西伊豆(宇久須)だより

山・海そして里が広がる西伊豆町。都会の喧噪を離れて、一緒に豊かな自然、健やかな社会とは何か、探っていきませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

休業観光施設に独自補填

2020-04-09 20:29:41 | 日記

 是非、全国の皆さんに知って頂くため、この西伊豆町の記事をシェアして下さい!
 昨日、コロナに感染したご夫婦が確認された西伊豆町。その日に観光に関する全ての施設、店舗を1ヶ月間休業し「町の観光をストップ」する方針を発表したと同時に、休業中のホテル、旅館についてのキャンセル分も含めた補填をすると発表。安倍総理も小池都知事も出来ないことが、この伊豆の小さな町で行われました。
前にも書きましたが、西伊豆町は人口は約7800人、町税収入は約8億5千万円、感染者が出る前から全町民に商品券1万円分の配布や諸々の補助制度をいち早く発表。この記事によれば損失3億円となっているので、この補填によって5億円近いコロナ対策が行われた事になる。確かに、ふるさと納税による財源はあったとは思いますが、特筆すべきはこのスピード。
 住民の不安に素早く寄り添うこの姿勢は本当に素晴らしい!感動をしました!
 西伊豆の星野町長は、まだ42歳。今回のコロナ騒動で注目される動きをしている、北海道の鈴木知事、大阪府の吉村知事は同世代の39歳。これからの世代を担うアラフォー政治家が、既存の枠組みに囚われない奮闘を見せているような気がします。
 こうなると、政治のせいにしていられない、事業者も奮起するのではないだろうか。
住民の一番近くにいる地方行政の方々に、この記事を見て奮起して頂きたい。一緒に戦おうと声を上げて頂きたい!
      
       (一社)伊豆下田法人会


 
コメント

IVUSA西伊豆町活性化活動 2月24日

2020-02-24 23:21:14 | 日記
【静岡県西伊豆町活性化活動 2月24日】
 活動4日目の今日は、黄金崎公園の中の松林とコレクションガーデンで作業をしました。
 具体的には、松の木の育成を阻害するツワブキの採取と松の木に栄養を与えるために炭を撒いて土を被せる作業をしました。
 同時並行で、松林で採取したツワブキをコレクションガーデンに移植する作業も行いました。
 使い慣れない道具に苦戦しながらもお互いに声を掛け合いながら明るい雰囲気で進めることができました。
 午後の活動では、午前中に引き続き松林とコレクションガーデンの2つに分かれて作業しました。
 松林では、コレクションガーデンに植え替えるためのツワブキの採取をしました。
 急斜面で足場が不安定な中での作業でしたが、学生どうし声を掛け合い無事、誰も怪我をすることなく終えられました。
 コレクションガーデンでは、松林で採取されたツワブキを植えました。多くのツワブキが植え替えられ、黄金崎公園の景観がより良いものとなりました。
            IVUSA@西伊豆






コメント

IVUSA西伊豆町活性化活動 2月23日

2020-02-23 23:18:05 | 日記
【静岡県西伊豆町活性化活動 2月23日】
 今日は私たち学生が今まで準備をしてきた「クールタウンフェス西伊豆」当日です。
 朝から、フェス会場の準備で主に会場の装飾をしました。学生たちも本番直前にして楽しみで待ちきれない様子でした。
 フェスが始まってからは、四方八方から私たち学生と町民の声が飛び交っており、射的ができるブースでは、的に当たる度に大きな歓声が会場に響き渡りました。
 その後も引き続き盛り上がりを見せていました。午後は特にステージのよさこいソーランが盛り上がり、全体の雰囲気も最高潮になりました。
 実際にお越しいただいた西伊豆町長の星野淨晋さんは、「若者と一緒に楽しめる機会があって良いと思いました。去年よりも町民の活気があると思います」と仰っていしました。
 学生自身も町民の方からもたくさんの笑顔が見られ、最高の形で締めくくることができたと思います。
 その後の交流会でも会の終了を学生と町民がお互いに惜しみ合いました。町民にとっても良い機会になったと思います。
 明日からの活動もさらに気合いを入れて取りくんで行きたいと思います。
           IVUSA@西伊豆







