コダワリの女のひとりごと

絶景レストラン、カフェ、ご当地グルメ、フレンチ、スイーツ、鉄道、飛行機、船、バス、車、自転車など乗物全般が好き💛

ご訪問ありがとうございます。旅、ご当地グルメ、スイーツが好き💛

ヨーロッパと世界遺産と旅が大好き💛世界周遊が夢
鉄道とご当地グルメが大好き食べラー&トラベラー、ミネテイのブログです。
💛47都道府県と世界40ケ国400都市踏破💛管理人ミネティの詳細プロプィールはこちら
※お仕事依頼やご連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からお願いします。

◇旅記事一部抜粋◇
【Club Med 北海道 Sahoro】2020スキーリゾートを堪能する旅
JR九州 2019秋【或る列車】に乗る長崎と佐賀の旅目次
世界遺産 熊野三山、和歌山県新宮市への旅1日目☆世界遺産熊野川川舟下り
1泊2日で行く♪茨城歴史漫遊女子旅☆ダイジェスト&目次
KLMオランダ航空Cクラスで行く♪オランダひとり旅
JR九州☆肥前さがと薩摩の幕末維新博とおれんじ食堂に乗る旅
湯河原梅林『梅の宴』と『狂言の宴』を楽しむ湯河原温泉癒しの女子旅☆前編【PR】
【PR】湯河原温泉癒しの女子旅☆1日目 文豪が愛した街の歴史をたどる
木曽路はすべて山の中 南木曽・中山道の宿場の歴史と日本遺産
成田から春秋航空で行く♪レンタカーで周遊する佐賀県女子旅💛
はじめての佐渡へジェットフォイルで💛佐渡島を1泊2日で巡る佐渡女子旅
JR九州 2016秋【 熊本+鹿児島の旅】熊本城、阿蘇、人吉温泉+甑島 西郷隆盛の足跡をたどる
『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』メディアツアー☆ダイジェスト&目次
新潟県新発田市・月岡温泉ゴージャス!!バス女子旅☆ダイジェスト&目次
「つながろう木曽ブロガーツアー」きそふくしまスキ―場&開田高原マイアスキー場
JR東日本旅市『冬の青森のれそれ探訪』東北新幹線で行く国民温泉酸ヶ湯旅行記

ミネテイの他の旅はこちら 

香川の菓子工房ルーヴのお菓子を食べてみました。

2016-04-06 | 旅 香川県

うどん県高松市にある『香川の菓子工房ルーヴ 』のお菓子を食べてみました。
うどん県こと香川県は何度か旅してますが、このお菓子屋さんは初めて知りました。

うどん県のイベントは何度かお邪魔してるので、うどん県知事にも「また来てくれたのね!」と話しかけていただける顔が割れた私です。
昨年もうどん県にも旅してきました。

そんな大好きうどん県=香川県のスイーツです。
香川県の讃岐米を使ったスイーツたち。
種類がいろいろあります。

香川の菓子工房ルーヴ 
http://lowe.co.jp/

うどん県=香川県はうどんが美味しいのはもちろんですが、うどんは小麦なので血糖値が上がりやすいという欠点があります。
なので糖尿病になる率も高い県であることから近年、県を上げて糖質制限に力を入れているようで希少糖=レアシュガーを開発。
うどん県の希少糖はすごい!そんな希少糖を使ったり、讃岐米を使って糖質制限したスイーツたち。



★米粉マドレーヌ おんまい
さぬき米を使った米粉マドレーヌ。
最近は米粉でも小麦の風合いを変わらないスイーツに出来上がっていてびっくり。


小豆が入っているマドレーヌ最近多いですね!
豆好きな私はこれはたまらん。




★香川発希少糖 ルーヴのドーナツ
香川県は最近希少糖も人気ですが、その希少糖を使ったドーナツ。
優しい味わいでこれなかなか好き♡
ドーナツ好きなんです。
家族になんでそんなカロリーの高い物をあえて食べる?とか言われるんですがスイーツの中でこのシンプルなお砂糖をまぶしただけのドーナツが一番好きかも。
母がよく揚げてくれたドーナツの味に似ているからかも。


