野次馬ジジイの見てある記

暇なジジイが博物館・古い建物・あっちの街・こっちの町を“野次馬根性で見て歩き”を絵日記感覚で掲載するブログ

神奈川県立歴史博物館

2019-02-14 15:40:33 | 美術館,博物館

2月14日(金)

神奈川県立歴史博物館(横浜市中区南仲通5-60)で開催中の

 

平成30年度かながわの遺跡展 潮風と砂の考古学 2019年1月19日(土)~2月17日(日)

  に行って来ました。

人々が集い楽しむ湘南の海岸。歴史深い鎌倉の街の一辺を縁取る浜辺。開国以来の世界への玄関口、横浜港。神奈川県の海辺にあるそんな風景のうしろには、潮風と海がつくった砂の土地が埋もれています。氷河時代に終わりをもたらした気候の温暖化は、地球を覆っていた氷床や氷河を解かし、これに伴って海面は高く押し上げられ、海岸線は徐々に陸地の奥へと進んでいきました。日本列島では、縄文時代早期末から前期(今からおよそ7000年前)にかけての時期に、海面が最も高い状態が続いていたと考えられています。これにより海岸線の変動が急速に緩まったことで、河川が内陸部から運んできた土砂が沿岸部に安定的に堆積するようになり、そこに【あらたな土地】が現れはじめました。縄文時代中期に海岸線が後退に転じてからは、【あらたな土地】はそれまでの海の底にあった場所にも次第に広がっていきました。本展示で取り上げる「砂丘」や「砂嘴(さし)」に残された遺跡は、この【あらたな土地】に立った人々の足跡です。人々はそこでどんな営みを繰り広げてきたのでしょうか。砂の上に消えず遺された、その足跡をたどってみます。

入場料は65才以上は100円なのに好古会で招待券を貰ったので無料です、

なんか得した気分です。

 展示場内撮影禁止でしたが、

入口で貰った30頁ほどの冊子には

 

場内に掲示されている説明や解説と多くの展示物の写真が掲載されていたので

見ながら歩いて廻りました。

博物館の裏口から見えたは建設中の建物は、横浜市新市庁舎32階建(高さは155m)で

来年のオリンピックに合わせて完成予定(6月末から供用開始)です。

後ろに写っているのは大阪のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高い

MM21のランドマークタワー(70階建高さ296.33m)です。

帰りにお土産を買いに中華街に寄ったので、10.800歩でした。

コメント (2)

ヴェルクよこすか 第5回会館祭り

2019-02-11 15:10:17 | 展示・展覧・発表会

2月11日(月)

横須賀市立勤労福祉会館(ヴェルクよこすか) 横須賀市日の出町1-5

「第5回会館まつり」に行って来ました。

 

目的は近所の方のハーモニカ演奏と演芸です。

早く着いたので日本画やパッチワークの作品展示を見て

 

ダンス・楽器演奏・歌などは1階エントランスか6階ホールステージでの発表です、ジジイ

近所の方が参加しているさくらの会ハーモニカ・クラブ演奏を1階エントランスで聴いた後

 

 会場の6階ホールで休みながら開演待ち

今年は紙切りと落語です。     

紙切り・林家八楽     2017(H29)年 林家二楽師匠に入門  前座名『八楽』                                        子供の頃より二楽師匠(父親)に師事 現在に至る

       

落語・三遊亭くま八   2009(H21)年 山遊亭金太郎師匠に入門 前座名『くま八』                                         2013(H25)年 二つ目昇進 現在真打目指して活躍中                                                                     

演芸を楽しんだ後、館内の作品展示・フリマー・ワークショップ・小物作品展示販売・模擬店等を見て廻り

 

 

楽しい時間を過ごして来ました。

コメント (2)

好古会(2019-2月) 例会

2019-02-08 15:59:59 | 講座・講演会・勉強会

2月8日(金)

好古会の2月例会です。

古会は横須賀市自然・人文博物館で催された考古学・歴史講座の受講者が中心のサークルで、                                                          活動内容は専門家の話を聞く・史跡見学・会員間の情報交換や博物館の行事に協力し、                                        会員相互の知識を深めながら親睦を図り、                                                             月一回、博物館・史跡等の見学会や博物館か隣接する文化会館で学習会を行っています。

講師は横須賀市自然・人文博物館の学芸員を定年退職され現在は嘱託の稲村 繁、参加者は12名。

右は以前100均で買った広角レンズを付けて撮った写真です、結構役立っます。

  

今日のテーマは年の締めくくりで講師への'質疑応答'です

 前半は勾玉について。

  後半は甲冑を着けた埴輪についてでした。

稲村さん1年間ありがとうございました、来年度もよろしくお願いします。

来月は来年度の打合せと4月の総会の資料作りです。

コメント (2)

確定申告

2019-02-05 15:07:59 | 独り言

2月5日(火)        

