元世翬の気学観測

運気の流れを気学で読み解く

「元世翬の気学観測」第九十七話

2024年01月31日 | 気学よもやま話
〔2月の運気〕
 2月4日は暦上の年の始まりです。そして運気というものはすべてにおいて始まりが最も重要です。その始まりがどういう形で始まったかによって、途中および終わりの形が決まってくるのです。今年の2月は個人の自立と新しいことを試みるエネルギーラインに光が当たっており、現状維持を意味するラインに障害を伴う気が入っています。
 2月は五黄土星というゼロから作り上げるエネルギー体が暦の中央に入り、九紫火星が天道を伴い定位の離宮(りきゅう)から五黄土星を正しい方向へ導きます。十二支においては寅のエネルギーが旺盛となり、旧体制を捨て、新しい道を切り開くように進んでいきます。これらの配置を総合的に分析すると、今年は現状維持で進める部分は限られており、新しい道をそれぞれの人がゼロから切り開く年になります。特に2月の九紫火星は善悪を見極め、真実を自分の目で確認し、万民の救済に向かいます。五黄土星と九紫火星(天道)の組み合わせが未解決問題を浮上させ、腐敗したものを表に出し、解体と浄化をもたらします。2月は政治、経済その他あらゆる分野の矛盾と問題が浮上する中、九紫火星による成敗が光る月となります。
 2022年から始まった七赤金星の上昇気流は今年頂点に立ちます。離宮に同会する七赤金星の意味は個々人が持つ価値観の変容です。すべての九星は今年何らかの形で七赤金星の影響を受けます。七赤金星は自分の内側の変容によって外部環境を変えていくエネルギーです。自分の考え方や見方を変えることによって、より歩みやすい道、より通りやすい道を選び、自分に合った道をそれぞれに進んでいくようになります。

〔本命世界と月命世界の価値観〕
 2024年は本命と月命のバランスがより一層問われてくる年になります。今まで繰り返し本命と月命の違いについて述べてきましたが、本命世界の基本は物質世界であり、目に見えるものによって我々が動かされていく世界です。本命世界では地位、名誉、肩書、権威が価値の基準となり、蓄財を含めた物質環境によって生活の安定が保証される世界です。
 これに対し月命は非物質的な世界で、個々人の精神性、情緒、感性が重んじられ、生きがいが生活のモチベーションとなって動いていきます。月命世界はその本命世界とタイアップし、自分の生きがいを反映させていくために本命世界が作る環境と歩調して動いていきます。けれどもその関係は月命が本命の基盤に助けられることもあれば、本命環境の向かう方向性に縛られる側面もあります。今置かれている世界の状態は本命世界の価値観に大きく傾き過ぎ、本命世界の環境的制約に収まる形での生きがいの現実化に留まっているように思います。
                    
〔命運の傾斜が語ること〕
 本命世界と月命世界のバランスは気学における傾斜(けいしゃ)に現れます。気学で捉える傾斜は月命九星から見た本命九星の位置によって決まります。この傾きは月命が本命の位置する環境に傾いていくということを意味し、月命が主導権を握っているようでも、実はその裏で月命が本命の環境に引っ張られ、人生の方向性を定められているという解釈も成り立ちます。この解釈はある意味で正当な解釈ですが、宇宙の法則から捉えると十分ではないと指摘できます。つまり宇宙は一方に偏り続けることがないからです。気の世界は必ず陰と陽のバランスを取ろうとします。従って一方への傾斜があれば必ず逆に動こうとする力が発生します。月命が本命に引っ張られるのであれば、本命も月命に引っ張られる関係になります。つまり二つの命運はバランス状態にあるのが本来の姿と捉えるのが宇宙の法則に適っています。
 本来の命運のバランスは波動の高低差から、本命世界が月命世界を下支えし、バックアップする形によって安定性が生まれてきます。本命世界が月命世界の方向性を決めるのではなく、月命が志向する方向性を本命世界が裏から支えるのです。この関係性はある時は本命が良き伝統を守りながら月命の行き過ぎた革新を抑え、またある時は月命が本命の行き詰まった環境を革新するようになります。こうして二つの命運は互いの特性を活かし、歩調関係を取り、陰陽のバランスを取っていきます。そうであってこそ本命世界が持つ物質の堅実さと安定性が月命世界に活かされていくのだと私は考えています。

〔本命世界の虚構〕
 2020年のパンデミックによって世の中の方向性は明らかに変わりました。それは既存の価値観が崩れ去るとともに、個々人が自分の価値観に目覚めた年でもありました。こうして本命世界が持つ地位、名誉、肩書は今までのような意味をなさなくなり、今まで信じて疑わなかった権威、権力に多くの人が容易に従わなくなるようになってきました。本命世界が堅牢に築き上げた価値観は既に崩れつつあり、蓄財の量で生活の安定を図ることは出来なくなっています。
 本命世界が持つ堅実さと安定性は、その虚構が顕わになり崩れ去ろうとしています。今起きている政治と経済の混乱は、物質世界に価値を置き過ぎた究極の姿です。物質世界は時代の流れとともに老朽化し、何れ消滅していく世界です。我々は今本命世界の虚構を目の当たりにし、月命の生きがいをどのように実現していくかを探り始めています。 

〔2025年は決着点であり分岐点〕
 暦の流れを観ると、この時代のうねりは2025年に一つの決着点を迎えようとしています。ここから大きな命運の分岐点を迎えます。2025年は国民を意味する二黒土星が中宮に入り、政治、企業、金融、公共、平等を意味する六白金星が離宮という規範の位置に入ります。これによって2025年は一部の権力者から国民に主導権が移り、政治・経済・貨幣の理想の姿が打ち出されるようになります。六白の虚構は既に剥がれ落ち始めています。2025年から2026年にかけて真正の六白が姿を現わし、国民の支持を得、虚構の六白は沈みゆく運命とともに表舞台から姿を消していきます。
 2024年から2025年にかけて現れてくる世界の変容は、本命世界から月命世界への脱皮と言ってもよいかもしれません。ここから本命世界は月命世界を裏から支えていくよう、本来のあるべき姿に変わっていきます。本命世界の本来のあるべき姿は生きがいを現わす月命世界を物質世界から支えていくということです。
 月命世界が主導権を握る世界では本命世界の地位や肩書や権威や財力が今までのようにものを言うことはありません。月命世界の豊かさとは個々人の価値観に沿った生きがいの実現であり、それは外から評価できるものではないのです。その生きがいは自分のみならず他人の生活を豊かにし、世の中の利便性を向上させ、貧困という状態を無くしていきます。月命世界に今までのような貧困はありません。月命世界の豊かさとは個々人の生きがいを仕事にすることによって築かれ、それは物質的充足ではなく精神的充足に向かって行くからです。月命世界は本命世界の援護を得ることはあっても、今までのような物質的不均衡に身を置かれることはないのです。

〔自分の価値観を構築する〕
 この意識の変化は自分自身の価値観が確立していて初めてなされるものです。価値観は今までのように本命世界が提供してはくれません。外からもやってきません。自分自身が何に価値を置くか、それがすべてです。その価値判断は自分が行い、自分が結論を出し、その評価も自分自身が行うのです。答えはどこにもありません。点数をつけることも出来ません。優劣をつけることもできません。自分が価値ありと思えばそれが価値となり答えになるのです。
 生活のために働く波動が強ければ強いほど、命運は本命主導に傾き、既存の社会の価値観に従属し、物質的拘束と環境的制約を受けながら生活するようになります。そして本命世界で主導権を握る権力、権威、肩書、地位、名声が相変わらず世の中を支配し、貧富の格差を広げながら世界を過度な競争と対立構造へと導いていきます。
 一方月命世界に軸を移動し自分の価値観を構築した人は、月命の波動に乗ることで夢や理想の実現が今まで以上に早くかつ容易になり、本命世界とは異なる豊かさを手に入れるようになります。繰り返しになりますが、本命世界の役割がなくなるわけではありません。本命世界は今まで通り月命世界を物質側から支えていき、生活基盤を整え、生きがい実現のための物質的基盤をもたらします。こうして月命と本命の関係は波動の理論通りに結び付き、本来のあるべき傾斜の姿とバランスに収まっていくことになるのです。




                                     浅沼気学岡山鑑定所

「元世翬の気学観測」第九十六話

2023年12月31日 | 気学よもやま話
〔2024年1月の運気〕

 12月は個々人の内面を変革する月。これに対し1月は人事を入れ替えて構造を変革する月です。1月は三碧木星、六白金星、九紫火星という妥協を許さない九星が変化ラインと呼ばれる三つの宮に入ることで、旧体制の行き詰まりを解消します。前年から浮上した政治問題の追及は大詰めになり、組織のトップが自ら身を引かざるを得ない場面あるいは退陣を余儀なくされる流れが出てきます。
 一方1月は八白土星に天道が付き、物流を整える四緑木星と向き合うため、新しいインフラが開通するか、あるいは回復する状況が現れてきます。また四緑木星はメディアを現わし、八白土星は入れ替わりを促す役目があるため、既存のものとは異なる新たなプラットフォームを作る機会が訪れます。政治的には新しい国と国の繋がりが生まれ、今までとは異なる国家連盟が世界を動かすようになっていきます。
 2024年の運気を形作るポイントとなる九星は七赤金星と八白土星です。七赤金星は2022年より好調期に入り、七赤金星時代を定着させるために、個々人の内面的な変化変容を促しています。今年の七赤は規範と価値観を意味する離宮(りきゅう)に同会します。七赤は旧来の価値観を変容させ、自分独自の価値観がしっかりと打ち立てられるように導きます。また前年の11月から運気を上昇させてきた八白土星は、今年の運気の基軸を作り、世代間継承、伝統技術の伝承、今までにない新たな人脈の形成に力を発揮します。この流れは2025年に引き継がれ、地球規模的な変革期の流れを明確に後押ししていきます。
 

