Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

感情論抜きに見てみよう

2016-05-31 10:00:00 | tweet
非戦の市民講座第17回講座 ゲスト 蓮池透さん 「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」 2016.5.28
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/304536
コメント

これを見てもっともだと思った

2016-05-31 09:00:00 | tweet
世界一高い供託金の廃止を!!~選挙を市民の手に~「供託金違憲訴訟」提訴後の記者会見 2016.5.27

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/304210

選挙権と被選挙権  投票する権利と立候補する権利は同時に与えられなければならない。

宇都宮氏には是非次回都知事選に立候補して欲しい。
応援したい。

ってか神奈川県知事でどうだろう。



コメント

オバマ大統領の広島訪問決定と日本政治の病根

2016-05-30 20:00:00 | tweet
Insider trading is legal over there.


オバマ大統領の広島訪問決定と日本政治の病根

2016.05.14.

G7サミットで訪日するオバマ大統領が広島を訪問するということで、日本国内は再びオバマが2009年にチェコのプラハで「核のない世界へ」演説を行ったときと同じような、私から見ると「日本人は本当に学ばない民だな」という思いを再確認するしかない、浮ついた反応一色になっています。もちろん、プラハ演説のおかげでオバマはノーベル平和賞をもらったのですから、当時浮ついたのは日本人だけではなかったことは認めなければなりません。しかし、プラハ演説から7年が経った今、オバマ政権下のアメリカの核政策は微動もしていないという厳然たる事実を前にするとき、日本社会が今回再び浮き足立って歓迎ムード一色になるというのはどう見ても異常ですし、まともな国際感覚の欠如の典型的表れという以外にないと思います。

 私は、広島滞在中にオバマのプラハ演説に接しましたが、オバマの「核のない世界へ」というキャッチ・フレーズは「うるわしい未来に向けたビジョン」の表明にすぎず、「核兵器廃絶に向けた真剣な政策」表明ではないことは直ちに明らかでした。ビジョンと政策とがまったく別ものであることは誰にも分かることです。ところが、2001年の9.11事件以後に「対テロ戦争」を引き起こして世界をパニック状態に道連れにしたブッシュ政権の本質が露わになっていたことを背景に、アメリカ史上最初の黒人大統領を選出する「アメリカン・デモクラシー」に対する驚き(私もその点は共有しました)が、多くの人々(日本だけではない)をして、オバマならば核兵器廃絶に向けて本気で動くのではないかという根拠のない期待感(プラハ演説を詳しく検証した私が当時から指摘したこと)を抱かせたのでした。

 国際社会は、その後のオバマ政権の対外政策の実績に対しておおむね厳しい評価です。特に、オバマ政権の2期にわたる核政策に対するアメリカ内外の評価は極めて厳しいものがあります。彼が鳴り物入りで開始した核セキュリティ・サミットも、核兵器は完全に棚上げ(というより議題にすら載せない)で、もっぱら核物質の国際的管理と原発推進に明け暮れするというお粗末さでした。朝鮮の核兵器開発は、日本国内では「北朝鮮脅威論」の格好な材料となっています。しかし、国際的には、ブッシュ及びオバマ両政権の強硬一本槍の対朝鮮政策が朝鮮をして核兵器開発に追いやった元凶であるという認識が明確に存在しています。

核兵器に関するオバマ政権の牢固とした政策は、プラハ演説ですでに明確にしていたとおり、「核兵器が存在し続ける限り、アメリカは信頼できる核デタランスを維持する」ということです。核兵器の最大最強の保有国であり、したがって世界の核兵器廃絶を妨げている張本人のアメリカが率先して動きを取らなければ、核兵器廃絶は画餅にしか過ぎないことはあまりにも明らかです。ところがオバマは、「核兵器が存在し続ける限り」という前提を掲げることによって、アメリカが核兵器廃絶に率先して取り組む意志がないことをハッキリさせていたわけです。これでは、他の核兵器保有国が動くはずはありません。

http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2016/800.html



国際感覚でもっというならば、プラハという場所で開かれる私的な会合にどうしてそれほどの影響力があるのかを考えるべきだろう。

そこで行われる会合や演説を、あたかも正規のものとして取り扱う報道にも問題がある。

それを放置している国連という機関はなんなのだろうか?



アベもオバマも、ましてやヒラリーも許さない!


2016-05-27 21:50:09
2016-05-27 13:00:00
コメント

鎌倉への行き返り

2016-05-30 19:00:00 | Weblog
A4判の「アベ自公政治を許さない」をパウチして走ってきた。

その間一人足りとも一度たりともそういった抗議のアピールを目にしなかった。

向こうではみんな当たり前のようにしていることなのに
どうして日本人は普段から抗しないんだろう。

TVしか見ない人にもアピールできるのに。
デモや運動のときだけではだめ。
やり方を変える必要がある。


奥田君や菱山君は聞いているか?