★糖質制限フィナンシェ
バター感の少ないあっさりフィナンシェ。



讃岐米を使ったお菓子はどれもなかなか美味しいです。



香川の菓子工房ルーヴ 空港通り店
http://lowe.co.jp/

香川県高松市鹿角町290-1
TEL:087-869-7878 
FAX:087-868-1444

年中無休(年末年始を除く)
営業時間:9:30~19:30
駐車場:65台

 



 食べログ グルメブログランキング

コメント

「高知県、うどん県(小豆島)特急しまんと&小豆島フェリーで四国縦断旅のダイジェスト&目次」

2015-10-29 | 旅 香川県

シルバーウィークですね!
SNSやブログにいろんな場所からの投稿が目立ちます。
私は一足先に四国、青森へ旅してきましたのでシルバーウィークはお家でまったり。

四国の旅3泊4日のダイジェストです。

1日目

東京から行きは高知・龍馬空港へ。ANAのマイレージ利用です。

9:40
龍馬空港からは車で北川村にある「モネの庭 マルモッタン」を目指します。


10:30

高知県北川村の「モネの庭」マルモッタンを散策

11:00

カツオのカルパッチョランチ@北川村 「モネの庭」マルモッタン
モネの庭にあるレストランで早めにランチ。
カツオのカルパッチョランチをいただきます。

13:00 安芸にある岩崎弥太郎の生家へ

岩崎弥太郎生家と手結可動橋散策/高知県、うどん県+小豆島の旅3

13:50 ゆず庵

高知で人気のレストラン。
オムライスとくじらカツ気になります。



14:00 リゾートホテル海辺の果樹園へチェックイン


手結漁港を散策




18:30 ホテル内のレストランで高知名物「皿鉢料理」の夕食。
高知の皿鉢料理を楽しむディナー@リゾートホテル海辺の果樹園
ブログ記事はこちら

 

2日目
10:30ホテルをチェックアウト

11:30
日高村オムライス街道へ。オムライスを食べに行きました。

13:00レストラン高知
ひだかオムライス街道のレストラン高知で「南国土佐のオムライス」
ブログ記事はこちら

地球33番地とべろべろの神様/高知とうどん県の旅
ブログ記事はこちら

15:00 地球33番地


18:00 南国市にあるレストランで夕食

3日目 

7:32 ごめん駅からしまんとにで高松を目指します。


10:00 玉藻公園へ


11:00 栗林公園
今回一番行きたかった栗林公園、ミシュランジャポンで三ツ星の公園。

ミシュラン三ツ星、特別名勝 栗林公園をガイドさんと散策
ブログ記事はこちら

 

うどん県で「ぶっかけうどん」@吹上亭 栗林館
ブログ記事はこちら


13:00 栗林公園近くのうどん屋さんで ぶっかけうどん。
うどん県へ行ったのにうどんはこれしか食べてない~~。

 

こんぴらさんの785段を上がるとそこは讃岐富士!「金毘羅宮参り」
ブログ記事はこちら


15:00 金毘羅さんへ
奥社は今回はパスしました。
途中、ちょっと嫌な気を感じて怖かったこともあるのですが、今回は荷物も多いせいか本宮で限界でした。

灸まん本舗 石段や 本店でカキ氷とお茶菓子セット/高知県、うどん県(小豆島)の旅
ブログ記事はこちら


14:30 灸まんさんでカキ氷


うどん県で創業350年の歴史ある蔵元、西野金陵の『金陵の郷』
ブログ記事はこちら


琴電のスタンプラリーでスタンプ4個GET。

途中、イオンのある駅などいくつかの駅で降りて高松築港に戻り、湊を散策
陳さんの担々麺のお店で担々麺を食べるつもりが、チャーシューを頼んでしまいプチショック。


JR四国クレメントホテルのお部屋から見えるJR高松駅


18:30 ホテルのパテスリーにてプリンを買ってみます。


20:00 琴電の萌え~な列車に乗車「うどんの国の金色毛毬」

高松築港夜景とJRホテルクレメントからみる高松駅/高知県、うどん県(小豆島)の旅
ブログ記事はこちら


4日目
7:30 外の風景を眺めながら朝ぶろ@JR四国クレメントホテル

あり~?な北浜alleyへ早朝散歩♪高知県とうどん県の旅(高松編)
ブログ記事はこちら

9:00 北浜アレー
北浜alleyは昭和初期に作られた穀物倉庫を改装して、カフェやギャラリー、バー、ヘアサロン、インテリアなど9つの業種が集う空間ですが、営業前でした。


