腐った世の中は身を生じない



高校の、
夏期講習、
額の、
汗を拭い、
遠くの校舎から、
J.A.M.の、
CLASSICが、
聴こえてきて、
聴こえてきて、
聴こえてきて、
隣の席の、
いい曲だね!って、
いい曲だね!って、
いい曲だね!って、
優しく、
呟いて、
呟いて、
呟いて、
澄んだ蒼穹(あおぞら)拡がって...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「他の地域は如何だか知ンねえけどさ?何か、オレらンとこ、誰が提案したんか判ンねえんだけれども、いつの間にか条例だかが作られててさァ?傘を差しながら自転車の運転したら、罰金十萬円だって!マジ凄え世の中だ罠。呆れて何も言えねえ~!(本当は、言えるけど。)何でそうなったかっつうと、加害者側に立つならば、片手運転が歩行者に取って危険極まりないからっつう理由からでしょ?被害者側に立つならば、手元不確かで事故る危険性を孕んでいるから未然に防いであげまっせ!ってな理由からでしょ?その内片手運転しただけで逮捕されるトカになんじゃねえーの?(いや、マジでさ?)ってか、レインコートなんて、あんな運転しづれえ…(視界最悪)、へっ、マジで…、健全で、安全で、美しすぎる、腐った社会ダゼ!」(二十四歳 / a.k.a.びしょ濡れ天使)

※ 著者註;090302修正



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「レンタル・ヴィデオショップに勤めたことないからあれだけど、稼働率が低い作品を無理矢理にランキング上位に陳列すれば、みんなレンタルしそうじゃねえ?(ってか、そうしてんじゃねえの?特に18禁)」【或る友人の、、、】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「中学の同級生が暴走族に追っ駆け廻されたんだけどさァ?何か、総長?の女って知ってて手ェ出したらしいんだよねえ…、普通に歩いてんのをいきなし襲われたんなら、千パー本人に非がなくって、奴らを徹底的に呪詛すべきだけれど…、これは、一寸、考えさせられるよね…。肯定は出来ないけれど。」(二十四歳 / 引きこもり界の火野正平)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「デジタル・ネイティブが恐ろしくて、堪りません!」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「卒業式の時の解放感たら、マジ、ハンパなかったね!もうこいつらと面合わせなくて済むっつう!何が哀しくて泣いているのかオレには到底理解出来なかった!思い出なんて一つもねえーゼ?」(二十四歳 / P.N.関根麻里のアクメ顔で果てるまで…!)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「新聞のテレビ欄にJSBって書いて在ったからさァ?わざわざ、メシ喰いながら観られるよう準備までして、テレヴィジョンの御前に正座して。待ってたら、これもんですよ、先輩!何ッスカ?あれわ!(いや、マジで!)紛らわしいんぢゃァボケエ!ジョンスペぢゃァねえんか、ゴラァ!ザッピングに要した指先の軸運動に於けるエネルギーを今すぐぶっ返しやがれ!クソが!マジフザケンナーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」【或る友人の、、、】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「人類の最も美しい武器である狡猾は、今日からでも使える。」【マルドロールの名言】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「~ 波瀾万丈!地獄を見たからこそ今輝く!壮絶なる女の生き様! ~ みたいなドキュメント特集に於ける室井佑月のように、安定した定位置を我に与え賜へ!」
(しかし、人類愛と云う言葉には、いつだって赤面してしまう!)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「フェニックスっつったら大明神の専売特許じゃねえんかァ!コラ!なァ?そうだろ?」
(あの頃の深夜番組(極楽モテ男塾ダトカも)を観ることが出来たオレらは、その点だけに関しては、恵まれていると言えるだろう...)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




男;「え?小説読んでんの?」
女;「あうん…I.W.G.P.、まだ読み始めたばっかなんだけど…。」
男;「あ、そっかそっか。そうだよね。あれならバカでも読めそうだからね…。」(納得したように、)
女;「バカはテメエーだ!」(喰い気味で、)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「流出してもいいけどさァ?シリアル・キラーのことしか話してネーゼ?」
(それがウチやねん!)*1

※ *1 昨晩放送のダウンタウンDXより


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「ごっつとか思い出すと、何か、感慨深いもんがあんだけど…、今のキッズたちは、はねトびなんかに対して、十年後、おんなじような思いに駆られるのかなァ…?(そうは思えねんだけど…)」【或る友人の、、、】



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




エロパッション 
焦燥インマイヘッド 
ノールックパス 
生きてるか?死んでるか?
コピペ人生 
詩人の脳味噌 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「傘を差すのはいいんだよね?じゃあ、傘で差すのは…?」(二十四歳 / 映画監督;草井潔(kusai ketsu)監督作;ジェットコースタームービー(本当にジェットコースターに乗っているだけのムービー))


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