Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Even In “Revolutionary Countries”, Mass Media Is Still In the Hands of The Right 

2018-10-12 23:26:19 | 翻訳記事 Translation

Excerpt from the article

Ideological war is on, and it is real. It is tough, ruthless and often more destructive than a war fought by conventional weapons.

The victims of this war are human brains, human minds, culture, and sometimes entire political systems.

Your country loses an ‘ideological battle’, then another one, and soon you can find yourself living in a system which is totally foreign to you and to your people; to their history, traditions and desires.

 

 

記事から抜粋

 イデオロギー戦争は続いており、それは本物なのだ。情け容赦なく、無慈悲で、通常兵器によって戦われる戦争よりも破壊的なことが多いのだ。

 この戦争の被害者は、人の頭脳、人の心、文化、そして時に政治体制丸ごとだ。

 あなたの国が‘イデオロギーの戦い’に破れ、さらにその次のに破れると間もなく、自分にも自国民にも全く異質の、自分たちの歴史や伝統や願望とは異質の体制の中で暮らしていることに気づくことになる。

 

 

   ---   ---

What the word ideological conflict means is futile.

Actually, some people who intend to monopolize power and tax will drive many innocent people to the battlefield for their hegemony.

Using taxes forcibly collected from innocent people.

I think that the problem is not the ideological conflict, but the degree of monetary corruption in that country.

And if there is a different culture, there must of course be a difference in thinking, but it depends on whether we can mutual understand.

European and American developed countries are intensely corrupt and do not recognize other ways of thinking.

European and American developed countries try to force their way of thinking against them with force.

They have a fundamental problem because there is no concept of "mutual understanding".

It also appears in unilaterally fueling religious conflicts.

There is no consciousness that a person is a foolish animal.

Lions and tigers hunt only when they are hungry.

They do not cannibalize.

It is clear also from the fact that it is about to transform the world into a Western-style cityscape.

We must abandon the European and American modern era and seek Asian modernity.

 

 

 

イデオロギー対立という言葉が意味していることは、表向きに過ぎない。

実は権力と税の独占を志向する一部の人々が、その覇権の為に多くの罪なき人々を戦場に追いやる。

罪なき人々から強制的に徴収した税金を使ってだ。

問題はイデオロギー対立ではなく、その国の金銭腐敗の度合いなのだと私は思う。

そして違う文化なら当然に考え方にも違いがあるはずだが、相互理解できるかどうかにかかっている。

欧米先進国は腐敗が激しく、他の考え方を認めない。

欧米先進国は、彼らの考え方を武力で相手に押し付けようとする。

彼らに「相互理解」という概念が無いことに問題の根本がある。

そのことは宗教的な対立を一方的に煽るということにも表れている。

人は愚かな動物だという自覚がない。

ライオンやトラは腹が減った時にしか狩りをしない。

世界中を欧米風の街の景観に変えようとしていることからも明らかだ。

破綻した欧米近代は捨てて、アジア的な近代を模索しなければならない。

 

 

 

04.10.2018 Author: Andre Vltchek 

Even In “Revolutionary Countries”, Mass Media Is Still In the Hands of The Right

 

NEO JOURNAL COLLAGE

How could a country win her fight against Western imperialism, how could it become truly independent, if its people are fully conditioned, through the mass media and education, by the North American and European doctrines and world view?

Wherever I work and struggle in this world, I am always amazed, even shocked, by how powerful the Western tools of indoctrination are, how effective its propaganda is.

Even in such countries like Vietnam, where one would think, Communism won at a tremendous cost of millions of lives, people are now increasingly indoctrinated by the West. They are apathetic and progressively ignorant about the world. Yes, of course, officially the country is in solidarity with so many struggling and oppressed parts of the world, but ask common people on the streets of Hanoi what they know about the horrific things that are being done by multi-nationals in Africa or even in Indonesia; the great majority would say that they know close to nothing. And if you press harder, chances are that you will be told that they do not really care. It is because the Western official narrative has already infiltrated, entered everything here, from social media to NGOs. It also began influencing arts, television and education.

