Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Integrity Has Vanished From The West

2018-03-31 23:58:21 | 翻訳記事 Translation

 

 

The only protest is brainwashed school children protesting the National Rifle Association and the Second Amendment.

 

I care about this part. Does the American citizen think that having a gun is free?

Will ultimately have a gun to defeat the violent government?

That is reckless, but if you have freedom to hold a gun, you will end up with an American war, a base at all over the world, interfere with domestic affairs, threaten with force, and affirm the invasion of the economy.

After violent government is overthrown with violence, politicism is created that holds back with violence.


If Americans think that having a gun is the only solution, It is evidence that itself is brainwashed. That is a rare existence in the world.


 
「唯一の抗議行動は、洗脳された生徒たちによる全米ライフル協会と銃器を保有・所持する権利を保障する憲法修正第2条に対するものだ。」

この部分が気になる。

アメリカ市民は銃を持つことを自由だと思っているのだろうか。

最終的には銃を持って暴力政府を倒そうというのだろうか。

それこそ無謀というものだが、銃を持つことを自由の範囲とするなら

アメリカの戦争や世界中に基地を置き内政干渉を行い、武力で脅し

経済侵略していることを肯定することになる。

暴力的な政府を暴力で倒した後にまた暴力で押さえつける政治が生まれる。

銃を持つことが唯一の解決策だとアメリカ人が思っているのなら、

それ自体が洗脳されている証拠だ。

だとすれば世界に稀な存在だ。

 

 

 

 

 

Integrity Has Vanished From The West

Paul Craig Roberts

Among Western political leaders there is not an ounce of integrity or morality. The Western print and TV media is dishonest and corrupt beyond repair. Yet the Russian government persists in its fantasy of “working with Russia’s Western partners.” The only way Russia can work with crooks is to become a crook. Is that what the Russian government wants?

Finian Cunningham notes the absurdity in the political and media uproar over Trump (belatedly) telephoning Putin to congratulate him on his reelection with 77 percent of the vote, a show of public approval that no Western political leader could possibly attain. The crazed US senator from Arizona called the person with the largest majority vote of our time “a dictator.” Yet a real blood-soaked dictator from Saudi Arabia is feted at the White House and fawned over by the president of the United States.
http://www.informationclearinghouse.info/49069.htm

The Western politicians and presstitutes are morally outraged over an alleged poisoning, unsupported by any evidence, of a former spy of no consequence on orders by the president of Russia himself. These kind of insane insults thrown at the leader of the world’s most powerful military nation—and Russia is a nation, unlike the mongrel Western countries—raise the chances of nuclear Armageddon beyond the risks during the 20th century’s Cold War. The insane fools making these unsupported accusations show total disregard for all life on earth. Yet they regard themselves as the salt of the earth and as “exceptional, indispensable” people.

Think about the alleged poisoning of Skirpal by Russia. What can this be other than an orchestrated effort to demonize the president of Russia? How can the West be so outraged over the death of a former double-agent, that is, a deceptive person, and completely indifferent to the millions of peoples destroyed by the West in the 21st century alone. Where is the outrage among Western peoples over the massive deaths for which the West, acting through its Saudi agent, is responsible in Yemen? Where is the Western outrage among Western peoples over the deaths in Syria? The deaths in Libya, in Somalia, Pakistan, Ukraine, Afghanistan? Where is the outrage in the West over the constant Western interference in the internal affairs of other countries? How many times has Washington overthrown a democratically-elected government in Honduras and reinstalled a Washington puppet?

The corruption in the West extends beyond politicians, presstitutes, and an insouciant public to experts. When the ridiculous Condi Rice, national security adviser to president George W. Bush, spoke of Saddam Hussein’s non-existent weapons of mass destruction sending up a nuclear cloud over an American city, experts did not laugh her out of court. The chance of any such event was precisely zero and every expert knew it, but the corrupt experts held their tongues. If they spoke the truth, they knew that they would not get on TV, would not get a government grant, would be out of the running for a government appointment. So they accepted the absurd lie designed to justify an American invasion that destroyed a country.

This is the West. There is nothing but lies and indifference to the deaths of others. The only outrage is orchestrated and directed against a target: the Taliban, Saddam Hussein, Gaddafi, Iran, Assad, Russia and Putin, and against reformist leaders in Latin America. The targets for Western outrage are always those who act independently of Washington or who are no longer useful to Washington’s purposes.

The quality of people in Western governments has collapsed to the very bottom of the barrel. The British actually have a person, Boris Johnson, as Foreign Secretary, who is so low-down that a former British ambassador has no compunction in calling him a categorical liar.http://www.informationclearinghouse.info/49067.htm The British lab Porton Down, contrary to Johnson’s claim, has not identified the agent associated with the attack on Skirpal as a Russian novichok agent. Note also that if the British lab is able to identify a novichok agent, it also has the capability of producing it, a capability that many countries have as the formulas were published years ago in a book.

That the novichok poisoning of Skirpal is an orchestration is obvious. The minute the event occured the story was ready. With no evidence in hand, the British government and presstitute media were screaming “the Russians did it.” Not content with that, Boris Johnson screamed “Putin did it.” In order to institutionalize fear and hatred of Russia into British consciousness, British school children are being taught that Putin is like Hitler. https://russia-insider.com/en/uk-schools-ask-students-putin-hitler-discuss-and-develop-video/ri22867

Orchestrations this blatant demonstrate that Western governments have no respect for the intelligence of their peoples. That Western governments get away with these fantastic lies indicates that the governments are immune to accountability. Even if accountability were possible, there is no sign that Western peoples are capable of holding their governments accountable. As Washington drives the world to nuclear war, where are the protests? The only protest is brainwashed school children protesting the National Rifle Association and the Second Amendment.

Western democracy is a hoax. Consider Catalonia. The people voted for independence and were denounced for doing so by European politicians. The Spanish government invaded Catalonia alleging that the popular referendum, in which people expressed their opinion about their own future, was illegal. Catalonian leaders are in prison awaiting trial, except for Carles Puigdemont who escaped to Belgium. Now Germany has captured him on his return to Belgium from Finland where he lectured at the University of Helsinki and is holding him in jail for a Spanish government that bears more resembance to Francisco Franco than to democracy. https://www.rt.com/news/422269-catalan-puigdemont-detained-germany/ The European Union itself is a conspiracy against democracy.

The success of Western propaganda in creating non-existent virtues for itself is the greatest public relations success in history.

 

https://www.paulcraigroberts.org/2018/03/26/integrity-vanished-west/

 

 

 

欧米から姿を消した品位

2018年3月26日
Paul Craig Roberts

欧米政治指導者たちには、ほんのわずかの品位も道徳規範もない。欧米の印刷メディアも、TVメディアも、修復不能なほど、誠意がなく、腐敗している。ところがロシア政府は“ロシアは欧米のパートナーと協力する”という幻想に固執している。ロシアが詐欺師連中と協力する唯一の方法は、詐欺師になることしかない。ロシア政府は、それを望んでいるのだろうか?

トランプが(遅ればせながら)プーチンに電話をかけて、欧米政治指導者の誰も実現できそうもない国民による支持を示す投票の77パーセントを得て再選された彼を祝ったことを巡る政界とマスコミの大騒ぎのばからしさを、フィニアン・カニンガムが書いている。アリゾナ州選出の狂ったアメリカ上院議員は、圧倒的多数の支持票を得た人物を、現代の“独裁者”と呼んだ。ところが本当に血まみれのサウジアラビア独裁者には、ホワイト・ハウスで祝宴を開き、アメリカ大統領がちやほやした。
http://www.informationclearinghouse.info/49069.htm

ロシア大統領本人による命令での、どうでも良いような元スパイへのいかなる証拠の裏付けもない毒ガス攻撃とされるものを巡り、欧米の政治家と売女マスコミare morally 激怒した。世界で最も強力な軍事国家の指導者と、雑駁な欧米諸国とは違い、二十世紀の冷戦中のリスクも超えた核のハルマゲドンの可能性を高められる国、ロシアに、この常軌を逸した侮辱が投げ付けられているのだ。これらの裏付けの無い非難をしている狂気の阿呆連中は、地球上のあらゆる生命を全く無視しているのだ。それなのに、彼らは自らは、地の塩で“例外的で、必要欠くべからざる”国民だと見なしている。

ロシアによるスクリパリ毒ガス攻撃とされるものを考えて頂きたい。これはロシア大統領を悪者扱いするための画策された企て以外にあり得ないではないか? 元二重スパイ、つまり人を欺く人物の死を巡って、欧米がそれほど激怒できるのに、21世紀だけでも、欧米によって破壊された何百万人もの人々に対して全く無関心なのはどういうわけだろう。代理人のサウジアラビアを通して欧米が動いていて、欧米にも責任があるイエメンでの大量死を巡って激怒している人々が欧米のどこにいるだろう? シリア国内の死者を巡って激怒している欧米国民がどこにいるだろう? リビア国内の死者を、ソマリア、パキスタン、ウクライナ、アフガニスタンの? 欧米による他の国々の絶えざる内政への干渉を巡って激怒している人々が欧米のどこにいるだろう? ワシントンは、一体何回、ホンジュラスで、民主的に選ばれた政府を打倒して、ワシントンの傀儡を据えつけただろう?

欧米での腐敗は、政治家、売女マスコミや無頓着な国民を超え、専門家にまで広がっている。ジョージ・W・ブッシュ大統領の国家安全保障問題担当補佐官の不合理なコンディ・ライスが、サダム・フセインの、ありもしない大量破壊兵器が、アメリカ都市上にキノコ雲を立ち上げると言った際、専門家たちは彼女を一笑に付そうとしなかった。そのようなことが起きる可能性は全くゼロだと、あらゆる専門家が知っているのに、堕落した専門家連中は黙っていた。彼らは、もし真実を語れば、TVに出してもらえず、政府助成金をもらえず、政府の役職につける勝算が無くなることを知っているのだ。それで連中はイラクを破壊したアメリカ侵略を正当化するように作られたばかげたウソを受け入れたのだ。

これが欧米だ。ウソと他者の死に対する無関心以外は何もないのだ。激怒は画策され、標的に向けられる。タリバン、サダム・フセイン、カダフィ、イラン、アサド、ロシアとプーチン、中南米の改革派指導者たちに対して。欧米の激怒の標的は決まって、ワシントンから独立して行動する人々や、ワシントンの目的にもはや役に立たなくなった人々だ。

欧米政府内の人々の質は、どん底に落ち込んでいる。イギリスには、実際、そういう人物、余りに下劣で、元イギリス大使は、彼のことを平気で、明確なウソつきと呼んでいる外務大臣のボリス・ジョンソンがいる。http://www.informationclearinghouse.info/49067.htm イギリスのポートンダウン研究所は、ジョンソンの主張に反して、スクリパリ攻撃にまつわる毒ガスを、ロシアのノビチョク毒ガスだと特定していない。もしイギリスの研究所が、ノビチョク毒ガスを特定することができるなら、調合法は既にとうの昔に本に掲載されているので、研究所には多くの国が持っている能力である毒ガスを製造する能力もあることに留意願いたい。

