彷徨者のネット小説レビュー

ネット小説サイト「Arcadia」や「ハーメルン」をメインに、あちこちで見かけたネット小説をレビューするブログです。

ようこそ

 このブログの管理人、彷徨人です。名前の通り、あちこちのサイトをさ迷っています。ネット小説に限れば『Arcadia』と『小説家になろう』がメインになります。
 初めての人は、まずこちらを一読下さい。→はじめに
 これまでレビューした作品のリストです。→五十音順リスト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブレイク・トリガー

2020-02-27 18:00:00 | 魔法少女リリカルなのは

原作名:魔法少女リリカルなのは

作者:中西矢塚

最終更新日:完結済

評価:B

サイト:Arcadia

   http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=10452&n=0#kiji

 

[あらすじ]

 場所は聖王教会騎士団訓練所。

 埃まみれで転がり、青空を見上げて重い溜め息を吐くのは、クロス・ハラオウン九歳。最年少での騎士叙勲を間近に控え、それでも身にまとうのは興奮ではなく、鬱々した諦観のような何か。

 今のこの生が、異世界にあるのではなく、『リリカルおもちゃ箱』という創作世界で、自分がその世界の異物であると知っているのは、果たして幸福か不幸か。

 鬱々とモラトリアムを抱えながら、『魔法少女リリカルなのは』の世界だと知ることなく、クロノ・ハラオウンの弟、クロスとして生き足掻く転生者の話。

 

[文章]

 オリ主のクロス視点の時のみ一人称。他視点では三人称。誤字誤用脱字は少な目。各話の文字数は多めで読み応えあり。

 

[総評]

『魔法少女リリカルなのは』ではなく、『リリカルおもちゃ箱』の知識持ちが、クロノの一つ年下の弟クロスに転生し、管理局員ではなく聖王教会の騎士となって活動する話。ただし派手な戦闘シーンはない。

 主人公が少々ダウナー思考と語りをしているので、人によっては受け付けないかもしれないので注意が必要。これは前世の記憶から、ここが『創作物』世界だと知っていることで、異分子である自身の存在に葛藤し続けているため。

 また、クロスが聖王教会所属なので、母と兄を含めた管理局との折り合いが悪い。これを管理局アンチとするか、評価が分かれると思われる。

 地球での活動が第十五話からと遅いのは、その前にStS編のフラグをべきべきにへし折っているから。管理局を見限ったスカリエッティは、聖王教会の研究室で愉快な研究を続け、レジアスはそこから出て来る謎な技術で自派閥の勢力強化。どう頑張ってもStS編には辿り着けそうにない。

 その代わり、アリサやすずかが良い味を出して、クロスと絡んでくれる。なのはは名前が一回出るかどうかの完全な空気、セリフすらない。ついでにリンカーコアもないので、ジュエルシードに関わることもない。

 人によっては地雷率がかなり高くなる要素が多いが、個人的には主人公の鬱なペースを乗り越えてから楽しめる作品だった。

 

コメント

ゼロな提督

2020-01-27 18:00:00 | ゼロの使い魔

作品名:ゼロな提督
原作名:ゼロの使い魔
作者:
最終更新日:完結済
評価:B
サイト:あの作品のキャラがルイズに召喚されました
    https://w.atwiki.jp/anozero/pages/3795.html

[あらすじ]
 暗殺者のレーザーにより、致命傷を受けたヤン・ウェンリー。
 ヤン本人も死んでいたと思っていたのに、なぜか目が覚めたので困惑気味。そこは帝国領の貴族向け療養施設のような豪奢な一室。入室したメイドもその印象を強める。
 次に入ってきたのは、禿の中年男とピンクブロンドの少女。
「あなたは使い魔として召喚されました」
 民主主義のために戦ってきたヤンに、専制君主制国家の奴隷以下の使い魔に堕ちるなど了承できるはずもない。
 すったもんだの末にヤンが手に入れたのは、ルイズ付の執事見習いの立場。
 ルイズお嬢様に振り回され振り回し、ついにはハルケギニア全土を巻き込んでいく魔術師が活躍する。