Ideological war is on, and it is real. It is tough, ruthless and often more destructive than a war fought by conventional weapons.

The victims of this war are human brains, human minds, culture, and sometimes entire political systems.

Your country loses an ‘ideological battle’, then another one, and soon you can find yourself living in a system which is totally foreign to you and to your people; to their history, traditions and desires.

*

I am writing this essay in the city of Puebla, in Mexico. You know, the people of Mexico just recently voted, and overwhelmingly, they elected the left-wing Presidential candidate, Andres Manuel Lopez Obrador.

For three weeks I travelled all around the country. I spoke to hundreds of people. Most of them were hopeful; most of them were instinctively longing for socialism. Usually, they do not call it ‘socialism’, because for decades they were told not to use this word in any positive context, but what they describe when they dream, is clearly a form of socialism, nevertheless.

But how can they define the position of their country in the world, or even their own position inside their country? You turn on the television set, and all you see is CNN in Spanish (‘Mexican edition’), or the extreme right-wing FOX, or some corporate-owned local TV station. Almost all international news in Mexican newspapers is taken from the Western press agencies.

Can socialism be built like this, based on the Western indoctrination, disinformation system?

Telesur is not even available on most of the cable television systems, so how?

*

Again, this is really nothing new. For instance, since the beginning of the Bolivarian Revolution in Venezuela, the mainstream media outlets were firmly in the hands of the right-wing individuals, and big business. Not all, but definitely most of them.

It used to be truly grotesque, and it still is: while most of the journalists supported Chavez, and later Maduro, they were too scared to write anything positive about the government, fearing that they would lose their jobs.

The insults (and lies) they were paid to regurgitate against the revolutionary system, would easily land them in jail in the United States and definitely in the UK – a country with draconic defamation laws. In Venezuela, most of them were allowed to write – to write garbage and outright lies. The more uncensored the hostile outburst were, the more ‘unfree’ the West called the Venezuelan media environment. The usual stuff, the usual logic of the propaganda: black is white, and cats are rats. Repeat it thousand times, and millions will believe it.

Revolutionary Bolivia is facing the same problems, and so was Ecuador during the previous, socialist administration (now, there, it is ‘business as usual’, with the Western media openly operating in the country, almost unopposed).

Brazil is living through the aftermath of something that could be loosely described as a ‘constitutional coup’ perpetrated by the right-wing establishment, against Dilma and her highly successful PT (socialist) government. The coup was only possible, because the mass media of Brazil, fully backed and fueled from abroad, consistently smeared all the great achievements of the left-of-center administration, putting individuals under a microscope, while describing as ‘corruption’ things that would be absolutely acceptable in Europe or the United States, not to speak about the right-wing countries all over the Latin America.

The smear campaign against Cristina in Argentina, is another example of the right-wing madness ‘which pays.

But how would people know all this, if almost all sources of information are coming exclusively from one – right-wing – camp?

They feel something is happening – they feel it intuitively – but they find it extremely difficult to formulate what they feel precisely.

I witness this all-over Latin America, all over Africa, Asia Pacific, India and the Middle East.

It is a confusion, an unhealthy confusion, manufactured somewhere else, somewhere far away.

*

Let’s face it: this is a truly bizarre situation.

The Western public is ‘discovering’ new and powerful media outlets, which are coming from the non-Western countries. Many people in London or New York are now hooked on RT, CGTN, Press TV, or Telesur. Masses are reading magazines like NEO (New Eastern Outlook, edited in Russia), or Countercurrents (India).

But in those countries that are clearly victims of the Western interventions and brutal neo-colonialist policies, almost all information sources available come from the West – from the very centers of the present world order.

*

What can be done?

Lately there was plenty of ‘poor us’, or ‘they are after all of us’ statements in the alternative press, at least in the West.

Of course, they are!

Well, Comrades, war is war, even an ideological one!

What did you expect? That, after we start attacking the system that has been literally raping the planet for several centuries the system would quietly die, or go away? That is not realistic.

The news that is actually lately coming our way is very good:

Many powerful media outlets that are opposed to the official Western narrative are already in place, or emerging.

