いかりんの『うっしっし~日記』

関西の焼肉屋情報満載の関西焼肉.COM。
焼肉マニアな管理者いかりんの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【牛柄】買っちゃったよん・・・Vistaパソコン、そしてまた牛柄

2007年02月26日 | 牛柄・牛グッズ
頭痛が・・・ずきんずきん。 先ほど深夜0時前にパソコンが届いた。 頭痛の種である。 私の3年強使用してたパソコン君があまりにも調子が悪くて 動きが遅いし耐えられなくなってたもんだから思い切ってVista買っちゃた。 こんなものに手をつけるとそれこと寝れなくなるんで、ひとまずは部屋の片隅に。 移行は時間ある時にするとしよう。 メーカーはどこにしようか、地デジをいれようか?? 悩んだ割には値段と . . . 本文を読む
コメント (5)

【焼肉】うまい!!!!!谷六/松屋町の鳳城里

2007年02月25日 | 焼肉・ホルモン
谷六にある焼肉「鳳城里」へ行ってきた。 「ほうじょうり」って読む。 感じのいい30代前半のご夫婦が営む焼肉屋である。 割とこじんまりとしていて「ザ・焼肉屋」という雰囲気をかもしだしている。 七輪で焼く炭火焼肉スタイル。 この店のことを教えてくれた人からお勧めを事前に入手してたんで 「ゲタカルビ、ミノ」をオーダー。それに「名物」印のある「生キモ」「てっちゃん」「キムチ」とロース、ハネシタ、ユッケ . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (2)

【各国料理】久しぶりに中崎町のカンティプールへ

2007年02月25日 | ランチ
ずいぶんぶり、もう3~4年ぐらいになるか?中崎通商店街の近くにある 「カンティプール」へランチに行って来た。 本当はこの近くに美味しいサンドウィッチ屋さんがあると聞いたので 行ったんだけど見つけられず。 カレーを食べる気はさらさらなかったんだけど、ここのところカレーを食べても 血糖値があがりすぎなくなってきたので、これをいいことにカレーづいている。 大好物のカレーが糖尿病のおかげで食べれなくなっ . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

【韓国料理】万宝家で韓国料理万歳

2007年02月25日 | 韓国料理
ある日、会社のかわいこちゃんが、家の近くに美味しい韓国料理屋があるんですよ~今度一緒に行きませんか?ってゆうてくれた。 その店は今里にある「万宝家」 彼女は「マンボッチ、マンボッチ」と言ってた。どうもかわいい彼女が言うと 「モンチッチ、モンチッチ」って言ってる様に聞こえてしまう。妄想か?? いざ、実現の日、彼女のいつも食べてるお勧めの料理をオーダー。 「もち豚がお勧めなんで、豚の入ってる料理が . . . 本文を読む
コメント (4)

【中華】天満の紫微星の福建チャーハン

2007年02月25日 | 中華・ラーメン
先週の旧正月、本当は南森町の大陸風で麻婆豆腐が食べたかったんだけど休み。 さすがに旧正月でオーナーは廣記商行の社長さんであり神戸の華僑協会の会長だけあって南京町のお祭りもあってか休みだった。 頭の中は中華脳で染まってたのでどうしても中華が食べたいなり。 ちゅうことで昼しか行った事なかったJR天満の駅の近くの紫微星へ バンバンジー、上海蟹みその豆腐料理、福建チャーハン、チンジャオロース めちゃくち . . . 本文を読む
コメント

【コスプレ】神戸南京町春節祭~中国史人游行仮装行列

2007年02月20日 | コスプレ/変身
2007年2月18日(日)中国の旧正月だ。 中華料理屋では新年好!と新年挨拶の言葉が飛び交う。 そんな旧正月のこの日、神戸南京町では春節祭があった。 いつもテレビで見てて行ったことがなかった。京劇の衣装で仮装行列をする 中国史人游行に凄く憧れていた。昨年気づいた時には申し込みが終わってたので 今年こそは絶対に温存していたこの思いをぶつけてやる!と願いをかけ 一般応募に応募した。 受かりますように . . . 本文を読む
コメント (12)

【韓流】またやってしまった「宮」にはまる♪

2007年02月20日 | 韓流
今、わたしはというと試験勉強からときはなたれ またまた韓国ドラマ狂と化していた。 本日24話視聴が完結した「宮」である。 いや~24話フルフル、途中で中だるみする事もなく存分に楽しめた。 私の名前はキムサムスン・頑張れクムスンに続くヒットだわ。 高校生が主役なのになんともどっぷり楽しめる。 皇室と民間の愛やら恋やら。 太子役のチュ・ジフン、クールで冷酷で端正な顔で普段は冷たい男が政略結婚した民間 . . . 本文を読む
コメント