高松港のシンボル



初めての小豆島は内海フェリーで/高知県とうどん県小豆島の旅
ブログ記事はこちら


9:30
小豆島の草壁港に渡ります。

お醤油大使in小豆島!草壁にあるマルキン醤油を見学。
ブログ記事はこちら


10:50
草壁は醤工場が数多くあります。
草壁港からバスで340円区間 マルキン醤油前で降りました。


11:15 マルキン醤油の後は森國酒造さんへ

 
小豆島で唯一の酒蔵『森國酒造』で「杜氏のまかない飯」を食す。
ブログ記事はこちら


11:30 杜氏のまかないランチ


12:40 小豆島オリーブ公園


小豆島オリーブ公園でギリシャ風車を感じる♪
ブログ記事はこちら

12:48 バスで草壁港へ。 バスで280円くらいだったと思います。

13:30 草壁港出発

14:30 高松港に到着
ドトールでお茶をして、空港バスを待ちます。
JR四国ホテルが始発なので余裕。


時間のあるときに各詳細を記事にしますので、またお付き合いください(^^)


高知県、うどん県(小豆島)特急しまんと&小豆島フェリーで四国縦断旅のダイジェスト&目次

 


食べログ グルメブログランキング 

コメント (2)

小豆島オリーブ公園でギリシャ風車を感じる♪

2015-10-29 | 旅 香川県

小豆島滞在は3時間!(笑)
それで小豆島を観光しようなんて無理がある。
でも、行ってみたい!と思ったら行かないと気が済まないわけで、小豆島でチェックインするためのプチプチ旅のような感じ。

小豆島で唯一の酒蔵『森國酒造』で「杜氏のまかない飯」を食す。
前の記事はこちら

小豆島でランチくらいはしよう!という思いは達成したので、私的には大満足。
3時間の滞在で往復2時間の船旅だけど、1300円足らずで往復できるフェリー料金に感動。

杜氏のまかない飯を食べ、バスで小豆島オリーブ公園へ行き、滞在10分でフェリーターミナルに戻る。
こんな突拍子もないスケジュール。
レンタカーがフェリーの近くで借りれればそれが一番よかったけれど、移動は路線バス。
今思うと、小豆島オリーブ公園からはタクシーでフェリーターミナルへ行くという手段もあったのかも。




杜氏のまかない飯を食べ、路線バスはここから乗ります。

★苗羽というバス停
マルキン醤油からは2つ隣くらいの距離。
ここから草壁港へ歩くと25分くらいはかかりそう??もっと?
タクシーも呼ばないと来ない場所だとヒッチハイクもしたくなる。
ヒッチハイクの経験はないけれど、観光地で出会ったファミリーに高速バス乗り場まで送っていただいた経験はありますが。。。

バスはやはり時間通りには行かず、到着は予定より3分くらい遅れました。
もともと10分くらいしか滞在時間がないので、小豆島オリーブ公園のシンボルの風車まで行くのは無理かな。。。と思っていたけれど、写真も遥か遠くからしか撮影できず。。。

★ギリシャ風車
小豆島と姉妹島提携を結ぶギリシャ・ミロス島との友好の証として平成4年に建設されたという風車は小豆島のイメージポスターなどでもよく見る風景。
あーあの風車の近くまで行くには滞在時間は30分欲しかった。。。遠くから写真だけパチリ。
次は絶対風車の足元まで行きます!