In the non-Western world, there are above mentioned RT, PressTV, CGTN, Al-Mayadeen, Telesur. There is New Eastern Outlook (NEO), Sputnik, TASS, Countercurrents, and hopefully soon, Prensa Latina will rejuvenate itself.

They are all on air, already running, fully functional and counting on some of the best writers and thinkers on this Planet, as their contributors.

So, what is next?

We have to, and this is absolutely essential, to reach people in the non-Western countries.

Some new media, even if it is totally anti-imperialist and in support of the oppressed world, is still using ‘old methods’, like interviewing almost exclusively people with either British or US accents, as if this would be giving them some enhanced credibility.

Also, there is too much accent on covering the West, and too little on covering what is happening in Africa, Latin America, Asia or the Middle East.

The people of Africa have had enough of Europeans and North Americans telling them ‘what they really are’, and what they should do. They have plenty to say about their own lives and their own countries. The same goes for the Asians.

In order to reach Africans, we have to talk to the African thinkers, revolutionaries, and of course, to their common people; to talk to them “on the record”, not to listen to ourselves preaching to them.

Our media outlets should be different – truly global but above all, ‘internationalist’.

Chinese CGTN has adopted precisely this philosophy, and it works wonders. People are watching – all over Africa and all over Asia. RT did a tremendous job through their Spanish language broadcast. NEO’s greatest strength is in its in-depth coverage of Asia – the biggest continent on Earth.

Above all, we have to reach as many people in the entire occupied and oppressed word. If some big television stations with substantial budgets (like RT or CGTV) can afford to advertise, they should. And if they cannot convince the cable or satellite providers in Latin America, Asia or Africa to carry their broadcasts, they should concentrate on convincing millions of individuals to watch their programs online, through the internet, as I am doing right now, in Mexico.

*

Things can be turned around, when there is dedication, enthusiasm and professionalism.

Russia, China and Iran are great examples. Soviet media during Gorbachev and Yeltsin eras was totally humiliated and forced into submission. For several dark years, all that the West was saying and writing was expected to be considered as pure gold by millions in both Russia and the former Soviet republics. But the West did not come to Russia with an olive branch. Dependency on the Western narrative was most likely one of the main reasons, why the Soviet Union, and then Russia itself, virtually collapsed. Western propaganda was aiming at bringing the Russian people to their knees. It was clearly a vehicle of hostility and destruction.

But Russia soon regrouped. It got back to its feet. And its media has completely and brilliantly reinvented itself. Now, it is strong, brave and intellectually superb.

China also went through a period when ‘everyone educated’ was expected to parrot Western dogmas. Chinese universities and media outlets got infiltrated from abroad. Hostility towards Communism was steadily injected into Chinese students who were graduating from the European and North American universities. The main goal of the West has always been to derail the Chinese socialist system, and to make China subservient to the West. In the end, it did not happen. China quickly identified the subversion, and since then, has been taking appropriate measures. Its media, too, reformed. The once out-of-date CCTV changed into a sleek, attractive, informative one, a clearly left-wing CGTN. Its newspapers have improved as well.

Now Russian, Chinese, Venezuelan and Iranian international (and internationalist) media outlets are on the correct track. They are broadcasting in various languages, offering non-Western, anti-imperialist alternatives. The distribution of the messages is, however, still limping behind the quality of the news bulletins.

I am working all over the world, often in such ‘corners of the planet’ where hardly any journalist goes. And this is my friendly ‘warning’: our interpretation of events, our worldview, our coverage of the world events in not reaching many of the places, where such coverage is desperately needed.

Not everywhere, but often: the poorer the country, the more it is at the mercy of Western propaganda.

It is our obligation, our internationalist duty, to reach the people who are suffering the most.

We are slowly but surely winning the ideological war. Now let us reach out to our brothers and sisters in the poorest, most devastated, as well as the most indoctrinated parts of the world. If we don’t, then what are we fighting for? Therefore, we will.
https://journal-neo.org/2018/10/04/even-in-revolutionary-countries-mass-media-is-still-in-the-hands-of-the-right/

 

 

 

 

 

 

“革命的な国々”においてさえ、依然、右翼の手中にあるマスコミ

2018年10月4日
Andre Vltchek

 マスコミや教育を通して、北アメリカとヨーロッパの教義と世界観によって、国民が徹底的に条件付けされていたら、欧米帝国主義に対する戦いで、国は一体どうすれば勝てるのだろう。一体どのようにすれば、本当に独立できるのだろう?

