HIRO伝説

乃木坂46&欅坂46のこれからを見届けます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

欅坂46 『黒い羊』 MVFull!(歌詞付き)

2019年02月03日 10時18分15秒 | 欅坂46

欅坂46『黒い羊』MV(歌詞付き)

コメント

Mステ 『乃木坂46 シンクロニシティ』  190201!

2019年02月02日 11時01分16秒 | 乃木坂46

【乃木坂46◢⁴⁶】 シンクロニシティ 2019年2月1日 190201

コメント

“欅坂46史上最もメッセージ性に溢れた作品”が解禁 表現力と迫力で圧倒<黒い羊>

2019年02月01日 13時54分16秒 | 欅坂46

欅坂46の8thシングル「黒い羊」(2月27日発売)のMusic Videoが公開された。

こちらからどうぞ⇒ http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/?ima=0000

欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像) 欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)

欅坂46「黒い羊」MV解禁

2019年最初のプロダクツであり、前作の「アンビバレント」から約半年のリリースとなるだけに、リリース情報解禁から大きな反響があった同作。メンバーもラジオやブログでMVも楽しみにしていて欲しいと口々に語っており、期待が高まっていた。

そんな中、2月1日にMVが公開。監督は「二人セゾン」「不協和音」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」「アンビバレント」などでもMVを手掛けた新宮良平氏、振付も引き続き世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)氏が担当した。

欅坂46史上もっともメッセージ性に溢れた作品「黒い羊」

毎作品において強いメッセージやアイドルらしからぬ激しい振り付けで、観る者を唸らせてきた欅坂46だが、同作はさらにその表現力や迫力が押し進められ、胸に深く突き刺さる歌詞を、生きることの葛藤や様々な人との共存・対立などを抱きしめあう振り付けや突き放す振り付けを軸に見事にコンテンポラリーなダンスで表現。欅坂46史上最もメッセージ性に溢れた作品と言っても過言ではない仕上がりとなった。

センターはデビューから8作連続で平手友梨奈が務めるが、各メンバーも約3年の活動の中で大きく成長。まさに欅坂46の“今”の集大成ともいえる作品となった。

欅坂46史上もっともメッセージ性に溢れた作品「黒い羊」MV解禁

欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像) 欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)

2019年最初のプロダクツであり、前作の「アンビバレント」から約半年のリリースとなるだけに、リリース情報解禁から大きな反響があった同作。メンバーもラジオやブログでMVも楽しみにしていて欲しいと口々に語っており、期待が高まっていた。


監督は「二人セゾン」「不協和音」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」「アンビバレント」などでもMVを手掛けた新宮良平氏、振付も引き続き世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)氏が担当。欅坂46の“今”の集大成、グループ史上最もメッセージ性に溢れた作品と言っても過言ではない仕上がりとなっている。

欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像) 欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)

欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像) 欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)

低音で奏でられたピアノ演奏から始まる同曲。デビューから8作連続でセンターを務める平手友梨奈が、彼岸花を持って歩き始め、ほかのメンバーも次々に登場。胸に深く突き刺さる歌詞を、生きることの葛藤や様々な人との共存・対立などを抱きしめあう振り付けや突き放す振り付けを軸に見事にコンテンポラリーなダンスで表現している。

MVが解禁されると、ネット上では「涙が止まらない…こんなに胸が苦しくなったのは初めて」「『全部僕のせいだ』とか『僕だけがいなくなればいい』とか歌詞も深すぎる」「長回しでこの表現ができるのは欅坂46の強み」「神曲すぎる。何回みても号泣」「表情・表現が全員すごく良い。鳥肌立った」「平手ちゃんとメンバーが抱き合うのグッとくる」「感情が揺さぶられた」などと反響が続々と上がっている。

 

欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)

また、MV終盤には、平手が何かを叫んでメンバーのもとに向かう演出が。

欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像) 欅坂46「黒い羊」MVより/(提供画像)

発した言葉は音に乗せられていないことから、ファンの間では「てちなんて言っているんだろう…?」「叫んだ言葉は今1番伝えたい言葉?」「なんて言っているのかわからないのに、表現力がすごすぎて胸に刺さる」などと注目が集まっている。

コメント