スクリパリへのノビチョク毒ガス攻撃が、でっちあげなのは明白だ。事件が起きた瞬間に、説明が用意されていた。何の証拠も無しに、イギリス政府と売女マスコミは“ロシア人がやった”と叫んだ。それでは満足できずに、ボリス・ジョンソンは“プーチンがやった”と叫んだ。ロシア恐怖と憎悪をイギリス人の意識に根付かせるため、イギリスの小学生は、プーチンは、ヒトラーのようなものだと教えられている。https://russia-insider.com/en/uk-schools-ask-students-putin-hitler-discuss-and-develop-video/ri22867

画策がこれほどあからさまなのは、欧米政府が、自国民の知性など尊重していないことを実証している。欧米政府が、こうした異様なウソをついて済んでいるのは、政府が責任を取るのを免れられることを示している。たとえ説明責任は問えても、欧米諸国民が自国政府に責任を取らせることができる兆しは皆無だ。ワシントンが世界を核戦争へと押しやっているのに、どこで抗議が行われているだろう? 唯一の抗議行動は、洗脳された生徒たちによる全米ライフル協会と銃器を保有・所持する権利を保障する憲法修正第2条に対するものだ。

欧米民主主義は作り話だ。カタルーニャをお考え願いたい。住民は独立に賛成投票し、そうしたことで、ヨーロッパの政治家たちから非難された。住民が自分たちの将来に関する意見を示した住民投票は違法だったと主張して、スペイン政府は、カタルーニャを侵略した。ベルギーに逃れたカルラス・プッチダモン以外のカタロニア指導者たちは投獄され、裁判を待っている。ヘルシンキ大学で講演したフィンランドからベルギーへの帰路、今やドイツが、民主主義というより、フランシスコ・フランコに良く似ているスペイン政府のために彼を捕らえ、拘束している。https://www.rt.com/news/422269-catalan-puigdemont-detained-germany/ 欧州連合そのものが、民主主義に対する陰謀だ。

ありもしない自分たちの美徳を作り上げることに欧米プロパガンダが成功したのは、史上最大の広報活動の成果だ。

 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-3a9a.html

コメント

欧米(日本)から姿を消した品位

2018-03-31 23:54:46 | 翻訳記事 Translation

最近の学校乱射事件と憲法修正第2条に触れたPaul Craig Roberts氏の記事には、2018年2月18日のものがある。

A Real Solution for School Shootings

証人喚問『佐川氏が答える前に「ございませんでした」とテロップが先に流れた問題』に絶句!本当だろうか。

日刊IWJガイド・番組表「NHKのテロップ先行問題は質問と答えを聞いた上で字幕を作成する時間差が原因との回答。しかし一般視聴者への説明はなし。公共放送であるNHKの権力忖度文化が問題の本質!/本日、メルマガ『岩上安身のIWJ特報!』を発行します!3月号は『「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」~加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!』前編です!」2018.3.31日号~No.2025号~

9/11事件の際に倒壊したのはツイン・タワーだけではない。
飛行機の突入もなかった第7ビルも、敷地内に芸術的に倒壊した。
BBCのジャネット・スタンドレー記者が、「第7ビルが崩壊しました」と、まだ建っているビルを前に報じていたあの事件を思い出す。

9/11、飛行機の操縦もできないサウジアラビア人青年が自力で起こした事件などでありえず、アフガニスタンやイラクへの侵略を含め対テロ戦争推進の口実として実行された茶番だろう。

佐川証人喚問で、活躍した政府御用達弁護士や、立て板に水の元アナウンサーと佐川氏のやりとりを考えると、シナリオが事前に渡されていたのではと思いたくなる。

日本共産党の山下芳生議員によるNHK職員の内部告発文書の話は実に納得がゆく。

森友問題をトップニュースで伝えるな、
トップでも仕方がないが放送尺は3分半以内、
昭恵さんの映像は使うな、
前川前文科次官の講演問題と連続して伝えるな、などというものです。

属国から姿を消した品位

 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-3a9a.html

コメント

連合を解体せよ! 労組を立て直せ!

2018-03-31 20:57:16 | tweet

東京都の迷惑防止条例で見たた通り、都議会の多数派(いわゆる与党)で

民進党や立憲民主党付属議員が賛成に回ったのは何故なのか?

後ろの百太郎じゃないが、こいつが暗躍しているからなんじゃないの?

 

連合会長の神津

 

 

29日の都議会前の抗議集会で、本会議の傍聴をされた方から、民進党・

立憲民主党の世田谷区の山口拓都議が賛成の意見を述べていたと、怒り

の報告がありました。一方、立憲民主の中野区の西沢けいた都議は1人

で(立憲民進会派では)反対をしました!!

<東京都迷惑防止条例改定案に賛成した議員(選挙区順)No4>

大田区:神林茂(自)

大田区:鈴木章浩(自)

世田谷区:福島りえこ(都)

世田谷区:木村基成(都)

世田谷区:栗林のり子(公)

世田谷区:三宅茂樹(自)

世田谷区:山口拓(民)

世田谷区:小松大祐(自)

世田谷区:大場やすのぶ(自)

 

 

横浜市長選で現職を推したのも多分神奈川の連合だろ?

そうするとなんで山尾が林の応援に来たのかが理解できるし。

 

立憲の枝野が「腹括らない」のも神津からの票なんだろ?

 

どいつもこいつも”目先のカネ”なのか?

 

 

コメント

希望のまち東京をつくる会

2018-03-31 19:54:42 | tweet

──・○・「うつけんニュース」vol.148

 

みなさん、こんにちは。

2018年3月22日(火)、都庁前に宇都宮けんじが立ち、東京都迷惑防止条例につ

いてスピーチをしました。残念ながら29日には本会議にて採決となりましたが、

宇都宮が言うように、これによって市民運動は絶対に萎縮してはいけないと思い

ます。

 

宇都宮のスピーチの様子は、Twitterからご覧いただけます。

https://twitter.com/utsunomiyakenji/status/976741340493918209

※動画をご確認できない方にも、後日テキストにてお届けする予定です。

 

宇都宮けんじは、4月も精力的に様々なイベントに出演し、活動してまいりま

す。みなさまもぜひお越し下さい。

 

 

─────・○・CONTENTS・○・─────

1. 宇都宮けんじスケジュール

2. <お花見>「うつけん桜」開催!

3. 韓国視察報告書 頒布のご案内

 

──────────────────────

1. 宇都宮けんじスケジュール

──────────────────────

*配信時現在の情報です。イベントの詳細は各主催者へご確認ください。

 

─・─・─・─・─・─・─・─

◆<お花見>「うつけん桜2018」

─・─・─・─・─・─・─・─

【日時】2018年4月1日(日)11:00~16:00(雨天中止)

※宇都宮けんじは14時から、亀戸駅前で江東市民連合主催の九条改憲反対街頭宣

伝のため一時中座いたします。(前回のメルマガでは15時とご案内しておりまし

たが、誤りです。お詫び申し上げます。)

【場所】亀戸中央公園(東京都江東区亀戸8丁目。東武亀戸線「亀戸水神」下車

徒歩2分)Aブロック時計台付近の予定

【参加費】無料。ただし、ご自分の分の食べ物や飲み物は持ち寄り制です。

【主催】希望のまち東京をつくる会

【当日の連絡先】080-9413-1402 ※この日のみの特設電話番号になります。

 

─・─・─・─・─・─・─・─

◆<ネット配信>うつけんTV

─・─・─・─・─・─・─・─

【日時】2018年4月3日(火)19:00~

【制作】希望のまち東京をつくる会

<ライブ配信>

ツイキャス:http://twitcasting.tv/teamutsuken

Facebookライブ:https://www.facebook.com/TeamUtsuken

ツイッター本人アカウント:https://twitter.com/utsunomiyakenji

※録画アーカイブは後日アップ予定です。

 

─・─・─・─・─・─・─・─

◆「供託金違憲訴訟」第7回裁判

─・─・─・─・─・─・─・─

【日時】2018年4月13日(金)14:00~

【場所】東京地方裁判所103法廷(地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ

関駅」A1出口から徒歩1分、有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分)

※入廷前アクションにもご参加下さい。

13:15~ 東京地裁前アピール

13:30~ 入廷行動

14:00~ 開廷 ※直接、東京地裁103号法廷前にお並びください(入廷は先着順と

なります)

15:00頃~ 報告会(弁護士会館予定 ※当日、スタッフがご案内します)

【主催】供託金違憲訴訟弁護団

【お問合せ】供託金違憲訴訟を支援する会

 Mail:kyoutaku2016@gmail.com

【WEB】https://kyoutakukin.jimdo.com/

 

─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─・─・─

◆「カノンだよりVol.5」を観ながら原子力防災を考えよう

─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─・─・─

映像作家の鎌仲ひとみさんが毎月配信しているビデオメルマガから厳選した短編

作品集「カノンだより」を鎌仲監督の解説付きで視聴します。宇都宮けんじは、

第2部の「原子力防災はなぜ必要?」でディスカッションで登壇します。

【日時】2018年4月22日(日)18:30~

【場所】町田市民文学館ことばらんど(JR横浜線「町田駅」ターミナル口徒歩8

分、小田急線「町田駅」東口徒歩12分、神奈川中央交通バス・町田市民バス「ま

ちっこ」「原町田四丁目」停留所徒歩2分)

【参加費】一般\1,300、学生\1,000(ドリンク・ミニパン付き)

【予約】Mail : hakarun3987@yahoo.co.jp

【主催】カノンだより上映プロジェクト

 

 

──────────────────────

2. <お花見>「うつけん桜」開催!

──────────────────────

希望のまち東京をつくる会は、うつけんカフェの野外版として、宇都宮けんじ地

元の江東区亀戸中央公園でお花見を企画しました。

どなたでも参加自由、参加費無料。ただしご自分の分の飲み物、食べ物などは持

ち寄り制となっております。短時間だけでも、お好きな時間にぶらりと起こしく

ださい。宇都宮けんじと、日々の暮らしのこと、今起きている政治問題につい

て、ざっくばらんにたくさんお話しましょう!