 この世界のどこで働き苦闘していても、欧米の洗脳手段がいかに強力で、そのプロパガンダがいかに効果的かに私は常に驚かされ、衝撃さえ受ける。

 何百万人もの命という途方もない犠牲を払って、共産主義が勝利したと誰もが考えるだろうベトナムのような国においてさえ、人々は欧米によって益々洗脳されつつある。彼らは無関心で、世界について徐々に無知になっている。そう、もちろん公式には、ベトナムは世界の中の悪戦苦闘し、虐げられた実に多くの人々と団結しているが、ハノイ街頭で普通の人々に、アフリカで、あるいはインドネシアで、多国籍企業が行っている身の毛もよだつようなことで何を知っているか尋ねてみよう。圧倒的大多数が、ほとんど何も知らないと言うはずだ。そして、もし更にしつこく聞けば、彼らは、実際全くどうでも良いと答える可能性が高い。それは、欧米の公式言説が既に、ソーシャル・メディアからNGOに至るまで、現地のありとあらあるものに侵入し、入り込んでいるためだ。それは芸術、テレビや教育に対しても影響し始めるのだ。

 イデオロギー戦争は続いており、それは本物なのだ。情け容赦なく、無慈悲で、通常兵器によって戦われる戦争よりも破壊的なことが多いのだ。

 この戦争の被害者は、人の頭脳、人の心、文化、そして時に政治体制丸ごとだ。

 あなたの国が‘イデオロギーの戦い’に破れ、さらにその次のに破れると間もなく、自分にも自国民にも全く異質の、自分たちの歴史や伝統や願望とは異質の体制の中で暮らしていることに気づくことになる。

*

 メキシコの都市プエブラで、このエッセイを書いている。メキシコ国民は、つい最近選挙をし、圧倒的多数で、左翼大統領候補のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールを選んだことはご存じだろう。

 三週間、私はメキシコ中を旅した。何百人もの人々と話した。彼らの多くは希望にあふれていた。彼らの大半は、本能的に社会主義に憧れている。通常、彼らはそれを‘社会主義’とは言わない、あらゆる前向きな文脈でこの言葉を使わないよう何十年も言われてきたためだが、それでも夢見る時に彼らが描くものは明らかに一種の社会主義だ。

 だが、世界における自国の立場や、自国内での自分自身の立場を、彼らは一体どのように定義することができるだろう? テレビをつければ、見られるのはスペイン語のCNN(‘メキシコ版’)か、極右FOXか、大企業が所有している現地TV局しかない。メキシコの新聞のほとんど全ての国際ニュースは、欧米報道機関から得たものだ。

 こうした欧米による洗脳、偽情報体制を基に社会主義が構築できるのだろう?

 Telesurは、大半のケーブル・テレビでさえ見ることができない、するとどうやって?

*

 またしても、これは決して何も新しいことではない。たとえば、ベネズエラにおけるボリバール革命の開始以来、主流マスコミは、右翼連中と巨大企業の手にしっかり掌握されている。全てではないがl、その大半だ。

 それは、実に奇怪だったが、今もそうだ。大半のジャーナリストが、チャベスを、そして後には、マドゥロを支持しているのに、仕事を失うのを恐れて、政府に関して、前向きなことは何も書けないほど恐れている。

 金を貰って、連中が繰り返している革命体制に対する侮辱(やウソ)は、アメリカ合州国や、過酷な名誉毀損法がある国イギリスでなら確実に容易に投獄されているはずのものだ。ベネズエラでは、彼らの大半が、がらくたや全くのウソを書くことを許されている 。敵対的な表現が無検閲であればあるほど、ベネズエラのマスコミ環境は、益々‘不自由’だと欧米は呼ぶのだ。プロパガンダのいつものこと、いつも論理だ。黒は白で、猫はネズミだ。何千回も繰り返せば、何百万人もが信じるのだ。

