公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カジノ、インフレ  勤勉に働く人が報われない政治

2013年03月12日 08時32分28秒 | その他
首相と麻生氏の景気刺激策「カジノにメリット」「交際費課税撤廃」
(iza)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/636756/

(引用開始)

 安倍晋三首相が、成長戦略として注目されているカジノについて「メリットがある」と評価した。麻生太郎副総理兼財務相は、消費喚起のため交際費課税の緩和に前向きな姿勢を示した。安倍政権のツートップは、経済再生に向けて、手をゆるめるつもりは毛頭ないようだ。

 安倍首相は8日の衆院予算委員会で、生活の党の鈴木克昌幹事長が「カジノを解禁すべきではないか」と迫ったのに対し、「カジノ導入が産業振興をもたらしうるとの議論がある。治安に悪影響を与えかねないとの問題点も指摘されるが、私自身はメリットも十分あるなと思う」と述べた。

 カジノに関しては超党派の議連が解禁法案をまとめており、日本維新の会が今国会にも提出する方針。安倍首相が、その気になれば一気に進む可能性がある。

(引用終了)



カジノを評価するかしないかは
政治家の根本的な思想を映す鏡だと思います。



カジノなどで振興される経済ではなく、
額に汗して働く人が報われる社会であるべきだ
と思います。



競馬、競輪、宝くじなど公営のギャンブル全体を
否定する気はありません。射幸心というのも一定の
楽しみがあるでしょう。



しかし、それらの公営ギャンブルやパチンコなどの
規制を進めるならともかく、新しくカジノなどを
始める必要はないと思います。



別の新聞では、安倍氏もカジノによる治安悪化の
懸念も言っているそうです。ギャンブルによって
身を崩す人は少なくありません。



ギャンブルを主張する政治家で「道徳」を語る人が多い
のですが、彼らの言う道徳とはいったい何でしょうか。



お子さんがいる人なら、ご自身のお子さんが
ギャンブルを楽しんでいたり、また、ギャンブルで
経済は振興されるものとお子さんが考えるとしたら、
どうでしょうか。



まっとうに働いてくれ、と考える人が多いのでは
ないかと思います。



一方、



インフレは、コツコツ働いて貯金をした人たちの
貯金が目減りさせられる政策です。とんでもなく、
不公正なわけです。



株式のバブルは起こっていますが、実体経済に
どれほどの影響があるでしょうか。賃金が物価を
上げるのではなく、日本円が「安くなって」つまり、
日本円が「弱くなって」、輸入原材料が高くなる
ことで物価が上がるなら、働く人びとへの良い影響は
薄いのではないでしょうか。資金運用がうまくいった
ところで、インフレは購買力を相殺します。



カジノもインフレも、勤勉に働く人が報われない
政策という点で一貫していると思います。




(当ブログの過去記事)

インフレターゲット 勤勉・倹約の人が報われない政策
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/e596c16315378e70fb461392e81b4c54

「運用」とギャンブル、同じ??
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/fd627fa5888b9099d5e9ada3da199e52

カジノで経済を盛り上げるという発想自体が不健全
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/27eb0c94dcc0d92d02cdb02f07e63e93
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 原子力発電禁止条約を | トップ | 円安で日本企業が買収され易... »
最新の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事