 

また、当日は希望のまち東京をつくる会広報のTwitterにて、場所の詳細や様子

をお伝えする予定です。「#うつけん桜」で検索してみてくださいね。

 

【日時】2018年4月1日(日)11:00~16:00(雨天中止)

※宇都宮けんじは14時から、亀戸駅前で江東市民連合主催の九条改憲反対街頭宣

伝のため一時中座いたします。(前回のメルマガでは15時とご案内しておりまし

たが、誤りです。お詫び申し上げます)

【場所】亀戸中央公園(東京都江東区亀戸8丁目。東武亀戸線「亀戸水神」下車

徒歩2分)Aブロック時計台付近の予定

【参加費】無料。ただし、ご自分の分の食べ物や飲み物は持ち寄り制です。

【主催】希望のまち東京をつくる会

【当日の連絡先】080-9413-1402 ※この日のみの特設電話番号になります。

 

 

──────────────────────

3.韓国視察報告書 頒布のご案内

──────────────────────

平昌五輪も終わり、韓国選手との友情シーンなどもあり韓国に注目が集まるな

か、宇都宮健児とスタディツアーメンバーで編集した「韓国視察報告書」が好評

をいただいています。いまの韓国の民主化がいかに政治や行政とも深く関係しな

がら、進んでいるのかを読み取っていただけることと思います。34ページのオー

ルカラーで、すべての行程を一緒に回っているように感じることのできる視察動

画URL一覧もついて、報告書を見ながらさらに理解を深めていただけることと思

います。ご希望の方に頒布中です。

1冊500円+送料実費

事務所へメール、またはファックスで「お届け先・お名前・必要冊数」を明記の

上、お申し込みください。

【Mail】office@utsunomiyakenji.com

【FAX】03-5844-6047

 

 

────────────────────────────────

希望のまち東京をつくる会

〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-6 ヴァリエ後楽園303

JR水道橋駅東口徒歩3分 都営地下鉄三田線水道橋駅A1出口1分

※古武道武具の販売店「尚武堂」が1階にあるビルの3階です。

TEL:03-5844-6046 FAX:03-5844-6047

Mail:office@utsunomiyakenji.com

*******************************************************************

 

このニュースは、「うつけんニュース」に登録された方、および宇都宮けんじに

応援をいただいているみなさんへ、宇都宮けんじや「希望のまち東京をつくる

会」に関連したニュースをお届けしています。転送、拡散大歓迎です。

「配信希望」「配信解除」をご希望の方はメールの件名に『配信希望』『配信解

除』と明記の上、

mail-magazine@utsunomiyakenji.com

までお送りください。

ウェブサイトからも登録・解除が可能です。

http://utsunomiyakenji.com/magazine

────────────────────────────────

個人情報保護方針は http://utsunomiyakenji.com/privacy

────────────────────────────────

 

◇公式ホームページ「希望のまち東京をつくる会」

http://utsunomiyakenji.com/

 

◇公式ツイッター 宇都宮けんじ

https://twitter.com/utsunomiyakenji

 

◇宇都宮けんじサポート@チームうつけん ツイッター

https://twitter.com/TeamUtsuken

 

◇宇都宮けんじ広報 ツイッター

https://mobile.twitter.com/utsukenpress

 

◇公式フェイスブック宇都宮けんじ

https://www.facebook.com/utsunomiyakenji

コメント

経済没落 政治蚊帳の外 情報は先進国最下位アベ自公の日本

2018-03-31 19:44:05 | tweet

金正恩の電撃的訪中    浅井基文  2018.03.30.

<舌を巻く金正恩外交>
金正恩が自ら「電撃的」と表現(人民大会堂宴会での演説)したとおり、金正恩の今回の訪中劇は世界に電気ショックを与えました。私ももちろんその一人です。金正恩がこの若さ(34歳前後)でこれほど壮大な国際的布石を打つとは、「本当に恐れ入りました」と言うほかありません。外交を生業とした経歴を持つものとして、金正恩の外交手腕には胸がわくわくする興奮を覚えます。おそらく外交にかけては世界でも一、二を競うだけの自信を持っているはずの習近平も、金正恩の外交手腕の鮮やかさには敬意すら抱いただろうと推察します。それほど見事な訪中劇の実現でした。それだからこそ、「われわれの電撃的な訪問提議を快く承諾し、短期間にわれわれの訪問が成功裏に行われるようにするために傾けた習近平総書記同志と中国の党と国家の指導幹部同志たちの真心と手厚い配慮」(金正恩の宴会での演説)となったのでしょうし、そういう最大級のもてなしをした習近平及び中国に対して、金正恩は「私は深く感動し、それについて非常に有り難く思っています」と素直に真情を吐露したのでしょう。
 他方、冷静に考えてみると、金正恩はICBM発射実験に成功したときに、「米国の対朝鮮敵視政策と核威嚇が根源的に一掃されない限り、われわれはいかなる場合にも核と弾道ロケットを協商のテーブルに置かないし、われわれが選択した核戦力強化の道からたった一寸も退かない」という発言を行った時点で、対米核デタランスを構築後は外交攻勢に出ることを考えていたと見ることが可能(3月15日付コラム参照)であり、外交攻勢の対象には中国が含まれていることも理の当然だったわけです。中国は一貫して朝鮮との対話を働きかけてきたのですから、金正恩としてはタイミングの問題だけだったのかもしれません。

<劇的な中朝関係改善の実現>
 金正恩が「電撃的な訪問提議」を行ったことは、中国の批判をものともせず核ミサイル開発に邁進してきた金正恩政権に対する批判を強め、安保理制裁決議の厳格履行を強めてきた中国にとっても、暗雲を一気に吹き飛ばし、金正恩に対する疑念をも払拭するに足る大きな出来事だったに違いありません。そのことは、私のフォローしてきた限りでは、近年中朝関係をほとんど真正面から扱ってこなかった人民日報がそのWSで立て続けに論評(人民網評)を出したこと(29日だけで5本)、さらに人民日報海外版も中国国際問題研究院国際戦略研究所副所長の蘇暁暉署名文章「半島平和と中国の努力は不可分」(29日)を掲載したこと、また新華社WSも28日付で評論員という重みのある文章「世界の発展の大勢と中朝関係の大局をがっちりつかむ」及び29日付で新華網評「大勢及び大局の中で中朝関係の発展を把握する」を連続して出していることから確認することができます。いうまでもなく、環球時報は28日付け及び29日付で社説を掲載しました。
 しかも、習近平と金正恩との首脳会談において、金正恩が「両国の老世代指導者たちがもたらし、強化し、発展させてきた朝中親善の貴重な伝統を継承して、発展する時代の要求に即して新たな高い段階に引き上げようとするのは朝鮮労働党と政府の確固たる決心である」、「習近平主席をはじめ中国同志たちにたびたび会って友誼をいっそう厚くし、戦略的意思疎通、戦略・戦術的協同を強化して、朝中両国の団結と協力を強固にしていかなければならない」と述べたこと(朝鮮中央通信発表文)、また、宴会での演説の中では「私の最初の外国訪問の地が中華人民共和国の首都となったのはあまりにも当然のことであり、これは、朝中親善を代を継いで命のように大切にし、受け継いでいくべき私の崇高な義務でもあります」という中国側の心を溶かすに足る"殺し文句"を発し、「長きにわたる共同の闘争において互いに血と生命を捧げながら緊密に支持、協力してきた朝鮮人民と中国人民は、実際の生活を通じて、自分たちの運命は互いに切り離すことができないということを体験し、河一つを隔ててつながっている兄弟的隣国である両国にとって、地域の平和的環境と安定がどれほど大切であり、それを獲得し守っていくことがどれほど高価なものであるかを痛感しています」という中朝"血盟関係"を確認するに等しい発言を行ったこと(同)は、中国の金正恩に対する評価を大きくプラスの方向に転換させることになったと思います。金正恩の他者感覚も相当なものです。
 そもそも、中朝関係が冷却した最大の原因は、朝鮮半島の非核化を前面に押し出す中国と、それを"無視"して核ミサイル開発(対米デタランス)確立に邁進してきた金正恩・朝鮮との対立にありました。しかし、金正恩の対外戦略を見るに、彼としては、まずは対米核デタランスを構築して対米交渉ポジションを固める(それまでは中国の言うことには耳を貸さない)、その上で対等平等の立場で米朝交渉に臨む(米朝平和協定及び米朝国交正常化と朝鮮非核化とのグランド・バーゲン)とともに、対米交渉ポジションをさらに確かなものとする意味合いも含めて南北関係及び朝中関係の改善を図るというグランド・デザインを持っていたことが理解されます。
中朝関係冷却化の最大の原因であった朝鮮半島非核化問題に関する彼我の立場の対立に関して、今回の首脳会談において、金正恩が「金日成主席及び金正日総書記の遺訓に基づき、半島の非核化実現に力をいたすことは終始変わらない我々の立場だ」、「南朝鮮とアメリカが善意で我々の努力に応え、平和で安定した雰囲気を作り出し、平和実現のために段階的、同歩的な措置をとるのであれば、半島非核化問題は解決を得ることができる」(中国外交部WSによる発表文。朝鮮中央通信は言及せず)と明言したことにより、中朝関係冷却化の原因も解消されました。中国としては、金正恩の以上に述べたグランド・デザインを正確に認識し、朝鮮半島非核化の最終的実現に対する金正恩の真意・アプローチもしっかりと受け止めることになったと思います。金正恩の述べた「段階的、同歩的な措置をとるのであれば、半島非核化問題は解決を得ることができる」とは、中国が一貫して提起してきた「ダブル・トラック同時並行」による問題解決方式に金正恩がお墨付きを与えたに等しく、中国としては満額回答を得た思いでしょう。習近平夫妻が釣魚台国賓館養源齋という格式の高い歴史的な場所で金正恩夫妻をもてなしたのもうなずけます。
 ちなみに、非核化に関する金正恩の発言が朝鮮側発表文には含まれていないことから、金正恩の真意は疑ってかかる必要があるという"ためにする"議論を行う人のために一言すれば、金正恩は平壌への帰途において習近平に感謝電を送り、その中で「このたびの対面と会談の過程で、互いの関心事となっている問題においてあなたと見解の一致を見たことを満足」と述べています。「互いの関心事となっている問題」とは朝鮮半島の非核化に他なりません。中国が金正恩の非核化問題に関する発言を中国側発表文で明らかにすることについては、金正恩の了承を取り付けた上でのことであることは間違いありませんから、感謝電における「見解の一致」とはそのことを指していることも見やすい道理です。

<環球時報社説>
 中国側の金正恩訪中に対する評価の高さを窺う材料として、3月28日付の環球時報社説「友好を伝え受け継ぐことは中朝がともに受益する大戦略」(要旨)を紹介します。私がこれまでこのコラムで紹介してきたように、環球時報は冷え切った中朝関係の現実を踏まえ、いわば突き放して中朝関係を位置づける姿勢を強めてきました。そういう"過去"を知るものからすると、「おいおい、そこまで豹変するの?」とからかいたくなるほどの内容です。それだけ、金正恩の電撃的行動に対する中国側の驚きと喜びが凝縮して反映されているということでしょう。朝鮮でも、金正恩訪中の模様が45分間にわたって繰り返し放映されているようですが、中朝関係の劇的な改善は、私たちでは想像できないほどの安堵と高揚感とを両国社会に与えていることが伝わってきます。

 

