カラー を楽しもう!

視覚が刺激されたもの、私のお気に入り、お知らせしたい事などなど。

こんな襦袢も素敵

2009-08-25 21:56:20 | 雑記帳
更紗の襦袢。継ぎはぎの襦袢だけどモダンな可愛さがあっていいなと思う。
袖だけ自分の好きな柄で作ってもいいかな。

昔、こういう継ぎはぎ襦袢が流行った時代があるとか・・・


一月仕事しないで最近、呼吸が深くなっていることに気がついた。やっぱり休息は大事だわ。
コメント

ワンピー出来上がり!

2009-08-22 23:35:43 | 雑記帳
8月早々に作る予定だったけど今になってしまいました。もう、秋風を感じるけど。カーディガンとか羽織ればまだ着れるかな。
コメント

お洒落な中年男性を見かけました。

2009-08-21 00:37:57 | 雑記帳
先日、お墓参りに行く途中銀座線で見かけました。
生成りっぽいパンツにペールトーンのピンクのポロシャツ、ジャケットも同じトーンでオレンジ。すべてちょっとイエローかかった色合いでよく似合ってました。

日本の男性もお洒落になりましたね。嬉しいです。

溜池山王の駅を出て外堀通りの1つ手前の角近くに「寿々」という鮨屋さんがあります。小ぶりで上品な寿司を握ってくれます。ランチは3000円からです。ご飯とネタのバランスがいいので私は好きです。
コメント

ワンピースを作る。

2009-08-18 23:48:55 | 雑記帳
シンプルなワンピースで気に入った素材がないので作ることにしました。
前に着てたワンピースから型を取りました。立体から平面に起こすのでちょっと面倒。
今日は仮縫いまで出来た。物をつくるのは楽しい!夏休みはいいな~
コメント

最近読んだ本

2009-08-16 00:01:04 | 雑記帳
「憑神」貧乏神、疫病神、死神が出てくる話で前半は笑えた。結構読みやすい本で面白かった。

「ココ・シャネルという生き方」ココはシャネルが歌手として歌っていたときの持ち歌に犬の名前でココという歌詞がありそれが愛称となったなんて驚きです。シャネルの考え方や言葉や付き合っていた男性のことが書いてあります。我の塊のような誇り高い人という印象。

「病気は自分で治す」なかなか面白い本です。体のしくみから説明されてて「へー」という感じです、半信半疑・・・まだ読んでる途中です。

「みんなが幸せになるホ・オポノポノ」これは友達が是非読んでと言うので手にとりましたが途中で立ち止まっています。インナーチャイルドって何?って気分。「ありがとう」と「ごめんなさい」と「許してください」と「感謝します」を言えばいいとありますが私にはピンと来ない。私の中にはハワイ系はないみたい。

「天皇論」これは漫画ですが結構細かく書いてあります。私が高校の頃学生運動が盛んで倫理社会の先生が「マルクスレーニン主義」ばかり話してて嫌になった事を思い出しました。これもまだ途中です。
コメント

忙しい日

2009-08-13 23:58:04 | 雑記帳
今日は朝から洗濯をくりかえし、お昼に友人がいらして午後は数年前に亡くなった友人宅に花を届け、その後先祖のお墓参りしてその後、親の様子を見にいって帰りは別の友人宅により一日が終わりました。暑い!!

昨日と同じところの唐紙の写真です。凄い色でしょ。窓枠が明るいグリーンなんて考えられない。落ち着かないけどまとまっていると思う。
コメント

江戸時代のオランダ船船長の部屋の壁紙

2009-08-12 23:45:17 | 雑記帳
あちらの照明と日本の唐紙と良く合ってなんか好きだな!きっと壁紙らしきものとして唐紙を使ったのね。
コメント

メアリー・ブレア展

2009-08-06 23:42:40 | 情報
ウォルト・ディズニー製作の作品の中でカラースタイリストとして活躍した女性メアリー・ブレア展に行ってきました。私が小学1年の夏休みに眺めた岩波の絵本「小さな家」のコンセプト・アートもこの人の手による物と知りました。


私が子供の頃は停電も多く暗闇は身近にありました。ろうそくをともし家族で歌って過ごした時、壁には私達の大きな影が揺れてました。街灯も少なく外は月明かりや雪明り。
この人の絵を見てるとあのころの想像を膨らませるにもってこいだった時代が恋しくなりました。

この人の作品を見ると光と暗がり、日向と影、濁色と透明な色、水彩とアクリル絵の具やクレパスなど対峙する素材が上手く使われているなと思いました。また、ぼかしの中に定規を使ったような鋭いライン。多色使いとモノトーンなどいろいろ実験的な手法も見えます。

夏休み、お時間のある方は是非行ってみてね。

場所 東京都現代美術館 半蔵門線「清澄白川」下車
期間 10月4日まで
コメント (2)   トラックバック (1)

朝、バラの葉の露

2009-08-03 00:07:57 | 雑記帳
今年の夏はグアムのような感じ。雨雲が低く垂れ込め虹が出て湿度が高くすぐ雨が降って・・・そのせいか一昨日の朝、バラの葉にそれぞれに朝露が美しく飾られていて思わず写真を撮りました。
「白露」にはまだ1月ほどあるけどこの言葉思い出しました。
水分が足りすぎていると葉の先から余分な水分を出すと聞いたような覚えがあるけど。理屈なんてどうでもいい!!自然は見事ね。
コメント