彷徨者のネット小説レビュー

ネット小説サイト「Arcadia」や「ハーメルン」をメインに、あちこちで見かけたネット小説をレビューするブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた

2019-12-23 18:00:00 | Fate/stay night

原作名:Fate/stay night

作者:白詰草

最終更新日:完結済

評価:B

サイト:ハーメルン

    https://syosetu.org/novel/42788/

 

[あらすじ]

 迫る聖杯戦争に備え、サーヴァント召喚の準備に精を出す遠坂凛。しかし家探ししても目ぼしい触媒は見当たらず。やむを得ず触媒なしで召喚の儀式に臨めば、現れたのは赤い弓兵ではなく、荒事と無縁そうな現代風の英霊――ヤン・ウェンリー、クラス・アーチャー。

 自他共に認める最弱英霊こと魔術師ヤンが、第五次聖杯戦争に乱入。伝説に謳われる矢ではなく、言葉の矢を打ち続けて周囲を煙に巻いていく。今戦争の結末やいかに。

 

[文章]

 三人称。一話が大体六、七千文字、多いと一万字を超える時があるのではないかな? 満足のいく文量。たまに誤字脱字誤用があるけれど、個人的には許容範囲内。文章自体もこなれていて読みやすい。

 

[総評]

『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーがアーチャーとして参入。未来の英雄が英霊として召喚される場合もあるシステムなのだから、一千六百年後の英雄が召喚されてもおかしくない……はず。

 英霊達の服装に、時代考証を交えてヤンが色々とツッコミを入れているシーンがあるので、人によってはアンチ判定を入れるかもしれない。ギルガメッシュのあの金ぴか甲冑は『ドルアーガの塔』の影響だし、ライダーのあの服装が紀元前にあったかと問えば否になるだろうし、多分誰もしていないツッコミをあまり気にしてはいけない。

 ヤンの願いは「戦争のない平和な国を楽しみながら、歴史の英雄たちの話を聞くこと」。召喚された時点で願いの半分が叶っているし、戦う気概は皆無。

 凛もこんな弱いサーヴァントでは勝ち目がないし、死亡すれば遠坂の魔術が絶えると釘を刺されて、半ば投げやり。

 実の娘を嫁の実家に預けて夫婦で夫の故郷に帰ったところ、災害に巻き込まれて妻は死亡。夫は嫁の家に帰らずに養子を取り、自分に娘がいることも知らせず死亡。何かしら事情があったにせよ、それを知った娘が怒り狂うのは当然だろう。

 こんな感じで士郎とイリヤスフィールの仲立ちをして、御三家中二家は積極的な殺る気を削がれ、血風舞う聖杯戦争は早々に家庭ドラマの場へと変化。

 ヤンの智謀が光り、死者の出ない第五次聖杯戦争の勝者となるのは一体誰か。そんな物語。


コメント   この記事についてブログを書く
« 起きたらマ・クベだったんだ... | トップ | ゼロな提督 »

コメントを投稿

Fate/stay night」カテゴリの最新記事