 金正恩が25日から28日まで中国を非公式に訪問し、習近平の熱のこもった接待を受けた。両首脳は極めて率直かつ誠意のある友好的な会談を行った。その内容は、中朝の伝統的友好に対する高い評価、それを不断に伝え、受け継いでいくとともにさらに発展させるという願い、半島非核化という目的の実現、半島の平和と安定を擁護すること等重要な事柄に及んだ。習近平・金正恩会談が行われたことは世界に驚きを与え、その成果は世界を驚愕させた。
 今回の首脳会談が中朝友好関係の新しいページを開いたことは間違いないことだ。
 中朝は隣国だが、普通の隣国ではない。過去の一世紀以上にわたり、我々はともにアジアにおける多くの苦難を経験し、唇と歯が寄り添い合い、休戚をともにするだけではなく、鮮血をともに流し、両国は尋常ではない友誼をうち固めてきた。
 外部世界は、中朝を利益共同体と見なすのが常であり、東北アジアの複雑な地縁政治環境の中で、中朝間の歴史的伝統的紐帯及び現実の政治的経済的紐帯は広く重視されてきただけではなく、多くのパワーが情勢を見る際の角度及び方法に対して影響を与えてきた。
 風雨にさらされてはきたが、中朝友好関係の基本的要素は牢固として揺り動かされるものではない。
 第一に、中朝は相互に尊重し合い、互いに平等であり、しかも両国関係は両党関係によって導かれており、中朝友好関係という建物は政治的基礎がしっかりとして端正である。中国の党、政府及び社会の主流は一貫して朝鮮人民の政治的選択を尊重し、朝鮮の独立自主精神を尊重し、他の国々が朝鮮の国家制度に干渉する企みに断固反対してきた。両国友好の基礎は深く厚く、相互の友好協力の発展の前途は広々としたものがある。
 さらに、歴史と地縁とによって中朝の普通一般ではない戦略的な親しさと密度及び利益の結びつきとが形成され、両国の先人指導者が心を込めて育んだことによってこの戦略的親近さは大いに異彩を放っている。東北アジアの主題は不断に移ろっているが、中朝友好の両国にとっての重要さはいかなる時期においても真実であり続けている。事実が証明するとおり、中朝が友好関係を維持し、発展させることは両国がそれぞれの利益及び互いの共通の利益を擁護する上での大戦略である。
 中朝が友好関係を維持することはまた、地域全体に対してプラス・エネルギーを提供し、東北アジアの戦略的安定を促進する。そのことは各国をさらに安心させるとともに、地域のバランスを増大することに役立ち、マイナスの動きを取り除く。
 鴨緑江両岸が親戚のように日常的に往来することは国際社会全体の支持があるべきであり、そのことは、半島が膠着から和解と繁栄に向かう上での大きな牽引力を提供するだろう。予見しうる将来にわたり、中朝友好関係は間違いなく半島情勢が緩和と安定を保つことに手助けとなるチャンネルであり、半島の平和に本当に関心があるさまざまなパワーが大切にし、支持するに値するものである。
 国際場裏では、中朝関係に干渉し、これを破壊しようとするパワーが常にあり、北京と平壌との友好に対してさまざまなレッテルを貼り、中朝関係を歪曲するデマをまき散らしている。しかし、中朝関係の根の深さは彼らの想像を遙かに超えるものであり、今回の首脳会談はこれらの勢力が中朝国家関係を認識する際の座標を改めて確立させることになるはずである。半島の平和と安定を心から願う世界のパワーならば、今日彼らが見届けている中朝関係を歓迎するものと信じる。
 中朝の伝統的友誼を不断に発揚させ、広め、両国人民の根本的な利益に奉仕させ、地域全体の平和と安全のために奉仕させよう。双方の友好関係は必ずや今後大局を安定させ、不断に前に向かって発展するだろうことを確信する。
 朝鮮はここ数年、国家の独立自主をうち固めてきただけではなく、経済社会建設の領域においても不屈であり、少なからぬ進歩を獲得している。かつて肩を並べて戦った中朝両国人民は、安全と繁栄を築いていく上でもパートナーであるべきである。

    ---  ---

 

消費税という悪税を段階的に下げ、最終的には撤廃する。

消費税は消費者どころか生産者にとっても悪税だが、一部の企業だけが

潤おうとする税制だ。農家は株式会社に淘汰されようとしている。

消費税は物の価格を引き上げ、物の質を下げる効果があることは、消費税が

導入されてからを振り返れば誰もが理解できるはずだ。

 

安かろう悪かろうが、高かろう悪かろうになり、庶民の生活の質が消費税を

支払えば支払うほど低下する税制だ。

 

 

 

 

コメント

今後の行事(追加版)

2018-03-31 19:38:39 | tweet

4月1日(日)10:00~ 自衛隊を憲法9条に書き加えると、どうなるんですか? 会場:アミューあつぎ6階ルーム604(小田急本厚木駅徒歩5分) 講師:高橋由美・弁護士 参加費:300円、学生無料 主催:厚木愛川平和委員会 問合せ:046-228-7264(川瀬さん)

 

 

 

4月1日(日)13:30~15:30 安倍9条改憲NO!3000万全国統一署名・横須賀交流集会 会場:産業交流プラザ第1会議室(京急汐入駅徒歩2分、ベイスクエアよこすか一番館3階) 情勢報告、各地・各団体からの活動報告、月末の集計発表など 主催:安倍9条改憲NO!3000万全国統一署名・横須賀 問合せ:090-6162-4398(中川さん)

 

 

 

4月4日(水)12:15~ 安倍内閣OUT!怒りの昼デモ 集合:横浜市役所くすの木広場(JR関内駅前) 主催:神奈川県憲法共同センター、神奈川労連 問合せ:045-212-5855(住谷さん)

 

 

 

4月6日(金)~8日(日)10:00~18:00(8日は17:00まで) ピースページェント2018平和のための戦争展in栄 会場:リリスギャラリーB(本郷台駅徒歩3分、あーすぷらざ1階) 展示:15年戦争、沖縄と米軍基地、原爆、憲法 特別企画:戦争体験を聞く(栄区在住の方のお話)、憲法を考える(弁護士のお話)8日13:30~16:00、リリス会議室 呼びかけ人:安部瑞枝、泉山友子、伊藤眞、高橋きみ江、田中幸雄、中島優子、藤原典子、北條祐勝、本多栄子、松崎信也、本間久美子、山田育男、横田博行 連絡先:080-1246-1925、横田さん

 

 

 

4月6日(金)12:00~13:00 4.6共謀罪法廃止!秘密保護法廃止!「12.6、4.6を忘れない6日行動」院内集会「情報監視審査会はどうあるべきか」 会場:参議院議員会館B104会議室 お話:仁比聡平議員(参議院情報監視審査委員、予定)、海度雄一弁護士ほか 共催:共謀罪NO!実行委員会、「秘密保護法」廃止へ!実行委員会

 

 

 

4月7日(土)13:00~17:00 映画「第5福竜丸」上映と文化の集い 会場:神商連会館大会議室(JR東神奈川駅徒歩6分) 参加費:1000円、学生500円 主催:実行委員会 問合せ:090-1263-0843

 

 

 

4月7日(土)13:20~17:00 「安倍改憲NO!」中心とした春の活動交流会 会場:茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎6階、茅ヶ崎駅北口徒歩7分) 講演:田崎基さん(神奈川新聞記者) 参加費:500円 主催:神奈川革新懇 問合せ:080-5931-8179(斉田さん)

 

 

 

4月7日(土)13:30~ 第35回江川せせらぎ九条の会つどい 会場:せせらぎ交流室(東急線元住吉駅より市営バス明津停留所徒歩4分) お話:川岸卓哉・弁護士 参加費:300円 主催:江川せせらぎ九条の会 問合せ:044-411-2905(八巻さん)

 

 

 

4月7日(土)14:00~16:30 安倍9条改憲NO! 3000万署名達成へ~九条の会集会~ 会場:北とぴあ・さくらホール(1300名、JR王子駅北口徒歩2分) 九条の会事務局からの報告:小森陽一事務局長、呼びかけ人・世話人による訴え:澤地久枝、愛敬浩二、浅倉むつ子、池内了、池田香代子、伊藤千尋、清水雅彦、山内敏彦、各地の九条の会より報告 参加費:無料 事前申込制:九条の会事務局にFaxで、氏名(ふりがな)、人数、電話番号、都道府県、九条の会の名称を書いて、申込みください。 申込み先:Fax 03-3221-5076 主催:九条の会

 

 

 

4月7日(土)14:00~ 憲法と沖縄と私たち-検証! 安倍9条改憲 会場:文京区民センター2A会議室(都営三田線・大江戸線春日駅すぐ) 講演:高良鉄美さん(琉球大学法科大学院教授、憲法学者) 資料代:700円 主催:沖縄戦の史実歪曲を許さず沖縄の真実を広める首都圏の会 共催:沖縄平和ネットワーク首都圏の会 問合せ:080-5874-0724(とみやま)

 

 

 

4月7日(土)14:00~17:00 インタヴュー講座第1回 憲法再入門- 立憲主義をとり戻すために 会場:韓国YMCA国際ホール9階(JR水道橋駅・地下鉄神保町駅徒歩7分) 講師:水島朝穂(早稲田大学法学学術院教授) インタビュアー:前田朗さん(東京造形大学教授) 資料代:500円 主催:平和力フォーラム 協賛:九条科学者の会ほか 連絡先:042−637−8822(造形大前田研究室)

 

 

 

4月7日(土)14:00~16:30 市民立法で、放射能災害から命、健康、暮らしを守るチェルノブイリ法日本版を制定しよう 会場:スペースたんぽぽ(ダイナミックビル4階、JR水道橋駅西口徒歩5分) 講師:柳原敏夫さん、羽田典子さん 参加費:800円(学生400円) 問合せ:03-3238-9035

 

 

 

4月7日(土)16:00~16:30集会 16:30~サウンドデモ 4・7表現の自由を!権利のための意行動 会場:柏木公園(新宿区西新宿7丁目) 要請:賑やかにデモをおこないたいと思います。参加される団体はそれぞれのスローガンを掲げた旗、ゼッケンなどをお持ち下さい。主催:共謀罪廃止のための連絡会、アムネスティ・インターナショナル日本/国際環境NGO グリーンピース・ジャパン、国際環境NGO FoE Japan、自由人権協会/女性と人権全国ネットワーク、日本消費者連盟、日本マスコミ文化情報労組会議、反差別国際運動、ピースボート、未来のための公共、共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会、共謀罪対策弁護団、共謀罪NO!実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 

 

 

4月7日(土)17:15~19:00 市民連合横浜全体会 会場:県民サポートセンター305号室(JR横浜駅西口徒歩3分) 内容:2月3日の立憲5野党対話集会の反省、憲法改定自民党案について、5月の活動提起など 終了後、懇親会を向かいのビルの地下の中華店「煌蘭」にて会費4000円で開催します。懇親会出欠のご連絡は3月27日までにお願い致します。出欠の連絡は必ず、vorukus-2791-bora.ms@ezweb.ne.jp(庄司正裕)に。懇親会のみに出席をご希望の方は、17:15に県民サポートセンター1階のロビーでお待ちください。

 

 

 

4月8日(日)14:00~16:00 湯河原女性九条の会11周年記念 浜矩子さん講演会 会場:湯河原商工会館3階(JR湯河原駅) 講演:浜矩子さん(同志社大学大学院教授)「経済政策は何のため、誰のため~政策がもたらす呼吸困難を阻止する 参加費:700円、高校生以下無料 申込みが必要です。申込み先:安藤さん(0465-63-1446)、小島さん(0465-64-1277)

