NPO法人 ハウル

ハンディキャップ(障がい)のある方の就労とスポーツ振興を応援します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

感覚統合ってなに?~感覚統合とホースセラピー~

2008-09-30 13:25:08 | NPO
今年春に、このブログでも紹介したことがある雲南市でホースセラピー
の活動をしている雲南TRCからお知らせメールをいただきました。

お知らせの内容は・・・

感覚統合ってなに? ~感覚統合とホースセラピー~
講演&トークセッションのお知らせ

発達障害、不登校、ひきこもり、特別支援教室、ちょっと気になる子どもたち…
いろいろな個性とともに生きるために

2008年4月にオープンしたホースセラピー牧場、雲南TRCでは、感覚統合と
牧場暮らしについての講演会を開催します。
日本感覚統合学会会長の土田玲子さんをお招きしてお話を伺い、雲南TRCを
運営するNPO法人インフォメーションセンターの寄田勝彦も登壇し、ホースセラピー
の活動をお話します。
さらに、これまでに二人が恊働で取り組んできた活動や、感覚統合と牧場暮らし
について、命の教育について、トークセッションを行います。
セラピーや教育の最前線で活躍する二人のスペシャリストの話に、ぜひご注目ください。

日 時 10月11日(土)14:00~16:00
会 場 ラメール(島根県雲南市加茂町)
参加費 1000円 ※お子さんと一緒にご入場いただけます。

お申込み/お問合せ
雲南TRC Tel. 0854-42-2833 http://www.ryufo.com/shimane/

・・・とのこと。
このホースセラピー牧場の場を提供した田中利男さんの想いが、このような形になって
たくさんの人との繋がりができていければと思います。
興味のある方はぜひ、参加してみてください。
m-kishi

ps.雲南TRCさんへ
講演の情報をいただき本当にありがとうございました。

コメント

「地域における子育てに関わるボランティア活動」助成

2008-09-29 22:35:13 | 相談&ボランティア
財団法人キリン福祉財団が「地域における子育てに関わるボランティア活動」
についての助成の対象団体・グループを募集している。

内容は・・・
“地域”“子育て”“ボランティア” をキーワードに、子どもに関わる
幅広い活動に対して助成するとのこと。
子育て」については、「子育て」だけでなく、「子育ち」「親育て」「親育ち」
を含む広い意味での活動となるらしい。
対象となる活動については、上記のキーワードに合致していれば、特に分野は
問わないとのこと。

対象は・・・
4名以上のメンバーが中心となって活動する団体・グループ

事業実施期間・・・
平成21年4月~平成22年3月

募集締め切り:11月10日(月)
詳しくは財団法人キリン福祉財団まで

子育てから親育て、親育ちを含むところが、現代に必要とされるニーズ
なのかもしれない。
m-kishi
コメント

直接支援員初級マニュアル

2008-09-28 10:22:23 | NPO
新聞にNPO法人 全国被害者支援ネットワークが現場で支援に携わる
人のための「直接支援員初級マニュアル」を作成し、全国の自治体や
警察に送付するとの記事があった。
実際の現場において、法制度や心理面を総合的に取り上げたマニュアル
は初めてとのこと。

内容はカウンセリング、支援、生活のサポート方法、それぞれの立場に
たつ「ロールプレイ」などの研修方法も示されているらしい。

今年の7月には一般向けの「犯罪被害者支援必携」も出版している。

が、共に被害直後の報道機関への対応についての解説はないらしく
今後の課題とされているようだ。
こちらも早く実現されることを期待したい。
m-kishi
コメント

大山の浄化槽汚泥担ぎ下ろしボランティア

2008-09-27 07:55:55 | NPO
28日(日)に国立公園・大山の頂上避難小屋エコトイレの浄化槽汚泥を
担ぎ下ろす作業が行われる。
この作業のボランティアを募ったところ300人超の応募があったとの
記事が新聞に載っていた。

当初はヘリコプターを利用しての汚泥除去を考えたそうだが、環境保全
の意識づけなども込めて、人力作業となったそうだ。

ボランティアは県内をはじめ、岡山、島根、東京、福岡など県外からの
参加もあるとのこと。
このミッションに対する関心の高さが分かる。

この活動を仕掛けた側は、単に取り組みを定着させることを考えないで
参加者と話し合いながら次に繋げてほしい。
m-kishi
コメント

青年海外協力隊ほか体験談&説明会

2008-09-26 15:26:14 | NPO
島根県HPに「JICA国際協力ボランティア」の体験談&説明会についての
お知らせがあった。
「JICA国際協力ボランティア」の青年海外協力隊とシニア海外ボランティア
に関するものだ。

