Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

流浪の民

2010-07-30 22:43:16 | Feel something
.
.
.
土地を追われ国を追われ
彷徨う流浪の民が手にしたものは
あらゆる境目を利用したプラマイ関係
.
,.
.
結果として破綻ではなく破滅に歯止めがかからない
.
例えば戦前から立つ大銀杏は
一点に根を張りそこを動かない
そして戦火も耐え忍び事由を獲得した
自由を取り戻したといったほうが正確な表現かもしれない
.
人間の信ずるに値するものとははたしてなんだろうか
大銀杏のような居場所ではないだろう
それはつまり創造力でしかない
.
それがある限り自由
流浪の民は己が得たものに拘束されている
身動きが取れなくなり困り果てている
その責任の重大さを俺の次に自覚しているのかもしれない
.
だが変えられない
それしか能力がないから
それを失うことを恐れている
恐れていながら矛盾を感じている
.
そして俺がいる
彼らがプラマイに利用した境目を否定した俺が
.
彼らの盲点であり、反面希望でもある
そういう境目に俺がいる
.
思想や思考は残っても
時間的な肉体には限界がある
それをプラマイで得たもので購入することは不可能
.
プラマイで得たものを俺の創造力すなわち頭蓋骨の内側の柔らかい部分に
投資しなさい
.
唯一の償いであり救いであり
それがこの星の意思だと気づいているはず
.
この星すなわちspaceの意思
逆らってみるかい?
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
..
.
.
..
.
.

.
.
.
....
.

.
.
..
..
.
..
.
.
.
.
.
.
.

コメント

ゆうちょアワヤかめアワヤ

2010-07-27 15:41:23 | Feel something
.
.
.
.
息子が小学生のころ近所の神社のお祭りで
救ってきた、いや掬ってきた
.
ミドリ亀
.
実は彼、もっと幼いころにコトある毎に動物園に連れていき
動物と触れ合いさせた
そう、俺がその彼の親
.
あるとき潮干狩りに行き、捕ってきたアサリを
当然
味噌汁にと・・・
.
彼が泣きそうな表情を浮かべて言った
食べるの可哀想だから「飼う」と
.
ちなみに彼はアサリやシジミの味噌汁は
大好物
.
そういう育て方をしたので
動物の気持ちになってしまう
ときに人間を相手に動物の味方をしてしまうこともある
.
誰に似たんだか・・・
.
さてミドリ亀だが
毎日水をきれいに取り替えて
甲羅を歯ブラシで磨いてあげていた
そう、あれは一週間後くらいだったろうか
手のひらで動かなくなってしまったミドリ亀に
涙していた
写真はそのミドリ亀を埋めてあげたときの彼
.
実は外来種でヤバイ亀だったらしい
.
だがひとつの命に代わりはないことも事実
これからは人間を含めた「生態系」の維持をどう考えるかが
重要な時代だろう
.
そう考えると戦争なんぞをしているバヤイではないのだが
.
「世界の平和と国民の健康を祈ります」なんて
毎年ありきたりなセリフに一喜一憂しているバヤイでもないのだが
彼の親の戦争責任はいいとして
外来種持込放流責任は問われなかったのだな
.
世界に視線を広げてみると
軍産共同体に負けている
もっと言えば「操られている」アメリカ国民及び及び腰政府は(オバマきばらんかいや!)
エエカゲンにセー!といいたいところなのだな
.
ところでお金のお話だ
亀がやっきになってナンチャラ訴えている
郵政はじつは優勢でなく劣勢なの?らしい
.
郵政のバランスシートはごまかしだらけ
情報開示もままならない
.
知っていながら知らん振りは
マスゴミの得意技らしい
.
貧乏人の俺だがいくらかの貯金はある
だがゆうちょは駄目だ
引きあげる
取り付け騒ぎにならないことを切に願うのみだな
お手紙配達だけやってりゃいいものを
.
日本といわず世界中の金融はもう賞味期限が切れてる
預けて良いことなど何もない
次の世代に何を残すのかを考えたとき
全部の預貯金を降ろして
子供は降ろしちゃ駄目だと思うが
次の世代のために使う、使う、使う
そして使う
.
いまの金融の流れを一度止めなければならない
そうして戦争も止めなければならない
人類に残された最後の望みがソレ
.
無料で金を右から左そして右へ運ぶのは
簡単なこと
手数料はいらない
.
動かすだけで利益を生む
そういうシステム自体が
賞味期限を過ぎている
にもかかわらず終わらせないから
戦争も終わらない
.
日本の懐、郵便局には34兆だっけか?
危ないぞ、もう危ないぞ
ソコを守ろうという前提がもう危ないぞ
うそ臭い
.
ちなみに担保定期貯金なるものに
¥3000を6ヶ月預けて御覧なさい
矛盾に気づくはず
気づかないバヤイ損をするんではなく
誰かがニヤッと見えないところで笑っていることになる
.
郵政の問題は民営化するしないということではない
そんなこと知ったことではない
カネを全部引きあげ、一旦箪笥にプールしておけば
勝手に解決することだ
そこに馬鹿な政治家とスケベ官僚の入り込む余地はない
金融全般にいえること
いたって簡単だ
,.
経済・金融?
知ったことか!このカネは俺のものだ!
というカネを預ける側の心構えが必要だ
.
世界的な異常気象
世界的エネルギー危機
世界的金融危機
生態系の危機
.
いまやらなければ
できなければ
なにも終わらない
そしてなにも始まらない
.
そういう結論だな
イマントコ
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

