世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

西大陸,リスク,一帯一路・海外遠征の歩み 東トルキスタン共和国=>新疆ウイグル自治区 1944年中国共産党に帰順

2020-09-22 15:45:24 | 連絡
新疆ウイグル自治区(シンチャンウイグルじちく、しんきょうウイグルじちく、ウイグル語: شىنجاڭ ئۇيغۇر ئاپتونوم رايونی / Shinjang Uyghur Aptonom Rayoni、中国語: 新疆维吾尔自治区)は、中華人民共和国の西端にある自治区である。1955年に設立され、首府は烏魯木斉(ウルムチ)市(北緯43度49分30秒 東経87度36分00秒座標: 北緯43度49分30秒 東経87度36分00秒)である。
民族構成はウイグル人のほか、漢族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族(本来はオイラト族である)などさまざまな民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれている。中華民国時代には、1912年から新疆省という行政区分が置かれていた。
本来中国には時差が設定されていないが、新疆では非公式に北京時間(UTC+8)より2時間遅れの新疆時間(UTC+6)が使われている[1]。

辛亥革命の後、清朝の版図を引き継いだ中華民国に属しながらも、漢民族の省主席によって半独立的な領域支配が行われた。これに対して1933年と1944年の二度にわたって土着のムスリム(イスラム教徒)によって民族国家東トルキスタン共和国の建国がはかられたが、国共内戦で東トルキスタン共和国のセイプディン・エズィズィと新疆省のブルハン・シャヒディらが中国共産党に帰順したことでこの地域は中国人民解放軍が展開し、1955年に新疆ウイグル自治区が設置された。
1966年には自治区内に文化大革命が波及。こと文革に関しては、少数民族を多く抱える同自治区の闘争は中国の他地域と比較してある程度は抑制されていたというが、それでも一部で行なわれたモスクの破壊や紅衛兵同士の武装闘争により、混乱に拍車がかかった。

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 弧状列島,品証,ジャパンラ... | トップ | 西大陸,リスク,一帯一路・... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東トルキスタンに名誉を)
2021-01-28 06:14:24
チャイナチスと揶揄されるから、チベットと内蒙古の人権も守らないのですね。
https://blog.goo.ne.jp/zetneo/
このブロガーは、関連性のないハッシュタグを乱発する般若ライナーズ金ですよ。

こんな在日韓国人に侮辱されてもいいんですかねえ。

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事