青年海外協力隊については
10月15日(月)18:30~20:30 浜田市の石央文化ホール
10月25日(日)17:00~19:00 松江市の松江テルサ

シニア海外ボランティアについては
10月25日(日)14:00~16:00 松江市の松江テルサ
での開催だ。

ちなみに障がい者の参加も職種や受入れ体制が整っていれば可能となって
いるし、前例として肢体、聴覚等の障がいのある方も参加されているとの
こと。
私の場合もそうだったがダメもとで説明会に行ってみると以外な展開が
待っているかもしれない。

世界ではあなたを待っている人たちが沢山いることを知ってほしい。
m-kishi
コメント

益田市女性副市長にNPO法人「結まーるプラス」河部氏

2008-09-25 22:25:50 | NPO
今日の新聞に、益田市の副市長にNPO法人「結まーる」の理事長
河部真弓氏を起用する方針が固まったとのこと。

議会の同意が得られれば、益田市初の女性副市長の誕生となる。

このNPO法人「結まーるプラス」は平成17年に設立され過疎地の
まちづくり、開発支援、空家・空地の有効活用などに積極的に
取り組んでいるとのこと。
実際、ホームページ等を見てみると、実に多彩な活動を行って
いることが良く分かる。

ただ、活動が多彩なの見ればわかるが、その活動の実績に
ついてのデータが少ない気がする。
とはいえ、市長も未知数のところが多いので、よいコンビになる
のかもしれない。

未知数に賭けることは、個人的に大好きだ。
m-kishi

コメント

平成20年度自立支援ボランティア養成講座

2008-09-24 21:15:54 | NPO
県の保健所が開催する「自立支援ボランティア養成講座」については
名称の違いはあれ、これまで2回紹介した。

今回は雲南保健所が主催するもので、目的としては・・・
自分自身の心の健康を考えるとともに、地域のなかで偏見や無理解に
苦しんでいる精神障害者に寄り添い、社会参加を支えてくださる
仲間を増やすことを目的としているとのこと。

内容は公開講座から、講話、当事者の体験談そして地域の施設で
交流など盛りだくさんである。
受講料については書いてなかったが、おそらく無料だと思います。
ただ、念のため雲南保健所へ問合せは必要ですが・・・

実際、一人でも多くの人に知ってもらうこと、それはとても大切な
ことであると思うのでぜひ受講してみてください。
m-kishi
コメント

オーライ!ニッポン会議

2008-09-23 21:05:07 | 相談&ボランティア
内閣府のHPに「都市と農村漁村の共生・対流 関連団体連絡会」
オーライ!ニッポン会議というサイトがある。

ずいぶん前に政府関係のボランティア・NPO関連サイトを
ピックアップしたときに訪れたが、ここのところごぶさただった。
で、久しぶりに訪問してみると田舎暮らしや、地域づくり、そして
ボランティア参加など、かなり充実しているみたいだ。

田舎ツーリズムとボランティアとのコラボレーションとか、
田舎暮らしのワーキングホリデーとか、ハウルが春に県の
協働実践事業に応募したような内容が実際の事業として
行われているようだ。

他にも色々あるようなので、しばらくここもチェックしていこう
と思う。
m-kishi
コメント

障害者自立支援法見直しに関する意見の募集について

2008-09-22 21:52:43 | 就労
厚労省のHPに障害者自立支援法見直しに関する意見の募集について
のトピックスがあった。

平成18年度に施行されて、3年度を目途に検討を加え、必要な見直し
を行うこととされているため、昨年12月に「与党障害者自立支援に
関するプロジェクトチーム」により、見直しに向けた課題と方向性が
示されているとのこと。

そして、本年度4月から社会保障審議会障害者部会において、検討が
開始され、その資料と議事録も掲載されている。

今回の意見募集については締め切りが11月10日までとなっているので
けっこう時間的余裕がある。
ぜひ、意見がある方は提出してもらい、より良い法に改正されてほしい
ものだ。
詳しくは厚労省HPまで。
m-kishi
コメント

練習日 9.19

2008-09-21 07:01:27 | ソフトバレー
9月19日の練習参加者はメンバーさん2人と私の合計3人でした。県大会も近づいているのに少し不安な状況です。ただキャプテンのH君はアタックとサーブが、セッターのN君はバックトスがそれぞれかなり以前よりうまくなり、指導する方としては喜びを感じています。チーム全体にこの流れが波及するようにしたいと思っています。
スカイウォーカーズ監督
コメント