GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

2019 世界陸上ドーハ大会 その2

2019-10-08 09:21:01 | 日 記
カタール・ドーハで10日間に渡り開催された世界陸上
期間中ブログ更新の予定でしたが、連日の熱戦に夢中になり、あっという間に大会は
終了してしまいました。。。(^_^;

↓その中でも印象に残った種目のひとつ、大会4日目の男子5000m決勝
 トラック長距離界のスター選手、M・ファラー(イギリス)がロンドン世界陸上後にロードに転向。
 混戦が予想されたレースはM・エドリス(エチオピア・前から3番目)が12分58秒85の大会記録で連覇。
 2位には同じエチオピアのS・バレガ選手(前から2番目)。彼はまだ19歳。昨年は同種目世界ジュニア記録
 12分43秒02をマーク。10000mでも既に26分49秒46のベスト。今後世界のトラック長距離界を
 リードしていく予感を感じさせる両選手の走りでした。


↓一方、エチオピア勢のメダル独占を阻んだのはM・アーメド選手(カナダ)。
 終盤ロングスパートその後も粘りを見せて3位入賞。同種目カナダに初のメダルをもたらしました。


↓一方4日前に行われたこの種目の予選1組。最後方から2番目走っていたJバスビー選手(アルバ・黄色)。
 レース終盤力尽きそうになり、大きくペースダウンしていた同選手を後ろからやってきたB・ダボ選手
 (ギニアビザウ・赤色)が手を貸し、最後まで付き添いながらフィニッシュ。彼らの前の選手がゴールしてから
 既に約4分以上経過していましたが、この光景に場内の観衆から大きな歓声と拍手。
 ルールによりバスビー選手は失格となりましたが、世界的に無名の2選手が世界最高の舞台で見せたスポーツマン
 シップ。感動のシーンでした。


弊社インプレスランニング・公式ウェブ・サイト




コメント   この記事についてブログを書く
« 2019 ベルリン・マラソン... | トップ | 激動の陸上界と充電の秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日 記」カテゴリの最新記事