毎年この時期になると東京地方税理士会横須賀支部で確定申告の無料相談をやってくれるので

会場の久里浜コミュニティセンターに行って確定申告をして来ました。

公報で目にして退職後は何時もお世話になっているのですが、最近はクチコミや高齢者が増えたせいか

同じ時間に行っても大分遅くなる様になりました。

コメント (4)

横須賀市生涯学習センターの'まなびかんまつり'

2019-02-02 17:42:19 | PCでお絵描き

2月2日(土)       

今日はPC水彩クラブでお世話になっている横須賀市生涯学習センター(まなび館)開催の

'まなびかんまつり'のイベントのお手伝いです。

横須賀市生涯学習センター(まなび館)のPC水彩クラブで月に一回                                   久野先生(山田みち子主宰:認定講師)から                                    パソコン水彩画ソフト'水彩8'を使って水彩画を教えてもらっています。                                    毎月の課題は宿題として描き、オリジナル作品と一緒に送ると                                   WEB画廊(← ここをクリック)に掲載し下さり、皆が見ることが出来ます。

 玄関ホールに展示されている各イベントの看板

 

始まると同時に'パソコンで鬼のお面づくり'のパソコン研修室に沢山の人が入室してくれ、

 

親子連れが多いので子供だけでなく親にも呼びかけて作ってもらい

 

プリントアウトしたら部屋の後方の作業台で館の担当者が手伝だって

 

切り抜き、頭にかぶる帯を付ければ完成。

自作の面を付けて写真を撮る方が沢山いましたし、

 

米軍基地のある横須賀らしく外人の方も参加してくれました。

一緒に手伝ってくれた館の担当者によると、入室者は110名ほどで

作らなかった親御さんもいたので100人弱の人が作ってくれた事になり、

頭に着ける帯は用意が少なかったので昼休みに慌てて用意したそうです。

大盛況・大成功でイベントお手伝いは終了です、皆さんお疲れ様でした。

子供達の笑顔に元気をもらい、楽しい時間でした。

コメント (2)

まなび館祭りのリハーサル-2

2019-02-01 16:12:48 | PCでお絵描き

2月1日(金)

今日はお世話になっている横須賀市生涯学習センター(まなび館)が明日開催する

'まなびかんまつり'のイベントの1つをPC水彩クラブがお手伝いする5名が

会場のパソコン研修室に集まりリハーサルです。

横須賀市生涯学習センター(まなび館)のPC水彩クラブで月に一回                                   久野先生(山田みち子主宰:認定講師)から                                    パソコン水彩画ソフト'水彩8'を使って水彩画を教えてもらっています。                                    毎月の課題は宿題として描き、オリジナル作品と一緒に送ると                                   WEB画廊(← ここをクリック)に掲載し下さり、皆が見ることが出来ます。

体験してもらうのは 'パソコンで鬼のお面づくり'です                                           

各自が教える者・やってもらう者になって何度か繰返し、作品をプリントアウトして

出来上がりを確認して2時間弱で終了、バッチリです、お疲れ様でした、

明日は頑張りましょう。

コメント (2)

PCでお絵描き(2018-12月課題 おーろら丸-236

2019-01-29 14:06:37 | PCでお絵描き

1月2日(火)    

横須賀市生涯学習センター(まなび館)のPC水彩クラブで月に一回                                          久野先生(山田みち子主宰:認定講師)から                                          パソコン水彩画ソフト'水彩8'を使って水彩画を教えてもらっています。

毎月の課題と習作は先生に送りWEB画廊(← ここをクリック)掲載してもらいます、                         手本は同じなのに違う絵になるのは不思議ですが、                                       お互いの作品を見るのは参考になり刺激にもなります。 

12月の課題 '流氷を航海する「おーろら丸」'が描けたので投稿します。

参考にする写真とNETで探した網走の流氷観光砕氷船「おーろら」です

 

 先生の手本

 鉛筆線で下絵を描き

 初めに流氷を塗り、4回描き直しました

 船を塗り

 デッキの人を塗り

 背景を塗って

 空を塗り

 最後にカモメを描き鉛筆線は目立たない様にし

サインを入れて完成

*自己採点 85点、背景とカモメがイメージ通り描けたので。

コメント (2)

三浦市で見た懐かしい建物-30

2019-01-26 11:29:31 | 昭和の残影・路地・緑の館

1月26日(土)

図書館で借りた本昭和幻景(消えゆく記憶の街角)                                                             藤木TDC(文)イシワタフミアキ(写真) 発行所 ミリオン出版 発売元 大洋図書                                        

再開発の名のもと激しく変貌を続ける都市空間に異景となって沁みつく、                                                  失われゆく「昭和」の街並場ワイはみと建物の残映を訪ね歩いた紀行写文集。                                                        

に刺激され'昭和の幻影・残映・異景'と'横丁・裏通り・路地・路地裏'                                          

