彷徨者のネット小説レビュー

ネット小説サイト「Arcadia」や「ハーメルン」をメインに、あちこちで見かけたネット小説をレビューするブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

起きたらマ・クベだったんだがジオンはもうダメかもしれない

2019-12-22 18:00:00 | その他

原作名:機動戦士ガンダム

作者:Reppu

最終更新日:2019年12月19日

評価:A

サイト:ハーメルン

    https://syosetu.org/novel/183290/

 

[あらすじ]

 連休に浮かれて酒を飲みながらガンダムを見ながら寝落ちしたら、起きた時にマ・クベになっていた。

 何がどうしてこうなった。現実逃避したくても、こちらが現実になってしまったのは変えられないようで。

 このままだとギャンに乗ってテキサスコロニーでアムロに殺されてしまう。そうでなくても、中の人が変わっていると知られたら、スパイ容疑で逮捕・銃殺もあり得る。しかも頑丈に秘匿された一室には、軍資金を横領して買い漁ったツボ、つぼ、壺。

 死亡フラグに囲まれた自称・一般人が、生き延びるために真面目に基地司令をしていく話。

 

[文章]

 マ・クベ視点の時は一人称、それ以外の視点の時は三人称の変則的な書き方。誤字脱字は少な目でさくさく読める。一話平均四千字前後。マ・クベ視点と他者視点の二つで一話なので、好みとしてはもう少しボリュームがほしい。

 

[総評]

 いわゆる原作知識を使った内政チートの系統作品。他にも二十一世紀の兵器や技術からの考察もあり、読んでいて楽しい。

 ガンダムオタクがマ・クベに憑依。散見する死亡フラグをへし折るため、ジオン勝利のため、オデッサの基地司令の仕事に励む。

 ただそれだけなのに、なぜかジオン軍は良い方向へ強化され、宇宙世紀の別作品で悲惨な扱いをされていたキャラが次々と合流。オデッサはジオン・連邦共に認める魔境へと。

 オデッサ魔境化のプロセスは読んでいて楽しいし、上司とのやり取りや部下かのやり取りも楽しい。ただし正座や土下座は止めてほしい、文化的に。

 この手の作品にありがちなマ・クベ憑依主人公スゲ~なのだけれど、上司と部下の評価が共通して「仕事はできるし能力もある。なのに目を離すと何をやらかすか分からない残念な人」なので、絶賛賞賛系は緩和されている。この手の賞賛系が苦手な人にも無理なく読めると思う。

 宇宙世紀に降臨した智謀知略の人、マ・クベ(笑)の活躍が楽しい作品。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ひねくれ魔法少女と英雄学校 | トップ | Fate/sn×銀英伝クロスを考え... »

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事