック)、この方がずっとクールでしっくりくるんだけど・・・ 邦題「ラスベガスをぶっつぶせ」って・・・題名だけ聞いた時、テリー・ギリアム監督が「ラスベガスをやっつけろ」の続編作ったのかと勘違いしました。。 天才大学生が教授らと...
『ラスベガスをぶっつぶせ』 (きぶんしだい)
   ジム・スタージェス主演『ラスベガスをぶっつぶせ』を敷島シネポップにて鑑賞 ●あらすじ● マサチューセッツ工科大学4回生のベン(ジム・スタージェス)は、ハーバード医科大に合格しただが、1つ問題が。 それは、学費が足りない・・・ 必死にバイトをするが...
『ラスベガスをぶっつぶせ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:123分  原題:21  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:ロバート・ルケティック  主演:ジム・スタージェス       ケイト・ボスワース       ローレン...
【映画】ラスベガスをぶっつぶせ…モテるには頭脳より財力らしい (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}{/hiyoko_cloud/}は予告通り昼過ぎまで寝ていました{/kaeru_night/}{/face_ase2/} で、起きて、 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観始めたのですが、映画の終盤にきて… あ、今日(日曜日)って「たかじん」がある{/ee_3/}と気がついて映画を中...
ラスベガスをぶっつぶせ (Blossom)
ラスベガスをぶっつぶせ 21 監督 ロバート・ルケティック 出演 ジム・スタージェス ケイト・ボスワース     ローレンス・フィッシ...
ラスベガスをぶっつぶせ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
小気味いいけどBJがわからないw ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]posted with amazlet at 09.01.14ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008-10-22)売...
ラスベガスをぶっつぶせ (みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories)
その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く・・・実話の映画化。 「ラスベガスをぶっつぶせ」オリジナル・サウンドトラック/サントラ 2008年 アメリカ 監督 ロバート・ルケティック ブラックジャックを知らな...
≪ラスベガスをぶっつぶせ≫ (日々のつぶやき)
監督:ロバート・ルケティック 出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー    その戦略は、天才だけに許される。 「大学生のベンはハーバードの医学部に進学したいという夢を持っ
『ラスベガスをぶっつぶせ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじマサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね卓越...
映画評「ラスベガスをぶっつぶせ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ロバート・ルケティック ネタバレあり