[文章]
 三人称。誤字誤用は少な目。癖の少ない読みやすい文章。各話の文量も多く、満足のいく長さ。

[総評]
 ガンダールヴとしてハルケギニアに召喚されたのは、『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリー。ガンダールヴのルーンはあっても、前に出て戦う人ではないので、宝の持ち腐れだと嘆くデルフリンガー。
 ヤンは元々、専制君主制国家と戦争をしていた民主主義国家の軍人。それゆえ、ハルケギニアの社会に対する批判的思考がデフォルト。これをアンチと取るかどうかで、この作品への評価は変わってくると思う。
 ヤン自身分別をわきまえた大人なので、ギーシュと決闘する原作イベントはない。と言うか、原作で発生するイベントのほとんどがスルーされてしまうので、キュルケやタバサの絡む機会がほとんど消えている。
 また、原作が未完の時に書かれた二次創作なので、ハルケギニアの地中に埋まっている風石の鉱脈とか、「四の四」の謎とかも出てこない。ゼロ魔の二次創作ではタルブの村が魔境化しているけれど、この作品でもそれは装備。
 かなりの独自設定と独自展開になっている。この部分も読む人によって好悪が分かれると思われるが、個人としてはかなり好み。
 これらを全て飲み込める人なら、かなりの良作だろう。

 

コメント

Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた

2019-12-23 18:00:00 | Fate/stay night

原作名:Fate/stay night

作者:白詰草

最終更新日:完結済

評価:B

サイト:ハーメルン

    https://syosetu.org/novel/42788/

 

[あらすじ]

 迫る聖杯戦争に備え、サーヴァント召喚の準備に精を出す遠坂凛。しかし家探ししても目ぼしい触媒は見当たらず。やむを得ず触媒なしで召喚の儀式に臨めば、現れたのは赤い弓兵ではなく、荒事と無縁そうな現代風の英霊――ヤン・ウェンリー、クラス・アーチャー。

 自他共に認める最弱英霊こと魔術師ヤンが、第五次聖杯戦争に乱入。伝説に謳われる矢ではなく、言葉の矢を打ち続けて周囲を煙に巻いていく。今戦争の結末やいかに。

 

[文章]

 三人称。一話が大体六、七千文字、多いと一万字を超える時があるのではないかな? 満足のいく文量。たまに誤字脱字誤用があるけれど、個人的には許容範囲内。文章自体もこなれていて読みやすい。

 

[総評]

『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーがアーチャーとして参入。未来の英雄が英霊として召喚される場合もあるシステムなのだから、一千六百年後の英雄が召喚されてもおかしくない……はず。

 英霊達の服装に、時代考証を交えてヤンが色々とツッコミを入れているシーンがあるので、人によってはアンチ判定を入れるかもしれない。ギルガメッシュのあの金ぴか甲冑は『ドルアーガの塔』の影響だし、ライダーのあの服装が紀元前にあったかと問えば否になるだろうし、多分誰もしていないツッコミをあまり気にしてはいけない。

 ヤンの願いは「戦争のない平和な国を楽しみながら、歴史の英雄たちの話を聞くこと」。召喚された時点で願いの半分が叶っているし、戦う気概は皆無。

 凛もこんな弱いサーヴァントでは勝ち目がないし、死亡すれば遠坂の魔術が絶えると釘を刺されて、半ば投げやり。

 実の娘を嫁の実家に預けて夫婦で夫の故郷に帰ったところ、災害に巻き込まれて妻は死亡。夫は嫁の家に帰らずに養子を取り、自分に娘がいることも知らせず死亡。何かしら事情があったにせよ、それを知った娘が怒り狂うのは当然だろう。

 こんな感じで士郎とイリヤスフィールの仲立ちをして、御三家中二家は積極的な殺る気を削がれ、血風舞う聖杯戦争は早々に家庭ドラマの場へと変化。

 ヤンの智謀が光り、死者の出ない第五次聖杯戦争の勝者となるのは一体誰か。そんな物語。

コメント

起きたらマ・クベだったんだがジオンはもうダメかもしれない

2019-12-22 18:00:00 | その他

原作名:機動戦士ガンダム

作者:Reppu

最終更新日:2019年12月19日

評価:A

サイト:ハーメルン

    https://syosetu.org/novel/183290/

 

[あらすじ]