〔気遣いと礼節の国日本〕

 目に見えない気遣いや配慮が今後の人間関係を豊かにしていく原動力になります。その気遣いと配慮とは七赤金星と一白水星が目指す思いやりです。そこでは競争による強者と弱者の分離もなく、自分と他人の力を比較することもなく、社会が認める肩書や地位も必要とされず、権力を持つ者が多数の人を支配下に置くこともありません。
 この気遣いを最も大切にする社会を築いている国は日本です。日本人の国民性を一言で言うと、気遣いの細やかさです。ですから他の国々の人が日本に訪れるとその細やかなサービス精神に驚かされるのです。その国民性には慎ましさを重んじる清貧の思想があります。豊かさには物質的な豊かさと精神的な豊かさがありますが、日本人が古来より大切にしてきたことは物質的豊かさよりも精神的豊かさの方です。物質は時とともに劣化し消滅していくものですが、精神はいつまでも受け継がれ、人心の暖かさを温存したまま受け継がれていきます。


〔個人主義と家族主義〕

 西洋社会の基本には個人主義があります。個人主義は自分一人の力で生きていくことを求められます。それ故にまずもって強さが求められ、物質やお金の蓄積、身を守るための人脈が求められます。肩書は自分の価値を代弁し、通行証となり、交渉を有利に進めるための武器になります。これは個人主義の強さと見ることもできますが、裏を返すと内面の弱さを補うための甲冑に見えます。
 日本人の本源は個人主義ではなく家族主義です。家族という繋がりは五行の土でできており、土は気学的には利害が絡まないエネルギー体になります。それ故に家族同士はお金のやり取りを必要としないのです。家族は自分の分身としての位置づけになります。生活において最もお金のかからない方法は、出来るだけ家族単位でまとまることです。そうすれば物を共有することができ、不足と過剰を補い合うことができ、何か困ったことがあるとき即座に助け合うことができます。気学の理論通り、家族を意味する土の気はお金がかからないのです。お金がかかるどころか、土は金を生み出します。土生金とは土から金が生まれるという意味です。土は何もないように見えて、種をまけばいくらでも植生が育ち、実がなり、食料を確保することができるのです。
 日本は土の国家です。日本の原点は農です。土は人を裏切らず、急かさず、ノルマをかさず、責任を問わず、ありのままに受け入れ、見返りを求めません。それが土の強みであり、土がある限り人は物質的にも精神的にも飢えることはなく枯れることもありません。
 日本が今後世界のリーダーとなっていく基盤には、この土の精神を取り戻す必要があります。土は家族の団結を生み、お金のやりとりを必要とせず、阿吽の呼吸で助け合い、農の営みによって無から富を作るのです。この家族の集合体が強靭な国家を作りあげていくのです。
 
〔九紫火星が示す礼節の形〕

 礼節を現わす九紫火星は間隔の形です。物と物が正しい間隔で配置され、人と人が正しい間隔で接する形です。気学が捉える礼節とは、近すぎず、遠すぎず、適切な間隔を保つことです。それは人間関係のみならず、国と国との適切な間隔にも通じ、政治的にも経済的にも文化的にも、正しい間隔で人々が接することにも通じます。礼節を表す九紫火星は気の世界における規範です。これが南の天上に位置し、これに導かれることにより世界の秩序は生まれます。
 日本らしさの最上の形は慎ましさではなかろうかと思います。慎ましさは日本的礼節の要です。それが相手にどう受け止められるかに配慮した心遣いが日本的な礼節です。思ったことをそのまま言葉にし態度に出す気は、気学では若年層の気質と受け止めます。それは大人としての成長過程で出てくる気質であり過渡期の気質です。気学で示す大人とは、規範に基づき、自分と他人、自分と世間との関係性をきちんと踏まえた上で行動できる人です。
 西洋社会が世界を席巻してきた長い歴史の中で、本当に秩序ある社会を形成するにはどうしたらよいか、もう一度振り返ってみる必要があります。それは社会に秩序をもたらす礼節であり、物と物の適切な間隔、人と人の適切な間隔を作ることだと私は思います。その模範を示すことができる国が日本です。
 その日本的な礼節は大人の社会で崩れかけているようにも見受けられますが、一方でそれをより強く意識して人間関係を作っている若い世代の動きも見受けられます。海外の人との交流が急速に増えていく中、良き日本の本質をきちんと捉えている海外の人は、やはり日本的な慎ましさや気遣いに心を寄せているように思います。これは西洋社会の価値観と逆方向に向かっています。自分を主張し相手を負かすことは日本的礼節に反するのです。日本的な慎ましさとは、人々が出来るだけ日々気持ちよく過ごし、自分と他人との摩擦を出来るだけ減らしていくための知恵であり、これを長い歴史を通して身に着け守り続けてきた文化なのです。



                                     浅沼気学岡山鑑定所

「元世翬の気学観測」第九十五話

2023年11月30日 | 気学よもやま話
〔気学における12月と1月の意味〕
 一年の計は元旦にありと言いますが、気学的には一年の計は二つあります。一つは12月。もう一つは1月です。12月は個々人の価値観の転換がテーマとなります。世の中が変わるためにはまず個々人の考え方の転換が必要です。それが12月の意味です。ここで問われることは何を捨てるかです。それは物質的なものではなく、自分が持っている固定観念や思い込みや偏った考えです。これを切り捨てさせるために、気の世界は12月に子という十二支の気を旺盛にします。これにより価値観や行動の規範を意味する離宮(りきゅう)という場所に破という障害を設けます。破は気学では障害をもたらすマイナスの気と考えますが、その裏ではこの破によって何かを半ば強引に切り替えさせる意図があります。つまり12月は自分自身が持っている硬直化した考えや生き方を改める機会になるのです。
 そのポイントは本当の自分から出ていない価値観を捨てることです。そのために澱んだ気を浄化させる土の気を離宮に置いているのです。そして1月は12月の内面的転換に対し、外形的形式的な転換をテーマにします。具体的には世代交代、引継ぎです。このタイミングに気の世界は白黒明確に態度を決める気を置き、曖昧な態度を取らせないように気の配置を固めます。そして交代すべき人を交代させ、退くべき人を退かせ、止めるべきことを止めさせます。そして万人に選択の自由を与え、世の中に新しい気を吹き込み、人々が自由に活動できるよう、旧体制を入れ替えていきます。

〔自分の考え方を再確認する〕
 今年の12月は価値観を意味する離宮(りきゅう)に二黒土星が入り、旧来の価値観の崩壊が個々人の内面で生じます。今年の12月は実に2020年のパンデミックの年と同じ気の形が巡っています。これは2020年に私たち各自が感じ取った価値観の転換を再確認する意味があります。2020年の価値観の転換は生活環境の転換を余儀なくされ、私たちの生き方のパターンが崩れていきました。それは仕事の勤務スタイル、通勤、勤務時間などに直接反映しました。また何かを決めるうえで完全に信頼できる情報源を失い、各自がそれぞれ判断しなければこれ以上進めないという状況に追い込まれました。
 今年の12月は私たちが慣れ親しんできた考え方、判断基準を捨てなければ前に進めなくなりますよという、再確認、念押しになります。私たちは日頃物事を決める時、“これこれだからこうする”と何らかの判断基準を設けて決めます。その“これこれだから”の判断基準が、あなた自身の価値観ですかと問われます。本当の自分自身の内から出てくる価値観であるかどうかが問われます。何かを捨てるとは、何かが終わるということでもあります。気学的に捉えると、12月と1月は自分の生き方の確認場所でもあり、自分の生き方を明確にするという意味もあると思います。

