弁天ふれあいの森公園へ散歩

公園へカメラを持って散歩。カメラで撮った写真をブログに整理してみました。

ハナモモ 〈花桃のピンクの花〉

2018-04-04 21:10:01 | 
 【 ハナモモ〈花桃〉ピンクの花 】

ハナモモ〈花桃〉   平成30年3月28・31日撮影



 

 ハナモモ(花桃)
花桃は、花を観賞するために改良されたモモで、花つきがよいため、主に花を観賞する目的で庭木などによく利用される。日本で数多くの品種改良が行われ、種類が豊富。観賞用のハナモモとして改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってからで、現在の園芸品種の多くも江戸時代のものが多い。
【分 類】バラ目バラ科サクラ属
【学 名】Prunus persica
【原産地】原産地は中国。
【花弁数】一重、八重咲きがあり、樹形は立性で、枝垂れ性、ほうき立ち性、矮性などもある。
【花の色】赤、桃色、白、紅白咲き分け
【花 径】3 - 5cm
【備 考】日本へは縄文時代に既に伝わっていた。引用:WIKI
コメント

ハナモモ 〈花桃の白い花〉 

2018-04-04 20:05:51 | 
 【 ハナモモ〈花桃〉白い花 】

ハナモモ〈花桃〉   平成30年3月28・31日・4月1日撮影



 

 ハナモモ(花桃)
花桃は、花を観賞するために改良されたモモで、花つきがよいため、主に花を観賞する目的で庭木などによく利用される。日本で数多くの品種改良が行われ、種類が豊富。観賞用のハナモモとして改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってからで、現在の園芸品種の多くも江戸時代のものが多い。
【分 類】バラ目バラ科サクラ属
【学 名】Prunus persica
【原産地】原産地は中国。
【花弁数】一重、八重咲きがあり、樹形は立性で、枝垂れ性、ほうき立ち性、矮性などもある。
【花の色】赤、桃色、白、紅白咲き分け
【花 径】3 - 5cm
【備 考】日本へは縄文時代に既に伝わっていた。引用:WIKI
コメント

ハナモモ 〈赤色の花〉 

2018-04-04 17:38:54 | 
 【 ハナモモ〈花桃〉赤い花 】

ハナモモ〈花桃〉   平成30年4月1日撮影



 

 ハナモモ(花桃)
花桃は、花を観賞するために改良されたモモで、花つきがよいため、主に花を観賞する目的で庭木などによく利用される。日本で数多くの品種改良が行われ、種類が豊富。観賞用のハナモモとして改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってからで、現在の園芸品種の多くも江戸時代のものが多い。
【分 類】バラ目バラ科サクラ属
【学 名】Prunus persica
【原産地】原産地は中国。
【花弁数】一重、八重咲きがあり、樹形は立性で、枝垂れ性、ほうき立ち性、矮性などもある。
【花の色】赤、桃色、白、紅白咲き分け
【花 径】3 - 5cm
【備 考】日本へは縄文時代に既に伝わっていた。引用:WIKI
コメント

コブシ〈辛夷〉 

2018-04-04 14:07:28 | 木に咲く花
 コブシ〈辛夷〉   

【コブシ〈辛夷〉 の写真】  平成30年3月27日撮影







【ベニコブシ〈紅辛夷〉のデータ】  
 【別 名】 ヤマアララギ、コブシハジカミ、タウチザクラ(東北地方)、
 【分 類】 モクレン科 モクレン属
 【学 名】 Magnolia praecocissima Magnolia kobus
 【花弁色】 白、基部は紅色。
 【花 弁】 大きな6弁花。萼片は3枚
 【花 径】 7~12センチくらい。
 【備 考】 --
参照:花図鑑、ほか

コメント