 革命的なボリビアは同じ問題に直面しており、前の社会主義政権時代のエクアドルもそうだった(今エクアドルは‘通常どおりの業務’状態で、欧米マスコミが、ほぼ無競争で、公然と国内で活動している)。

 ブラジルは、ディルマと大いに成功した彼女のPT (社会主義) 政府に対し、右翼支配体制が行った、大雑把に‘憲法クーデター’とでも呼べるものの余波を切り抜けつつある。外国勢力に全面的に支援され、煽られたクーデターは、ブラジル・マスコミが、中道左派政権のあらゆる素晴らしい実績を絶えず中傷し、当事者たちを詳細に調査し、中南米中の右翼諸国では言うまでもなく、ヨーロッパやアメリカ合州国であれば完全に許されているはずのものを‘汚職’と表現しているがゆえに可能だった。

 アルゼンチンでのクリスティーナに対する組織的中傷も報われる極右の狂気の好例だ。

 だが、もしほぼ全ての情報源が、もっぱら、たった一つの右翼陣営だったら、人々は一体どのようにして、これを知ることができるだろうか?

 彼らは何かが起きつつあるのを感じている。彼らはそれを本能的に感じているが、自分たちが感じているものを正確に明確に説明するのは、彼らには極めて困難なのだ。

 私はこれを中南米至る所、アフリカ、アジア太平洋、インドや中東至る所で見ている。

 これは、どこか遥か離れたところで作り出されている混乱、不健康な混乱だ。

*

 事実に直面しよう。これは実に奇想天外の状況だ。

 欧米大衆は、非欧米諸国発の新しい強力なメディアを‘発見しつつある’。今、ロンドンやニューヨークの多くの人々が、RT、CGTN、Press TVやTelesurに夢中になっている。多くの人々が、NEO (New Eastern Outlook、ロシアで編集されている)やCountercurrents (インド)などの雑誌を読んでいる。

 だが、欧米の介入と残虐な新植民地主義政策の明らかな犠牲者であるこうした国々では、得られるほとんど全ての情報源は、欧米に、現在の世界秩序のまさに中心に由来する。

*

 何ができるだろう?

 代替メディアでは、少なくとも、欧米では、最近‘貧しい我々’やら‘彼らは結局我々だ’という発言が多い。

 もちろん、そうだ!

 そう、同志よ、戦争は戦争なのだ、たとえイデオロギー的なものであっても!

 あなたは何を期待されただろう? 文字通り何世紀も世界略奪してきた体制を我々が攻撃し始めると、静かに死んだり消え去ったりするだろうか? それは現実的ではない。

 最近我々に実際届くニュースは非常に好ましい。

 欧米公式言説に反対する多くの強力なメディアが既に存在しているか、登場しつつある。

 非欧米世界には、上記のRTやPressTVやCGTNやAl-MayadeenやTelesurがある。New Eastern Outlook (NEO)やスプートニクやTASS、Countercurrentsがあり、願わくは、間もなく、Prensa Latinaも復活するだろう。

 こうしたものは皆放送中で、既に活動しており、fully functional地球上の最も優れたライターや思想家の一部を寄稿者としてあてにできている。

 すると、次は何だろう?

 極めて重要なことだが、我々は非欧米諸国の人々に手を差し伸べなければならない。

 ニューメディアの一部は、完全に反帝国主義で、虐げられた世界を支持していても、依然、それで報道の信憑性が増すかのように、イギリスやアメリカのアクセントの人々ばかりインタビューするといった‘古い手法’を使っている。

 それに、欧米報道に重点が置かれすぎており、アフリカや中南米やアジアや中東における出来事についての報道が少なすぎる。

 アフリカの人々は、ヨーロッパ人や北アメリカ人たちが、彼らに‘自分たちが本当は一体何なのか’、何をすべきなのか語るのにうんざりしている。彼らは自分自身の生活や自国について、語るべきことが多くあるのだ。アジアの人々についても同じことが言える。