 連休に浮かれて酒を飲みながらガンダムを見ながら寝落ちしたら、起きた時にマ・クベになっていた。

 何がどうしてこうなった。現実逃避したくても、こちらが現実になってしまったのは変えられないようで。

 このままだとギャンに乗ってテキサスコロニーでアムロに殺されてしまう。そうでなくても、中の人が変わっていると知られたら、スパイ容疑で逮捕・銃殺もあり得る。しかも頑丈に秘匿された一室には、軍資金を横領して買い漁ったツボ、つぼ、壺。

 死亡フラグに囲まれた自称・一般人が、生き延びるために真面目に基地司令をしていく話。

 

[文章]

 マ・クベ視点の時は一人称、それ以外の視点の時は三人称の変則的な書き方。誤字脱字は少な目でさくさく読める。一話平均四千字前後。マ・クベ視点と他者視点の二つで一話なので、好みとしてはもう少しボリュームがほしい。

 

[総評]

 いわゆる原作知識を使った内政チートの系統作品。他にも二十一世紀の兵器や技術からの考察もあり、読んでいて楽しい。

 ガンダムオタクがマ・クベに憑依。散見する死亡フラグをへし折るため、ジオン勝利のため、オデッサの基地司令の仕事に励む。

 ただそれだけなのに、なぜかジオン軍は良い方向へ強化され、宇宙世紀の別作品で悲惨な扱いをされていたキャラが次々と合流。オデッサはジオン・連邦共に認める魔境へと。

 オデッサ魔境化のプロセスは読んでいて楽しいし、上司とのやり取りや部下かのやり取りも楽しい。ただし正座や土下座は止めてほしい、文化的に。

 この手の作品にありがちなマ・クベ憑依主人公スゲ~なのだけれど、上司と部下の評価が共通して「仕事はできるし能力もある。なのに目を離すと何をやらかすか分からない残念な人」なので、絶賛賞賛系は緩和されている。この手の賞賛系が苦手な人にも無理なく読めると思う。

 宇宙世紀に降臨した智謀知略の人、マ・クベ(笑)の活躍が楽しい作品。

 

コメント

ひねくれ魔法少女と英雄学校

2019-12-15 18:00:00 | その他

原作名:僕のヒーローアカデミア

作者:安達武

最終更新日:2019年10月23日

評価:A

サイト:ハーメルン

    https://syosetu.org/novel/167873/

 

[あらすじ]

 2004年3月。卒業式も終わり、四月からの高校生活を間近に控え、『白き翼』の面々で花見をしている真只中。脈絡なく唐突に現れた謎の魔法陣に巻き込まれ、どこかへと転移させられてしまった長谷川千雨。

 飛ばされた先は見覚えのない廃墟の街。そして警告もなく襲いかかってくる黒ずくめの不審者。

 辿った歴史も年代も異なる平行世界に脈絡もなく転移してしまった千雨が、止むに止まれぬ事情に流されて、現実逃避気味にヒーローを目指す戦いは、こうして始まったのだった。

 

[文章]

 三人称。一話平均六千字前後と、長さとしては妥当な感じ。誤字脱字の類の少ない癖のない文章で読みやすい。

 

[総評]

 千雨魔改造物。ただし舞台はネギまの世界ではなく、僕のヒーローアカデミアの世界。元となった作品の設定は作中で少しずつ説明がされているので、どちらかの原作知識しかなくても、安心して読める。

 逆ハーレム要素がちらほらしているので、苦手な人は回避推奨。

『僕のヒーローアカデミア』の世界に転移してしまった千雨。当然戸籍や住む場所のあるはずがなく、身元保証人もいなければ、所持金も心もとない。ないない尽くしの千雨に手を差し伸べてくれた相手の要求は、ヒーローになること。

 そんな事情から、中学を卒業したばかりなのに、雄英高校受験のためにもう一度中学生に。エヴァンジェリンと違い、三年生の二学期からだったのが救いか。

 ヒーローを目指すにしても、ヒロアカ世界の基準だと、千雨って『無個性』じゃないっけ?

 そんな疑問が出て来るかもしれないけれど、心配無用。アーティファクトで従えている電子精霊七匹が個性役を果たしている。しかも千雨の強化にも色々とお役立ち。どんな強化がされるかは読んでからのお楽しみ。

 期末試験に備えての勉強会に入ってからグダグダになってきているので、そろそろビシッと締めてほしいところ。

 千雨魔改造物が好きな人なら、満足のいく出来だろう。

コメント