内海湾を望む温浴施設。ハーブの香りがリラックス効果を高めるハーブ浴や、マッサージ効果をもたらすリラックス浴のほか、遠赤外線サウナや露天風呂など充実の設備サン・オリーブ温泉もあります。


★オリーブの木


小高い丘になっているので見晴がよいです。
思っていた以上に広く、道の駅もあるのですが、滞在7分でトンボ帰りしないとフェリーに間に合わない。

草壁港へ行くためのバスが来てしまいました。。。



いつかこんな写真を撮ることができますように。
また小豆島へ来る機会がありますように。
名残惜しく、心残りいっぱいで小豆島オリーブ公園を後にします。
フェリーの出航まで30分もあるので、オリーブ公園からタクシーで来なかったことを後悔。



小豆島、今度は岡山から渡って高松へ抜けるプランで来たい!!



小豆島オリーブ公園


高知県、うどん県(小豆島)特急しまんとと&小豆島フェリーで四国縦断旅のダイジェスト&目次




食べログ グルメブログランキング  

コメント (4)

小豆島で唯一の酒蔵『森國酒造』で「杜氏のまかない飯」を食す。

2015-10-28 | 旅 香川県

北へ行ったり、南へ行ったりあちこち飛んでいます。
が、小豆島のご紹介したい酒蔵があるので、またうどん県に戻ります。

お醤油大使in小豆島!草壁にあるマルキン醤油を見学。
前の記事はこちら

小豆島唯一の酒蔵であり、うどんに合う酒を造っている3蔵元のひとつ、『森國酒造』さんへ行ってきました。
実は小豆島へ渡った時はすっかり蔵元のことは忘れていたし、草壁港から近い場所にあることさえ知りませんでした。

二十四の瞳映画村へ行くつもりだったのに、マルキン醤油を見つけて降り、マルキン醤油でふと目に留まった近隣地図に森國酒造がありました。

あ!ここへ行きたい!

マルキンさんでここはここから歩いていけるのか、どう行くのかを教えていただきます。
なんとこちらは「カフェもあるのでお食事もできますよ。」とのこと。

徒歩で15分くらいとのことでしたので、帰りのフェリーの時間から行けるかどうか計算します。
これは行ける!

酒蔵見学は予約制なのできません。
酒蔵はもう20くらい訪れているし酒造りの行程は何度もお聞きして知っているのでそれほど興味がない。

私の興味は
・どんな酒の種類があるのか。
・どんな場所で作られているのか。


『森國酒造』
元々は高松市に合った蔵元さんで、小豆島へ渡り、佃煮工場だった場所を蔵元としてスタートさせたそうで、『森國酒造』の歴史は10年ほどで平成17年創業と新しい酒蔵。
瀬戸内海に浮かぶ美しい島、小豆島の最高峰(817m)で日本三大渓谷の1つでもある寒霧渓の山頂付近星ヶ城の湧き水を使用、全国的にもめずらしい島仕込みの酒蔵としてお酒の製造をしている蔵元。

お酒造りは杜氏の手によって醸す、 本物の酒で伝統的な製法を守りながらも、 新しい酒蔵だから出来る事を色々とチャレンジしているそうです。

生産量が100石~150石の小さな酒蔵のため、機械をあまり使わず手作業で特定名称酒を主に仕込み、びんづ詰め、ラベル貼りも、ほぼ1本1本丁寧に手作業


店内の内装があまりにおしゃれで、有名な建築デザイナーにお願いしてるのですか?
と、お聞きしたら高松にある名前の通った建築事務所のデザインなのだそうです。



古民家カフェがだいぶ以前から流行ってますが、まさにこれぞ古民家。
リノベーションされているはずですが、古民家らしさをかなり残しつつ、新しさのある素敵空間。
置かれているイスやテーブルなどの調度品もセンスよくまとまっています。



「うどんに合う酒」はうどん県の大試食会で飲んだことがあり、そのほかのお酒も飲んだことがあるはず。


「このうどんに合う酒を」見るまで、自分が飲んだことのあるお酒の酒蔵であることも気付いていませんでした。
「うどんに合う酒」をみて、呼ばれるべくしてきた!そう直感。