                       *

〔地球の成長に伴う時代の転換〕
 地球が生命体であることをより強く意識しなければならない時代になりました。地球は決して無機質な土や岩石の塊でもなく、ものを言わない物体でもなく、性格をもたないものでもないのです。我々地球に住む生命体はすべて地球を母体として生まれてきたものであり、特に人間は本命・月命・日命という波動を持ち、地球の波動、息遣いをそのまま写し取った生命体になっています。つまり地球は紛れもなく我々と同じ生命体であり母でもあるのです。
 地球が生命体であれば、地球も人と同じように成長します。地球と人は常に双方の運気を共有して活動しています。従って人の運気は地球の運気に影響を及ぼし、地球の運気は人の運気に影響を及ぼします。暦が示していることは地球の運気であり、地球の運気は即ち人の運気となります。だからこそ人の運気は暦によって読み取ることができるのです。
 地球の運気は主に三つの時間枠によって構成されます。それが年月日です。この年月日が運気の型を作ります。年の運気は本命となり、月の運気は月命となり、日の運気は日命となるのです。これらの運気の型は地球の運行とともにそれぞれの人の特徴を現わし、地球の運気にきちんと乗っていくための通行証のような働きを担います。
 三つの運気の型の中で本命は物質的世界の次元を担い、月命は精神的世界の次元を担い、日命は感覚的世界の次元を担います。この三つの運気にはそれぞれ異なる価値観が生まれてきます。本命世界はお金を含めた物質の蓄積が豊かさとなり、月命世界は生きがいに基づいた精神的充足感が豊かさとなり、日命は本能と直感が自分に合うと認めるものに安心を感じます。
 三つの命運はそれぞれの仕事観を築き、その中で月命が三つの価値観を束ねます。月命は三つの命運の軸となり、この軸がしっかり回転することによって本命・月命・日命のバランスが生まれます。                 


〔本命世界から月命世界への価値観の転換〕
 時代は本命的価値観の時代から月命的価値観の時代へ移っています。けれども二つの世界はバランスによって成り立つのであり、一方の命運が一方の命運より優位に立ち一方を犠牲にすることにはなりません。二つの命運は常に互いの役目を担い、互いに協調しながら人生を築き上げていきます。
 地球は地上の生命体と同じく、成長に伴い波動を変えつつあります。命運の軸が本命主導から月命主導に切り替わることで、我々の仕事の進め方も根本的に切り替わります。今までの仕事は必ず本命環境が整えた物質的環境の上で成り立ち、制度、規則、法律、しきたりという基盤の中で月命の求めることが納まるように動いてきました。これが月命環境の仕事観へ軸が切り替わると、物質世界に関わらない仕事がより多くなり、物質的価値を求めない人がより多くなっていきます。
 月命環境を軸とする世界では、その人の本当にやりたいこと、その人が本当に得意としていること、その人しか持っていない才能を発揮していくことが仕事の基本スタイルになります。つまり機械化しシステム化できることはすべてそこで完結させ、創造的な部分を人が仕事として行うようになるのです。これはすべての分野で起き得ます。今まで安泰と思われていた職業や肩書がシステム化によって省かれていきます。これによって失業という形はむしろなくなり、すべての人が固有の能力を発揮する機会が無限に生まれてきます。繰り返しになりますが、それを可能にするのは本命から月命の価値観に軸を移行した人です。その移行は我々一人一人の価値転換によってなされるものです。
 今までは物質的価値の現われた報酬をお金や物、権利で受け取っていましたが、その報酬がすべて形に見えないものに移行したらどうなるでしょうか。以前私たちは給与というものを現金で受け取り、それをもってものに変え、サービスを受け取っていました。それが給与の支給から買い物まで、すべてデータのやり取りに変わり、報酬そのものが目に見えない形で完結するようになっています。この傾向が益々進化すると、給与支給というシステム自体が不必要になり、すべての人がどのようにサービスや労力を交換していくかというテーマだけが残ります。そこでは限りなく物質の形を取らない形でサービスのやり取りが行われていくことになります。我々が物質の形で報酬を受け取らなくなると、最終的には形に見えないもので報酬を受け取っていくシステムに変わります。資本は紙幣でもなく、不動産でもなく、その人が持つ考え、感性、能力、可能性に置き換わっていくことになるのです。





                                (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第九十四話

2023年10月31日 | 気学よもやま話
〔11月の運気〕
 暦が示す所は宇宙のリズムであり、地球における気象の変化パターンを現わします。気の世界は3のリズムで動いていき、四つのグループに分かれて季節を作ります。一年の始まりは2月から始まり5月、8月、11月と3のリズムで展開していきます。この2,5,8、11月に暦の中宮に入る九星はすべて土星になります。すなわち二黒土星、五黄土星、八白土星です。11月は八白土星が中宮に入り、翌年の運気を呼び込みます。翌年に起きることは11月から徐々に現れてきます。
 八白土星は変化、転換、交代の働きを現わし、行き詰まった部分を入れ替えることによって新陳代謝を促します。八白土星は特に六白金星と相性が良く、二つの九星がタッグを組むと変革をもたらす八白の方向性が六白の公共性と財力に結び付き、大きなプロジェクトがスムーズに動いていきます。
 11月は六白金星に天道が現れ、今年不調であった六白金星が翌年1月に向かって運気を上昇させます。六白は来年において環境変化の位置に入るため、実質的にはこの11月からその流れに乗っていきます。六白金星は今年から運気の大きな変動に入ります。世界は今後六白金星の運気変動に翻弄され、あるいは救われていきます。六白金星は公共なるもののすべてを現わします。国家、国富、財産、通貨、金融、エネルギーも六白金星の運気の中に入ります。この六白金星の天道は今混乱に陥っている世界に秩序化をもたらし、破壊されたインフラと生活空間を立て直していくうえで救世主のような役目を果たします。
 一方11月は組織、上下関係、利害関係を意味する気が不安定化し、事情に精通した配下と幹部との対立が起きます。上位は力づくで推し進めようとし、配下はいかなる処置も覚悟のうえで異議を唱えます。国家レベルにおいては一度合意した約束や締結した条約が破棄される可能性があります。いずれの立場にあっても、一時の感情に左右されるのではなく、良識を持った判断、礼節を弁えた言動が問われます。


〔気学は統合の学問〕
 気学は科学の視点に立ちながら、地球の運気を読み、世の中の流れを読み、人それぞれの運気を読み、これからどの方向へ進むことがその人本来の道であるかを教えてくれます。気学はミクロとマクロの視点を同時に持ちながら、地球と人の運気を計ります。気学は目に見える原因を踏まえた上で、目に見えない原因に焦点を移していきます。原因とは目に見えないところにある根幹の気です。すべての原因はその人が発している意識=気に原因があると考えます。
 学問の目的は真理探究ですが、それは最終的には必ず誰かの救済に向かい、何かの救済に繋がるものです。それは直接的でなくともよいのです。ただ最終的にそれを探究することが誰かを助けることに繋がることが統合の働きとなります。統合の学問は目の前の事象に焦点を当てながらも、それが全体的にどういう意味があるかを常に問うています。そして表の理由を探究するだけでなくその裏の理由にむしろ光を当てます。裏とは心の動きであり、情感であり、視覚に現れず、数字やデータに表れないものです。
 気学は宇宙の法則に基づいてあらゆる出来事や現象をテーマにすることができます。気学はばらばらになってしまった学問を一つに束ね、それぞれの成果をつなげ、その意味と価値を後天図というエネルギー展開図によって総括します。
 後天図における八つの宮は対立と相補性によってバランスを保ち、バランスを保てないものはエネルギーの成就を見ることなく何れ破綻することを示しています。後天図から派生した年盤月盤を気学では方位学の基盤として用いています。それは後天図の見方の一つの局面にすぎません。後天図とは宇宙の成り立ち、地球の成り立ち、運気の成り立ち、世の中の現象すべての成り立ちを表します。それ故、気学はこの年盤月盤から気象のみならず、世の中全般の動きや人の運気を読み取ることができるのです。気学の強みは科学と人事の融合です。これが統合の学問であり、気学は今後、自然科学、社会科学、人文科学など様々な学問の統合をもたらす重要な役目を担うことになるでしょう。
 

〔本命環境と月命環境のバランス〕
 気学では本命と月命が運気を図る主要な柱となります。本命と月命は波動の違いで分かれています。本命とはその年の十干十二支および九星、月命はその月の十干十二支および九星です。本命は低い波動域に属するため、主に物質環境を現わす運気として動きます。物質環境とは形になったもの、結果が形に現れているものという意味です。それは建物のような物体だけではなく、しきたり、慣習、法律、規範も本命環境に属します。物質は一度形に現れると簡単には変化しません。そして低い波動の世界は変化スピードが遅いことから、運気の変化も遅くなります。つまり本命の環境は形に現れる環境である分、一度体制が決まると容易には変更できないという特徴が現れます。この経緯から本命のもたらす運気は数十年から一生涯に影響することが多くなるのです。
 一方月命は変化が月単位で変わりますから年単位で変わる本命よりも変化スピードが速くなります。月命の波動は高い波動域に入るため、物質化しない環境が主体となります。いわゆる精神の動きは月命の運気に入ります。物質化しない領域の運気ということは、物質環境に拘束されないと言い換えることができます。つまりその人が基本的に自分で決められる運気は月命に強く現れます。
 時代の変化は波動の低い世界から波動の高い世界への変化となります。その動きは歴史が証明しているところです。世の中の変化スピードがだんだん速くなってきているのは、地球の波動が高くなってきている現れでもあります。通信スピードの速度が4Gから5Gとなり、さらに6Gへと移行しつつあるのも、地球における波動環境の変化の現われと見てよいでしょう。これを気学で説明すると、本命を主導にして動いていく物質的価値観の時代から、月命を主導にして動いていく精神的価値観の時代への移行と捉えることができます。
 本命的価値観の仕事は“生活のため”の仕事の傾向が現れ、給与を稼ぎ、蓄財し、将来の生活の保障を得ることが目的になります。ここには義務感、拘束感が強く現れます。一方月命の仕事観はまず何よりも“自分の生きがいのため”に仕事をします。生きがいとは自分が一番やりたいこと、自分が一番得意なことをすることです。それは自分の最も優れた能力を開花させることであり、それは必ず自分のみならず周囲の人を助け、精神性を豊かにしていくことに繋がります。月命は物質環境に価値観を置きませんから、具体的な生活の保障は得にくい所があります。場合によってそれは非現実的であり、そうあったらいいなという願望に留まることもあるかもしれません。
 けれども時代は確実に変化しています。既に繰り返し述べてきている通り、2020年の価値観の崩壊から、私たちは今までと同じ価値観に留まることが難しくなってきています。ここを分岐点として時代の方向性は明らかに物質的価値観から精神的価値観に主導権が移行し、それが仕事のスタイルあるいは生き方に現れてきています。
 