コメント

西伊豆町活性化活動@IVUSA

2020-02-22 22:34:52 | 日記
【静岡県西伊豆町活性化活動 2月20日】

 2月20日木曜日に都内の大学にて、学生74名、事務局員1名で西伊豆町活性化活動の結団式を実施しました。
 前半は、当日のスケジュールの確認や注意事項の説明がありました。そして、IVUSA主催の「クールタウンフェス西伊豆」で出店するコンテンツの紹介もありました。学生たちは楽しみな気持ちを持ちつつも、緊張感を持った表情で話を聞いていました。
 後半は活動の目的と達成要件の確認や個人目標を班員に共有するグループワークを行いました。「西伊豆町の新たな資源に気づくこと」を目標にしている学生もおり、活動にいく目的を改めて見つめ直せました。
 最後に活動のリーダーである川口真由(東京家政大学4年)から、「西伊豆町のためのこの活動を無駄にしてほしくない」と今回の結団式を締めくくりました。

【2月21日】




 2月21日午前中に都庁前を学生85名、事務局員1名が西伊豆町に向けて出発しました。
 バスで移動し、西伊豆町に到着した後、第1休耕田と第2休耕田の2つの現場に分かれて作業をしました。
 第1休耕田では、緑の地球ネットワーク(GEN)の藤原國雄さんと学生たちで、バイオ炭を使って栽培したヤーコンの収穫を行いました。
 第2休耕田は、来年以降は使わないため、雑草抜きを行ないました。午後からはクローバーの種を撒く予定です。
 天候にも恵まれ、学生たちも生き生きと活動しました。
 引き続き午後からも、学生のマンパワーで作業が終わるよう頑張ります。

【2月22日】




 午前中に引き続き第1休耕田では作付けをし、第2休耕田では雑草抜きをしました。途中から雨が降り出してしまいましたが、学生同士で声を掛け合い和気あいあいとした雰囲気で作業することができました。
 また、体育館の外では町民の方と共にGGG(グラウンドゴルフゲーム)を行いました。 町民の方も学生と一緒になって盛り上がり、ゴールする度に歓声が上がるほどでした。
 同時進行で、体育館内では明日行われる私たち主催の「クールタウンフェス西伊豆」で披露するよさこいソーランの練習も行いました。学生は「だんだん仕上がってきて笑顔があって良かった。当日も頑張りたい」と明日に対し胸を高鳴らせていました。
 明日はいよいよクールタウンフェスの当日なのでしっかりと準備をし、明日に備えていきます。 
       IVUSA@西伊豆
コメント

下田(南)高等学校 南伊豆分校ありがとう!!

2020-02-10 18:48:18 | 日記
 昭和59年から平成6年3月まで教諭として勤務し、平成22年から23年まで非常勤講師として勤務しました。その頃の職員チームが楽しい時代でした。
 現在5年ほど前からカンボジアの小学校建設に協力させていただいています。カンボジアには1回しか行ったことがありませんが、私が幼かったころの日本み
たいです。1000名規模の小学校で電気は1回線しかありませんでした。
 ポルポト政権下で国民の1/3が殺されました。小学校教育に美術や音楽がありません。
 1月18日に農芸祭に行きました。そしたら新品の鍵盤ハーモニカ、使用した鍵盤ハーモニカ、そして担任した生徒の子供が小学校の時使用したランドセルを1個集めてくださいました。
 分校の教職員の皆さんや卒業生の皆さんに心から感謝します。


コメント

クールタウンフェス西伊豆2020

2020-02-09 11:30:08 | 日記
 ~宝探しを通して伝える西伊豆の魅力~
 今年で3回目の開催!
 大人も子供も大盛り上がり間違いなし!

 ivusa(学生ボランティア団体)が主催するイベント『クールタウンフェス西伊豆2020』についてのお知らせです。

 今回は≪宝探し≫をテーマに、各ブースでのクイズラリーに挑戦!
 ゲームを通して西伊豆町の魅力を再発見できるものや、学生が育てたヤーコンを使用した料理が食べられるなど、様々な楽しめるブースをご用意しております。
 また、クイズに答えたら貰える「抽選券」で、大抽選会にも参加できます。
大抽選会で豪華賞品ゲットのチャンス!

 ステージでは、学生がよさこいソーランを踊ったり、町民の方による踊りの披露など、イベントの雰囲気を盛り上げるコンテンツがたくさんあります!

 皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 【イベント詳細】
 入場無料
 日時:2020年2月23日(日)
 時間:12:00~15:30
 (15:30から大抽選会、16:00から交流会があります)
 会場:旧田子中学校 体育館
   (静岡県賀茂郡西伊豆町田子965-1)
 アクセス:東海バス「大田子」バス停から徒歩3分

      イビューサ@静岡県西伊豆町



コメント

車庫証明がいらない町

2020-02-01 21:44:54 | 日記
 昨年末に「スズキ・ジムニー」を購入しました。
 昨年初任校の先輩のI先生が免許を返納したと伺い、ジムニーを売ってくださいとお願いしました。
 1995年のジムニーで悪路の走破力が日本車の中で一番高いと聞いていました。現在私名義車輛はスバルレボーグ、これはオールタイムの4輪駆動です。2台目は三菱のタウンボックス、これも偶然4輪駆動でした。これは農耕車として農機具小屋として使用しています。それに加えてジムニーです。なぜ3台の車を所有しているのか?
 私は5年ほど前から「伊豆珪石」の露天掘りだった鉱山跡地の緑化に取り組んでいます。pH2~3の強酸性でシカの食害が多く完全に緑化に失敗しました。緑化のエキスパートのGENに協力依頼があり、現地作業員の私にその責が回って来ました。
 やっと根が張り、肥料が必要になっている感じがしました。立教大学の上田ゼミやIVUSAの学生やGENの宇久須合宿のメンバーの足として使用してもらったりシカの食害を受けない植物の調査に使用するつもりです。
 こんなこと可能なの? それは車庫証明がいらないからです。
私の住んでいる西伊豆町宇久須では車庫証明が必要ないのです。




コメント

「真理子桜」が8部咲きです。(その1)

2020-01-25 22:36:15 | 日記
 土肥高等学校(現在は伊豆総合高校土肥分校)に教諭として15年勤務しました。毎年、分掌希望に1年生の正担任と書いて出していましたが、希望は1度もかないませんでした。赴任した年にいきなり総務課長、翌年には進路課長。課長や管理職になるために教員を目指したのではなく、クラス担任になって生徒と一緒に生きていくためでした。
 1999年に教頭が根負けして「学年主任はどうですか?」と意向打診があり、喜んでお引き受けをしました。当時は1学年3クラスでした。最初の学年部は男性二人と女性一人、毎晩遅くまでクラス・学年集団づくりの話し合いをしました。3年間クラスづくりの実践をして卒業させました。翌年も学年主任。この時も女性一人の3クラス。これもまた楽しい3年間でした。2年部になった時に彼女が正採用となり土肥高にやって来ました。




コメント

NIKKEIプラス1に「しおかつお」紹介

2020-01-12 18:37:18 | 日記


 日経新聞1月11日付け別刷りNIKKEIプラス1に「しおかつお」が紹介されました。
 一面をつぶして芹沢安久さんの「カネサ鰹節商店」でのしおかつおづくりを紹介し、「かねじょう」さんでの料理を紹介しています。



コメント

イビューサ 西伊豆町第1回勉強会

2019-12-25 22:20:07 | 日記
 関東では12月21日(土)、関西では12月22日(日)に第一回勉強会が行われました✏️
 13回目の活動の目的である「町民とともに西伊豆町にある資源に価値を見出すことで、中期事業計画を形にする」ことを目指し、まずはこの活動までの準備期間に、自分は何を考え、どう行動できるかを考えました🤔💭
 さらに関東の方では、西伊豆町役場まちづくり課の山本良幸さんが来てくださり、挨拶を頂きました!
 コンテンツの一種として、自分の地元や好きな町の良いところとそれによる効果、悪いところとそれに対する改善策を考える」というワークを行いました。
 良いところとしては「意外にレジャースポットが多い」「人が温かい」。
 一方で、悪いところと改善策は「観光客が多くてゴミが増える→ゴミを捨てさせない工夫を作る」。
このように、最初は緊張気味であったのが、互いに意見を出し合う中で次第に打ち解け和気藹々とした雰囲気に!
 これから共に西伊豆町へ向かう仲間として交流を深めることができました🤝
 この準備期間、各学生がいま自分ができることに精一杯取り組んでいきます🙋‍♀️🙋‍♂️
         イビューサ@静岡県西伊豆町







コメント