放浪のページ 別冊ブログ

バイク・ツーリングやアウトドア、それに街歩きにグルメなど。ホームページや巡礼と芸術の別ブログもあります。左下のリンクで。

2017年5月千葉キャンプ・ツーリング3

2017年07月08日 08時41分09秒 | ツーリング関東


キャンプ場のある洲崎にゆく前に風呂に入ることにする。



去年も利用した不老不死温泉にたちよった。料金は700円だが、ここは毎度接客がイマイチだ。



温泉には珍しい洞窟通路があるが、古くて狭い。内風呂は熱く、露天はぬるかった。



上の部屋は休憩所兼食堂。脱衣室で大きなゲジゲジに見送られて温泉をでた。



千葉の地場スーパーのオドヤで買物をする。刺身によいものがなくて貝と地酒、ビールを買った。



洲崎灯台の下にあるお台場海浜庭園に到着した。バイクのソロ・キャンプは1500円である。ここは幕末に江戸幕府が外国船を砲撃するために築いた砲台跡だ。東京湾の入口でとても景色のよいところだが、風が強いのが難で、当日も強風が吹いていた。



キャンプ場下の釣り場。



沖を船がとおってゆく。



炊事場。ここに生ゴミを捨てることができる。



風を避けられる場所はなく、他のキャンパーから離れた場所にテントを設営した。強風なのでフル・ペグである。引き綱もすべてはった。



テーブルと椅子をだし、買ってきたビールを飲みつつの作業だ。



バイク・キャンプは私だけだった。



テントが飛ばされそうな強風だが、皆さん平然と幕営していた。



今夜の食材はサザエとホンビノス貝だ。焼くだけだから手間がかからない。サザエは2個で366円。ホンビノス貝は5・6個で221円とものすごく安かった。



ホンビノス貝の口が開いたらしょう油をたらす。



サザエはなかなか出てこないので、ナイフで強引に引き出した。小さめのサザエだが肝がうまい。ちょっとジャリジャリとしていたが、丸こどたべてしまった。日本酒にあう。



ホンビノスは熱くて持てないのでバンダナでつかんだ。これもいける。



貝焼きキャンプも乙なものだ。



〆はアジフライである。千葉にくると何故かたべたくなるのだ。食堂でたのむよりスーパーの総菜のほうが安いからゲットしておいた。124円。



日が暮れてきた。



富士山がみえる。



富士だけでなく伊豆大島や伊豆半島などもよく見えていた。



この夕日を見ただけで来た甲斐があった。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月千葉キャンプ... | トップ | 2017年5月千葉キャンプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ツーリング関東」カテゴリの最新記事