 

 

 

4月8日(日)18:20~ 安倍9条改憲NO! 都筑フォーラム 会場:都筑公会堂大ホール(地下鉄センター南駅徒歩5分) オープニング:月桃の花歌舞団によるエイサー、記念講演:浜矩子さん(同志社大学大学院教授)、立憲野党と市民のトークセッション 参加費:500円 主催:つながり&変えよう都筑連絡会 問合せ:045-941-7218

 

 

 

4月11日(水)18:30~ 戦争する国づくりとマスメディア 会場:高津市民館大会議室(JR武蔵溝ノ口駅徒歩2分) トーク:望月衣塑子さん(東京新聞記者) 聞き手:脇正太郎(フリージャーナリスト) 資料代:500円 主催:安倍改憲NO!市民アクション高津 問合せ:080-1213-5133(春日井さん)

 

 

 

4月12日(木)18:00~21:00 明治150年の驕慢を斬る:日本金現代史の本当の話 会場:スペースたんぽぽ(ダイナミックビル4階、JR水道橋駅西口徒歩5分) 講師:広瀬隆さん 参加費:800円(学生400円) 問合せ:03-3238-9035

 

 

 

4月14日(土)13:30~16:30 インタヴュー講座/憲法再入門「憲法は誰のものか-安倍改憲論の基本認識を問う」 会場:横浜市開港記念会館第9会議室(関内駅徒歩8分、みなとみらい線日本大通り駅徒歩1分) 講師:小沢隆一さん(東京慈恵会医科大学) インタビュアー:前田朗さん(東京造形大学) 参加費:500円 主催:インタヴュー講座実行委員会 連絡先:080-4536-3505(吉池さん)

 

 

 

4月14日(土)13:30~ 朝鮮半島を平和共存の拠点に 会場:川崎市総合自治会館3階第1会議室(JR武蔵小杉駅徒歩7分) お話:大図建吾さん(日本コリア協会川崎代表) 資料代:300円 主催:同協会川崎 問合せ:090-2568-0436(木村さん)

 

 

 

4月14日(土)13:30~ 討論集会「県政・横浜・川崎・相模原市政の現況と2018年予算を検証する」 会場:神商連会館(東神奈川駅徒歩6分) 資料代:500円 主催:県民連絡会など

 

 

 

4月14日(土)13:30~16:00 第7回鎌倉憲法学校~平和と憲法の岐路に立って 会場:鎌倉商工会議所地下ホール(鎌倉駅西口徒歩5分) 講師:渡辺 治さん(一橋大学名誉教授) 入場料:500円(20歳以下無料) 早めに申込みください 申込方法:Fax(0467-60-5410/0467-24-6577)、メール(kamakura9jo@gmail.com)、店舗(鳥森書店、たらば書房、松林堂書店) 保育:4月4日までに申込みください。保育料は200円 主催:鎌倉・九条の会

 

 

 

4月14日(土)14:00~16:30 JCJ神奈川支部例会「国民投票法とメディア」 講師:渡辺登代美弁護士(川崎合同法律事務所)・岩崎貞明さん(「放送レポート」編集長・MIC事務局長) 会場:横浜市開港記念会館7号会議室(みなとみらい線日本大通り駅徒歩3分・JR関内駅南口徒歩8分) 資料代:500円 主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部 問合せ:080-804-2417(保坂さん)

 

 

 

4月14日(土)15:00~ 「原発ゼロへ我が人生を語る」講演会 会場:県民センター3階301号室(横浜駅西口徒歩5分) 講師:吉原 毅さん(城南信用金庫顧問) 資料代:700円 主催:ろうきん9条の会 問合せ:090-7256-9903

 

 

 

4月15日(日)14:00~ 春のサンクスコンサート 会場:戸塚区民文化センター・さくらプラザ(戸塚区総合庁舎4階、JR戸塚駅すぐ) 前売り:一般2000円、高校生以下1000円 当日:一般2500円、高校生以下1500円 出演:神奈川フィル分会室内合奏団 問合せ:県職労連内公務公共一般組労組(045-212-3179)

 

 

 

4月19日(木)~20日(金)満蒙開拓平和記念館と安曇野ちひろ美術館を訪ねる昼神温泉の旅 集合8:00横浜駅西口貸切バス待合場所(ビブレ前) コース:19日 出発地-東名高速-圏央道-諏訪(昼食)-満蒙開拓記念館(見学)-長岳寺(参拝)-昼神温泉(宿泊、ユルイの宿恵山) 20日 ホテル-中央道-安曇野ちひろ美術館(見学)-安曇野スイス村(昼食)-中央道-東名高速-帰着地(18~19時頃帰着予定) 旅行代金:24500円 申込み:3月20日までに田中栄へ(045-814-3884)

 

 

 

4月20日(金)10:30~13:00 磯子地域九条の会国会請願と国会見学会 12年間の署名を国会に届けます。 申込み:3月25日までにファックスまたは携帯電話へのSMSでお名前などをお知らせください。申込み先:ファックス 045-753-6255、携帯電話 090-2760-6655(北原さん)

 

 

 

4月20日(金)14:00~ 映画「母 小林多喜二の母の物語」 会場:平塚市中央公民館大ホール(JR平塚駅徒歩15分) 舞台挨拶:山田火砂子監督 前売り:1200円 当日:1500 主催:現代ぷろだくしょん 申込み:03-5332-3991

 

 

 

4月21日(土)13:30~15:00 3000万署名桜木町駅頭宣伝行動 場所:JR桜木町駅前広場 ユナイトリレー街宣の行動に合流 主催:神奈川県憲法共同センター 問合せ:045-212-5855(住谷さん)

 

 

 

4月21日(土)13:30~17:00 子どもと教科書全国ネット21首都圏ブロック学習交流会議 会場:IKE・Bizとしま産業振興プラザ(旧豊島区勤労福祉会館)5階美術室(池袋駅西口徒歩10分、南口7分) 学習:吉田典裕さん「中学校道徳教科書検定結果と各社版の内容」 議題:検定合格した中学校道徳教科書の内容と問題点の学習、首都圏の地域ネットや教育組織のとりくみ、これからの課題などの交流、その他 主催:子どもと教科書全国ネット21(03-3265-7606)

 

 

 

4月21日(土)14:00~18:00 厚木革新懇総会 会場:厚木市文化会館4階集会室AB(小田急線本厚木駅徒歩15分) 記念講演:田崎基さん(神奈川新聞記者)「岐路の憲法~安倍改憲の表層と深層」(講演は1時間) 講演後、総会と懇親会 連絡先:046−228−4817(上野さん)

 

 

 

4月21日(土)14:00~ 基地問題学習会「戦争する国づくりへと、いま神奈川の基地は!?」 会場:海老名市文化会館120サロン室(海老名駅徒歩10分) 資料代:500円 菅沼幹夫さん(日本平和委員会全国理事)「アメリカの核戦略と神奈川の基地」、宮応勝幸さん(大和平和委員会会長)「厚木基地の実態と今後」 主催:神奈川県平和委員会(045-231-0103)

 

 

 

4月21日(土)14:00~ 女性「九条の会」2018年度学習会:軍隊と自衛隊どこが違う?! 会場:文京区男女平等センター1階研修室A(地下鉄本郷三丁目駅徒歩5分) 資料代:1000円 講師:種田和敏さん(弁護士、城北法律事務所) 主催:女性「九条の会」 参加希望者の申込み先:03-5981-8441

 

 

 

4月22日(日)14:00~ 琉球/沖縄シンポジウム:日本国憲法制定過程から排除された沖縄 今も続く平和的生存権侵害 会場:東京しごとセンター地下講堂(JR飯田橋駅東口徒歩7分) 講師:古関彰一さん(獨協大学名誉教授) 参加無料 主催:シンポジウム実行委員会 連絡先:042−637−8822(造形大前田研究室)

 

 

 

4月22日(日)14:00~16:30 第58回学習会:改憲発議を止めるために~私たちの展望 会場:宮前市民館第4会議室(東急田園都市線宮前平駅徒歩10分) 講師:高田 健さん(総がかり共同実行委員会共同代表) 資料代:300円 主催:宮前九条の会 連絡先:044-855-8896(若原さん)

 

 

 

4月24日(火)10:30~ 映画「母 小林多喜二の母の物語」 会場:横須賀はまゆう会館ホール(JR衣笠駅徒歩3分) 舞台挨拶:山田火砂子監督 前売り:1200円 当日:1500 主催:現代ぷろだくしょん 申込み:03-5332-3991

 

 

 

4月25日(水)8:30集合 9:00出発 全県米軍・自衛隊基地調査地 集合場所:横浜駅西口待合所(ビブレわきの公道) 参加費:5000円 コース:横須賀軍港→フェンス外 米軍住宅→平和の母子像→池子→厚木基地→座間キャンプ 申込み:ファックス045-261-6577(県平和委員会)

 

 

 

4月26日(木)~5月2日(水)10:00~20:30 第3回パネル展「戦争の加害-民族排外主義と差別こそ侵略戦争への道」 会場:かながわ県民センター1階展示室(横浜駅西口徒歩5分) 展示会場内でのミニ講演会:4月28日(土)14:00~16:00北宏一郎さん(在野の毒ガス問題研究者)「日本軍の毒ガス戦と軍事化学企業の戦争責任」、4月29日(日)14:00~16:00奈須重雄さん(細菌戦センター理事)「731の問題-戦中・戦後」、4月30日(月)14:00~16:00竹岡健治さん(記憶の継承を進める神奈川の会)「戦争加害は教科書にどう記述されてきたか」 主催:記憶の継承を進める神奈川の会 後援:神奈川新聞社、東京新聞横浜支局、毎日新聞横浜支局、tvk(テレビ神奈川) 協賛:週刊金曜日 問合せ:090-7405-4276

 

 

 

4月26日(木)10:00~12:45 安保法制違憲訴訟かながわの会第6回口頭弁論と裁判報告集会 集合:横浜地方裁判所日本大通側入り口前(MM線日本大通り駅徒歩3分、関内駅徒歩7分) 10:15までに所持品検査、10:30頃抽選、11:00開廷 11:45裁判報告集会 会場:横浜YWCA(横浜スタジアム南側から徒歩2分) 連絡先:大和田さん(080-5507-9862)

 

 

 

4月26日(木)17:00~19:00 憲法夕カフェ@横浜・栄 会場:未来塾(栄区公田、栄警察署前、本郷台駅徒歩15分) お話:太田啓子弁護士(「あすわか」メンバー) 参加費:700円(ワインとおつまみ付き) 定員:30名 主催:実行委員会 後援:ぶんぶんトークの会 問合せ:渡辺さん(090-6930-8074)

 

 

 

