NPO法人 ハウル

ハンディキャップ(障がい)のある方の就労とスポーツ振興を応援します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勤労者マルチライフ支援事業

2007-03-31 22:24:39 | ソフトバレー
厚生労働省の事業で「勤労者マルチライフ支援事業」というのがあります。勤労者のボランティア活動参加を推進することを目的としていて、島根県では島根県経営者協会と島根県社会福祉協議会の方でお世話をしておられます。(法人を設立してからこの事業だけでなくいろな活動の資料が定期的に送られて来るようになりました)今回その事業の一環として配布されている「ぼらんてぃあ・かわら版NO.3」にボランティア情報としてスカイウォーカーズのソフトバレーも取り上げていただきました。(先日事前にアンケート依頼があったので回答しておいた結果ですが)詳しい内容は以下のホームページでも見れます。「しまねボランティアネット」http://www.fukushi-shimane.or.jp/cgi-bin/volunteer/index.cgi    スカイウォーカーズ監督
コメント

練習日 3.30

2007-03-30 22:37:26 | ソフトバレー
 今日の練習には7名参加でした。試合形式で練習がしたかったのですが人数がすくなくサーブレシーブのフォーメーションを6対1でやるのがやっとでした。
さすがに1人で6人を相手にするこたえました。もう少し参加者が増えると助かるのですが・・・(A山コーチ、たまには練習に出てきましょう!)
スカイウォーカーズの練習が終わってから地元に帰り、地元のソフトバレーのクラブチームの練習にも参加しました。金曜日にスカイウォーカーズの練習をいれると連チャンで練習があるのでぐったりしますが、根が好きなので仕方がありません。
 4月21日に出雲市のピノキオさんと練習試合が決まったので、来週からは気を引き締めて練習に取り組もうと思います。         スカイウォーカーズ監督
コメント

退職

2007-03-29 18:18:59 | ソフトバレー
 私事で申し訳ありませんが、6年間勤務した職場を3月末で退職することになりました。関係者の皆さんには大変お世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。今後につきましてはあらためてご連絡しようと思っています。有難うございました。
コメント

「りびえ~る」

2007-03-25 22:26:44 | NPO
山陰中央新報の生活情報誌「りびえ~る」の「まちづくり最前線」
コーナーにNPO法人ハウルの紹介が載りました。
ハウルの名前の由来や活動内容、理事長の想いが書かれています。
障がい者の就労やスポーツ活動など、これまでは行政や施設などが主と
して行ってきました。しかし、これからはボランティア・NPOなど市民
自らが様々な課題をミッションとして活動していく社会となっていく
のではないかと思います。
この「まちづくり最前線」コーナーではそんなNPOの活動をいつも紹介
しています。
そんなコーナーにハウルを載せていただき、感謝、感謝。
m-kishi
コメント (4)

講習会

2007-03-23 00:21:01 | ソフトバレー
 今週は風邪をひいて1日寝込んでしまいました。更新もままならず申し訳ありませんでした。
さて、私事はさておき、4月には島根県ではバレーボールの公式審判員の資格認定講習会が開催されます。この講習会は2年に1回開催され、4年に1回は受講しないと審判員の資格を維持できません。開催要項が私のてもとにも送られてきましたので申し込んでおきました。(返事がきていないので少し心配ですが・・)
2年前にB級になってので今回は実技だけになりそうです。
下関の知的障害者のバレーボール大会では、私以外は山口県バレーボール協会から派遣された審判員でキャリアも豊富な方ばかりしたので、島根県の審判員のレベルはこの程度かといわれないように緊張していまいました。しかし、その反面今回の講習会のいい練習にもなったようにも思います。審判員資格を持っている人は教員の比率がかなり高いと思います。それは仕方がないことでしょうが、私のような一介の会社員が審判員を続けていくことも意味のあることのように思います。これからも色々な方々からご指導をいただきながら続けていきたいと思っています。
(4月8日の受講日に向けてルールブックを読み込み中です)
コメント

練習日3

2007-03-17 00:36:39 | ソフトバレー
 今日のソフトバレーの練習参加者は9人でした。参加予定のT木女史とT本さんはご都合が悪くなったようで不参加でした。次回以降お待ちしています。
6月の県大会へ向けてのフォーメーション練習をしましたが、ここのところ一般の4人制の練習ばかりしていたので、同じ大きさのコートで6人制をやるとかえって人が多すぎて動きが縛られてしまうようです。来月には練習試合も予定しているので、これから徐々にチームらしくしあげていきたいと思っています。
18日はミーティングをして今後のチーム運営の方向性を決めたいと思っています。
コメント

