なんとなく、テキトーに。

やりたい事を、やりたい時に、やりたいように

KOTOKO LIVE TOUR 2007 WINTER 東京公演

2007-12-22 16:53:55 | ライブ・イベント

12月21日に行われたKOTOKO LIVE TOUR 2007 WINTER 東京公演のレポです。

自分はこれまでのライブは全て行っているせいか、フルライブが1年ぶりという事実にちょっとびっくり。
そういえば夏のはFC限定でしたっけ・・・。

会場はいつものSTUDIO COASTではなく、品川 Steller Ballでした。
ここは初めて行きました。
会場のキャパシティは約1,600人。
ちなみに過去に東京公演が行われたSTUDIO COASTは2,400人、東京厚生年金会館は2,000人です。
自分の今回の整理番号は1,100番台。
ステージがそんなに高くないのか、あまり見えませんでした。
ということで、今回はほとんど見てません。
目を瞑って聴いていた時間の方が長かった気がします。
他人の後頭部と群がる腕を見に行った訳ではないので・・・。
開場が18:00で開演が19:00という予定だったのですが、当初の予定より10分遅れての開演。
入場に結構時間掛かってましたし。

※以下にはセットリストなどネタバレ要素が含まれています。
大阪、名古屋公演に参加予定の方はご注意を。


ということで、セットリストと感想です。
今回は新旧織り交ぜた構成とのことですが、自分としてはどこが?といった感じでしたよ・・・。
新旧と言っておきながらメジャーデビュー前の曲は1曲も無し。あれ?
自分としては、全体的に物足りなさを感じ、不完全燃焼でした。

なおMCに関しては省略しています。
またライブでの演奏履歴は国内のもの、発売イベントライブのものはカウントしていません。



01.リアル鬼ごっこ 出典:リアル鬼ごっこ(2007/12)
最新シングルがトップバッター。
これは予想通りでした。
いかにもなイントロと、これまでのライブの構成を鑑みると容易に想像できます。
特に大きなアレンジもなく、冒頭の演出も「あぁ、この曲か」と非常に判りやすいものでした。
ダーク系の曲は生で聴くとやはり迫力があります。

02.UZU-MAKI 出典:UZU-MAKI(2006/12)
ライブでは横浜アリーナ、2006年のカウントダウンライブに続いて3回目。
この曲もライブ向け。
でも個人的には海豚の方が・・・。

03.RETRIEVE 出典:硝子の靡風(2005/06)
これは2005年夏の硝子の靡風ツアー以来。
おそらくダーク系繋がりかと。
正直なところ、Asuraが来るんじゃないかと思ってました。
この曲でダーク系のパートが終わりです。

04.β-粘土の惑星 出典:羽 -hane- ツアーパンフレット(2004/08)
2004年夏の羽-hane-ツアー、硝子の靡風ツアーに続いて3回目。
今回のセットリストの中では一番古い時期の曲です。
とはいってもたかだか3年前。これで新旧ですか?
いや、この曲も好きですけどね。

05.泣きたかったんだ 出典:ハヤテのごとく!(2007/05)
ライブでは初。シングルのカップリングになります。
しっとりと聴き入る曲です。
これは少し意外でした。

06.scene 出典:七転八起☆至上主義!(2007/10)
これもライブでは初で、シングルのカップリングになります。
まさかカップリング曲が続くとは思いませんでした。
この曲でバラード系の曲が終わり。

07.ささくれ 出典:硝子の靡風(2005/06)
ライブでは硝子の靡風ツアー以来2回目となります。
個人的に大好きなんですが、トラウマを刺激する曲でもあったり。
しかし、曲の内容とノリの一致しなさはトップクラスかもしれません・・・。
歌詞は決してノれる内容では無いハズなのに・・・。(参考:ささくれの歌詞
ここからアップテンポな曲が続きます。

08.Re-sublimity 出典:Re-sublimity(2004/11)
2004年冬の冬の雫ツアー以来、ライブでは定番の曲。
今回で6回目となり、やってないのはカウントダウンライブのみ。
この曲のイントロが流れ始めた瞬間に会場のボルテージは急上昇。
自分も抗えませんでした・・・。

09.Fatally 出典:DUEL SAVIOR(2004/10)
2007年夏のFC限定ツアーに続いて2回目。
ついこの間聴いたばかりなので新鮮味に欠けました。
盛り上がる曲ではあるんですけどね。

10.being 出典:being(2006/03)
2006年の全国行脚ツアー、横浜アリーナに続いて3回目。
過去のライブと比較するとアレンジが殆どありませんでした。

11.ハヤテのごとく! 出典:ハヤテのごとく!(2007/05)
FC限定ツアーに続いて2回目。
泣きたかったんだをやった時点で来ることは確信があったり。
今回もPVでのダンスを披露してました。
言い換えれば全く変化なし。

12.覚えてていいよ 出典:覚えてていいよ(2004/08)
これも羽-hane-ツアー以来、ライブでは定番の曲。
やらなかったライブって無い気がします。
正直なところ、この曲が聴ければそれで満足な部分もあったり・・・。