カフェのライテイングの雰囲気もよく、2階は資料館のようになっています。



食事メニューは3種類。
・杜氏のまかないめし 1000円
・酒粕グラタン 1000円
・酒蔵弁当(一日限定10食) 1200円


フォレストギャラリー『森國酒造』のお料理はおばあちゃんの手作りで、一品一品丁寧に地元の食材で作っているそうです。

★杜氏のまかないめし 1000円
酒粕を使ったトン汁がなんとも言えずほっこり。


地元の素材を使った揚げ物。
ほっこりしたおばあちゃんの手作りごはんが美味しかったです。


★酒粕のトン汁
これだけでもうお腹いっぱいになるくらい具だくさん。
蔵元さんらしく酒粕を取りいれたメニューが杜氏のまかない飯という感じ。


帰る間際に気付いた隠れ家みたいな個室!
空いていたし、お好きな場所でどうぞと言っていただいたので、ここで食べればよかった。。。

 
島の森の中にいる感じを味わえる素敵空間。

森國酒造カフェ / 小豆島町その他)
0879-61-2077
香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010-1

交通手段
土庄港から車で 約35分
草壁港から車で 約6分
福田港から車で 約30分

営業時間
ギャラリー・ショップ OPEN.9:00 CLOSE.19:00
カフェ OPEN.11:00 CLOSE.19:00(18:00L.O)
バー OPEN.20:00~
定休日 不定休


高知県、うどん県(小豆島)特急しまんとと&小豆島フェリーで四国縦断旅のダイジェスト&目次




食べログ グルメブログランキング  

コメント

お醤油大使in小豆島!草壁にあるマルキン醤油を見学。

2015-10-21 | 旅 香川県

高松築港を出て60分ほどで小豆島の草壁港に到着。
一番にオリーブ公園に行こう!とフェリーの中で予習していたでのすが、実際草壁港に到着して、直感で二十四の瞳の映画村行きバスへ飛び乗りました。

最初はオリーブ公園へ行くための土庄行きバスに立つも、ひらめきで向かい側のバス停へ渡る。
どちらも同じ時間にバス停に到着するのですが、フェリーの中で行程を立てたら、どうも正味2時間しかない。なので、映画村とオリーブ公園の入り口へと思ったのです。

※写真のバス停の時刻表は2015年9月現在となります。




映画村へ行くつもりでしたが、途中、マルキン醤油にバスが止まったときに反射的に降りてしまいました。
大体、直感で行動するタイプなので予定は未定。

マルキン醤油の見学をすることに。
ここで、帰りのバスをしっかりチェックすればいいものをバスの時刻表はあるからとズンズン中へ。

入館料200円
えー醸造工場内の見学もできないのに200円も取るんか?!と思いつつ、せっかくの小豆島ですから入館します。
入館するとマルキン醤油が一本、お土産&入館証替りに渡されます。
そうか~お醤油を買わされたってことなのね!(笑)
200円では買えないマルキン醤油なのでラッキ―♪



讃岐三白
「小麦・塩・砂糖」
小豆島は小麦と塩に恵まれた島。良質な原料と温暖な気候に恵まれた環境がしょうゆ造りに最適だったそうです。
統のしょうゆ造り明治40年のマルキン醤油の創業以来、天然醸造蔵での伝統的な製法を生かしつつ、 時代にあったしょうゆ造りを続けているそうです。

中の入り口に醸造樽のトンネルがありました。

お醤油大使の私、ここで記念撮影しないわけがない。
見知らなぬ紳士にシャッターをお願いする。
一人旅でどうやって写真撮ってるんでか?って聞かれますが、大体、通りすがりの方にお願いして押していただいてます。




入館料200円なわりには見応え感がないな~と思いつつ、お醤油をいわば売るみたいな商法がなkなかやるな!と、思ったマルキン醤油さん。
旅人でも嵩張らない高級醤油を一本もらうと200円出してもお得感でいっぱい。

マルキン醤油の本社は名古屋なんですね。

資料館の向かい側にも売店があり、醤油ソフトがありました。

マルキン醤油 小豆島工場
〒761-4498 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850番地
Tel:0879-82-1221 Fax:0879-82-1230

 

 

 
 
食べログ グルメブログランキング 

最近の旅はほとんどガウチョ!楽です。 

コメント

おすすめホテル💛



おすすめ💛