【焼肉】叙々苑游玄亭ホテルニューオータニ大阪店体験

2007年02月16日 | 焼肉・ホルモン
叙々苑游玄亭ホテルニューオータニ大阪店に行ってきた。 高い高いという話を散々聞いてるし、実際恵比寿の店で入ろうとしたけど 店の外の価格にひるみ結局、入らず後にした経験があるんで、お金を一生懸命工面し叙々苑游玄亭に行ける日がついにやってきた。 一流芸能人が行く店っていうだけあって、店内のゴージャス感、おしのび感は 完璧である。 やはり気になる値段、メニューを見て驚いた。 肉の高いのはある程度覚悟し . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (3)

【コスプレ】雲南省は少数民族パラダイス

2007年02月16日 | コスプレ/変身
ちょい前に雲南省に行ってきた。ずーっと行きたかったの。 だって変身マニアには聖地なんだもの(笑) 雲南省は私にとって最高にコスパラな町である。 コスパラってなんやねん? それは仮装紛装ホリック患者が精神安定を求めただひたすら自己満突っ走り陶酔の世界でそれはもう天国。 コスプレパラダイス。 街角のあちらこちらで変身できるところがあるのだ。大体10元ぐらい。高いところでも20元。10元だったら160 . . . 本文を読む
コメント (5)

【コスプレ】佐川急便のお兄さん

2007年02月16日 | コスプレ/変身
出張のついでに品川にある「物流博物館」っていうところに行ってきた。 ここで宅配業者の制服が着れるとか?? きゃー憧れの職業制服。 佐川急便の青縞のシャツを着て爽快な佐川マンに変身!うきうき。 そして、ペリカン便の制服とクロネコヤマトの制服。 クロネコヤマトは胸元が光をあてると反射して安全性を保った機能的なデザイン。 ペリカン便も看板に光をあてると周りの光を一極集中してきらびやかに 煌々と光る。ち . . . 本文を読む
コメント (6)

【焼肉】久しぶりの肉行列★上新庄の瑞園

2007年02月16日 | 焼肉・ホルモン
久しぶりに大好きな焼肉瑞園へ。 安心して食べれる焼肉屋って重要だね~。 今年入ってしっかりと味の染み渡った骨付きカルビを食べてなかったから 骨付き狙いで行ってまいりました。 骨付きに行く前に登場した塩系の肉オンパレード。 サーロイン・ヘレ・ミスジ。 ありえへんぐらいの美しさ。 やっぱり瑞園はおいしおました。 瑞園 吹田市東御旅町8番60 (06)6317-1120 http://www.zui . . . 本文を読む
コメント (3)

【東京出張】沖縄居酒屋ちばりよー(新橋)にて

2007年02月16日 | 和食・居酒屋・粉もん
久しぶりの東京出張。 仕事で今年の大注目スポットの「東京ミッドタウン」へ。 先日、オセロの知っとこで2007年のトレンドで10位に入ってたからどんなに すごいのかと思ったら普通のビルだった。 その日東京では発砲事件があって、原因の六本木ということにビビッていた。 とりあえず仕事が終わって友人夫婦と新橋で合流した。 友人のお勧めの沖縄料理店の「ちばりよー」へ。 私らが入った時は誰もいなかったのに続々 . . . 本文を読む
コメント (2)

【ランチ】扇町の韓喰でチゲ定食

2007年02月16日 | ランチ
扇町の昨年秋にできた韓喰という韓国料理屋に行ってきた。 こじゃれた感じのコリアンフュージョンな店だ。 ランチはスンドーフチゲの豆腐チゲ定食が980円だったかな。 印象:高!!! そしてランチのメニューはあとは海鮮チゲとあともういっこ忘れたけど 具に肉が入ってるやつがあった。それらはベースが豆腐チゲなんで1200円ちょい 超えぐらいやった。高い。 お味は正直、がっかり。ナムルはとてもお上品で量も少 . . . 本文を読む
コメント

【ランチ】本町の燦々亭のチゲラーメン

2007年02月16日 | ランチ
チゲのおいしい淀屋橋の燦々亭で、いつもチゲばかり食べてたから食べることのなかったチゲラーメンというのを食してみた。 前に店に行った時に、他の客がやたらとチゲラーメンを頼んでいてめちゃくちゃ 気になっておりました。 超ド級の激しく体の温まるメニューである。 チゲの辛さとアツアツの麺をはふはふしながら食べる。美味である。 とても幸せである。 チゲラーメン脳裏に焼きつき、すぐにでも食べに行きたくなる。 . . . 本文を読む
コメント

【ランチ】実身美(さんみ)でヘルシーランチ

2007年02月16日 | ランチ
実身美の梅田のお店でランチをした。もうずいぶん前だけど 思い出した。 ヘルシーなマクロビ系カフェレストランだ。いつもいっぱいで 私が行った時もダダ混み。 日替わりのランチを食べた。ブロッコリーと豆乳の煮込みのようなお料理と 玄米ご飯のランチ、かぼちゃとサラダとあと一品が2つほど、 それにオーガニックなお味噌汁 ヘルシーでおいしい。体に良いな~って感じを体感できる。 ほぼ100%女子ばかりの店内 . . . 本文を読む
コメント (1)