GENさんの陸上ワールド

柳原 元の公式ブログ。WA世界陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務の様子、海外陸上ネタなど綴ります。

海外コーチ研修の価値

2022-08-13 16:40:44 | 日 記
陸上エージェントの仕事に就いて約10年余りの間、日本人指導者が海外トップコーチらの下で学ぶ機会も幾度かサポートしてきました。 2016年5月。米オレゴン州に拠点を置くバウワーマン・トラッククラブ(BTC)で約1ヶ月間研修に臨んだトヨタ自動車の熊本剛コーチ(現監督・青のウェア)。当時BTCも発足して3年目。ちょうどクラブが急成長していった時期。一方指導者としての道を歩み出したばかりの熊本コーチ。J . . . 本文を読む

2022年7月 米プーマERT✖宇賀地コーチ その3

2022-08-06 23:26:04 | 日 記
先月下旬、米ノースカロライナ州プーマエリート・ランニングチーム(PERT)での海外コーチ研修。 PERTのコーチでもあるアリステア&エイミー・クラッグ夫妻には大変お世話になりました。 今回研修、同チームのマネージャーから正式OKをもらったのは7月初旬頃。世界陸上と現在イギリスで開催中の英連邦大会の狭間の期間。更にこの後には欧州選手権が控える中、各大会への参加選手もいる中での現地訪問でしたが、いざ . . . 本文を読む

2022年7月 米プーマERT✖宇賀地コーチ その2

2022-08-03 23:34:42 | 日 記
先月下旬、米ノースカロライナ州プーマ・エリート・ランニングチームでのコーチ研修。 この日は全米有数の名門大学のひとつデューク大学でのトラック練習を宇賀地強コーチ(コニカミノルタ)と視察。 同チームが拠点を置くここノースカロライナ州チャペルヒルとその周辺にはトラック、ロード、クロカンコースが豊富にあり練習場所には事欠きません。しかも高校や大学の施設が一般の人でも気軽に使える場所が多くその辺りも日本 . . . 本文を読む

2022年7月 米プーマERT✖宇賀地コーチ その1

2022-08-01 10:38:04 | 日 記
先日オレゴン世界陸上でのサポート業務を終えた後、先月26日にコニカミノルタ陸上部・宇賀地強コーチと米ノースカロライナ州に移動。 そこを拠点に置くプーマ・エリート・ランニングチーム訪問しました。写真は同チームの練習メイン会場のひとつノースカロライナ大学トラック。 今回訪問は昨年から実施している宇賀地コーチの海外コーチ研修プログラムの一環。 私がかねてから付き合いのあるプーマチーム・アリステア・ク . . . 本文を読む

2022 オレゴン世界陸上 その5(BTC勢の活躍・後半戦)

2022-07-27 23:35:35 | 参加試合結果
24日に閉幕した世界陸上。 最終日もスタジアムは大観衆で盛り上がりました。 そしてここ米オレゴン州に拠点を置くバウワーマン・トラッククラブ(BTC)の選手達、惜しくもメダルこそ逃したものの長距離各種目で期間通じてのべ8名の選手がトップ10入りの活躍を見せ地元ファンを湧かせました。 同クラブ選手20日以降後半戦の成績は以下、 (前半戦の成績はこちら) 20日(水) 女子 5000m 予選1組 . . . 本文を読む

2022 オレゴン世界陸上 その4(5000m 遠藤日向選手)

2022-07-22 23:14:17 | 日 記
世界陸上7日目。 この日はサポートしている遠藤日向選手(住友電工)の5000m予選。夢にまで見た世界陸上の舞台。高校卒業後、単身渡米。米プロ-チーム・バウワーマン・トラッククラブ(BTC)に身を置き練習を積んできたオレゴンの地で開催の世界陸上。誇りと自信を胸にレースに臨みましたが残念ながら目標としていた決勝へ進むことはできず。それでも初めて世界の一流と真剣勝負の場で直に戦った経験は彼の今後の成長の . . . 本文を読む

2022 オレゴン世界陸上 その3(BTC勢の活躍・前半戦)

2022-07-20 23:36:06 | 参加試合結果
オレゴン世界陸上。折り返しの5日目が終了。 8年前から弊社とコラボ、地元オレゴン拠点のバウワーマントラッククラブ(BTC)からは11名の選手が参加。その内、昨日までに登場した7名は全員決勝へ。地元の声援にも後押しされ3名が入賞する活躍を見せています。 15日 男子3000m障害 予選3組 エバン・ジャガー(米) 組2位 8分18秒44 着順で決勝へ 16日 女子3000m障害 予選3組 コ . . . 本文を読む