宿題

2007-03-16 00:55:17 | ソフトバレー
 今日は島根県の障害者の就労支援のエキスパート2人(O氏、T女史)とサプライズゲストの私の勤務先でお世話になっているT氏と4人で松江市内で食事をしました。エキスパート2人は昨日から行われているサービス管理責任者の研修会の講師で来松されています。
 楽しく飲むことができましたが、残念ながらJRの時間もあり早めにお開きになりました。最寄の駅まで家内に迎えにきてもらい家に帰ると、そのサービス管理責任者研修を受講している家内が、今日もらってきた研修資料を持ちだしてきて、宿題をやりはじめたため、私も手伝うはめになってしまいました。
う~ん、これを出題した人とさっきまで飲んでいたのになあ~と何か複雑な気分で家内の相手をしていました。明日この答えでもし突っ込まれるようなことががあれば立場がなくなってしまうと多少ビビッています。
 何はともあれ明日はソフトバレーの練習日!18時から宍道体育館です。多数のご参加をお待ちしています。   スカイウォーカーズ監督
コメント

知的障害者バレーボール大会

2007-03-12 20:04:02 | ソフトバレー
 以前にも紹介しましたが、下関知的障害者親睦バレーボール大会に審判員として参加してきました。今年から下関市の主催となり、山口県バレーボール協会の協力も受け、審判員も派遣してもらうことができました。A級審判員の渡邊審判長以下8名の審判団でしっかりとした大会運営がされました。
成績は男子の優勝は兵庫チーム、準優勝は下関チーム(ブルータイフーン)、女子の優勝は穂波学園チーム(飯塚市)でした。男子では島根チーム、女子では山口市チームが初参加でした。
 第1日目の試合終了後交流会が開催され、地元の父兄の皆さんのご好意でふぐの味噌汁、鳥の唐揚げ、ソーセージ、おにぎり等が振舞われ選手・役員の皆さんの交流を深めることができました。夜の部の監督会議も開催されこちらも大いに盛り上がりました。その席で各チームの監督で結成したチームと選手と試合をすれば面白いでしょうねという意見がでると、早速2日めの昼休みの時間を利用して、選手選抜チームと監督チームの試合が開催されました。
 体力面の不安とケガが心配されましたが、ここで負けるようなら日頃選手に厳しい練習を課していることを問われてしまうためか、呉越同舟の監督チームは往年の名(迷?)プレーを彷彿させるような動きで、選手選抜チームを一蹴してしまいました。さすがに口だけではないことを証明してみせてもらいました。一部には1セットだけでなく3セットマッチならどうなっていただろうかとの声も聞こえましたが、そこは深く追及しないほうがいいでしょう。
 大会終了後、兵庫の監督と島根の監督が機会を作って試合をすることで合意されたようです。ハウルとしてもできる限りの協力はしたいと思います。
井幡監督、上田監督、是非やりましょう。   スカイウォーカーズ監督
コメント

ジョブパスポート

2007-03-10 22:16:01 | NPO
ジョブパスポートってご存知ですか?

厚生労働省が行っている事業で、かなりの国費が使われています。
曰く・・・

「最近は、ボランティアやインターンシップなどの職場体験、アルバイト
などを通じて、社会を体験する機会が増えています。
そこで厚生労働省では、それらの社会体験を一定の様式に記録することで、
自己理解を深めていただくとともに、就職活動にも役立つツールとして、
「ジョブパスポート」の利用を推進しています。」

とのことで、13才から30才までの学生、社会人が対象で自分の社会体験
を記録し、履歴書とともに自己理解と自己アピールするものらしいです。

なかなか浸透してないように思いますが、どなたか聞かれたことありますか?
m-kishi
コメント

地域にくらす

2007-03-04 20:40:42 | NPO
青年海外協力隊としてアフリカのタンザニアに行って20年が過ぎた。
当時はインターネットなんぞなく、日本との手紙のやり取りも2週間以上
かかったものだ。(着かないことも多々ある)

タンザニアのザンジバルという島に3年住んで、地元の青少年に美術を
教えていた。ナイナイづくしの環境ではあったが、地元の子どもたちの
笑顔はとても輝いていた。

住民の99%はイスラム教で、先ずは、なにはさておき神さまありき。
神の下には人は平等とされいて、富むものはそうでないものに常に与える
のが常識なところだった。
そして、ハンディをもった人もあたりまえのように、地域にくらしていた。
足の不自由な人が手で町の中を闊歩しているのを見たときは驚いた。
差別の目は同じイスラム教の下ではなかったように思う。
とはいえ、イスラム教にもメリット、デメリットはあるけどね。

「地域にくらす」ただそれだけが、なかなか難しい国もある。
m-kishi
コメント