2016-05-30 14:03:00
コメント

Kremlin War Erupts Over Release Of Top Secret Hillary Clinton Emails

2016-05-30 17:15:58 | 翻訳記事 Translation

http://www.whatdoesitmean.com/index2036.htm

http://www.eutimes.net/2016/05/kremlin-war-erupts-over-release-of-top-secret-hillary-clinton-emails/


As Our Past Wars Are Glorified This Memorial Day Weekend, Give Some Thought To Our Prospects Against The Russians And Chinese In World War III


戦没者追悼記念日に、過去のアメリカの戦争が賛美される中、第三次世界大戦で、ロシアと中国との戦争の見通しについて考える



Transformative Change | Bernie Sanders
https://www.youtube.com/watch?v=3FaxgWeTg2M



Do American people know about GMO food ?

How raised the beef cattle

Dangerous hormonal agents that are administered to dairy cows

Component of bread crumbs gene recombination

Why there is no public insurance system ?

Why clinic fee is highest in the world ?

The United States to force these bad habits to the world,Not only Americans

Representative election is not over








May 28, 2016 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article

As Our Past Wars Are Glorified This Memorial Day Weekend, Give Some Thought To Our Prospects Against The Russians And Chinese In World War III

Paul Craig Roberts

The Saker reports that Russia is preparing for World War III, not because Russia intends to initiate aggression but because Russia is alarmed by the hubris and arrogance of the West, by the demonization of Russia, by provocative military actions by the West, by American interference in the Russian province of Chechnya and in former Russian provinces of Ukraine and Georgia, and by the absence of any restraint from Western Europe on Washington’s ability to foment war. http://thesaker.is/how-russia-is-preparing-for-wwiii/

Like Steven Starr, Stephen Cohen, myself, and a small number of others, the Saker understands the reckless irresponsibility of convincing Russia that the United States intends to attack her.

It is extraordinary to see the confidence that many Americans place in their military’s ability. After 15 years the US has been unable to defeat a few lightly armed Taliban, and after 13 years the situation in Iraq remains out of control. This is not very reassuring for the prospect of taking on Russia, much less the strategic alliance between Russia and China. The US could not even defeat China, a Third World country at the time, in Korea 60 years ago.

Americans need to pay attention to the fact that “their” government is a collection of crazed stupid fools likely to bring vaporization to the United States and all of Europe.

Russian weapons systems are far superior to American ones. American weapons are produced by private companies for the purpose of making vast profits. The capability of the weapons is not the main concern. There are endless cost overruns that raise the price of US weapons into outer space. The F-35 fighter, which is less capable than the F-15 it is supposed to replace, costs between $148 million and $337 million per fighter, depending on whether it is an Air Force, Marine Corps, or Navy model. http://www.cnbc.com/2014/07/31/how-dods-15-trillion-f-35-broke-the-air-force.html

A helmet for a F-35 pilot costs $400,000, more than a high end Ferrari. http://www.airforcetimes.com/story/military/2015/10/26/f-35-helmet-costs-400000-4-times-predecessor/73826180/

(Washington forces or bribes hapless Denmark into purchasing useless and costly F-35: http://sputniknews.com/news/20160528/1040395012/denmark-f-35-military-nato-lockheed.html)

It is entirely possible that the world is being led to destruction by nothing more than the greed of the US military-security complex. Delighted that the reckless and stupid Obama regime has resurrected the Cold War, thus providing a more convincing “enemy” than the hoax terrorist one, the “Russian threat” has been restored to its 20th century role of providing a justification for bleeding the American taxpayer, social services, and the US economy dry in behalf of profits for armament manufacturers.

However, this time Washington’s rhetoric accompanying the revived Cold War is far more reckless and dangerous, as are Washington’s actions, than during the real Cold War. Previous US presidents worked to defuse tensions. The Obama regime has inflated tensions with lies and reckless provocations, which makes it far more likely that the new Cold War will turn hot. If Killary gains the White House, the world is unlikely to survive her first term.

All of America’s wars except the first―the war for independence―were wars for Empire. Keep that fact in mind as you hear the Memorial Day bloviations about the brave men and women who served our country in its times of peril. The United States has never been in peril, but Washington has delivered peril to numerous other countries in its pursuit of hegemony over others.

Today for the first time in its history the US faces peril as a result of Washington’s attempts to assert hegemony over Russia and China.