4月29日(日・祝)14:00~16:30 第12回“いま、なぜ?”「昭和の日」 「アジア太平洋戦争突入後、日中戦争はどうなったか?! 」 会場:横浜情報文化センター・6階ホール(関内駅徒歩8分、みなとみらい線日本大通り駅徒歩1分) 講師:笠原十九司さん(『日中戦争全史』著者) 資料代:500円 主催:教科書市民フーラム 連絡先:090-6021-0429

 

 

 

4月30日(月、休)13:30~15:30 ふじさわ・九条の会13周年のつどい:八法亭みややっこの目からうろこの憲法噺! 会場:藤沢市民会館小ホール(藤沢駅南口徒歩10分) 終了後パレード 講師:八法亭みややっこさん(飯田美弥子、弁護士) 参加費:前売り500円、当日700円 主催:ふじさわ・九条の会 連絡先:090-7949-9854(吉塚さん)

 

 

 

5月2日(水)18:10~ 2018憲法を考える5.3県民集会「自衛隊明記と緊急事態条項で日本は、どうなるのか?」 会場:横浜市開港記念会館講堂(MM線日本大通り駅徒歩2分、関内駅徒歩10分) 講師:小口幸人弁護士(沖縄県八瀬町・南山法律事務所) 主催:かながわ憲法フォーラム 共催:戦争をさせないかながわの会、平和運動センター 連絡先:045-231-2479(県高教組内)

 

 

 

5月3日(木、祝)10:00~14:30 第11回鶴見平和フェスティバル:守ろう平和憲法9条! 安倍9条改憲NO! 憲法をくらしに活かそう! 3000万署名を達成しよう! 会場:鶴見駅西口モール街(JR鶴見駅西口) 中央舞台:和太鼓、合唱、日本舞踊、演歌、江戸芸かっぽれ、フラメンコ、アコーディオン、チャンゴなど 模擬店、フリーマーケット、展示企画、健康チェック、弁護士による法律相談など 雨天中止 主催:実行委員会 連絡先:よこはま健康友の会(045-947-3260)

 

 

 

5月3日(木、祝)11:00~12:00 5.3憲法記念日宣伝活動 場所:桜木町駅前広場(JR桜木町駅) 主催:九条かながわの会 問合せ:090-7175-1911(後藤さん)

 

 

 

5月3日(木、祝)11:00~ 5.3憲法集会2018 9条改憲N!平和といのちと人権を! 会場:有明・東京臨海防災公園(りんかい線国際展示場駅徒歩4分、ゆりかもめ有明駅徒歩2分) 主催:5.3憲法集会実行委員会 共催:総がかり行動実行委員会、安倍9条改憲NO!全国市民アクション(03-5289-7157)

 

 

 

5月3日(木、祝)13:00~ 5.3県民のつどい:安倍憲法改悪を許さない!国会発議をやめさせよう! 会場:神奈川公会堂(JR東神奈川駅・東横線東白楽駅徒歩5分) 講演:永山茂樹さん(東海大学法学部教授)「安倍改憲の本質~9条改憲を許さないために 自衛隊はどうなる? 生活はどうなる?」、永田 亮さん(弁護士、武蔵小杉合同法律事務所)「国民投票法のオトシアナ」、各界からの発言、アピール採択、終了後、デモ行進:会場→六角橋→白楽駅 主催:神奈川憲法会議 連絡先:045-651-2341(横浜合同法律事務所)

 

 

 

5月12日(土)14:00~17:00 憲法ひろば 会場:桜木町駅前広場 テーマ別ブース(労働、教育、平和と安全、など)での展示、シール投票、音楽など 協力をお願いします 連絡先:高梨(090-8818-1431)、松原(090-7272-3092) 主催:共同行動のためのかながわアクション

 

 

 

5月13日(日)13:40~16:10 えびな・九条の会全体集会 記念講演 元財務相 藤井裕久さん「若い人に味わわせたくない戦争の恐怖-憲法9条にふれて」 会場:海老名市文化会館(海老名駅西口徒歩5分) 参加費無料 事前申込制 申込先:046-232-7991(荒川さん)、046-238-1800(稲垣さん) 主催:えびな・九条の会

 

 

 

5月18日(金)18:30~ 第4回藤田早苗さん報告会「国連の勧告も受け入れず大丈夫?日本の『表現の自由と『メディア』 講師:藤田早苗さん(英国エセックス大学人権フェロー) 会場:横浜市開港記念会館6号室(日本大通り駅徒歩1分、関内駅徒歩10分) 資料代:700円、学生無料 主催:ストップ秘密保護法かながわ 連絡先:090-5433-6464、090-3698-1125 

 

 

 

5月23日(水)18:00~ 前川喜平氏講演会-今、私がお伝えしたいこと 会場:小田原お堀端コンベンションホール(小田原駅東口徒歩3分) 講師:前川喜平さん(前文部科学省事務次官) 参加費:前売り800円、当日1000円 定員500名(先着順) 託児無料(申込制) 手話通訳あり 主催:実行委員会 問合せ:小山田大和さん(090-7008-4455)

 

 

 

5月24日(木)18:00~21:00 日本国憲法と学校教育-主権者教育の実態を問う 会場:スペースたんぽぽ(ダイナミックビル4階、JR水道橋駅西口徒歩5分) 講師:高嶋伸欣さん(琉球大学名誉教授) 参加費:800円(学生400円) 問合せ:03-3238-9035

 

 

 

5月25日(金)19:00~ 前川喜平さん教育・憲法を語る「個人の尊厳へ導く教育」 会場:厚木市文化会館小ホール(小田急本厚木駅北口徒歩13分) 講師:前川喜平さん(文部科学省前事務次官) 前売券:800円(学生など400円) 当日券:1000円(学生など500円) 主催:茅ヶ崎革新懇 協賛:厚木の教育を考える会、厚木市九条の会ネットワーク 問合せ:080-3172-3441(小池さん)

 

 

 

5月31日(木)~6月3日(日) 2018平和のための戦争展inよこはま 会場:かながわ県民センター2階ホール、1階展示場(横浜駅西口徒歩3分) 主催:神奈川県平和委員会(045-231-0103)

 

 

 

6月1日(金)18:20~ 「戦争する国」ゴメン。この国の「異常」を正そう! 九条の会東京連絡会6・1大集会2018 会場:中野ゼロホール(中野駅南口徒歩8分) お話:中野晃一(上智大学教授)、小森陽一(東京大学大学院教授) 特別企画:おしどりマコ&ケン 演奏:バイオリン 石井夕紀、ピアノ 清水智子 参加費:1500円(学生500円、障がい者無料) 主催:九条の会東京連絡会(03-5812-4495)

 

 

 

6月9日(土)14:00~  18:00~ 映画「被ばく牛と生きる」(松原保監督)上映会 会場:茅ヶ崎市役所分庁舎6階コミュニティホール(茅ヶ崎駅北口徒歩8分) 各回上映後、ゲストトークあり 前売り:800円、当日1000円、学生無料 主催:チームみつばち 協力:ピースカフェちがさき、防災スイッチオン!プロジェクト 連絡先:090-9328-3799

 

 

 

6月23日(土)第一部14:00~17:00  会場:茅ヶ崎市役所分庁舎5階AB会議室 第二部18:00~21:00 場:茅ヶ崎市役所分庁舎6階コミュニティホール 映画「世界でいちばん美しい村」上映会&*はなおと*ミニライブ 交通:茅ヶ崎駅北口徒歩8分 各回上映後、石川梵監督のトークあり 前売り:800円、当日1000円 主催:実行委員会 後援:茅ヶ崎市(申請中)、茅ヶ崎市教委き委員会、茅ヶ崎商工会議所、公益社団法人茅ヶ崎青年会議所 協力:チームみつばち、ピースカフェちがさき 予約:090-7940-5767(西川)

 

 

 

コメント

信仰・無信仰の自由

2018-03-31 19:24:24 | tweet

4月7日(土)の「表現の自由を!権利のための行動」のお知らせです。

この集会用に「共謀罪廃止のための連絡会」で用意したバナーを添付します。

 

また、「総がかり行動実行委員会」と、「共謀罪NO!実行委員会」の今後の予定を貼り付けます。

 

 

<拡散歓迎!>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ◆4・7「表現の自由を!権利のための行動」◆

 *日時:4月7日(土)16時~16時30分

           集会 柏木公園(西新宿7丁目、予定)

            16時30分~    サウンドデモ

 *要請  賑やかにデモをおこないたいと思います。参加される団体

      はそれぞれのスローガンを掲げた旗、ゼッケンなどをお持ち

      下さい。

 *主催・呼びかけ 共謀罪廃止のための連絡会

 アムネスティ・インターナショナル日本/国際環境NGO グリーンピー

 ス・ジャパン/国際環境NGO FoE  Japan/自由人権協会/女性と人権全

   国ネットワーク/日本消費者連盟/日本マスコミ文化情報労組会議/反差

   別国際運動/ピースボート/未来のための公共/共謀罪法案に反対する法

   律家団体連絡会/共謀罪対策弁護団/共謀罪NO!実行委員会/戦争させ

 ない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 

 表現の自由は、私たち市民団体、NGO、労働組合など全ての団体にとっ

てなくてはならない空気のような存在です。 共謀罪法廃止、脱原発、貧困

・格差是正、プライバシー保護、9条改憲反対、環境保護、人権擁護などの

全ての市民活動は、表現の自由があってこそ生き生きと進めることがで

 この表現の自由が、秘密保護法、共謀罪法などの表現の自由を規制する法

律のために危うくなっています。共謀罪法などに負けない、萎縮せず、自由

に発言・発信し、自由に活動するために、「表現の自由を!権利のための4

・7行動」への参加を呼びかけます

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

選挙にとても敏感に行動する学会はじめ、表現の自由や思想の自由を規制しようと

する流れは、信仰の自由をも奪われるということを知っているだろうか。

 

特に高齢者にはTVのみを情報源としている方が多いという統計がある。

そういう方々にどうやって伝えていくのかが大きな課題だろう。

言葉は悪いがそういう方々は「B層」と呼ばれているようだ。ネトウヨも含め

情報B層ということなんだろう。

 

私は以前このことを「情報格差」と表現したが、いまだ格差は縮まらないのだろうか。

この情報格差が一番の格差のような気がしてならない。

 

森友・加計問題で安倍政権に幕引きだ!壊憲発議と国民投票制度の欠陥とは!? 巨大広告代理店「電通」が果たす役割が極めて大きい!? その実態とは!?~ 市民が変える日本の政治オールジャパン学習会 2018.3.30

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416441

 

 

 

 

コメント

横浜市 【教科書】中学道徳検定結果発表

2018-03-31 19:15:50 | tweet

27日の夕方、中学校道徳教科書検定結果が公表されました。

検定合格をしたのは、申請した8社全てでした。

 

そもそも育鵬社は検定申請していませんでした。

あれほど、中学校道徳教科書を作ると行っていた中で、今回、作っていないのは、

かれらの限界を示しています。

日本教育再生機構のHPも消えています。彼らが中学校道徳教科書を出せなかっ

たのは、運動の成果であることは間違いありません。

 