                      *

 気学はその人の物質的環境のみならず、その人の精神的環境もしっかり見ます。本命と月命の関係性はその人の運気の最も大きな方向性を知る指針となります。つまり物質的価値観を現わす本命と精神的価値観を現わす月命とのバランスがどのような状態にあるかが大切なのです。気の世界はバランスがすべてです。例え世の中の価値観が物質的価値を重視する世の中であっても、精神的価値をなおざりにすることは出来ません。逆に世の中が物質的価値観から精神的価値観に移行しても、物質環境の恩恵を捨てることはできません。
 生きがいを表にして仕事をしていくという月命の時代は、今後益々重要性を帯びていきます。その裏でその生きがいをバックアップしてくれるのが物質環境を示す本命です。本命環境は拘束が強く、変化も遅く、月命の変化スピードになかなか追いつかない所があります。その一方で本命環境は我々を一時の利害や個人の都合でよき伝統を簡単に捨ててしまうことを防ぎ、良き伝統をきちんと形に残し、後世に伝えていくという役目を果たしています。本命は地に足を付けた歩みです。月命は本命のバックアップなしには歩みを進めることは出来ません。
 本命と月命は人生の前半と後半においても自然にバランスが取れるように動いていきます。また普段の生活の中でも本命の自分と月命の自分は自然にバランスが取れるように動いていきます。本命と月命は宇宙の法則に従っていずれにも傾き過ぎず、時宜に応じて入れ替わりながらバランスを取っているのです。これまでもそしてこれからも、本命と月命の相補関係は変わりません。その中で私たちは今後より強く月命がもたらす価値観に導かれながら人生を歩んでいくようになります。世界はそのように形勢が変わり、そのために必要な生活環境が本命スピードではなく月命スピードで整っていくことになります。
 月命には生きがいが強く現れます。また月命は形に現れない波動であるため、外からその人の生き方をコントロールしその人を拘束することは出来ません。従って今まで”すべき””しなければならない”そして”せざるを得ない”で決めていた本命主導の人生の方向性が変わり、その人独自の願い・望み・楽しみを作り上げていく月命人生が主導権を握っていきます。そして月命環境に主導権が渡るということは、国、企業、組織が我々の人生の方向性を左右し誘導しコントロールするのではなく、我々一人一人が自ら、ゼロから、自分の人生の方向性を決め、価値観を作り上げ、肩書を作っていく、そういう時代へ切り替わることを意味します。


                                    (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第九十三話

2023年09月30日 | 気学よもやま話
〔10月の運気〕
10月は九紫火星が中宮にあり、十二支の戌の気が旺盛となります。これに伴い戌の対冲である辰に破という障害が伴います。辰の破は八白土星に同会することから、八白土星の弱点および欠点も同時に出てきます。戌は組織を守る意欲が強く、過剰になると組織を守るためには意にそぐわない人を排除することもいといません。八白土星には度々方向性が変わる気質があることから、人事において上位の指示に従わない人は強制的な交代、罷免があり得ます。これに対し上位に不満を持つ側も反旗を翻し、ことによってはボイコット、ストライキという形に打って出ることもあります。この傾向は組織における上下関係のみならず、取引業者のやりとりにも現れる可能性があります。
 一方離宮という物事の価値を定めるところには四緑木星が同会します。但し離宮の四緑木星には暗剣殺という不安定化したエネルギーが伴い四緑木星の欠点を引き出します。その一方で天道という能力活性化のエネルギーを伴うことから、四緑木星の欠点を補いながら四緑木星の良き面も発揮されるようになります。四緑木星は情報を広める働きがあります。このことから世の中の規範や価値観を揺るがす情報が現れてくると予測されます。その情報の顕現は一件マイナスの出来事のように思えますが、隠れていた事実が明らかになることにより、世の中の方向性が正しい方向へ修正されるきっかけにもなります。
 九紫火星は学問、学会、官庁、司法の九星でもあり、真理を探究する役目を担うことから物事を曖昧に終わらせません。10月は今年一年のいわば集大成のような情報の顕現とその裁きが見られるかもしれません。

〔危うき立場に立たされる学問〕
2020年の価値観転換を機に世の中の方向性が様々な形で変わってきています。その中に学問に対する見方、取り組む姿勢も変化を余儀なくされてきています。学問の世界は2020年以降今までとは異なる意味で社会との関り方を見直す必要に迫られているように思います。
 その分野のことだけを知っていても世の中全体の動き、特に政治経済の実態をきちんと把握していないと自分の学問が危うい方向へ誘導されてしまいかねない時代に入っています。
 世の中の真実は表に現れることはなく、常にその裏に隠されます。 “裏を見よ”というのが易の世界観です。これは世の中全般に当てはまることと言えます。これからは世の中全般の真実をきちんと把握していないと、自らが持つ知識見識が一瞬にして崩壊することもあり得ます。いくら専門分野で名を上げ実績を上げていても、その人が世の中の真実を知らなければ、その学問的成果を誤った方向に導かれ、学問そのものの存在意義を地に落としてしまう恐れがあるからです。
 またその知識や技術が最高度に達していても、根本が誤ったところから始まっていれば、地位も名誉も実績も真実の顕現により一瞬にして無に帰してしまいます。既にその光景は学問のみならず様々な分野で現れ始めています。権威ある組織やその道の専門家と言われる人は表では地天泰の安定を得ているようでも、その裏では天地否の否塞に立たされているというのが易の見方であります。

〔二極化した世界と二つの真実〕
表の世界の価値観だけで乗り切っていた時代と表の価値観が崩壊した後の時代では動き方が変わります。SNSが普及した現在において、表の情報と裏の情報との区別をつけることは非常に難しいと言えます。けれども真実は裏にあるというスタンスをきちんと貫いていれば、真実は決して手の届かない所に閉じ込められたままではなく、その人の知見の中にきちんと入ってくるものだと思います。
 既存のメディアが“これが現場の実情です”と言えば、その裏でSNSから“私が見た現場はこうです”と即座に反応されます。価値観の二極化を招いた2020年以降、私たちは二つの現実を歩いているようにも思えます。今まで通りの価値観で成り立つ世界。そして新たな価値観を共有する人同士で成り立つ世界。双方ともにこれが真実と言えば、真実はまさに二つの平行世界に分離して存在しているかのようです。

〔気学が捉える真実〕
気学が捉える真実は離宮(りきゅう)および震宮(しんきゅう)の連携で成り立つものです。離宮の情報はその情報を流す人が他の誰のものでもなく自分の見識と価値観で伝えているものです。その発信側の価値観と受信側の価値観との一致が真実を伝えるための条件になります。離宮はエネルギーの中心軸を司り、一切の偏りがありません。離宮の立場はいかなる時も正しい間合を作り、作為や利害をはねのけます。気学的に捉える真理真実とは、一切の偏りがなくあらゆる角度から照らし出されている状態と言えます。また震宮の情報はバイアスのかかっていないそのままの情報です。その情報はメディアが伝えるものではなく、特定のジャーナリストが伝えるものでもなく、現場に居合わせる不特定多数の人の直接的体験によってもたらされます。
 こうして離宮と震宮によって照らし出された真実は表の真実となり、離宮の対極に位置する坎宮(かんきゅう)からの視点によって表と裏のバランスが取れ、真相が明らかになります。坎宮とは心の動き、情感、動機、意図、隠された計画です。離宮は光の下に誰の目から見ても確認できる状況を作りますが、坎宮は心の動きですから本人が明かさない限りその真相は隠れたままです。その真相も気の世界の計らいでいつかは表に出てくることになります。これを気学では顕現というのです。

〔“誰”が重要になる時代〕
これからの時代は誰からその情報を得たか、誰から聞いたか、誰から教わったかという“人”が極めて重要になります。これはその人の人となりをよく知っているということがポイントになります。この関係性においてはじめて重要な情報、知識、智慧、技術がもたらされるものと考えます。
 またこれからの時代はその道の専門家であっても世の中の真実をよく知っていなければその道を極め、他の人に伝授することは極めて難しくなると思います。例え形式的内容を伝えることは出来ても本質を伝えることは出来なくなるでしょう。なぜなら物事の本質はどの分野においても真実の情報に通じているからです。その道の本質に通じようと思えば、世の中の真実を見極める力が同時に必要になってきます。
 今までも現在も学問や習い事の窓口はたくさんあり、それぞれの人の趣向に合わせた窓口を選ぶことができます。但し入りやすいという形は気学では上辺という意味があることから、その道を究める道筋には繋がっていないというのが現状でしょう。やはりその道の神髄に近づいていくためには、相手を図るのではなく、自らが自分の価値観を持ち見識を高めていく必要があります。
 気の世界は“同声相応じ同気相求む”の世界です。その二人の価値観と方向性が一致することによってはじめて同気は通じ合い、よき縁は巡ってきます。その縁はそれぞれの人が持つ優れた才能を真に発揮しようとした時、暦のタイミングに合わせその人の元に自然にやってきます。