 アフリカ人、アフリカ人思想家、革命家、そしてもちろん、一般人に手を差し伸べるためには、語りかけなければならない。彼らに我々の説教を聞かせるのではなく、“公表して”語りかけることだ。

 我々のメディアは違っているべきだ。本当にグローバルだが、何より‘国際主義者’だ。

 中国のCGTNは、まさにこの哲学を採用しており、驚くほどの効果を発揮している。人々は見ている - アフリカ中や、アジア中で。RTは、スペイン語放送で素晴らしい仕事をしている。NEOの最大の強みは、地球上最大の大陸、アジアについての掘り下げた報道だ。

 何よりも、世界中のできるだけ多くの占領され、虐げられた人々に手を差し伸べなければならない。もし(RTやCGTVのように)かなりの予算のあるいくつかの大手テレビ局が広告する余裕があるなら、広告すべきだ。そして、もし彼らが、中南米やアジアやアフリカのケーブルや衛星プロバイダーに、彼らの番組を放送するよう説得できなければ、私が今、メキシコでしているように、何百万人の人々に彼らの番組をインターネットでオンラインで見るよう説得することに注力すべきだ。

*

 献身と熱意とプロ精神があれば、物事は変えることが可能だ。

 ロシアと中国とイランは好例だ。ゴルバチョフとエリツィンの時代、ソ連のマスコミは徹底的に屈辱を受け、屈伏を強いられた。何年かの暗い年月の間、欧米が言ったり書いたりしているあらゆることが、何百万人もの人々に純金であるかのように見なされるようロシアでも、旧ソ連共和国でも、期待されていた。ところが欧米はオリーブの枝を差し出して、ロシアにやって来たわけではなかった。欧米言説への依存が、ソ連の更にはロシア自身が事実上崩壊した主要な理由の一つだった可能性が高い。欧米プロパガンダはロシア国民を屈服させることを狙っていた。それは明らかに敵意と破壊の手段だった。

 だがロシアは間もなく再編成した。ロシアは状況から立ち直った。そしてメディアも完全かつ素晴らしく、徹底的に自己改革した。今、ロシアのメディアは強く勇敢で、知的にも最高だ。

 中国も‘教育のある人々全員’が欧米の教義をおうむ返しにするよう期待される時期を通り抜けた。中国の大学やメディアは外国から侵入された。ヨーロッパや北アメリカの大学を卒業する中国人学生には共産主義に対する敵意が絶えず注入された。欧米の主な狙いは常に中国社会主義体制を頓挫させ、中国を欧米に従属させることだった。結局、そうはならなかった。中国は素早く破壊活動を見て取り、そして以来、適切な措置をとっている。中国のマスコミも改革された。かつては時代遅れだったCCTVは、洗練された、魅力的で、得るところの多い、明らかに左翼的なCGTNへと変わった。中国の新聞も良くなった。

 現在、ロシアや中国やベネズエラとイランの国際(そして国際主義の)マスコミは正しい路線を進んでいる。彼らは様々な言語で放送し、非欧米の反帝国主義代案を提示している。しかしながら、こうした意見の流通は依然、ニュース速報の後塵を拝している。

 私は世界でジャーナリストが誰も行かないような‘地球の隅々’でも働く。そしてこれは私の友人としての‘警告’だ。出来事に対する我々の解釈、我々の世界観、世界の出来事に関する我々の報道はそうした報道が切実に必要とされている多くの場所に届いていない。

至る所ではないが、そういうことが多い。国が貧しければ貧しいほど、一層、欧米プロパガンダの言いなりになるのだ。

 最も苦しんでいる人々に手を差し伸べるのは我々の義務、我々国際主義者の任務だ。

 我々は、ゆっくりながら確実にイデオロギー戦争で勝利しつつある。今、最も貧しい、最も破滅的な打撃を受けた場所や最も洗脳された地域の同胞たちに手を差し伸べようではないか。もし、そうしないのなら、我々は何のために戦っているのだろう? だから、手を差し伸べよう。

 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-0b80.html

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  “革命的な国々”においてさ... | トップ |  秘密法と共謀罪に反対する愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事