GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

会社創立7周年

2018-05-16 14:55:02 | 日 記
今日5月16日は弊社創立記念日。 インプレスランニングが誕生してちょうど7年が経過しました。 クライアントチームや多くの陸上関係者、そして弊社サポートスタッフに支えられ、ここまで事業を継続 拡大してくることが出来たこと、皆様への感謝の気持ちで一杯です。 ↓今年はそんな記念日の時期をここ米カリフォルニア州で迎えています。  昨日(現地時間15日)迄は同州マンモスレクで米トッププロチームBTCの下で . . . 本文を読む
コメント

新年度スタート

2018-04-03 13:45:43 | 日 記
新しい年度がスタートしました。 前年度も多くのクライアントチーム、陸上関係者の方々に支えられ充実した年度になりましたこと、 心から感謝申し上げます。 そして今2018年度。弊社インプレスランニングの活動も8期目に入ります。 今年度は既にスタートしている米プロクラブのバウワーマン・トラック・クラブ(BTC)との日本人選手 強化プロジェクトが本格化。更には新チームでの外国人選手業務など大きな新規施 . . . 本文を読む
コメント

東京マラソン2018

2018-02-27 07:02:09 | 日 記
去る25日(日)行われた東京マラソン2018。 クライアントチーム、そしてコラボしている海外プロチームから参加の2選手がトップ3に入る素晴らしい活躍を 見せました。 ↓男子では設楽悠太選手(Honda)が自己ベストを約3分更新。2時間06分11秒の日本最高記録で  2位入賞。同大会はマラソンの世界6大大会(ロンドン、ボストン、ベルリン、シカゴ、NY、東京)からなる  ワールドマラソンメジャーズレ . . . 本文を読む
コメント

2018年スタート!

2018-01-03 11:21:45 | 日 記
皆様、明けましておめでとうございます。 旧年中は色々とお世話になりありがとうございました。 ↓そして今年も一年のスタートはここ群馬・前橋から。  元日開催の全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)に行って来ました。  写真はスタート・フィニッシュ地点の群馬県庁。スタート前から多くの人で  賑わっていました。 ↓レースは9:15スタート。7区間100.0kmのコースに37チームが  駅伝日本一をか . . . 本文を読む
コメント

2018ニューイヤー駅伝に向けて・最終回(Honda様編)

2017-12-31 10:30:39 | 日 記
連載で紹介している元日、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)出場のクライアントチーム紹介。 最終回の今日は埼玉拠点に活動するHonda陸上部。東日本地区では2年ぶり6回目の優勝。 ニューイヤー駅伝は34年連続35回目の出場。今年も弊社で複数の海外遠征をサポートさせて 頂きました。 ↓5月米オレゴン州ユージンで開催されたプリフォンテン・クラシック5000m。  毎年世界のトップ選手が集うこのレース . . . 本文を読む
コメント

2018ニューイヤー駅伝に向けて・その7(富士通様編)

2017-12-29 21:29:46 | 日 記
今回紹介するのは千葉を拠点に活動する富士通陸上部様。 予選となる東日本実業団駅伝では2位に入りニューイヤー駅伝は28年連続28回目の出場。 ↓今年2月には初めてオーストラリアで中村匠吾、横手健、潰滝大記の3選手が高地合宿を実施。  写真は潰滝大記選手。 ↓6月の日本選手権ではこの潰滝大記選手が3000m障害が優勝。その後、ホクレン大会では  世界選手権の標準記録も突破し、見事世陸代表入りを決 . . . 本文を読む
コメント

2018ニューイヤー駅伝に向けて・その6(日立物流様編)

2017-12-28 23:12:00 | 日 記
今回は日立物流陸上部。 ニューイヤー駅伝予選となる東日本実業団駅伝では過去最高の4位。 1区牟田祐樹、6区柳利幸両選手が区間賞。最長エース区間の浅岡満憲選手も他チームのエースと 互角の走りで区間3位で走るなど複数の主力選手がしっかり走り、最終7区にたすきが渡る時点では 首位。近年海外施策も多く取り入れる中で着実に力を付けてきたチームです。 ↓2月にはトラックメンバーがオーストラリアで高地合宿。 . . . 本文を読む
コメント

2018ニューイヤー駅伝に向けて・その5(トヨタ自動車様編)

2017-12-23 23:23:48 | 日 記
今日紹介するのはトヨタ自動車陸上長距離部様。 中部実業団駅伝では窪田忍、服部勇馬の主力両選手を欠きながらも2位に3分以上の差を付け、 大会新記録で4年連続優勝。ニューイヤー駅伝は29年連続39回目の出場を決めました。 佐藤敏信監督が就任後、2010年以降、ニューイヤー駅伝で優勝3回を誇る強豪。 ↓今年は夏場に米ユタ州で2度に渡る高地合宿をサポートさせて頂きました。 ↓キャプテンの大石港与選手 . . . 本文を読む
コメント

2018ニューイヤー駅伝に向けて・その4(SGホールディングス様編)

2017-12-22 23:55:26 | 日 記
今回は先月関西実業団駅伝で4年ぶり6回目の優勝を果たしニューイヤー駅伝23年連続24回目の 出場を果たしたSGホールディングス陸上部様。 ↓近年、冬場に実施のオーストラリア強化合宿。1月には1年間の土台作りとなる走り込みを実施。 ↓その甲斐あって7月ゴールドコーストマラソンでは、主将の菊池貴文選手が自己ベストをマーク。  9位に入る健闘。 ↓また9月には期待のルーキーの一人、林竜之介選手 . . . 本文を読む
コメント

2018ニューイヤー駅伝に向けて・その3(マツダ様編)

2017-12-15 23:24:14 | 日 記
今回紹介するのは広島のマツダ陸上部様。 予選となる中国実業団駅伝では3年連続10回目の優勝。 ニューイヤー駅伝は16年連続53回目の出場です。 ↓チームを引っ張るのはエースの山本憲二選手。  6月には米ロックンロール・ハーフマラソンで4位入賞。その後もアルバカーキ-で合宿を積むなど  積極的に海外で鍛えた甲斐もあり優勝を決めた中国実業団駅伝では最長エース区間の6区19.0kを  走り区間2位に約 . . . 本文を読む
コメント