〔組織に合う九星と合わない九星がある〕
気学が捉える組織は巽宮(そんきゅう)と乾宮(けんきゅう)に属します。この関係は主従関係で成り立ち、契約と条件が生じます。従ってこの関係は有限であり当初の条件が合わなくなると双方の合意は破綻します。この二つの宮に入る九星には相性があり、組織の気に合う九星と合わない九星があります。
 例えば一白水星、四緑木星、七赤金星は典型的な家族運営型あるいは組織順応型であり、家族的連携やチームプレイで動くことが非常に得意です。一方個人で独立して生きていく運気を持ち合わせている上記以外の九星は、生まれつき組織に適応するために必要とされるエネルギーが比較的不足しています。従って組織が苦手な九星を命運に持つ方は、若い時組織に入って働くと総じて上下関係や仲間との連携に苦労し、中途でリタイアする人も出てきます。
 これは忍耐力が不足していると見られがちですが、実際はその方の適性に合っておらず、組織への順応力ではなく独立のための能力にエネルギーが通っているために起きていることと気学的には解釈できます。但し気学においては人生の前半つまり36歳までは誰しも社会環境への適応が課題として掲げられています。ここでは組織に従属することによって自分の得手不得手を知り、個人ではできない様々な経験を積むことができます。この体験は後に独立する人にとっても必ず活かされる場面が出てきます。ですからたとえ組織への適性がなくとも、一定期間組織に従属する意義はあるのです。そうして36歳を超えると、本当の自分の生き方に目覚め、独立運気を持っている人はタイミングを図って個人事業を立ち上げるという流れに入っていくのです。




                                     (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第九十二話

2023年08月31日 | 気学よもやま話
〔9月の動向〕

9月は一白水星が中宮に入り、卯すなわち東に破という障害が付きます。従って東西のやり取りは波長が合わず、交渉事はなかなか思うように成立しません。但し以前から組織的に緻密に準備を進めてきたことは通りやすく、唐突かつ強引に進めることは合意に至らないと判断します。9月から10月にかけての暦の特徴に八白土星に破が連続して伴い、その八白土星が11月に中宮に入ります。この意味は2か月に及ぶ八白土星の課題や役割に一応の終止符が打たれるということです。11月は来年に向けての運気徐々に始まる月です。つまり9月から11月にかけて起きる巷や組織内の方向修正は来年に向けての運気の切り替えのためであり、世の中全体の方向性の誤りを短期間で修正するためのものでもあるのです。9月は物事の整理を司る四緑木星が天道を伴い、方針転換・継承・仲介を意味する宮に入ります。世間の目先の動きに翻弄される国家は右往左往して出口を見つけられず、したたかに準備を進めてきた国は四緑木星の力に後押しされ、連盟を拡大し結束力を強めて10月の調印へと進むものと考えられます。


〔今後の六白金星〕

今年は六白金星が不安定運気の中に入り、厳しい立場に立たされています。六白は国家、政府、資本家、大企業を意味する九星ですが、実際世の中で起きていることをよく見渡すと確かにそのような現状を見ることができます。国家、企業、資本家は一歩譲らざるを得ない状況が出てきています。一方六白金星を本命または月命に持つ方も同じように厳しい立場に立たされています。
 六白金星が今どういう立場に立たされているかについて、私はよく俗世の六白と真正の六白という表現で説明します。この俗世の六白には二つの意味があります。一つは今までの社会の価値観を順守し我が組織の利害を守ろうとしてきた六白。もう一つは公共のために用いられないお金の動きや私欲のために貯め込んだ財産の六白があります。俗世とは本来の六白の生き方から外れた世の中の動きすべてを含みます。例えば税金が公共のため国民のために正当な形で使われていないことも俗世の六白の誤った姿です。
 今までの社会の価値観がこれからの時代に通用しなくなる時、すべての人は方向転換を迫られます。同様に六白を意味する国家、企業、資本家も時代の変化に即して方向転換を迫られます。ところが六白はしばしば旧来の形に留まろうと変化を拒みます。六白は現状維持を貫こうとする堅い気質があり、時代の変化に対応するスピードは最も遅いと言えるのです。
 その方向転換はもう間近に迫っています。今年の秋以降から六白は一時的に運気を上げ、来年の運気の分岐点に突き進んでいきます。来年の六白は方向転換を意味する艮宮に入ります。この流れに上手く乗っていけるか、それとも半ば足履みし旧来の時代感覚に留まってしまうのか。六白すなわち国家、政府、資本家はまさに今年の秋から来年に向けて大きな岐路に立たされます。

                        *

真正の六白は儲けのために動きません。得た利益はそれを提供した人々へすべて還元します。そして大きな資金は公共のために動かします。だからこそ六白には国家の役目が与えられるのです。そして資本家や企業も六白の責任者として、自分のためではなく一部の利益享受者のためでもなく、従業員や消費者や地元の住民そして国民のために働くようになるのです。そうでない六白はすべて俗世の要素を含むことになります。
 その俗世の六白が今年から自らの考え方を変えざるを得ない状況になっているのです。今年は変性の年として考え方や内部の様相が変わり、次年度は外形が変わる年として進路方向も変わり、その翌年は名目が変わる年として俗世の六白と真正の六白との交替が起こり、就くべき人が就くべき地位に選ばれ、持つべき人が持つべき肩書を得るようになります。
 今までの私たちは世の中の動きは一部の有力者が決め、それに絶対多数の国民が従うものと思い込んでいたところがあります。その流れは既に2020年に終わっており、これ以降は我々個々人が世の中の進む方向を決め、それぞれの価値観を作り上げ、政策を決められる時代に変わっています。何に価値があるのか。それは自分しか決めることができず、自分しか分からないのです。マスコミもSNSの情報の中にも自分の価値観は存在しません。それは自分の中にしか存在しません。

                        *

これからは自分の価値観がないと右往左往する世の中になります。これからは自分の軸がきちんと定まっていないと世の中の出来事の意味が分からなくなります。日々起きる出来事の解説を聞いても、それが自分にとってどういう意味があるのか分からなくなるのです。解説を聞くことは情報として参考にはなります。但し個々人の指針にはならないのです。外からもたらされる価値はもはや自分の価値にはならないからです。だからこそ2020年以降、我々は自分自身を見つめなおす時間を与えられ、自分自身の生き方を問い直し、世界と自分の関係を見つめなおし、自分軸をしっかりと持つことの意味を問い直していたのです。
 2022年から七赤時代に入っています。七赤は喜び、励まし、癒しを意味し、庶民レベルの利便性を徹底して追求します。そして七赤は形式に囚われ役に立たなくなったものを溶解し変性させます。昨年から始まった七赤時代の6年間、七赤本来の力が世の中に浸透し始め、この流れの中で六白金星も岐路に立たされています。そしてこの六白の岐路は二黒土星と表裏一体で動いていきます。二黒とは国民です。つまり国民の意思が反映しない六白の政策はもはや成り立たたないということです。二黒土星は折しも2025年に中宮に入り、いよいよ国民が主体となって世の中の方向性を決める時がきます。その年真正の六白はスローガンを掲げて姿を現わし、あるべき国の姿、あるべき政府の形を表明し、新たなる公共政策を打ち出すことになります。




                                   (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第九十一話

2023年07月31日 | 気学よもやま話
今年の五黄土星の役割

天道はその九星の本源的な気質を高めるエネルギーです。このエネルギーを伴うと能力が活性化し、才能が開花するものと考えます。今年の五黄土星は乾宮という位置に天道を伴い入っています。この意味は乾宮を意味するものに大きな推進力が与えられるということです。乾宮には主人、資本家、経営者、組織の幹部、また国家、政府という意味があります。また国家や政府が責任をもって運営するものはすべて乾宮の意味を帯びてきます。例えば金融、通貨、税制、福祉、エネルギー政策もすべて乾宮の役目に入ります。五黄土星はどの宮に入ってもその力の調整が必要となり、方向性を誤るとすべてにおいて混乱を招きます。乾宮における五黄土星は国家、政府、企業としてどのような改革を行うのか。その大義が何よりも問われます。
 五黄土星はゼロから始まるエネルギー体であるため、前例のないもの、常識を超えたものになります。その中身はプラスマイナス双方の傾向が出ます。今年注目すべきことは企業においては今まで前例のないプロジェクトが始まり、また政府、国家においては前例のない改革が行われるということです。その動きは既に始まっています。但しこの大義と中身を誤ると国家・政府は暴走し世界は無秩序化してしまいます。乾宮の大義を貫くものは五黄と天道の力を得て成就の道を進み、乾宮の大義を見失ったものは国家と企業を混乱させ、破綻の道へと進んでいきます。
 この五黄土星の動きに準じて三碧木星も走り始めています。今年の三碧木星の役割は五黄土星が打ち立てるプロジェクトを推進する役割です。その内容が独創的であればあるほど、三碧木星の気質が活かされます。常識を超えたことの推進力は三碧の周囲の目もくれず走りぬく勢いが必要だからです。この三碧木星を正しい方向へ導く指南役となるのが一白水星です。その三碧木星が7月に中宮に入り、天道を伴った一白水星の導きを得て突き進んでいます。そして8月は天道を伴った七赤金星が坎宮という全体の動きを統括する位置に入り、縦横無尽な発想と知恵を発揮します。七赤金星の提示するアイディアにより、世界はいよいよ大きな変化の流れに乗っていきます。 