Russia and China are not impressed by Washington’s arrogance, hubris, and stupidity. Moreover, these two countries are not the native American Plains Indians, who were starved into submission by the Union Army’s slaughter of the buffalo.

They are not the tired Spain of 1898 from whom Washington stole Cuba and the Philippines and called the theft a “liberation.”

They are not small Japan whose limited resources were spread over the vastness of the Pacific and Asia.

They are not Germany already defeated by the Red Army before Washington came to the war.

They are not Granada, Panama, Iraq, Libya, Somalia, or the various Latin American countries that General Smedley Butler said the US Marines made safe for “the United Fruit Company” and “some lousy bank investment.”

An insouciant American population preoccupied with selfies and delusions of military prowess, while its crazed government picks a fight with Russia and China, has no future.

http://www.paulcraigroberts.org/2016/05/28/as-our-past-wars-are-glorified-this-memorial-day-weekend-give-some-thought-to-our-prospects-against-the-russians-and-chinese-in-world-war-iii/


戦没者追悼記念日に、過去のアメリカの戦争が賛美される中、第三次世界大戦で、ロシアと中国との戦争の見通しについて考える

2016年5月28日
Paul Craig Roberts

自ら攻撃を始めたいという理由ではなく、欧米のおごりや尊大さ、ロシアの悪魔化、欧米による挑発的軍事行動、ロシアの一部であるチェチェンや、旧ロシアの一部だったウクライナやジョージアへのアメリカによる介入、戦争を醸成するアメリカの能力を、西ヨーロッパが全く制約しないことなどに、ロシアが危機感を募らせているがゆえに、ロシアは第三次世界大戦に備えていると、セイカー(Saker)は書いている。 http://thesaker.is/how-russia-is-preparing-for-wwiii/

スティーブン・スターや、スティーヴン・コーエンや、私や他の少数の人々同様、アメリカ合州国がロシアを攻撃するつもりだとロシアを説得することの無謀な無責任さをセイカーは理解している。

多くのアメリカ国民が、自国の軍事的能力を信頼をしている様子なのはとんでもないことだ。 15年たっても、アメリカは少数の軽武装のタリバンを打ち負かすことができず、13年後もイラクの状況は手が付けられないままだ。これは、ロシア、ましてロシア・中国戦略的提携と戦うば場合の見通しに対し、決して心強いものではない。60年前、朝鮮で、アメリカは、当時第三世界の国だった中国さえ打ち負かせなかったのだ。

アメリカ国民は、“自分たちの”政府は、アメリカ合州国と全ヨーロッパを蒸発させかなねない、狂った能なし阿呆連中の集団だという事実に注意を払うべきだ。

ロシアの兵器体系は、アメリカの兵器体系より遥かに優れている。アメリカ兵器は民間企業が膨大な儲けを出す目的で製造している。主な関心は兵器の能力ではない。果てしない見積超過が、アメリカ兵器の価格を天井知らずにしている。代替するはずのF-15より能力が劣るF-35戦闘機は、空軍、海兵隊、あるいは海軍モデルのどれなのかによって、戦闘機一機につき、1億4800万ドルから、3億3700万ドルもする。 http://www.cnbc.com/2014/07/31/how-dods-15-trillion-f-35-broke-the-air-force.html

F-35パイロットのヘルメットは、400,000ドルという価格で、最高級のフェラーリより高い。 http://www.airforcetimes.com/story/military/2015/10/26/f-35-helmet-costs-400000-4-times-predecessor/73826180/

(アメリカは、不運なデンマークを強制するか、賄賂をつかまするかして、使い物にならず、高価なF-35を購入させた: http://sputniknews.com/news/20160528/1040395012/denmark-f-35-military-nato-lockheed.html)

もっぱら、アメリカ軍安保複合体の強欲のおかげで、世界が破壊に引きずり込まれる可能性は十分にある。無謀で、愚劣なオバマ政権が、冷戦を復活させて、でっち上げのテロリストより、ずっと説得力がある“敵”をもたらすことに喜んで、 兵器製造企業の利益のために、アメリカ人納税者、社会福祉、アメリカ経済を骨の髄までしゃぶりつくすことを正当化する役割として、二十世紀“ロシアの脅威”が復活させられたのだ。

ところが今回は、復活した冷戦に伴うアメリカ政府の言説は、アメリカ政府の行動同様、、本当の冷戦期より遥かに無謀で危険だ。過去のアメリカ大統領たちは、緊張を緩和しようとして努力した。オバマ政権は、ウソと無謀な挑発で、緊張を高めており、新冷戦が、熱いものになる可能性を大いに高めている。もしキラリーがホワイト・ハウス入りすれば、彼女の一期目で、世界が生き残れなくなる可能性が高い。