コメント

ビル丸ごと熱交換器ってのは?

2010-07-24 22:39:24 | Feel something
.
.
.
.
ヒートアイランド都市のビルヂングの外壁に
付けちゃう
ラジエターをくっつけちゃう
水を入れて、密閉シールして、
そうすっと
ヒートな夏は圧が上がり
タービンが回っちゃうと
あ~自家発電
ってのは?
.
ヒートしない都市
クリーンで省エネで電気作っちゃう
あとは強度とコストの問題ってのは?
.
外壁に後付けもでき
新しいビルには内蔵型もありってのは?
.
だめ?
.
.
.
片側にきっちりと一方通行なバルブくっつけちゃっとけば
流れが自然と出来ちゃう
ってのは?
.
.
もっと言えば
アスファルトにもくっつけちゃう
ってのは?
打ち水不要
ユリコちゃんの出番がなくなってしまうが
まあいいか
.
.
.
地デジアンテナ工事と込みでやってしまう
ってのは?
.
経済活性化
ってのは?
.
.
.
.
.
.
.
.
.

コメント

ここ数年

2010-07-23 23:48:17 | Feel something
.
.
.
.
.
つまらんことしか書かないでいた

いざなにかを書こうとしても、なにも書けなくなってしまった

毎日何かを書いていたけど

つまらんものはつまらん

そのうち気が向いたら、つまらんものをまた書き出すだろうけど

.
.
.
.
.
.
.
.
.

コメント

国の財源

2010-07-08 21:09:20 | Feel something
.
.
.
なんであってもどうであっても
世界の流れってのがある。
.
税金を多く取る税率を上げる
政治家がそう言うには勇気がいる。
.
財政健全化と国内経済の高揚を考えるなら
その流れに乗ることが大切だ。
乗りながらCO2の流れを止めることが大切だ。
.
企業からも家庭からもCO2税を取ればいい。
日本人のみならず世界中の(一部のわがままな国を除く)だれしもが
CO2温暖化に対して危機感を持っている。
(持っていない方は放っておこうか)
.
人間の呼吸から出るそれは緑が救ってくれる。
.
電気を売れば儲かる電力会社
ガスを売れば儲かるガス会社だって節電省エネを訴えている。
もちろん家電会社だって自動車会社だってそうだ。
.
たとえいかなる法人であっても人格という権利を与えられたなら
消費したなにかから排出したCO2に対して税を支払う。
.
こっちの方がいま議論されている税よりよほど
『公平』だと思うがいかがか。
.
子供手当てはその条件により免除してあげればいいし
いまの現金支給はその正確な条件を把握した上で
増減額すればいい。
.
文句ある?
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

コメント

感性

2010-07-07 00:14:00 | Feel something

.

.

.

絵が好きだ

描くのも観賞するのも好きだ

文章も好きだ

読むのも書くのも好きだ

どういうわけか文章で描いたりしてしまったこともある

絵文字でもなく特殊な文字も使わず

文章と絵を同時に描く(書く)

分かるひとだけ、感じる人だけから理解を得ることができる

以前、ある書道展示会場でであった「達」という文字

俺と同じところにほくろがあった

作者の意図は分からないけど

嬉しかった

そういうのを感性ってんだよな

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

コメント

detailな時代

2010-07-03 12:40:15 | Feel something

.

.
.
.
夢を見た

日本の北の番外地だった

そこは広大な牧場で

動物園ではなかった

牛と馬が美味しそうに草を食んでいた

柵には色鮮やかに、名も無い花が寄り添っていた

仲がいいだろと誰かが言った

幼い俺は聞いてみた

草が食べつくされたら?

草が生える土が乾いてしまったら?

それでも仲はいいの?

誰かは言った

そうなる前に肉になるんだと

幼い俺は最後に聞いた

「俺たちと彼らの仲はいいの?」

草原に風が吹き抜けて

牧草の香りと彼らの微かな体臭が

鼻腔をくすぐった

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

コメント