〔8月の傾向〕

8月は今年の後半が始まる月です。8月は二黒土星が中宮に入り、五黄土星が方向転換の艮宮に破という障害を持って入ります。五黄土星と破の重なりは凶作用がひときわ強く出るため、8月の方向転換は混乱とともに変化を余儀なくされるものと考えられます。二黒土星は浄化、初期化の働きがあります。この流れは世の中の矛盾点や汚点を浄化する一つの関門になります。
 この流れの中で七赤金星は天道を伴い周囲を統括する位置に入ります。七赤金星は難所を実に上手くすり抜けていく気質です。家族の結束力と組織のチームワークが乱れる中、個人の意思はしっかりとした柱を立てており、混乱に流されないよう機転を利かした対応で乗り切っていきます。機転を利かした七赤の見事な采配に乗るか、五黄の矛盾と混乱の中で不本意な転換を迫られるか。8月はいずれの立場に立っても世の中の大きな変化に乗っていかざるを得ない状況になります。


〔天道に乗る〕

天道は暦においてその九星のエネルギーを活性化させ、能力を引き出す特別なエネルギーです。このエネルギーは暦によって現れる場所が決まっています。我々が生まれ持つ本命と月命にも天道のエネルギーを身に着けています。従って人それぞれ天道を伴う九星が出生とともに決まり、その能力を活性化させる年月が決まるのです。
 その人しか持っていない特別優れた能力は天道に現れます。天道はその人が生まれながらに既に持っている能力を開花させます。また新たなことを始める時の天道は自分のみならず周囲の援助を得られやすい環境を整え、その経過と終着点を整えます。天道を得るということは成就の道を行き、天の時を得ることを意味するのです。
 天道はその人の能力を活かす道です。天はすべての人の能力が本来あるべきように発揮されることを望んでいます。だからこそ天道を得た道は進みやすいように環境が整えられているのです。天は我々が障害のある道を進むことを本来望んでいません。障害のある方向とは我々のエネルギーが偏った状態にあるときに現れます。それは導きではなく、我々自身が拘りによって選んでいる道です。
 暦は天道のある方向を示し、そのエネルギーを得られるタイミングを示しています。天は我々にこの道に従って進めと常に教えてくれています。道のりが厳しく成果が得られない方へ進むのか。それとも能力を開花させ周囲の援助が得られる成就の道を進んでいくのか。それはその人の選択にかかっています。その選択の中で、暦は常に光のある方向がどこかを示し、我々が生まれながらに持つ能力を開花させる道を明確に示し続けているのです。


〔企業は家族に支えられている〕

企業は家族に支えられています。このことは気学できちんとその関係性を捉えることができます。企業を九星に置き換えると六白金星の役割となります。六白は乾宮(けんきゅう)という位置を定位とし、それに向き合うのが巽宮(そんきゅう)であり四緑木星です。乾宮を雇用側とすると巽宮は従業員になります。ところが立ち位置は従業員側である巽宮の方が上であり、乾宮は下から支える側に立っています。その理由は従業員が本当の主役だからです。雇用を決める企業は本来下支えの立場であることが気の世界の実情です。
 この企業を裏側で支えているのが従業員とその家族です。乾宮と巽宮にクロスする艮宮(ごんきゅう)と坤宮(こんきゅう)は家族とその家族的結束力を意味します。企業はどんな規模のものでもこの関係性で成り立っています。従って六白側の経家者は従業員を本来家族と見なさなければなりません。この関係性はかつての日本、昭和時代の日本的雇用形態で出来上がっていたものです。こういうスタイルは日本固有のものと世界で考えられていましたが、気学から捉えるとこれが本来の姿と言えるのです。
 艮宮と坤宮の強みは血の繋がりです。家族は血の繋がりがあり、損得で動かないことが最大の強みなのです。親は子供が一人前に育つまで扶養し、子供が大人になってからもそのために使った生活費の返済を求めません。当たり前のことですが、これが艮宮と坤宮の家族としての強みなのです。このことを企業に置き換えると、企業は家族の損得勘定抜きの奉仕と結束力で成り立っているのです。こうした家族の支えがなければすべての企業は成り立ちません。このことを認識すべき立場が経営者なのです
 六白金星の本源は儲けを考えないことです。六白は与える一方の気質です。本来の六白は企業活動として得た利益をすべて元の所へ還元します。従って六白が私欲に傾くと、その私欲で得た資金は暦の定められたタイミングで剥奪を余儀なくされます。それは間接的な形として現れるため、経営者はなぜ利益が失われていくのか分かりません。それは本来の六白から逸脱しているからなのです。本来の六白の姿勢を貫く経営者にトータルの意味での損失はありません。なぜなら六白とは与えても尽きない気質を持ち、それに信頼する人々が六白にお金を使い、六白にお金を安心して預けるからです。
 企業の経営者は従業員を家族と見なすことではじめて本来の主従関係を結ぶことができます。例え一時業績が悪化しても従業員の家族的結束力があれば景気の波をなんとか切り抜けていけます。それが坤艮(こんごん)の力です。坤と艮は利害にも損得にも反応しません。こうした家族の支えがあるからこそ企業も国家も成り立つのです。このことを心に刻んでいる人が本当の六白気質を持つ人であり、本来の経営者です。





                                      (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第九十話

2023年06月30日 | 気学よもやま話
〔7月の運気〕

7月は未月。未は物事の締めくくりを担い、同時に物事を解体し振出しに戻す働きがあります。これは未が世の中の浄化と刷新を図っていると考えるべきです。今年の7月は三碧木星が中宮に入り、六白金星が環境変化を司る艮宮に破の障害を伴い同会します。艮宮の六白金星破には人事の決裂、失墜、利権構造の転換などの意味があります。これと同時に五黄土星は六白すなわち政府や資本家による所業の矛盾と財の中身を暴き出す働きにあります。六白金星は柔軟性を欠く気質のため、物事に対し鋭角的な身の処し方をします。これは六白の欠点と捉えることもできますが、物事の矛盾にきっぱりとけじめをつける気質と捉えることもできるのです。人事において不本意な展開があっても、それは行き詰まりを打開するための流れと捉えるべきでしょう。
 その六白金星に強い縁のある一白水星は天道という活性化エネルギーを伴い、震宮という運気のスタート地点に入ります。水は不足する人の元へ平等に流れていくことを本望とし、一方的に偏ることを戒めます。一白水星の持つ人的交流が新たな局面を生み出し、難渋する課題を現場レベルで解決していきます。震宮の一白水星には能力開花の意味があります。今年の前半から後半への移行に際し、隠れた能力の開花、隠れた計画の開示が世の中を刷新していくことになります。


〔六白金星という気質を理解することの意義〕

六白金星に破が生じると六白を意味することに欠けが生じます。六白金星が意味するものは主人、権威、資本、国益、公共の福祉です。大きな資産が失われる一番の理由は、六白金星が持つ気質の不理解からもたらされると考えます。お金という気はその額が大きくなればなるほど自分のものではなく公の気質を持つようになります。このため使う目的を誤ると六白の気の反動をもたらし、資産や国益を失うという出来事に繋がっていくのです。
 六白金星は公益の気であり、自分以外の誰かのために使う気です。多くの人はこの気質を知りません。なぜ自分が稼いだお金なのに不本意な形で失われていくのか。六白は公益の気ですから我欲や損得勘定のために使われることに合わないのです。それ故我欲のために巨額の資金を手にすると、直接的あるいは間接的にこの資金を放出せざるを得ないような出来事に遭遇するのです。
 また六白金星には権威の意味があり、その公の尊い権威を蔑ろにすると六白の気が穢され、同じように六白特有の反動エネルギーが生じます。その一つに疫病の蔓延があります。六白金星は衛生環境の整った状態を表すため、権威あるものを汚すと衛生環境が悪化し、人体においては免疫力の低下が起きます。これが疫病の蔓延に繋がるのです。気の世界はそれぞれの九星や十二支が持つエネルギーの特性に応じて特有の現象を起こし、法則から外れる流れをその都度矯正していきます。これをもって人心の乱れに警鐘を鳴らし、我々が気の法則に準じて生きるよう諭してくるのです。


