カラー を楽しもう!

視覚が刺激されたもの、私のお気に入り、お知らせしたい事などなど。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京都美術館の現代工芸展と芸大の美人画を見てきました。

2018-04-19 22:18:15 | 雑記帳
上野の森は新緑が美しく良い季節になりました。足元にはシャガの花が群れて咲いていました。

現代工芸展は上原利丸先生の作品が出品されています。今年は蝶がデザインされていますが、よく見るとテントウムシや巻物が描かれていて、柄の大きさの変化もありなんか楽しいです。
細い糸目糊はなめらかで凄いなと思いました。

美人画では上村松園の「序の舞「」を見る事が出来ました。本物は色がやはり美しいです。着物の柄や質感がよく分かりました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 着付けの練習 | トップ | 明治中頃の物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記帳」カテゴリの最新記事