2022 オレゴン世界陸上 その2

2022-07-19 22:39:52 | 日 記
今月15日に開幕した米オレゴン世界陸上。 日を追う毎に観客の数も増えてきました。 そしてここユージーンはアメリカ陸上の聖地とも言われる街。 人口は20万人弱ですが、陸上、ランニング好きの人が多く今大会も大いに盛り上がっています。 とにかく観客一人ひとりが競技を真剣に観戦。決勝レースのフィニッシュ時にはスタンディングオベーション。大きな歓声と拍手。雰囲気を盛り上げる場内アナウンスも相まってまさに . . . 本文を読む

2022 オレゴン世界陸上 その1

2022-07-16 00:59:54 | 日 記
今日15日から世界陸上が開幕。 昨日14日米オレゴン州ユージーン入り。大会本部に寄りPCR陰性証明書などを提出後、関係者用入場ADを入手。 一夜明け、宿舎からマラソン地点となるオーツェン・スタジアムまでウォーク&ジョグ。 本日初日の注目種目は男子3000m障害予選。 今年2月から約3ヶ月間、アリゾナ、オレゴンで米プロチーム・バウワーマン・トラッククラブ(BTC)のメンバーとトレーニングを積 . . . 本文を読む

2022年夏 米ユタ合宿 その6(住友電工・遠藤日向選手)

2022-07-12 21:20:23 | 海外サポート
住友電工陸上部様、オレゴン世界陸上に向けての米パークシティ合宿。 中盤に入った後も順調に推移。昨年6月トレーニング拠点をアメリカから日本に戻して以降もBTCスタイルのトレーニングを継続してきた遠藤日向選手。この日はトレーニングパートナーの加藤淳、吉田圭太(共に住友電工)両選手と共にトラック練習。 練習前にはBTCメンバーと久しぶりの再会を喜び合いました。 今回合宿。同地で世界陸上に向けてト . . . 本文を読む

2022年夏 米ユタ合宿 その5(住友電工・遠藤日向選手)

2022-07-10 11:49:06 | 海外サポート
米ユタ州パークシティ合宿。 今月3日には住友電工陸上部の皆さんが到着。ユージーン世界陸上(15日開幕)5000m代表の遠藤日向選手がこの地で事前調整合宿を行います。 今回は遠藤選手のトレーニング・パートナーとして吉田圭太(向って左)と加藤淳(先頭右側)両選手が合宿に参加。 日本でも遠藤選手と共に練習を積んで来た2人。原コーチ(左から2番目)と共に世界陸上本番まで遠藤選手をサポートします。 . . . 本文を読む

2022年夏 関東学連 ベルギー遠征 試合結果

2022-07-05 00:49:30 | 参加試合結果
コロナ禍でここ2年間遠征見送りとなっていた関東学生陸上競技委連盟様の欧州遠征もようやく復活。 今回はベルギーで開催、6月29日(水)リエージュ、7月2日(土)ナイト・オブ・アスレチックス両大会に出場した女子短距離チームをサポートさせて頂きました。 結果は以下、 ●大会名: リエージュ国際陸上 ・期 日: 6月29日(水) ・場 所: ベルギー・リエージュ ・参加種目&結果(敬称略):  (女子) . . . 本文を読む

2022年夏 米ユタ合宿 その4(コニカミノルタ)

2022-07-04 08:50:00 | 日 記
コニカミノルタ陸上部様の約40日間に及ぶパークシティ合宿が先月末終わりました。 今月17日(日)のユージーン世界陸上男子マラソンに出場の星岳(ほし がく・写真前)選手と今回トレーニングパートナーとして合宿に参加した宮下隼人選手。共に海外での長期高地(標高約2,000m)トレは初めてでしたが、全期間を通じて大きな怪我、体調不良もなく順調に練習をこなしました。 そして全期間を通じて両選手の指導を担 . . . 本文を読む

2022年7月 ゴールドコースト・ハーフマラソン(試合結果)

2022-07-02 14:57:16 | 参加試合結果
現地時間2日開催の豪・ゴールドコースト・ハーフマラソン。 中央大学から参加の若林陽大(わかばやしはると)、中澤雄大(なかざわゆうだい)両選手をサポートさせて頂きました。 結果は以下、 ●大会名: ASICS ゴールドコースト・ハーフマラソン ・期 日: 7月2日(土) ・場 所: オーストラリア・ゴールドコースト ・種 目: ハーフマラソン・21.0975k ・結 果:  1位  BRETT R . . . 本文を読む

2022 全米陸上 その4(ユージーン名所あれこれ)

2022-07-01 21:37:29 | 日 記
全米陸上視察を含め6/22から5日間滞在したオレゴン州ユージーン。 写真は会場となったヘイワードフィールド(Hayward Field)。2018年に改築され超近代的なデザインのスタジアムに様変わりしました。   別名Track Town USAとも呼ばれる人口約18万人弱のこの街。 至る所に陸上やランニングにまつわる名所があります。その代表的な場所のひとつプリ・トレイル(全長約6.5k)。ウッ . . . 本文を読む