アメリカのあらゆる戦争は、一番最初のもの- 独立のための戦争-を除けば、帝国のためものだった。危機の時期に、国のために殉じた勇敢な男女に関する戦没者追悼記念日の長い大げさな話を聞く際には、この事実に留意願いたい。アメリカ合州国は、決して危機に陥ったことはないが、アメリカ政府は、他の国々に対する覇権追求で、無数の国々に危機的状況をもたらしてきたのだ。

今や、史上初めて、ロシアと中国に対して、覇権を主張しようというアメリカ政府の取り組みの結果、アメリカは危機に直面している。

ロシアと中国は、アメリカの傲慢さや思い上がりや愚劣さに感銘などしていない。しかも、両国は、北軍によるバッファロー虐殺で飢えて、降伏を強いられたアメリカ先住民プレーンズ・インディアンとは違う。

両国は、アメリカがそこからキューバとフィリピンを盗み取り、窃盗を“解放”と呼んだ1898年の困憊したスペインとは違う。

両国は限られた資源を広大な太平洋とアジアに散らしてしまった、小国日本とは違う。

両国は、アメリカが参戦する前に、既に赤軍によって打ち破られたドイツとは違う。

両国は、グラナダ、パナマ、イラク、リビア、ソマリアや、アメリカ海兵隊が、“ユナイテッド・フルーツ社”や“いくつかの下卑た銀行投資”のため、より安全にしたとスメドレー・バトラー少将が述べた、様々な中南米諸国とは違う。

無頓着なアメリカ国民が、自撮りや、優れた軍事的能力という思いこみに没頭していて、狂った政府が、ロシアと中国にけんかを売っていては、未来など有りえない。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-deee.html
コメント

林市長は、自らが住む市長公舎を約1700万円かけてリフォームし、批判を浴びた

2016-05-30 17:00:00 | tweet
林横浜市長がヘアメイク代を税金で支出
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160525-00006182-sbunshun-pol




サラリーマン(勤め人)の所得税控除・・・必要経費として税務署が認めるもの

この必要経費として認められる金額がどんどん削減されている。


2016年1月より給与所得控除の縮小が実施。重税感の高さを超える為には。

要するに「増税」ですね。対象が年収1000万円以上の人ですから世間では
もう忘れ去られた話題になっておりましたが。
http://kirinoki.net/taxation/tax-increase-2016.html



非正規雇用で年収が200万円以下の人も増えている。
そういう人々は必要経費ですら捻出できない状況だ。

1%はパナマ文書にあるようにケイマン諸島に投資と称して課税を逃れている。

それ以外、いわゆる中間層(小金持ち)以下はどんどん増税されている。それでも建売住宅に住みながらお気楽な人々は多い。

年金はアベ自公によって、株式市場という賭博に投じられているが、年金保険料は値上げされた。年金暮らしのジジババは、そういった働く世代に支えられていることを忘れている。
丘公園辺りをヘラヘラして歩いている。




2016-05-26 19:50:02
コメント

自民党議員 刑事告発される!

2016-05-30 17:00:00 | tweet

http://rakusen-sien.com/topics/4597.html


経歴詐称、詐欺罪でも告訴して欲しい。






2016-05-25 17:00:00
2016-03-26 12:00:00
コメント

神奈川県民 怒っていいところ 3分25秒くらいから

2016-05-30 16:30:00 | tweet
この小島って議員は日本会議カルトでしょ。

 神奈川県議 小島健一 気持ち悪いのがよく分かる。
3分25秒くらいから

https://www.youtube.com/watch?v=cnwWteGBl0w


神奈川新聞、琉球新報、沖縄タイムス無くなればいいと公言している。

政治家たる者が言論弾圧していいはずはないが、神奈川県議会は一部を除き腐りきっている。

神奈川県は複数区なんだし、県議会は自公民そろって腐っている。
時期県議会選や横浜・川崎の選挙を踏まえると、共産党一本化がとても有効だ。



2016-05-22 20:36:32
コメント

バイバイ平和を辞めた党

2016-05-30 15:58:22 | tweet






2016-05-25 16:00:00
2016-03-26 14:00:00
コメント

Kremlin War Erupts Over Release Of Top Secret Hillary Clinton Emails

2016-05-30 15:43:40 | tweet

http://www.whatdoesitmean.com/index2036.htm

http://www.eutimes.net/2016/05/kremlin-war-erupts-over-release-of-top-secret-hillary-clinton-emails/
コメント