〔七赤金星と六白金星の気質の違い〕
     
六白の象意はお金ではなく資本です。六白金星という気は施す一方の気です。ですから自分のために六白の気を使うと須らく損失という形で結果が返ってくるのです。お金は額が大きくなればなるほど個人の気から離れ、自分以外の誰かのため公のため使う気質へと移行していきます。
 六白金星が自己を意味する坎宮に入ると暗剣殺という障害を伴います。これは公を意味する六白の気と私を意味する坎宮の気が相剋を起こすからです。これが公私混同となり、公のお金と私のお金の区別を明確にしない人はここで財を剝がされます。これはお金のことのみならず、公の立場としての自分とプライベートの立場としての自分との区別も問われます。例えば社内での上司と部下の関係や取引における社の立場と私的な立場を混同することも六白の気の障害として掲げられます。
 いつも自分の手元にあり自分の欲しいものに使えるお金は七赤金星の気からやってきます。七赤金星には衣食住の充足という意味があり、これが個人の使えるお金です。また七赤には食べ物の施し、励ましの言葉の意味があります。このことは個人が持つことのできる本当の豊かさは決して物質的なものだけではなく、豊かさは形に現れるものだけではないことを教えます。人から何気なく投げかけられた言葉が励みとなり、この励みがエネルギーとなって物質的豊かさへ変化していくのです。七赤の気から発する励ましの言葉がモノやお金に変化し、その蓄積が最終的に六白金星という人のために動く大きなお金、資本へと変わっていくのです。


〔傘地蔵が教えること〕

傘地蔵の話は本当の七赤の豊かさが何かを教えてくれます。おじいさんは雪の中で寒そうにしているお地蔵さんに持っていた傘を着せて差し上げます。この行為に対しおばあさんは良いことをしなさったと褒め称えます。その夜お地蔵さんはおじいさんの家に恩返しの品を届けにやってきます。この話は七赤の本質をよく表しています。七赤とは自分が持てるもので相手をもてなすこと。手持ちの物がなければ言葉で相手を励まし喜ばすことです。これが七赤の本質であり七赤天道の行いです。七赤の心遣いはいつでも誰にでもできることなのです。七赤の気が溜まると同じ金性の六白に移行していきます。これが純白の富となるのです。六白金星の富とはこうした七赤金星の無償の恵みと心遣いが底にあります。ですから私欲から発するものは真正の六白とはなり得ず、いずれその中身を明かされ損失となって剥がされていくのです。





                                     (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第八十九話

2023年05月31日 | 気学よもやま話
〔6月の運気〕
6月の月盤には年盤と同じ四緑木星が中央に入ります。従って四緑木星のエネルギーが強化され、国民が情報に左右されやすい月になります。さらに坎宮に同会する九紫火星には破という障害をもたらすエネルギーが入り、表には出ませんが政治において道義に悖る意思決定がなされる懸念があります。九紫は官僚を意味し国家の規律を表すため、政府の決定事項に関して国民の厳しいチェックが必要になります。一方五黄土星は年月ともに天道によってエネルギーが活性化し、国家、政府、企業ともに難問に直面する中、新たな方向へ鍵を切ったものはまたとないチャンスを得て道を切り開きます。五黄土星の働きは先延ばししてきた問題を浮上させ決着させること。未成就のエネルギーを形にすることです。今までと同じ情報源で世の中の動きを把握し現状維持を貫こうとする国家、政府、企業は、今月から来月にかけて大きな岐路に立たされます。


〔2023年の運気の特徴を知る〕
今年の暦の年盤の中央には四緑木星が入っています。四緑木星は情報、交易など遠方に拡散していく動きが特徴となります。メディア、グローバル企業もその一つです。今年は既存メディアとグローバル企業の問題点が浮上し、破綻すべきものが破綻し、浮上すべきものが浮上するという動きが出てきます。これが2023年の天の運です。
 一方今年は卯歳で東の気が強くなり、その反作用によって西の酉に歳破という障害をもたらす気が入っています。今年は東西のエネルギーバランスが崩れているため、長期に及ぶ東西との新規取引は難航し目的の成就は見込めません。また北西には五黄土星(五黄殺)が入り、反対の東南には三碧木星(暗剣殺)が入っています。従って北西東南に向けての新規取引も想像以上に難航します。これが地の運です。
 但し今年の五黄土星及び三碧木星はそれぞれ天道という活性化をもたらすエネルギーが入っているため、逆凶の中に大きなチャンスがあるということも言えます。これが人の運です。こうした暦の読み取りにより、組織のトップは災いを事前に察知し、混乱を切り抜ける道筋を掴んでおく必要があります。


〔暦は運気のガイド書〕
このように暦を見ると良縁に恵まれる方位、障害のある方位など、様々な情報を読み取ることが出来ます。暦は地球の運行表であり、最も精密で実用的な運気のガイド書です。我々は何か目的をもってどこかに行く時、 初めて足を踏み入れる土地であれば必ず事前にそこはどういうところか、何に気を付けなければならないか下調べします。けれども運気に関して確認する人は非常に少ないのが現状です。これは自分の人生全般の方向性において、地図も確認せず、交通手段も確認せず、見知らぬところへ向かっているようなものです。運気を観るということは道に迷わない、本来の道筋を見失わないという意味があります。暦は自分の現状と今後の道筋を大まかに確認することができるため、暦とともに歩むと人生に安定感が増してきます。


〔暦に従うとは謙虚になること〕
暦に従うということは宇宙に対して謙虚になるということです。自分の運気は自分でコントロールするものですが、その自分の運気は天地人の相互的な関係において成り立つものです。自分だけの力で進んでいるようで、天と地の法則に準じて動き、人の縁に助けられながら歩んでいるのです。
 天は謙虚な人に力を貸し鬼神は傲慢な人を損ねると易経に書いています。よき経営者とは天地人に対して謙虚な人です。「天」は時の運。運気の流れを見て事のタイミングを図ること。「地」は空間の法則。地球が持つエネルギーの特性を知ること。即ち方位の吉凶を知ることです。「人」は縁と心がけです。
 謙虚とは天の時を知り、地の法則を知り、人の話に真摯に耳を傾け、分からないこと、知らないことにきちんと向き合うことです。昔の人はよく暦を活用して日常生活を営んでいました。暦を活用するとは天地人に対して謙虚になることを意味するのです。


〔人が運気の流れを変える〕
私が会社に勤めていた時の経験で、この人を採用してから人の入れ替わりが少なくなったという記憶があります。それまでは人の入れ替わりが激しく、店の運営がいつまでたっても落ち着かないということがありました。もちろん一定の期間を経ると開店した店は落ち着くものですが、それでもある人の採用によって入れ替わりがほぼ止まり安定軌道に入ったということがあります。
 野球で言えば、ある選手が1軍の試合に出るようになってから俄然チームの勢いが出てきたということがあります。それ故その選手を控えに回した途端、なぜか同じレベルの選手を揃えているのに大量失点を期してしまうという試合を見ることがあります。この因果に気付く人はすぐに気付くことでしょう。一方気付かない人は人に指摘されてもその言説を信じないかもしれません。なぜなら経験からくる知識と固定観念が邪魔をするからです。勘の鋭い人はある選手の運気がそのチームの流れを変え、チーム全体の運気を上昇させているということに気付くのです。


〔相性は運気を変える〕
人の持つ気はチームの雰囲気をがらりと変えることがあります。気学的な理由はいくつかありますが、その中の一つに相性の効果があります。例えば十二支でいえば三合という最も相性の良い組み合わせがあります。三合は十二支の波長が最も強く連結する組み合わせです。例えば寅と午と戌を持つ選手が揃うと、何かに挑戦する時、その意欲にふさわしいポジションが与えられ、結果を得て地位を築きます。この組み合わせは四パターンあり、上記の他に申子辰、巳酉丑、亥卯未があります。この三合の十二支を持つ人がチームの中にいると強力な結束力が生まれ、三つの十二支の特徴を引き出しながら確実に成果を生み出すのです。
 一方互いのエネルギーを削いでしまう十二支の組み合わせもあります。従ってある人が加わるとがらりとチームの雰囲気がよくなり、またある人が加わるとチームの勢いがなくなってしまうということがでてくるのです。こうした流れは相性の効果によって生まれています。このような人の運気の浮き沈みは十二支だけでなく九星の組み合わせでも生まれます。同じチームの中でもこの人の十二支が入るとチームの流れが良くなる。またこの人の九星が入るとチームの勢いが増すという九星があるのです。


〔運気の推移を知るリーダーとは〕
こうした人の持つ運気を知らずとも組織は動いていきます。但し運気の推移を知っているリーダーと知らないリーダーとの違いは長期的には明らかな差が出ます。“この選手を使うと今年はなぜかチームの勢いが出てくるぞ”と気付けばよいのです。この気付きを無視し、データで型にはめた采配をしたり、あるいはこうあるべきという強い思いが柔軟性を欠いたりすると、折角の運気の流れを逃してしまうことになるのです。以下の言葉は三国志の諸葛亮孔明が“草船借箭の計”(相手の陣から船に向かって放つ矢10万本を奪い獲った話)で魯粛に講じた言葉です。