しかし、「日本教科書株式会社」という道徳専門の新規教科書会社が、検定合格

しています。

日本教科書株式会社は、育鵬社の公民・歴史教科書の著者で安倍首相のブレーン

の八木秀次氏を、最初の代表取締役(現在は取締役代表を退いています)として設

立されています。

しかもヘイト本、児童ポルノ本を発行している「晋遊社」と同じ場所にあり、代

表取締役は晋遊舎の現会長、役員には晋遊舎元役員などが名を連ねており、晋遊

舎の子会社同然です。八木氏は賛同者から出資を募ったと言っていますから、ヘ

イト本、児童ポルノ本の発行で得た資金によって、この教科書が作られたという

ことになります。

 

また、安倍首相の写真や戦前の修身教科書と同じお辞儀の仕方を載せたり、価値

観の押しつけが目に付く小学校道徳教科書を発行した教育出版も検定合格してい

ます。

 

今年の採択では、問題の多い教科書2社が登場ということになりそうです。

 

 別途メール

教育出版・日本教科書など8社の中学校教科書が検定合格し、4月から夏にかけ

て全国で教育委員会が行う教科書採択の対象になります。

 

今回の中学校道徳で、初めて採択に参入した「日本教科書」について、ウェブニ

ュースサイトのリテラが、再度詳しい記事を掲載しました。以下のアドレスをク

リックするか、添付を開いてご一読ください。

http://lite-ra.com/2018/03/post-3909.html

 

※記事中の日本教科書と晋遊舎の会社役員の顔ぶれや住所については、法務局に

行けば会社登記で事実であることが証明できます。

晋遊舎が発行しているヘイト本やアダルト本については、ネットで晋遊舎を検索

すると続々出て来ます。

 

果たして8社の教科書の内容はどうでしょうか?

ぜひ地元の教科書展示会に足を運んで、手にとって見てください。教育委員会に

意見や感想を書いてだしてください。

県内の展示会場は各教育委員会に問い合わせを。または県教委のHPでも紹介さ

れます。

 

■神奈川県教委の今年度採択手続きが始まります

 

*神奈川県教科用図書選定審議会

 

 第一回答申(採択方針・基準、観点等)を審議

 4月9日(月)午後1時~

 場所 神奈川県教育委員会5階教育委員会議室

 傍聴 まだ詳細は発表されていませんが、

    30日または2日に県・県教委HPに予告

    ※例年通りなら傍聴締め切りは15分前

 

■文科省の検定公開は5月29日(遅い!)

 

 申請段階と検定合格後の教科書、検定意見書、修正前後の対照表などを公開す

る。

 

▽教科書研究センター(東京都江東区)5月29日~6月21日

 東京都江東区千石1丁目9番28号 TEL. 03-5606-4311

 【交通案内】

  次の各駅より都営バス東22系統利用いずれも【千石2丁目】下車 徒歩2分

  都営バス 東22系統(錦糸町駅→住吉駅→千石2丁目←東陽町駅←東京駅北口)

  *東京メトロ東西線[東陽町駅](西出口1)より 錦糸町駅行バス

  *都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線[住吉駅](出口A3)より 東陽町駅行

  ・東京駅北口行バス

  *JR総武線[錦糸町駅](南口バス乗り場③)より 東陽町駅行・東京駅北口行

バス

 

▽岩手県立図書館(盛岡市)7月1~12日

▽埼玉会館(さいたま市)6月9~18日

▽愛知県総合教育センター(愛知県東郷町)7月10~20日

▽兵庫県立のじぎく会館(神戸市)6月19~28日

▽徳島県立図書館(徳島市)6月26日~7月6日

▽長崎県教育センター(長崎県大村市)7月3~13日。 

 

※文科省のホームページにも、意見書などを3月下旬から順次掲載する。

 

 

 

 

自民党(日本会議)が維新や希望などと通底しているように、問題がある教科書

が検定に合格しているということは、検定そのものに問題があるということなの

ではないのだろうか。

検定基準や検定に関わる人間の選ばれ方など明らかにすることが重要だろう。

そういったものがいつまでも隠蔽されているとすると、モリカケ問題や付随する

改竄問題なども、地方の役所にもないとは言えないのかもしれない。

無いとは言い切れない。

 

それにしても市民が疑問を持ち方々気配りすることが、こういった重要な情報を

もたらしてくれる。

とてもありがたいと思う。

 

 

コメント

Trump: Conflict Between His Words And Deeds

2018-03-28 23:33:12 | 翻訳記事 Translation

 

 

Trump: Conflict Between His Words And Deeds

Trump: Conflict Between His Words And Deeds

Paul Craig Roberts

President Trump (belatedly) congratulated Russian President Putin on his smashing reelection and said, again, that he favored getting along with Russia. Yet, how can Trump mean it when he follows up by appointing John Bolton, America’s most notorious warmonger, National Security Adviser? It makes no sense.

Bolton is the third national security adviser in 14 months. To Bolton, getting along with Russia requires Russia to be a US puppet state such as the UK, France, Germany, Canada, Australia, Japan, and all the rest. In other words, accept Washington’s hegemony or we will bomb you into the stone age.

Russia, desperate for a sign of hope, risks self-delusion by seizing on Trump’s gesture and ignoring Bolton’s appointment. No US president who wanted to get along with Russia would have appointed Bolton to be his National Security Adviser.

The constant drum beat of false allegations against Russia and the demonization of Putin, which has reached down into the British school system where children are being taught that “‘Toxic’ Putin is on mission to poison the West,” indicate that conflict with Russia was on the agenda prior to Bolton’s appointment. https://www.rt.com/uk/421977-uk-toxic-putin-lesson/

Now that Putin has announced Russia’s new weapon systems, an array that clearly puts the US in an inferior position, hegemonic voices are rising that the US must strike Russia before the new superweapons are all deployed.

Russia would do well to avoid being put off guard by her unrealistic hope for peace and friendly words from Trump’s mouth.

 

https://www.paulcraigroberts.org/2018/03/23/trump-conflict-words-deeds/

 

 

 

 

 

言行不一致のトランプ大統領

2018年3月23日
Paul Craig Roberts

トランプ大統領は(遅ればせながら)、ロシアのプーチン大統領の圧倒的な差による再選を祝い、再び、ロシアとは仲良くやって行きたいと言った。だが、すぐ後で、アメリカで最も悪名高い戦争屋ジョン・ボルトンを国家安全保障問題担当補佐官に任命しておいて、トランプが本気で言っているはずがあるだろうか? 意味をなさない。

ボルトンは14カ月で三人目の国家安全保障問題担当補佐官だ。ボルトンにとり、ロシアと仲良くやるには、ロシアがイギリスやフランスやドイツやカナダやオーストラリアや日本や、その他諸々のアメリカ属国になることが必要だ。言い換えれば、ワシントンの覇権を受け入れなければ、爆撃して、石器時代にしてやる、だ。

希望の兆しが欲しくてたまらないロシアは、トランプのジェスチャーに飛びつき、ボルトン任命を無視して自己欺瞞をする危険をおかしている。ロシアと仲良くしたがるアメリカ大統領が、ボルトンを国家安全保障問題担当補佐官に任命するわけなどない。

ロシアに対するぬれぎぬの絶え間ない連打と、“‘邪悪な’プーチンが欧米の毒ガス攻撃を固く決意している”と子供たちが教えられるほどまでイギリス教育制度を劣化させたプーチン悪魔化が、ボルトン指名前から、ロシアとの対立が予定されていたことを示している。https://www.rt.com/uk/421977-uk-toxic-putin-lesson/

明らかにアメリカが劣勢となる一連のロシア新兵器システムをプーチンが発表した以上、新たなスーパー兵器がしっかり配備される前に、アメリカは、ロシアを攻撃しなければならないという覇権を求める声が高まっている。

ロシアは、トランプの口からの平和と友好的な言葉という非現実的な希望をして、油断してしまうのを避けるのが賢明だ。

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/03/23/trump-conflict-words-deeds/
----------
外出すると、キオスクでタブロイド二紙の広告を見る。一方の新聞、時々購買意欲をそそられる。もう一方の新聞、買いたいと思ったことがない。森友を巡る見出しが典型。露骨な提灯持ちは、商業的に成立しするのだろうかと不思議に思っている。

大本営広報部、東京都迷惑防止条例改正の危険性を決して報じない。

日刊IWJガイド・日曜版「本日16時半から、処罰の基準が内心!? 自白の強要はますます横行する!?東京都迷惑防止条例改正の危険性~岩上安身による・自由法曹団東京支部団員・舩尾遼弁護士(城北法律事務所)インタビュー!/今度は性教育の授業に不当な介入!?中学校で行われた性教育の授業を問題視した自民党・古賀俊昭都議は、以前にも性教育の授業に不当な介入をしていた!」2018.3.25日号~No.2019号

 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-244d.html

コメント

Steven Spielberg’s The Post: To reveal government secrets and lies or not?

2018-03-28 23:21:57 | 翻訳記事 Translation

 

 

 

Steven Spielberg’s The Post: To reveal government secrets and lies or not?

By Joanne Laurier 
17 January 2018

Directed by Steven Spielberg; screenplay by Liz Hannah and John Singer

Steven Spielberg’s new film The Post recounts the internal struggle at the Washington Post over whether or not to publish the Pentagon Papers in June 1971.

The 7,000-page, 47-volume document was a Department of Defense history of American imperialist involvement in Vietnam from 1945 to 1966. It revealed that successive administrations, Democratic and Republican, had systematically lied for decades, with devastating consequences, including the death of millions of Vietnamese and tens of thousands of Americans.

The Post

At the center of The Post are a series of disputes that took place over the advisability of making public the explosive government secrets, including between Washington Post publisher Katharine Graham and her financial and legal consultants, and between Graham, on the one hand, and managing editor Ben Bradlee and his reporting staff, on the other. In addition, Graham and Bradlee each undergoes an internal conflict during the crisis.

Spielberg’s film conscientiously and intelligently represents these events and brings out a number of critical questions, including freedom of the press, the right of the population to know what the authorities are up to, and the dangers of presidential dictatorship.

The Post begins in 1966 with a semi-prologue. Daniel Ellsberg (Matthew Rhys), a military analyst, is on a fact-finding mission in Vietnam for Lyndon B. Johnson’s Secretary of Defense, Robert McNamara (Bruce Greenwood). Concurring in private with Ellsberg that the war is going terribly, McNamara sings a different, optimistic tune in front of the American media.

Ellsberg has served as a Marine, spent two years working in Vietnam with the State Department, and has been involved in the writing of a document, commissioned by McNamara in 1967, blandly entitled “History of U.S. Decision-making in Vietnam, 1945-66,” which eventually gains notoriety as the “Pentagon Papers.”

In 1969, increasingly disillusioned by the war and disgusted at government falsehoods, Ellsberg and his colleague Anthony Russo (Sonny Valicenti), both employed at RAND Corporation, begin clandestinely photocopying all 7,000 pages of the Pentagon Papers.