のカテゴリーで時々投稿しています。

好古会の仲間と三浦半島ハイキング'三浦の庚申塚を尋ねる'で歩いた三浦市で見かけた、

昭和を思い出す風景です。

 

外壁が板張りの建物や

 

 

蔵造りの建物が沢山残っています。

 

 

扉の社名と窓のステンドガラスが気になって撮った写真ですが

 UPする際、更に気になってNET検索してみたら

直木賞作家 荻原浩原作『花のさくら通り』をTV東京がドラマ化し2017年10月〜12月に放映した『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(出演:沢村一樹 和久井映見 片瀬那奈 要潤 三宅裕司 他)で(有)松月商店の店舗を撮影場所・ロケ地として使用し撮影の際の社名がそのまま残されていたのでした。                                   ブログ名:野次馬ジジイの面目躍如でした。

コメント (4)

好古会 三浦の庚申塚を尋ねる-2

2019-01-23 15:10:34 | 講座・講演会・勉強会

 1月23日(水)  1月16日(水)の続き>

好古会 三浦半島ハイキング '三浦の庚申塚を尋ねる'

古会は横須賀市自然・人文博物館で催された考古学・歴史講座の受講者が中心のサークルで、                                                          活動内容は専門家の話を聞く・史跡見学・会員間の情報交換や博物館の行事に協力し、                                        会員相互の知識を深めながら親睦を図り、                                                             月一回、博物館・史跡等の見学会や博物館か隣接する文化会館で学習会を行っています。

テーマ :   三浦の庚申塚を尋ねる                                                                                                                                                          ガイド :   好古会 三崎在住の 長谷川さん                                                                                                 コース :   京急三崎口駅集合(バス)→三崎東岡→入船「猿田彦大神文字塔」→       
       海南神社「青面金剛像」(バス)→栄町「三尸(さんし)塔」「青面金剛像」
       諸磯 心光寺「庚申供養塔」「青面金剛像」六合「青面金剛像」
       油壷入口(バス)→京急三崎口駅解散

 海南神社「青面金剛像」

 

 

栄町真浄院前「青面金剛像」 

 

1690(元禄3)年の年号あり

栄町真浄院(地蔵堂)「三尸(さんし)塔」「青面金剛像」

 

1661(寛文3)年の年号あり

 

諸磯 白蓮山心光寺「庚申供養塔」「青面金剛像」      

 

1740(元文3)年 1891(明治3)年の年号あり

亡くなった荷役馬や農耕馬を供養するための馬頭観音塔は見かけますが
珍しい牛頭観音もあり、さらに珍しい豚頭観音もありました。
 

六合路傍「青面金剛像」 

 

1689(元禄2)年 1734(享保19)年の年号あり

案内役の長谷川さんとは此処でお別れありがとうございました、

残りの皆は最寄りのバス停から京急三崎口駅へ戻り解散、

皆さんお疲れ様でした、楽しい10.200歩でした。

コメント (4)

大江戸歴史散歩(2019-1-① (武蔵一の宮・大宮氷川神社を歩く)-3

2019-01-21 13:05:01 | ガイド街歩き

1月21日(月<1月9日(水)の続き>

大江戸歴史散歩を楽しむ会1月定例会-①

江戸東京の歴史散策に興味があり、健脚であればどなたでも気軽に参加できる「大江戸歴史散歩を楽しむ会」を開催しております。健康散歩や歴史探訪に好奇心がある趣味を同じくする、世間と折合いの付けられる人々が集い、江戸切絵図を片手に身近な散歩を楽しみながら懇親を深めることを目的としています。定例会は毎月の第2水曜日と第4水曜日の2回開催致します。どうぞ、お気軽に参加ください。

テーマ :   武蔵一の宮・大宮氷川神社を歩く                                                                              ガイド :   渡辺功一(大江戸歴史散歩を楽しむ会)                                                 コース :   JR東北本線さいたま新都心駅→旧中山道→大宮氷川神社参道一の鳥居→
       山丸公園碑→市立博物館→二の鳥居→明治天皇行幸図→       
       三の鳥居→勅使斉館→神池→稲荷神社→宗像神社楼門
       舞殿拝殿門客人神社日本庭園大宮公園
         歴史と民族の博物館→東武野田線大宮公園駅→JR東北本線大宮駅

稲荷神社

 

                                                  楼門

 

舞殿                                            拝殿でお参りし

 

 

日本庭園を抜けて

 

 大宮公園

動物園があったので(なんと無料)入ってみます、今年の干支の猪

 

 

                         カピパラも居ました

 

丹頂鶴や熊を見たりと童心に帰って楽しみました

 

これから’歴史と民族の博物館’へ行くのですが、野次馬ジジイはここで離脱です

 東武野田線大宮公園駅から帰宅の途に

渡辺さんありがとうございました、皆さんお先に失礼します。

今日も楽しい時間を過ごし、16,200歩でした。

 後日送って貰った集合写真

コメント