「将たる身で、天文に通じず、地の利を識らず、奇門を知らず、陰陽を暁らず、陣の構えを見抜けず、兵の備えに明るくなければ凡才です。」

ここでいう「天文」は時の運気を知ること、すなわち暦を読み取ること。「奇門」は方位の吉凶を知ること。「陰陽」とは運気の浮き沈み、その機微を知ることです。将たる身でリーダーたるもの、運気の流れを敏感に捉えることが出来なければ勝てる戦にも勝てないということです。





                                      (浅沼気学岡山鑑定所)

「元世翬の気学観測」第八十八話

2023年04月30日 | 気学よもやま話
〔5月の運気〕
4月の六白金星中宮月から5月の五黄土星中宮月へと変わります。4月17日から始まる土用は立春から立夏へと陽気の流れを繋ぎます。季節は2023年の序盤から中盤へと差し掛かり、卯歳と四緑木星中宮年の特徴が顕著に表れてきます。今年の4月から5月への以降には特徴的な動きがあり、気の流れが逆転するため、世の中で様々な逆転現象が現れてくることが予測されます。

五黄土星は体制を覆す力を持ち、今年中宮する四緑木星の特徴を活発化させます。四緑木星は風の象意であり、五黄の破壊力が加わると暴風になります。また四緑木星は情報を意味することから、良くも悪くも世の中の人が情報にかき乱されるようになります。また5月は六白金星が定位置に戻り、責任を問われる立場に戻ります。そこに破という障害をもたらす気が付くことで、国家、政府、組織、大企業、大資本家はその職責を問われるようになります。肩書の力を振りかざす六白は配下からの猛烈な反発を招き、謙遜の六白は今ある日常生活から思いがけない幸運を得ます。

五黄土星の働きは浄化です。世の中の矛盾を洗い出し、終わるべきことを終わらせ、浮上すべきものを浮上させることです。混乱はその過程で起きることであり、その混乱の大きさはどれだけ世の中の矛盾が大きかったかを物語るのです。

                    *

〔野球チームは組織か家族か〕
野球チームを組織論で語る野球経験者の方は多く見受けられます。球団は組織運営されており、実質的に組織以外の何物でもありません。確かに球団は組織で運営されていますが、球団とチームは違います。これを気学で捉えると、球団は巽宮(そんきゅう)乾宮(けんきゅう)に属するものです。主従関係をともなう有限の契約関係です。一方チームは家族を意味する坤宮(こんきゅう)艮宮(ごんきゅう)に属します。特に九星では1.4.7(一白・四緑・七赤)が得意とするチームワークの宮に属します。この宮は家族を意味する宮でもあります。 

この巽宮乾宮という軸と坤宮艮宮という軸は波動の関係から見ると、丁度斜めから直角に交差する関係になります。この軸の交差は相互関係であると同時に対立関係をも意味します。組織は契約関係に基づく有限関係であり、家族は血筋で繋がる縁の切れない関係です。例えば組織は利害で動きます。一方家族は利害で動きません。これは気の法則です。従って家族にお金などの利害を絡めるとそのもめ事は終生引きずることになります。

この法則を野球チームに置き換えると、強いチームとは球団の組織力に支えられ、現場では家族のようにまとまっているチームと捉えることができます。気学の見地から捉えると、強いチームは組織力と家族力双方のバランスがとれているチームであることが分かるのです。


〔組織は家族の力で支えられている〕
巽宮と乾宮の繋がりは巽宮を従者とし、乾宮を主人、管理者、経営者側とします。この二つの繋がりは契約関係であるだけに、契約以外の事柄に対応しないことが前提になっています。組織は与えられた仕事をこなすことを最低限の義務としますが、与えられた仕事だけを行っている人は少ないのが現実です。時間外、あるいはサービス残業なしで組織の抱える仕事が完全に収まるケースはむしろ少ないのではないでしょうか。

こうした組織の仕事を上手く回していくには、利害で動かない坤宮艮宮の家族力がどうしても必要です。ある人が残した仕事、不得手な仕事は、家族としての仲間がこれをフォローし、補っているのです。組織を上手く運営するためには、その裏側に利害で動かない家族の気が必要であり、これがなければ組織は成り立たないのです。


〔時代の変化に強いのは家族〕
組織と家族の違いが明確に現れるもう一つのポイントは、情報共有の仕方です。組織は上下関係があり利害で動く集まりです。とかく上司は部下に報告連絡相談を求めてきます。それは情報共有が組織運営の上で根幹になるからです。それは逆から見ると組織では情報共有が上手く行われないからこそ報告連絡相談を義務として求めてくるのです。組織の上下関係と利害関係は情報共有を妨げます。上位と部下は契約によって作られた関係であり、コミュニケーションは思い通りにいかないというのが実情です。
 
一方、家族やチームとして動く仲間は、どんな小さな出来事でも伝えあいます。家族という関係は自分が見聞きしたことや経験したことを本能的に共有できる関係です。組織は報告義務があると判断した情報のみ共有しますが、家族はつまらないことでもあらゆる情報を共有できるという強みがあるのです。そういう意味でも少人数で動くチームは、組織ではなく家族としての繋がりをより強く意識すべきです。時代の急速な変化に柔軟に対応できるのは組織ではなく家族である、というのが気学から見た結論です。

                   *

〔背番号が持つエネルギー〕
野球を見ていて気学の観点から気になることがあります。それは“形は運気を作る”ということです。その形を作る重要な役目を果たすものが背番号です。野球の背番号はそのポジションで凡そ決まっているようですが、なぜか永久欠番でもないのに吉数番号が使わないままになっていることに気づかされます。
 
例えば10番台の数字では11、13、15、16、17、18が吉数であり、これらの番号は運勢学的にも重要な意味を持っています。もちろん背番号の決定には球団の意向もあることでしょうが、これらの吉数が欠けてしまうと、このチームにはエースが欠けていると外形的な表明をすることになります。こうした欠番はエネルギー的には大きな減損に繋がっていると言えます。

やはりこの投手はエースであると位置づけするためには、エース番号をきちんと与えることが肝要です。形は基盤を作り、ファンの方々にもその意味を知らせ、何よりも本人にその意味を意識づけさせることができます。気は心であり、気は形に現れます。これは逆も真であり、形は気(エネルギー)を作るのです。プロの世界であるからこそ、本来あるべき形、理想の形を整えておかなければなりません。その意味でも背番号の持つ重要性をもう一度捉えなおす必要があるでしょう。番号はエネルギーであり、その番号が持つエネルギーと運気が選手の背中を後押ししているのです。

                    *

〔仕組まれないものが実力を発揮する時代へ〕
今までは上に行く仕組みに乗ったものが上に上がっていく時代でした。一方才能と実力があっても上に上がる仕組みに乗らない人は上に上がらない時代でした。この流れは今逆転しつつあります。2020年以降この流れは加速し、仕組まれないものが実力を発揮する時代に移行したと日々実感しています。仕組まれたものとは利害に絡むもの、組織を作り利益を追い求めることを主眼とするもの、一部の権力者が求める方向性です。これを私は俗世の六白と捉えています。六白は自己の利益を放棄し公益に与する気質です。この理に違うものはすべて俗世の六白になります。今この俗世の六白が日増しに衰退しています。


〔エンターテイメント分野の構造変化〕
例えばエンターテイメントの分野では最も早い段階からこの流れに移行しています。組織に属さない個々人がSNSを利用してその人なりのパフォーマンスを繰り広げています。それは玉石混交であるものの、そこから切磋琢磨された秀逸な作品がいくつも輝き始めています。これはそれを発揮する人とそのパフォーマンスを見たいと思う人との釣り合いが取れる時代になった証です。一方で今まで作為によってつくられたエンターテイメントの世界はその中身の空虚さを如実に表すようになり、居場所をなくし身を引く人もあれば、静かに新たな居場所へ移行する人もいます。

本当の価値を生み出すのはいつの時代でも個人です。組織は仕組まれたものを創り出すのであって、個々人の琴線に触れるものを作るのに適しません。今、本当に心を動かされるものを多くの人が求めています。それに応えることのできる人は名前を知られていないその人です。私が本当に求めていたものはこれだと思えるものは、その人しか作れないのです。その才能を発揮する場が整いつつあり、その才能を伝達する環境もSNS上で整いつつあります。仕組まれたものは急速に居場所を失いつつあります。


〔本当の影響力は個人が持っている〕
気学的な見地から捉えると、仕組まれたものは光を構成する斜めの軸に現れ、あたかもこれが主軸であるかのように振る舞います。ところが光の本当の軸は縦軸と横軸との交わりから生まれます。縦軸は個人の理想と思い。横軸は不特定多数の人が求める期待と喜びの空間です。エネルギーは個人の思いと不特定多数の人の思いが自由に交わらなければ生まれません。二つの思いが縦と横から交わるとき、最も影響力のあるパフォーマンスが繰り広げられるのです。私たちが今まで見てきたものは仕組まれた斜めの軸から生まれたものでした。そして今ようやく軸の傾きがまっすぐに戻り、個々人に戻ってきています。今後は自分自身という主軸が世の中を創り出していく時代に変わっていきます。





                                 (浅沼気学岡山鑑定所)

浅沼元琉の気学観測

FM"RadioMOMO"の『浅沼元琉の気学観測』コーナーでお話ししたことをまとめました。