13.雪華の神話 -in X'mas mix- 出典:UZU-MAKI(2006/12)
ライブでは横浜アリーナ、カウントダウンライブに続いて3回目(但し、過去2回は無印版)。
冬の曲ということでやるんじゃないかと思ってましたが予想通り。


以上までが本編。
以下はアンコールですが、その前にバンドメンバー紹介。
今回は紹介のみでアッサリしたものでした。
バンドメンバーはハリーさん、からあげ君、尾崎さん、星野さん、フルフル。
ハリーさんは1年ぶりかも。
以下アンコール。

14.Lilies Line 出典:チアフル!(2007/02)
FC限定ツアーに続いて2回目。
今回唯一の電波(?)曲。
その盛り上がりたるやそれはそれは壮絶で・・・。
KOTOKOさんはボンボン装備でした。
好きな曲あので聴けるのは嬉しいのですが、夏にやってる分新鮮味に欠けるのが痛い。
どうでもいい話としては、すぐ後ろの人が間違った合いの手を大声で入れてるのに殺意を覚えました。
知らないなら黙ってろ。

15.↑青春ロケット↑ 出典:すぺ~す☆とらぶる(2006/02)
全国行脚ツアー、カウントダウンライブに続いて3回目。
アレ?まだ3回?もっと聴いてる気が・・・。
2007年の幕開けはこの曲からでした。
出典をSHORT CIRCUITⅡとしないのは意地みたいなものです。
謎なのは、Lilies Lineも↑青春ロケット↑も共にエロゲ出典なのに、後者に関しては触れられることなく定番化・・・。
ただ、ライブで最も跳べる曲であることは疑いようのない事実。
自分は跳んでませんよ?


以上2曲がアンコール。
以下はダブルアンコールなんですが、再々登場時にはKOTOKOさんからのクリスマスプレゼントが。
なんかやたらめったら投げてました。
・・・この表現で伝わるとは思ってませんが・・・。
ま、自分は後ろの方だったので関係ない話題でしたし。
ということで、以下2曲がダブルアンコール。


16.七転八起☆至上主義! 出典:七転八起☆至上主義!(2007/10)
ライブでは初。
これも絶対やるだろうと予想していた曲で、終盤かアンコールのどちらかと予想。
ま、大体当たりかな。
生で聴けたのは嬉しいんですが、気のせいか若干テンポが遅かった気も・・・。

17.冬の雫 出典:羽 -hane-(2004/04)
羽ツアー、冬の雫ツアーに続いて3回目。
KOTOKOさんの数少ない冬の曲ということでやるんじゃないかとは思ってましたが、ラストとは思いませんでした。
これもじっくり聴く曲です。


以上、全17曲。
公演時間は大体135分だと思います。


今回のセットリストはいつも来ている人向けではなく、初めて来た人向けという印象を受けました。
もう少し言い方を変えれば、新しいファン(メジャーデビュー以降)向けとなるかと。
殆どがアルバム、シングル曲なんですよね。
理由として、今年の夏のツアーがFC限定だったのが大きく影響していると思います。
非FCの人向けに夏のツアーを再構成した、という感じを受けました。
それ自体が悪いとは言いませんが、夏に参加した者として身勝手ながら言わせてもらえば、「またこれか」、と。

その背景に、今回のライブがスケジュール的に急すぎるというのが最大の要因かと。
明らかに準備期間短いですし。
とすると、練習時間も短いので、どうしても過去に演奏した曲が多くなるもの仕方のないことかもしれません。
でも、ライブ初披露の曲、たった4曲ですよ?
ちょっとその辺が納得できてません。

準備時間が足りないと感じたのは他にもあります。
まず、ステージの簡素さ。セットが最低限の照明と楽器のみ。
せっかくの広いステージが生きていません。
舞台演出も冒頭以外は特に無かったし・・・。
あと、曲の方もアレンジがかけられることなく殆ど原曲そのままでした。
個人的には、CDのものと生演奏に際してのアレンジとの違いを楽しみたいので差異が無いのは残念でなりません。
そのあたりが、今回満足できていない要因かと思います。

次に何がくるんだろう?
このイントロからどう次の曲につながっていくのだろう?
その楽しみが無いっていうのは自分にとっては致命的ですね。

新規性と意外性。
この2つに欠けたライブがこうも楽しめないものだとは思いませんでした。
その点では2004冬、2006・2007年の夏のツアー、横浜アリーナ公演は大満足だったんですけどね・・・。

個人的要望としてはJumping Noteなんですが、これはさすがにマイナーな気がするのでは強く言う気はないです。
でも、Leaf ticketはFC限定ツアー名古屋公演で「次ぎはやる」的な発言をしていたのでかなり期待していたのになぁ。
せめて今回初披露の曲があと1、2曲あればなぁ・・・。

次に期待・・・ってところでしょうかねぇ。
ま、それなりには楽しめたんですけど、ね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ライブ終了。 | トップ | 忙しくなってきました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライブ・イベント」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事