On June 13, 1971, Washington Post editor Ben Bradlee (Tom Hanks) and publisher Katharine Graham (Meryl Streep) are caught off guard when the New York Times starts publishing portions of the top-secret document, which Ellsberg had leaked to Times reporter Neil Sheehan (Justin Swain). Bradlee is frustrated by Sheehan’s blockbuster scoop.

On June 15, Attorney General John Mitchell tells the Times they are violating the Espionage Act, and the Nixon administration gets a court order to stop the Times from continuing to publish the papers. “If the Times shuts down,” Bradley says, “we’re in business.”

“Anyone else tired of reading the news instead of reporting it?” he asks angrily and rhetorically, charging national editor Ben Bagdikian (Bob Odenkirk) with tracking down the source of the leak. When Bagdikian figures out it is Ellsberg, a former colleague at RAND, he goes to Boston, meets the anxious whistleblower, and returns to Washington with a trove of 4,400 photocopied pages.

The Post now possesses the material. The debate over whether or not to publish it pits Bradlee against the paper’s legal team, bankers and potential investors. Graham and her business advisors are in the midst of launching the newspaper’s first public stock offering worth millions of dollars. Criminal charges could destroy the paper and potentially land Graham and Bradlee in prison.

Bradlee argues: “The only way to assert the right to publish is to publish.” Furthermore, he argues: “We have to be the check on their power. If we don’t hold them accountable, who will?” As the debate rages between the editorial and legal departments, additional pressure is brought to bear on Graham by her friend Robert McNamara. In a private conversation, however, she reminds him that her son fought in Vietnam and that she has an obligation to expose the heinous character of the war and government lies, including his own. In reply, McNamara vehemently warns her: “Nixon hates you, and if there’s a way to destroy your paper, he’ll find it.”

Tom Hanks and Meryl Streep

The first Washington Post article making use of the Pentagon Papers appears on June 18, despite threats from the Justice Department, which insists (via a phone call from then assistant attorney general and future chief justice of the US Supreme Court, William Rehnquist!) that the paper haslike the Timesviolated the Espionage Act.

On June 26, 1971, the Supreme Court hears the Post and Times cases together, and on June 30, issues a 6-3 decision, supporting the papers’ right to publish. The Post ends with the onset of the Watergate scandal in 1972, whose working out would bring about the resignation of Richard Nixon in disgrace two years later.

Spielberg’s movie honestly and entertainingly sets out to depict the details and personalities of a major moment in American history. Its strongest element is a genuine democratic sensibility. Perhaps the most oft-repeated line in the film is “They lied,” referring to the various administrations. Graham and Bradlee are truly perturbed by the actions of particularly the Kennedy and Johnson administrations. Each has been personally close to officials in both.

Furthermore, The Post demonstrates that the interests of the population stand in opposition to those of the authorities. It argues for the press to be independent of and skeptical toward government pronouncements. It that sense, it is a rebuke and condemnation of today’s mainstream media, which has become little more than a propaganda arm of the White House, CIA and Pentagon.

The Post is Spielberg’s filmmaking at his most effective: coherent, well-told, engaging. The entire cast performs with a degree of urgency and commitment. Special mention must go to Hanks, Odenkirk and Greenwood. The filmmakers successfully integrate snippets from Nixon’s infamous, mafia-like audio tapes over the image of a shadowy figure in a White House window. Moreover, the movie’s rhythm and intensity provide a sense of the real rhythm and intensity of the earth-shaking events in 1971.

Support for this effort comes from the score by John Williams, and the script by co-writer Josh Singer who also co-wrote the screenplay for Spotlight, a 2015 exposé of the Catholic Church. Singer presumably has a hand here in doing what he did for that film, creating an unglamorous, “secondary” character who seems entirely devoted to uncovering the truth: in Spotlight, the indefatigable lawyer, Mitchell Garabedian (Stanley Tucci), and here, Odenkirk’s Bagdikian.

Above all, The Post directs the attention of contemporary audiences to a momentous episode. The movie’s production notes point out that the Pentagon Papers “would set off shattering shockwaves that continue to this day. The document…uncovered a dark truth: that vast, wide-ranging deceptions about the deadly war in Vietnam had spanned four presidential administrations, from Truman to Eisenhower, Kennedy to Johnson.

“The Pentagon Papers revealed that each of those Presidents had repeatedly misled the public about U.S. operations in Vietnam, and that even as the government was said to be pursuing peace, behind the scenes the military and CIA were covertly expanding the war. The Papers provided a shadowy history loaded with evidence of assassinations, violations of the Geneva Convention, rigged elections and lies in front of Congress.”

Anti-war protest in The Post

In an interview, Singer said that The Post script had foreseen some present-day parallels under Donald Trump to the era depicted in their film. “It was remarkable how more and more relevant the first amendment theme became as we were in production,” remarked the scriptwriter. “It’s one of the reasons why Steven [Spielberg] wanted to make the movie now.”

The comment is no doubt sincere, but it points in a contradictory fashion to some of the movie’s limitations.

The authentic feeling for the First Amendment and constitutional rights is expressed in a film that, first of all, also offers a highly idealized portrait of its central characters. The Post itself makes mention of the many connections of Graham and Bradlee to the political establishment. McNamara, one of the chief war criminals of the day, was Graham’s close personal friend.

The movie’s feminist coloration is off the mark. The script apparently originated with the desire of screenwriter Liz Hannah “to tell the story of Katharine Graham, the former Washington Post publisher who became the first-ever female CEO of a Fortune 500 company … As Hannah was writing the first draft, the symmetry between Graham and presidential candidate Hillary Clinton seemed to be the most obvious parallel to the present. (She sold the script just 10 days before the election.)” Fortunately, the screenplay evolved from that narrow beginning to take up broader questions. Nonetheless, the emphasis on Graham’s “pioneering” status as a female CEO remains. The filmmakers take for granted this is something to celebrate.

As an antidote to the worship of Graham-Streep, it ought to be remembered that one of the most notorious union-busting operations of the 1970s took place when the publisher set out to break the pressmen’s union at the Post, provoking a strike in October 1975 that ended with mass firings and the frame-up of 15 workers on charges related to slightly damaged equipment in the printing plant. The Post strike is widely considered one of the preludes to the Reagan administration’s destruction of the air traffic controllers union, PATCO, in 1981.

In the Washington Monthly in January 1976, in an article sharply critical of Graham and her activities, the same Ben Bagdikian who hunted down and helped see to the publication of the Pentagon Papers wrote that the Post ’s going public in 1971 marked the “transformation of the daily newspaper in the United States from a family enterprise to a corporation with an obligation to its stockholders to ‘maximize’ profits.”

As for Bradlee, his history may be even more sordid. This Cold War liberal from a Boston Brahmin family, and an intimate friend of John and Jacqueline Kennedy, worked covertly for the CIA in Europe in the 1950s. His sister-in-law in 1971 was Mary Pinchot Meyer, formerly married to Cord Meyer, a high-level CIA official, involved in countless agency operations.

Christopher Reed in a 2014 Guardian obituary detailed how Bradlee had “spent many years undercover as a counter-espionage informant, a government propagandist and an unofficial asset of the Central Intelligence Agency.” Among his credits, according to Reed, included promulgating “CIA-directed European propaganda urging the controversial execution of the convicted American spies Ethel and Julius Rosenberg” in 1953.

As noted above, The Post offers a romanticized version of Graham and Bradlee as heroes of democracy, and that is not to the filmmakers’ credit. Moreover, Spielberg’s rush to shoot and release the film by the end of 2017 apparently had a great deal to do with Trump’s coming to power and his own support for the Democratic Party.

This is not the first time in history of course that a Hollywood movie has shaded the truth about the lives of its central figures. But that has not prevented a host of biographical and historical films from shedding light on important matters. That’s the case here too. The Post has an impact and implications that go beyond the immediate ideas and intentions of the filmmakers.

Spielberg’s film dramatizes, with some insight, the outlook and physiognomy of a bourgeois layer who still retained in 1971 some attachment to and also fear about the abandonment of democratic principles. After all, only one year after the mass protests over the killings at Kent State, what if the Pentagon Papers had gotten beyond the control of the New York Times and the Washington Post? In any event, Graham and Bradlee showed a certain amount of courage and principle in contrast to their counterparts today.

The whole ruling elite has moved dramatically to the right. Graham herself said in 1988 in an address to the CIA: “There are some things the general public does not need to know and shouldn’t … I believe democracy flourishes when the government can take legitimate steps to keep its secrets and when the press can decide whether to print what it knows.”

In November of 2010, at the height of the revelations published by WikiLeaks of US actions in Iraq, Afghanistan and other countries, former New York Times executive editor Bill Keller published a piece stressing that in considering whether or not to disclose state secrets, the Times engaged in “extensive and serious discussions with the government.” Keller wrote: “We agree wholeheartedly that transparency is not an absolute good. Freedom of the press includes freedom not to publish, and that is a freedom we exercise with some regularity.” There would be no publication of the Pentagon Papers in our day.

It is inconceivable that the 1971 Supreme Court decision allowing the Timesand Post to publish the documents would be handed down today. The courts now routinely rule that the government has the right to suppress information and spy on everybody in the interests of “national security.”

The Post cites a passage from Justice Hugo Black’s 1971 ruling. It is worth quoting at greater length:

In the First Amendment the Founding Fathers gave the free press the protection it must have to fulfill its essential role in our democracy. The press was to serve the governed, not the governors. The Governments power to censor the press was abolished so that the press would remain forever free to censure the Government. The press was protected so that it could bare the secrets of government and inform the people. Only a free and unrestrained press can effectively expose deception in government.  In my view, far from deserving condemnation for their courageous reporting, the New York Times, the Washington Post, and other newspapers should be commended for serving the purpose that the Founding Fathers saw so clearly.

The fate of Daniel Ellsberg, who never went to jail and was even widely honored, was far different from that of Julian Assange, Edward Snowden and Chelsea Manning. In 2011, an 80-year-old Ellsberg, commenting on the 40th anniversary of the release of the Pentagon Papers, wrote: What we need released this month are the Pentagon Papers of Iraq and Afghanistan (and Pakistan, Yemen and Libya).”

In an interview with CNN at that time, Ellsberg noted that the crimes committed by the Nixon administration against him 40 years ago could now be carried out under the cover of law by the Obama White House.

The list of crimes “includes burglarizing my former psychoanalyst’s office… warrantless wiretapping, using the CIA against an American citizen in the US, and authorizing a White House hit squad to ‘incapacitate me totally’ (on the steps of the Capitol on May 3, 1971),” Ellsberg said. “But under George W. Bush and Barack Obama, with the PATRIOT Act, the FISA Amendment Act, and (for the hit squad) President Obama’s executive orders,” those crimes “have all become legal.”

To whatever extent Spielberg, Singer and company are aware of the vast decay of American democracy, it is the most vital feature that the discerning viewer will take away from The Post.

Fight Google's censorship!

Google is blocking the World Socialist Web Site from search results.

To fight this blacklisting:

Share this article with friends and coworkers

https://www.wsws.org/en/articles/2018/01/17/post-j17.html

コメント