GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

スポーツメーカーの戦い

2012-02-27 23:58:58 | スポーツBiz
昨日行われた東京マラソン2012。 男女エリートの部には国内外の一流選手が多数参加。また3万人を越える市民ランナーがそれぞれの 想いを胸に完走した今大会。 日本中で近年増加している大規模市民マラソンはスポーツメーカーにとっても戦いの場です。 近年日本国内ではランニングブームによりジョギングシューズの売り上げが急増。今後も当面はこの ブームが続くとの見方から各スポーツメーカーもランニング系用品の販 . . . 本文を読む
コメント

いよいよ東京マラソン

2012-02-25 12:50:58 | 日 記
いよいよ明日は東京マラソン。今回、男子のレースは五輪代表選考を兼ねている事もあり、例年以上の 盛り上がり。 私は昨日、ゴール近くの国際展示場で開催中の東京マラソン・エキスポに行って来ました。 昨年は私もレースに参加。その為、前日ここにナンバーカードを取りに来ましたが、今年は落選したので それはなし。 嬉しそうにナンバーカードを持ち歩いている人を見て若干寂しい気持ちになりました。 ↓展示場内には . . . 本文を読む
コメント

海外成長神話に逃げるな

2012-02-23 11:12:40 | 日 記
前回「海外で学ぶ事」というテーマでブログを書きました。 一方、今回は「海外成長神話に逃げるな」というテーマ。これもしばらく前に朝日新聞スポーツ欄に あった記事です。 その中で、 “選手の海外志向を聞くたびに、冷めた気分になる事がある。多くの場合、その理由は「高いレベルで成長したいと」と語られる。気持ちは分かるし、否定はしない。でも、海外に移籍さえすれば成長が約束される訳ではない。・・・(サッカー . . . 本文を読む
コメント

海外から学ぶ事

2012-02-19 11:27:48 | 日 記
先月、朝日新聞に「J20年を語ろう」というシリーズ記事が。 サッカー・Jリーグがスタートして20年。その間、Jが何を残しこの先どう発展していくのか。 様々な角度からJリーグを考えるをテーマとした連載記事。 その中で特に目を引いたのが横浜マリノス・中村俊輔選手がJデビュー当時、日本に来た多くの外国人 選手やその後、欧州で8年間プレーした時に見たもの感じた事などを綴った記事。 Jデビュー当時、リーグ . . . 本文を読む
コメント

ウェブサイト制作中

2012-02-15 23:33:16 | 海外サポート
STCIの海外サポート事業・「グローバルサポート・プロジェクト(GSP)」のウェブサイトを現在 制作中。 正確にはある業者にお願いして(申し訳ないくらい)格安で制作してもらっています。 来月の大きな関連イベントはびわ湖毎日マラソンとプラハ・ハーフマラソンでの選手サポート。 詳しくは後日PR。4月以降のイベントもいくつか内容が固まってきました。新年度スタートとなる 4月にはこのサイトも正式に完成予 . . . 本文を読む
コメント

千葉クロカン

2012-02-12 21:05:45 | 日 記
今日は千葉県・昭和の森で開催された千葉国際クロスカントリー大会に行ってきました。 クロスカントリー・レースとは野山などの不整地にコースを取って行うレースの事。長距離種目のトレーニングの ひとつとしても良く用いられ、不整地を速いペースで走り切る事により脚筋力の強化、大きくてバランスの 良いフォーム作りに効果があると言われています。 今日のレースは中学生、高校、大学、そして実業団のトップ選手が多数参 . . . 本文を読む
コメント

引退後のセカンドキャリア・ある事例

2012-02-10 23:42:04 | 日 記
先日、埼玉県飯能市にあるLife chiropracTIC(ライフカイロプラクティック)という治療院に行って きました。 実はこの治療院の院長でもありカイロプラクタ―でもある後藤敏雄さんはもと某実業団の長距離選手。 私が所属していたチームと同じ県内で彼も競技をしていたので、当時試合や合宿で顔を合わせたり、 以前あった青森―東京縦断駅伝の埼玉県代表チームで私がマネージャー、彼はチームの主力選手として . . . 本文を読む
コメント

ドバイ・ショック

2012-02-02 00:21:18 | 日 記
ドバイ・ショック! 数年前ドバイを襲った金融危機の事ではありません。 先月27日、現地で開催されたドバイマラソンで、予想通り、いやそれ以上の好記録が続出しました。 優勝は今回が初マラソンとなるアイレ・アブシェロ(エチオピア)。初マラソン世界最高&大会新記録 となる2時間04分23秒! 更に驚くべきは男子上位10名の内、4位以外は全てエチオピア勢。10位でも2時間06分29秒という 超ハイレベル。 . . . 本文を読む
コメント